JUKI Magazine PageNavigation

JUKI Magazine Contents

JIAM2008 Singapore
Be the Best in CS
New edge Solution for your Success
 
JUKI株式会社 専務取締役 工業用ミシン事業部長
河野 広志
JUKI株式会社 専務取締役 工業用ミシン事業部長 河野 広志
JUKI株式会社 専務取締役
工業用ミシン事業部長
河野 広志
JUKIブース変化の激しい
アパレル市場


 2004年末でクォータ(繊維に対する輸入規制)が廃止され世界のアパレル産業は自由競争に突入、経済のグローバル化が進む中、アジアを中心に大きな変化がおきています。実感としては半年ごとに市場が変化しているように思えます。その中でJUKIとしてはその変化に的確に対応することが重要と考えています。
 最近では2007年上期まで好調を続けた中国のアパレル産業が下期には人手不足、人民元高、2008年からの労働契約法の改正等によって急速に不透明な状況になってきた一方で、インド、ベトナム、バングラデシュ等では市場が活況を呈しています。経済状況、労働力需給、通貨動向等により市場の変化が今後も続くと思います。


生産性向上、環境・省エネ対応
お客様のニーズに応える


 そうした中でお客様が工業用ミシンメーカーに対し求めているものは何か。重点は2つと考えています。
 1つ目はお客様の生産性向上を支える製品とサービスの提供です。中国をはじめ各国のアパレル産業は労働コストが上昇する中、競争力を強化するため、生産性の向上に取り組んでいます。例えば中国では繊維産業5カ年計画(2006年-2011年)の中で毎年10.7%の生産性向上が目標として明記されています。こうした動きはその他のアジア諸国も同様です。
 この点はJUKIの得意とするところであり、この分野の取り組みをさらに強化します。
 2つ目は環境保護、省エネの課題に対する取り組みです。
 国によってはアパレル産業に具体的に省エネ目標を定めているところもあり、今後こうしたニーズはさらに拡大すると思われます。
 私たちはエネルギー効率の良い省エネミシンを従来から追求してきました。さらに最近お客様向けにJUKIの環境、省エネへの具体的な取り組みをまとめたパンフレットを作成しました。


常に最高のCS(お客様満足)を
追求します


 こうした変化の中、JUKIは一貫してCS(お客様満足)を事業の軸として掲げてきました。前回のJIAM では"We are CS Professionals"を打ち出しましたが、今回のJIAM2008のコンセプトではそれを更に進めました。

Be the Best in CS
~ New Edge Solution for Your Success ~
「――JUKI の提供できる最高のお客様満足を目指して。――
お客様の成功のための新たな切り口からのソリューションのご提案」

 このコンセプトは、JUKIはお客様のために常に最善を尽くし、満足と信頼を頂ける企業でありたいという宣言です。
 一言にCSといってもお客様のニーズを的確に把握し、これを実現して、お客様の満足の向上に結びつけるのは容易なことではありません。お客様のニーズは市場によっても国によっても異なりますし、また同じ国であってもその時々の社会経済状況、例えば労働力需給等によって刻々と変化します。
 またお客様のCS要求基準は毎年上がってきますので、昨年と同じレベルではお客様の満足は低下します。したがってCSは毎年そのレベルを上げて行く活動でもあります。
 開発面では「常に2歩先を行く開発」を合言葉にお客様の具体的なご要望に加えて潜在的ニーズも考慮した取り組みを進めています。
 そして市場のニーズを的確に捉えた、きめ細かな技術面、サービス面の対応が求められていますので、製品の機能、品質は当然の事として、ビフォアサービスとアフターサービスの体制も更に強化してまいります。
 具体的には縫製研究所が提供する生産性向上のためのコンサルティング、プラント設計、生産管理セミナー、営業技術部門のメンテナンスサービスや設備保全セミナーなど多面的なサービスを充実させます。
 これまでJUKIはお客様のニーズを先取りし、他社にない先端技術を生かした製品を提供してきました。
 その技術力と世界に拡がるサービス体制はお客さまから高い評価を頂いてきました。
 今後も最高のお客様満足をめざして、様々な角度からチャレンジして行く所存です。

シンボルマークJIAM2008 Singapore

 流行・需要が刻々と変わり続ける現代、生産の現場では消費者ニーズへの迅速で確実な対応が求められています。そうしたニーズにいち早く対応していくアパレル生産現場の「生の声」こそ、JUKIの技術革新やサービス向上の源です。
 この現場の声にお応えするために、JUKIは

「真の価値ある製品を生み出すこと」
「お客様最優先のサービスを実施すること」


 に、永年、ひたむきに力を注いでまいりました。
 常にお客様の声を聞きながら、いつもその一歩先の「応え」を目指して、新しい切り口からのご提案をさせていただくのが、私たちの最善のCSだと考えております。
 JUKIが考えるCS「真のお客様満足」は、お客様の声から。「お客様の声から生まれ、お客様に笑顔をもたらすCSを目指して」…JUKIはこれからも、いつまでも、新たな視点からのサービス・提案を産み出してまいります。


JUKIブースのご案内JUKIブースのご案内

 IE Supportコーナーでは、ミシンが自動的に収集するデータによる作業教育、ライン管理への活用法などをご覧いただけます。さらに、Technical SolutionコーナーではJUKIが積み重ねてきた技術の蓄積を、そしてCustomer Supportコーナーではお客様へのビフォー・アフターサービスの支援メニューもご確認ください。
 また中央では、最新の家庭用ミシンと、ミシンが生み出す楽しい作品群もご覧いただけます。工業用ミシンはアパレルコーナーニットコーナー厚物用コーナーAMSコーナーの各コーナーに用途別に57機種を配置しました。
 油汚れ不良を低減させるドライ仕様のミシン、JUKIの電子技術が各種のロスを防止して生産性向上に貢献します。また省エネに効果を発揮する機種群など数々のJUKI製品の機能がご確認いただけます。

JUKI Magazine PageNavigation