自動化ソリューション

自動化ソリューション

縫製部門の管理者が感じている課題

こんなお悩みありませんか?

人員を増やすことなく、自動化によって生産性を向上させたい

熟練工がいなくなりオペレータ教育に費用、時間がかかる

オペレータの技能が中々向上しない

品質が安定せずバラツキ多いため、手直しに時間がかかる

省人化、工程削減、脱技能、品質安定を実現!

部品供給の自動化により、同じ生産量を今より少ない人員で生産することができます

部品の供給を自動化することで、スピードアップが図れ、生産性が向上します。
これにより、同じ生産量を今より少ない人員で生産することができるようになります。
例えば、ジーンズのベルトループ付け工程では、リール状のベルトループを縫製分だけ切断・
自動供給するため、高速縫製ができます。(MOL-254)
対象アイテム:ジーンズボトム


※MOL-254は海外展開機種です。国内で販売しておりません。

中間工程を省くことにより、多くの設備を使わずに、生産量を増加させることができます。

手間のかかる中間工程を省くことで、複数工程を連続・集約することができるため、生産性が向上します。
これにより、中間工程の設備が不要になります。
例えば、ジーンズのポケット付け工程では、縫製前のポケット布縁折り工程を削減することができます。(AP-876)
対象アイテム:ジーンズボトム

難工程を機械化することにより、高い生産性を確保したまま、高品質な生産ができます

難工程を機械化することで、未熟練者に任せつつも、高い生産性、品質を維持できます。
例えば、フードのカーブ接ぎ合わせ工程も、生地をセットするだけで、後は機械が工程を完成させます。(AE-200)
対象アイテム:ダウンジャケット

JUKIの自動機

お客様の声

お客様の声

部品供給の自動化により、生産性を5倍にすることができました。

ジーンズのベルトループ工程で自動機を導入することで生産性が5倍向上し、品質も安定し不良軽減できました。
実際には、5人分の作業が1人でできることができました。
縫製アイテム:ジーンズボトム

お客様の声

中間工程を削減することで、9倍の生産性向上が図れました。

玉縁縫いで本縫い7工程(9人分)で作業していた工程が1人で行うことができ、生産性向上が図れました。
品質も安定し不良も軽減され、生産性が9倍向上しました。
縫製アイテム:ジャケット、パンツ

お客様の声

熟練工が不要になり新人でも作業ができるようになりました。

難しい工程であるフードの合わせ縫いで自動機を導入することで熟練工でなくても縫製が可能となりました。
また、従来より生産量を38%、増加させることができました。
縫製アイテム:ダウンジャケット

よくあるお問い合わせ

自動化についてのお問い合わせはこちら