Loading...

検査・計測の自動化ソリューションMeasurement

検査・計測の自動化ソリューション

この検査・計測ソリューションは、目視・官能検査、計測を自動化し生産性、品質を飛躍的に向上させることができるソリューションである。
これまで人の目や感覚で行っていた検査を、検査機を用いて検査することで定量化・標準化することで不良品流出防止などの品質向上はもちろんのこと、自動化による検査生産性向上を実現する。

検査工程の自動化

自動搬送を含めた外観検査・計測自動化システムラインの提案

事例概要
これまで手作業や目視で行っていた加工部品の出荷前検査工程にJUKIの検査機を導入し、検査工程の自動化を狙う。部品周囲4面の検査を自動化するために、検査機だけでなく自動回転機構を含めシステムでご提案。



事例による効果
JUKI検査機の特長であるプロセスモードを用いて多数の検査項目を同時に検査し、また複数の検査対象ワークを1度の搬入で機内に取込むことにより高速での2D検査が可能になりました。また、自動回転機構による4面の自動検査により、従来の手作業、目視検査で1本あたり180秒要していた検査タクトが20秒へと大幅短縮することが可能となり、約90%の効率化が実現しました。
この自動化・高速化により、大幅な人員増加でしか対応できなかった全数検査も、JUKI検査機を導入することにより、常時 全数検査を導入することが可能となりました。
手作業や目視による検査は人に依存する部分が大きく、検査員間、検査員の体調や疲労、作業時間帯などの様々な要素で変動していた検査品質についても、検査機において定量化・標準化することにより、検査品質の平準化、検査ミスや不良品の流出を抑えることに成功しています。

検査工程の自動化

様々な検査・計測の革新的な自動化提案

事例概要
決まった検査方法がなく、マニュアルで多数の検査ポイントを計測することによって行っていた検査内容を、JUKIから革新的な検査手法をご提案し、短時間、且つ自動での検査を実現。


マニュアルで全ピン検査

検査用タッチポイント


マニュアルで全ピン検査

上下に設置されたカメラで同時計測

事例による効果
JUKIは、お客様のご要望に応えるために、チェーンのピンの姿勢検査を短時間、且つ自動で行うことができるようチェーン専用の検査機を新たに開発・製造しました。チェーン上下に設置された2つのカメラによってピンの位置を同時に計測することによりピンの姿勢を正確に把握することが可能となりました。
JUKI検査機を導入することにより、従来の手法で2時間要してた検査時間を5分に短縮することができ、また自動送り機能により省人化にも寄与しています。検査結果は、どのピンがどのような状態であったかが記録されており、トレーサビリティの強化にもつながっています。
検査数が増えることによる保証体制の強化や、製造品質の傾向もリアルタイムで確認できるため製造工程へのフィードバックも可能です。

高いスキルが必要な目視・官能検査の自動化提案

事例概要
目視と人の触感で検査していた部品表面のキズを含む外観検査を、JUKI検査機の高速2D検査とXTIA社光コムレーザを組合わせることで、自動化とキズの数値を実現。



事例による効果
JUKIの高速2D検査技術と光コムレーザによる“ハイブリッド“検査により、検査時間が限られるインラインでの製造現場において、エンジンの様な検査面積の広いワークにおいても高速、高精度での検査が可能です。
目視検査と触感などの官能検査に依存していたエンジンブロックの外観検査工程に、ハイブリッド検査機を導入することによって、検査員のスキルによらず安定して正確な検査が可能となり、またこれまで困難であったキズの深さ情報を高精度で計測し数値で判定することが出来るため、定量的な検査結果の管理やトレーサビリティの強化が可能となります。
※光コムレーザは、1μmレベルでの高さ/深さ計測が可能であり、同軸での計測が可能であるため、計測対象周囲の形状によらず正確な計測が可能となります。