ネットワークソリューション

自動化

JaNetsはJUKIが提供する生産性向上のためのIoTサービスです。

JaNets

こんなお悩みありませんか?

縫製部門の管理者が感じている課題

パーツ部門ごとに出来高がバラバラで組立にタイムリーに流せない

縫製ラインが本当にムダなく稼働しているか、疑問に感じている

オペレーター一人ずつの出来高の把握が難しく、モチベーションがあがらない

生産状況の調査やデータ集計に大量の工数をかけられない

改善点調査から効果確認までに時間がかかりすぎる

管理工数削減と生産性改善を両立!

リアルタイムでの各工程の出来高比較で、生産性向上施策の検討が容易に

最終製品の生産枚数で工場の生産性を計ったり、各工程の出来高でオペレーターの賃金に反映したり、
様々な所でバラバラに数字を把握していても、生産性向上に役立てるのは難しいものです。

各工程の出来高がグラフで容易に比較できると、ラインバランス調整箇所の判別がしやすくなり、
素早い施策の検討に役立ちます。

分析のための情報収集、分析も容易に

生産中にミシンの稼働状況のデータが自動的に蓄積されるので、調査が不要でレポートも簡単に作れます。

オペレーターの意識改革

オペレーターは1日の目標枚数とリアルタイムの生産実績を確認できるため、やる気の向上につながります。

お客様の声

お客様の声

パーツ部門ごとのリアルタイムの出来高が見えるようになりました

出来高グラフをもとに遅れや進み過ぎ工程にテコ入れし、パーツの出来高を均等化することができました。
組立工程へ効率よくパーツを供給できるようになり、生産性が30%向上しました。
縫製アイテム:シャツ

お客様の声

改善活動のスピードが3倍向上しました

これまでは現状調査から効果確認まで3日かかり、途中で生産アイテムが変わってしまうこともありました。
JaNetsはレポートがすぐに出せて初日から改善に取り組めるので、改善サイクルが早くなりました。
縫製アイテム:パンツ

お客様の声

オペレーターの目標達成率が20%向上しました

ミシンの設置したJaNetsターミナルに目標枚数と生産実績が表示されます。
オペレーターのやる気が高まり、生産性向上につながりました。
縫製アイテム:ユニフォーム

よくあるお問い合わせ

ネットワーク化についてのお問い合わせはこちら