JUKI SMT Surface Mount Technology JUKI
個人情報保護について|JUKIトップ
サイトマップ|English| 中文 |SMTトップ
SMTトップ お知らせ 製品一覧 カタログダウンロード カスタマーサポート

CS活動

事業拠点 お問い合わせ
TOPページ お知らせ プレスリリース トピックス&イベント
press release  

2016年11月17

 

高速・高精度な検査を実現する新開発3Dヘッドユニットを搭載
3D基板外観検査機 「RV-2-3D」を新発売

一覧

 JUKIは、3D検査機能を搭載し、高速・高精度な検査を実現した基板外観検査機「RV-2-3D」を、RVシリーズのラインナップとして、11月22日より国内外で発売します。

 「RV-2-3D」は、電子部品を実装した「プリント基板」を検査するための装置です。近年、電子部品の極小化や基板の高密度実装が進み、品質判定を行う検査装置も3D化のニーズが高まっています。当機はJUKI独自の3Dヘッドユニットを搭載し、基板の検査品質を向上させるとともに、検査速度を従来機比34%向上させた製品です。

 当機はプロジェクターを活用して縞模様の光を部品に投影し、その反射光をカメラで撮像し、光のズレから部品の高さ測定をする位相シフト方式を採用しています。投影・撮像を行う新開発の3Dヘッドユニットに、プロジェクター(DLP方式)を4方向に配置し、32パターンの縞模様の投影を実現することで、部品の高さ測定精度が向上し、高精度な3D検査を可能にしました。また、投影速度の高速化とともに、撮像データの取り込みや演算処理を行う画像処理ボードも高速化させたことにより、業界トップクラスの検査タクト22平方センチメートル/秒を実現しました。

 さらに、お客様の多様なニーズにお応えするオプションとして、UVコーティング検査も同時に行う「UV照明検査」をご用意しました。また、ソフトウェアのオプションとして、検査データの複数ラインでの一元管理を可能にした「データシェア機能」、複数の検査機をネットワークで接続し、リモート判定・SPC・リペアステーション・品質トレサビリティーを可能にする生産支援システム「TOPSS」など、豊富なオプションをラインナップしました。

 

 JUKIは、基板外観検査装置を含めたSMTラインだけにとどまらず、お客様工場全体を対象にした装置やシステム化、ネットワーク化など、「JUKI Smart Solutions」をご提案し、お客様工場の自動化・省人化・効率化のお手伝いを行ってまいります。

 
RV-2-3D
製品名

3D基板外観検査機(AOI) 「RV−2−3D」

発売日 2016年11月22日
 
主な特長
 

新開発の3Dヘッドユニットで高精度な3D検査を実現

投影にDLP方式(DLPプロジェクター)を採用したことにより、液晶・ピエゾなどの他方式に比べ、にじみのない鮮明な縞模様の投影が可能な上、投影画像切り替えの応答性にも優れ、高速投影を実現します。 同方式を4方向に配置し、ひとつのプロジェクターから8パターン、合計32パターンの投影を行うことにより、高さ測定精度が向上し、高精度な3D検査を実現します。

 

業界トップクラスの高速3D検査を実現

1秒間に140画像の撮像ができる“高速度カラーカメラ”、画像キャプチャーと演算処理を実現する新開発の“高速画像処理ボード”、高速投影を実現する“DLPプロジェクター”で構成された、新開発の「高速画像処理システム」で検査速度が従来機に比べて34%向上、業界トップクラスの検査タクト22平方センチメートル/秒を実現しました。

 

新開発 三次元検査アルゴリズムによる高精度検査を実現

三次元で形状を比較する検査アルゴリズムを新開発しました。はんだ量の判定やリード浮き検査が簡単な上、高精度検査を可能にしました。(特許申請中)

 

長寿命、消費電力削減

DLPプロジェクターの採用により消費電力を削減できます。また、約10万時間使用できるため、ランニングコストを削減できます。

 
Copyright JUKI CORPORATION. All Rights Reserved
+