Find Manager(ファインドマネージャ)

概要

「Find Manager」(ファインドマネージャ)は、ショッピングモールや遊園地などの商業施設、空港や駅などの交通機関、市町村庁舎などの公共施設での膨大な数の拾得物情報をデータベース化し、落し物管理を飛躍的に簡略化する遺失物・拾得物管理システムです。

(2007年12月施行の改正遺失物法に対応しています。)

 

特長

●拾得物の情報をデータベース化してすばやく検索

拾得物情報をデータベース化して管理することにより、遺失物、種別、品名、キーワードにより大量にある遺失物の中から素早く検索することが可能です。ネットワーク対応なので、複数端末からの検索が可能になり、落し物窓口間での情報共有も図れます。

 

●Webブラウザで簡単運用

クラウド版では、端末側で必要なものはWebブラウザだけで運用が可能です。簡単な操作方法ですぐに習得が可能で、受付者の交替もスムーズに引継ぎができます。

 

●写真登録でスムーズな照会

登録時にWebカメラで写真画像も取り込めば、同じような種類の物であっても「簡単に」「確実に」探し出すことができます。

 

●警察署への届出機能で手続きを簡素化

警察署への届出書類は、データベースから自動的に作成。書類作成の手間を大幅に削減でき、届け出忘れも発生しません。これまで煩雑だった警察向け資料作成が飛躍的に簡単に変わります。

 

機能一覧

・拾得物情報登録
・拾得物検索
・同梱物データ登録

・遺失物情報登録

・遺失物照合
・遺失者連絡
・カード情報登録
・返還一覧

・還付処理
・受領確認書印刷
・遺失物進捗一覧
・統計資料印刷

 

動作環境・システム構成

サーバ OS Windows Server 2003/2008
CPU Intel Core2 以上
メモリ 1GB 以上
データベース

Oracle Database 10g 以降

SQL Server 2005 以降

Webサーバ

IIS

管理用パソコン

OS Wndows XP/Vista/7
ブラウザ Internet Explorer7 以降
ソフト Adobe Reader8 以降(帳票印刷用)
その他   Webカメラ