デジタルソリューション

デジタルソリューション

縫製部門の管理者が感じている課題

メンテナンス技術者

メンテナンス技術者

品番の切り換えに伴う、
ミシンの調整が大変

多品種少量生産に伴い、針幅変更、釜合わせなど、メンテナンス技術者の作業工数が増加していませんか。

オペレーター

オペレーター

品番の切り換えに伴う、
糸調子・縫い仕様に合わせた調整が大変

品番の切り換えに伴い、糸調子や縫い仕様に合わせた調整をするために、何度も試縫いを余儀なくされていませんか。

オペレーター

オペレーター

折角、熟練技能者は、
高速縫製ができるのに、品質が安定しない

高速縫製時は、押えが不安定になり、品質が低下するなど、生産性と品質の両立が難しくなっていませんか。

調整・作業時間短縮と品質向上を両立!

美しい縫いの創造

送り軌跡や糸調子など、主要な縫い緒元をJUKI独自の技術でデジタル化。
縫いの数値化で、技術を要する調整作業を容易にし、効率や品質の向上を目指します。

ダウンタイムの大幅削減

縫い調整データはミシン本体に保存でき、Android端末やUSBを使って入出力できます。
「以前調整したあの縫い目を再現したい」、「同じ縫い品質を別のミシンにコピーしたい」という願いに応えます。

脱技能

ミシンによって、プログラムにより縫製工程を半自動化させたり、速度に応じた押え圧設定が行えます。
熟練者と非熟練者の間に生じる品質のバラつきを抑え、品質と生産性の両立が行えます。

お客様の声

お客様の声

サンプル縫製の調整データを量産で再現できるようになりました

量産をする際に、サンプル縫製の調整データを数値で再現できるようになりました。
段取り替えの時間を大幅に減らすことができた他、高い品質の確保も行えるようになりました。
DDL-9000C:婦人服生産工場

お客様の声

早めに下糸の交換をしなくて済むようになりました

下糸量が少なくなった時に糸調子が不安定になることを恐れて、早め早めに下糸を交換しなくて済むようになりました。
下糸交換頻度を減らせた他、縫い品質を安定させられるようになりました。
LZ-2290C:ファンデーション工場

お客様の声

非熟練者にも、2本針の角縫いを任せられるようになりました

角縫いがレバー式で半自動化されたため、熟練者はもちろんのこと、非熟練者にも、二本針での角縫いを任せられるようになりました。
これにより、品質を低下させることなく、生産性の向上を図ることができました。
LH-4500C:作業着工場

よくあるお問い合わせ

デジタル化についてのお問い合わせはこちら