Loading...
企業情報

グリーン物流

グリーン物流の取り組み

JUKIグループでは、製品輸送におけるCO₂排出量の削減に向けた取り組みを推進してきました。
2001年4月に工業用ミシンの輸出における海上コンテナの鉄道輸送を開始。
2005年1月には、JUKI電子工業(現JUKI産機テクノロジー(株)、秋田県横手市)製造のチップマウンターの輸出における内陸輸送を、秋田~京浜港間の鉄道輸送へ拡大。
2010年3月以降はJR盛岡貨物ターミナル駅にインランド・デポ(内陸地に設置された海上コンテナ用ターミナル)が新設されたことにより、盛岡~京浜間を鉄道輸送しています。デポ介在のコンテナラウンドユースに取組むことにより、CO₂削減へ結びつけています。

エコレールマークの認定

JUKI(株)は、国土交通省より、環境に優しい鉄道貨物輸送に積極的に取り組んでいる企業として、2009年2月、「エコレールマーク取組企業」(*1)に認定されました。
認定当時、工業用ミシン、チップマウンターを主体に、JUKI全体の輸出用コンテナにおける国内陸上輸送の41%強を鉄道貨物輸送で行っているという実績に基づき、認定を受けたものです。2017年9月現在、認定企業は80社ほどで、アパレル機器関連・表面実装装置メーカーとしては当社が初めてとなります。

 

*1 エコレールマークとは
「エコレールマーク」は、国土交通省が物流における環境負荷低減を目指して設けたラベル表示制度。 鉄道貨物輸送はトラック輸送と比較して、CO₂排出量が約10分の1(社団法人 鉄道貨物協会ホームページによる)と少なく、環境負荷が低いことを消費者に知ってもらうことを目的に、2005年にスタートしています。

その他の環境への取り組みメニュー