JUKI SMT Surface Mount Technology JUKI
個人情報保護について|JUKIトップ
サイトマップ|English| 中文 |SMTトップ
SMTトップ お知らせ 製品一覧 カタログダウンロード カスタマーサポート

CS活動

事業拠点 お問い合わせ
TOPページ お知らせ プレスリリース トピックス&イベント
お問い合わせ

2008年5月23日

 

電子部品実装機業界における、高速機の分野にJUKIが参入
「高速モジュラーマウンタ FX-3」を発売

一覧
 JUKI株式会社(社長 中村和之 東証一部上場)は、携帯電話、PCやデジタルカメラなどのアプリケーションを製造する量産型プリント基板製造工場などに最適な、電子部品実装用産業ロボット「高速モジュラーマウンタFX-3」を5月より全世界向けに発売いたします。
 JUKIは1987年に電子部品実装機市場へ参入して以来、中速マウンタの分野を中心に商品を提供してまいりましたが、エレクトロニクス製品の生産現場で近年益々求められている多品種多量生産、高スループット化のニーズに対応するため、高速マウンタの分野に参入いたします。
 新製品FX-3は、お客様から高い支持をいただいているJUKI独自の3E(Easy(操作性), Economy(経済性), Expansion(拡張性))モジュラーコンセプトを活かし、モジュールの一コマとして最適かつ最大限に高速化する取組みを行いました。堅牢性の高いボディをベースに、XY駆動軸全軸に新設計のリニアモーターを採用。
 4ヘッド・4ビーム・2ステーションの構造と弊社KEシリーズ(フレックスマウンタ)で実績のある6ノズル同時認識可能なレーザーアラインセンサ(LNC60)との組合せにより、最適タクト:0.049秒/chip(74,000CPH)、IPC9850準拠:60,000CPHの搭載タクトを実現いたしました。弊社既存マシンのノズル、部品供給装置、データの互換性を有しておりますので、従来資産の有効活用と、生産ラインの組換えやラインバランスの調整が容易に行えます。
 JUKIでは、優れた拡張性と汎用性を持つ中型フレックスマウンタ「KEシリーズ」を1993年に発表、2003年には弊社初の高速モジュラーマウンタFX-1Rを発売し多品種少量生産、部品の小型化に対応して参りましたが、市場の変化は激しく多品種少量から多品種多量生産、さらなる部品の極小化、多様化、そして面積生産性の追及などお客様のニーズが厳しい生産コスト要求へと変化してきました。FX-3は、これらのニーズにお応えする高速モジュラーマウンタです。
 尚、この「FX-3」は、来るJISSO PROTEC 2008展(東京ビッグサイト=6/11〜13)東1展示ホール1F-01において出品致します。
高速モジュラーマウンタFX-3
 
製品名 高速モジュラーマウンタ FX-3
出荷開始予定日 2008年5月2日
 
主な特長
  生産性の向上
    2ステーション/4ビーム/4ヘッド/24ノズルを装備。左右各ステーションは前後のヘッドが交互に吸着搭載を行う構成を採用。XY駆動系には優れた応答性と高精度を併せ持つリニアサーボモーターを採用し、最適タクト0.049秒/chip(74,000CPH)、IPC9850準拠60,000CPHを実現した。
  優れた面積生産性
    奥行き1,650oで、高速モジュラーマウンタの中では最高の超スリムボディ。狭い工場フロアでもより多くのライン設置が可能。
    従来機(FX-1R)比で約1.8倍のスペース効率を実現した。
  高密度実装に対応する実装品質
    搭載中は基板を動かさないため、搭載基板にダメージを与えることなく、確実で安定した部品搭載が可能。
    部品センタリングには画像認識システムに比べ分解能が高いレーザー認識を採用。ヘッドにレーザーセンサを搭載し吸着から搭載までの移動中に認識を行うため、高速かつ高精度な部品搭載が可能。 チップ立ち検査や部品持ち帰り検査も行える。
  機種切替性
    テープフィーダの装着本数は120本にアップし、多品種にわたる生産にも対応可能。
  部品対応力
    0402チップから33.5ミリ角部品まで対応可能。
  コストパフォーマンス
    テープフィーダ・ノズル・ラインコントロールソフトウェアに従来装置との互換性を確保。資産の共有が可能でコストをセーブできる。
  操作性
    大型タッチパネルとグラフィカルな画面で、ユーザーフレンドリーな操作性を実現。
    日本語・中国語・英語がワンタッチで切り替え可能。
基本仕様
機種名
高速モジュラーマウンタ
高速モジュラーマウンタ
FX-3
FX-1R(従来機種)
部品搭載タクト 最適条件時
0.049秒/チップ (74,000 CPH)
33,000 CPH
IPC 9850準拠条件
60,000 CPH
25,000 CPH
対応部品サイズ
0402 〜 □33.5 mm
または対角線長さ47.0 mm
0603 〜 □20 mm
または26.5×11 mm
(0402対応はオプション)
搭載精度
±0.05 mm (cpk≧1)
±0.05 mm
部品装着数
120本/台
(8mmテープフィーダ装着換算)
80本/台
(8mmテープフィーダ装着換算)
対象基板寸法(L×W)
410×360 mm(max)
50×50 mm(min)
(L-wide基板:510×360 mm オプション設定あり)
410×360 mm(max)
50×30 mm(min)
質量
約3,280 kg
約2,000 kg
装置寸法
2,650 mm
1,880 mm
奥行
1,650 mm
1,731 mm
高さ
1,530 mm
1,490 mm
Copyright JUKI CORPORATION. All Rights Reserved