JUKI Magazine PageNavigation

JUKI Magazine Contents

Information
職業用本縫ミシンはキルト界でも大活躍!
 
 JUKIの職業用本縫ミシンは、日本では洋裁のプロユーザーの方々に根強い支持を得ておりますが、海外、特にアメリカではミシンキルトでのご愛用者も多くいらっしゃいます。
 このたび、日本のキルターさんが集う国内最大のキルト展『東京国際キルトフェスティバル』に初出展し、キルト愛好家の皆様へご紹介いたしました。
 職業用本縫ミシンは、名前のとおり、直線だけのミシンですので、その縫いは、薄物から厚物までとても美しい仕上がりです。また、職業用ミシン専用の押えのほかにも、工業用ミシンの各種押えを使用できますので、押えを取り替えるだけで、簡単にミシンキルト独特の縫いに活用でき、縫い目を活かすための様々なバリエーションが楽しめます。
 今回は、その一部をご紹介いたします。
SL-280EX
SL-280EX
 
●ピーシング(縫い合わせ) ●直線キルティング ●段部の押え縫い
ピーシング(縫い合わせ) 直線キルティング 段部の押え縫い
標準6.5mm押え ■標準6.5mm押え

押えの端と生地の端を合わせると、最適な縫い代サイズの目安になります。
上送り押え ■上送り押え

生地の上からも同時に送るので、縫いズレを防ぎます。
段付き押え 右1.0mm ■段付き押え
右1.0mm


段部の押え縫いができます。色々なサイズがあります
●フリーモーション ●フリーモーション(エコーキルト) ●コーディング
フリーモーション フリーモーション(エコーキルト) コーディング
キルト押え(1/5インチ=5.0mm) ■キルト押え
(1/5インチ=5.0mm)


専用キルト押えでフリーモーションも自由自在。タフな作りで耐久性も抜群。
キルト押え(1/4インチ=6.5mm) ■キルト押え
(1/4インチ=6.5mm)


押えの外周を目安にすると、エコーラインが簡単に描けます。
パイピング押え1/8(3.2mm) ■パイピング押え
1/8(3.2mm)


生地の間に入れたコードの際を縫って固定します。色々なサイズがあります。
●シャーリング ●ブレード付け ●コード刺しゅう
シャーリング ブレード付け コード刺しゅう
シャーリング押え ■シャーリング押え

ギャザー寄せが簡単にできます。
端縫い押え ■端縫い押え

片押えで、立体的な飾りも簡単に付けられます。
コード刺しゅう押え ■コード刺しゅう押え

フリーモーションでコードを縫い付けられます。
※上記は、工業用ミシンの押え、職業用ミシン専用の押えが含まれます。
職業用・家庭用ミシンの商品一覧はこちら

商品・販売店に関するお問合せ先:JUKI販売株式会社 家庭用事業部 各営業所
●北海道営業所 TEL;011-872-3022 ●東北営業所 TEL;024-576-6700 ●東京営業所 TEL;042-489-1128 ●名古屋営業所 TEL;052-400-1244
●大阪営業所 TEL;06-6310-9045 ●広島営業所 TEL;082-841-2130 ●九州営業所 TEL;0942-23-7155    
海外拠点便り
海外拠点便り
中華人民共和国「世界の縫製工場」
 中華人民共和国はユーラシア大陸東部に位置し、面積は約960万平方キロメートル、ロシア、カナダに次いで、世界で3番目である。人口は13億1448万人(2006年中国統計局)と世界で最も多く、世界人口の約20%を占めている。56の民族があり、うち漢民族が90%以上を占め、残りの55民族は少数民族と呼ばれている。
 中国は世界四大文明発祥地の一つで、その歴史は史跡などで確認できるだけでも4000年にのぼる。
 アパレル生産の歴史を辿ると、80年代の改革開放政策をきっかけに発展し、輸出金額も年々右肩上がりに上昇、「世界の縫製工場」とまで呼ばれるようになった。テキスタイル産業の発展は周知のとおりであるが、縫製産業も負けていない。数千人の労働者を抱える工場も当たり前のように数多く存在し、数万人規模の工場もある。
 しかし、80年代からの一人っ子政策によって若い世代が減り続けており、都市部を中心に労働力不足の問題が全国に広がっている。これによってオペレーターの給料も年々上昇、現在は都市部で平均月額US$180。メインの縫製産地である都市部周辺のオペレーターは、地元の人は少なく、大部分の人は外省からの出稼ぎ労働者である。そのため、経営者は工場を建てる際に寮の生活環境(少人数部屋、エアコンの設置、食堂・娯楽施設を併設、社内イベントの開催等)にもかなり気を使い、労働者確保に真剣に取り組んでいる。先日訪問した工場の経営者からは、「機能が充実した品質の高い"JUKIミシン"を使用しないと人が集まらないという話を聞いた。ピースレートで給料を支払われているオペレーターにとって、ミシンの故障や品質問題は大きな痛手となるから」、とのことである。
 中国では、この労働力不足に加えて昨年後半から輸出企業の増値税還付率の低下、金融引き締め、今年1月の労働法改定…などアパレル生産企業にとって不利な状況が重なっている。このような環境の中、私達JUKIもアパレル生産工場と共に成長していくため、この巨大な「世界の縫製工場」中国で更なるサービス強化が求められている。
中国アパレル輸出金額 単位:億ドル
中国アパレル輸出金額 単位:億ドル
(韓偉光)

JUKI Magazine PageNavigation