JUKI Magazine PageNavigation

JUKI Magazine Contents

Information
家庭用小型ロックミシン
アタッチメントで
洋服づくりのバリエーションが
さらに広がります!!
 
JUKIのロックミシンは、縫い目の美しさやシンプル操作で優れた耐久性、静音設計により、多くのお客様にご好評頂き、ご家庭での使用はもとより、服飾専門学校や、アパレルのサンプルルーム、洋服のお直しなどの現場で、幅広くご使用頂いております。
3・4本糸のロックミシンは、通常の縁かがりやニットの縫い合わせをメインとしますが、さまざまなオプション品をお使い頂くことにより、ギャザー寄せや裾上げのブラインドステッチなども押えを交換するだけで簡単に縫製が可能です。
JUKIロックミシン MOシリーズ JUKIロックミシン MOシリーズ
JUKIロックミシン MOシリーズ
ブラインドステッチ
ブラインドステッチ ブラインドステッチ ブラインドステッチ
Tシャツやカットソーの裾など、縁かがりと同時にまつり縫いが出来ます。
希望小売価格2,625円
コーディング/パール付け コーディング
コーディング コーディング
巻き縫いの中にテグスを入れて、フリルの張りをもたせます。
希望小売価格 2,100円
パール付け
パール付け パール付け
ひも状のパールやスパンコールを付けられます。ドレスやブラウスの飾りに!
希望小売価格1,544円

ゴムテープ付け
ゴムテープ付け ゴムテープ付け ゴムテープ付け
ゴムテープを伸ばしながら縫い付けます。
希望小売価格2,940円
パイピングテープ付け
パイピングテープ付け パイピングテープ付け パイピングテープ付け
縁かがりをしながら市販のパイピングテープを縫い付けることが出来ます。
希望小売価格1,428円
ギャザリング
パイピングテープ付け パイピングテープ付け パイピングテープ付け
二枚の布地を縫い合わせるとき、片方の布地だけにギャザーを寄せることが出来ます。(差動送り付きミシンで使用します)
希望小売価格1,880円
使用頻度の高い押え3個セットと、さらに多彩なソーイングが可能な6個セットも ご用意しております。 パイピングテープ付け パイピングテープ付け ●ベーシックキット(3個入り)
希望小売価格6,090円
内容:ブラインドステッチ押え・ゴムテープ付け押え ・コーディング押え
パイピングテープ付け ●プロキット(6個入り)
希望小売価格9,975円
内容:ブラインドステッチ押え・ゴムテープ付け押え・コーディング押え・パール付け押え ・パイピング押え・ギャザリング押え
JUKI家庭用ミシンキャラクター
ボビンちゃん&コマくん
※表示価格は全て税込みです

商品・販売店に関するお問合せ先:JUKI販売株式会社 家庭用事業部 各営業所
●北海道営業所 TEL;011-872-3022 ●東北営業所 TEL;024-576-6700 ●東京営業所 TEL;042-489-1128 ●名古屋営業所 TEL;052-400-1244
●大阪営業所 TEL;06-6310-9045 ●広島営業所 TEL;082-841-2130 ●九州営業所 TEL;0942-23-7155    
海外拠点便り
海外拠点便り
アルゼンチン共和国「ブエノス・アイレス」
●アルゼンチンの羊
 東京からこんなに遠くへ出張で来て困るのは、時差ボケと季節の違いである。
 冬に出て夏に着き、春に出て秋に着くこの土地、一度に2シーズンの衣類を同時に待ち歩くのも難儀なことだ。
 エセイサ空港よりライオン・マークのあるManuel Tienda Leon社のシャトル・バスに乗る。初夏、11月のある朝、左右の窓外にパンパの緑が流れる、そして強弱、強弱とリズムを打つピアソラの曲が車内に流れる、おッ、タンゴの国に来た実感だ!
 この国の、平坦で肥沃なパンパの南はパタゴニアと言い、起伏に富んだ半砂漠地帯だが、羊の産地で、この地方だけでも日本の数倍の面積がある。ここに日本の数県にまたがるような地域をイタリアのアパレルメーカーが購入し、羊を飼っている。その毛を刈り、紡ぎ、ウール地や毛糸を生み出している。
 イタリア初め欧州各地でこれらの素材は縫製品や毛織品となり、世界に輸出されていると言われている。パタゴニアの厳しいが羊に優しい自然のなかで育まれた羊毛は、柔らかで美しく、幾つかの工程を経て染色を終えると、もう最高で、イタリア独特のカラーの出来上がり。ひょっとすると、あなたがお持ちの製品もアルゼンチンの羊毛なのかも!

●独自ブランドを支えるJUKIブランド
 もう一つ。A,B,C(アルゼンチン、ブラジル、コロンビア)はいつも、南米の女性ファッションの震源地。
 女性は個性的で美意識が強く、同じような服装をする人はほとんどなく、それぞれが子供の頃より自分に合うファッションを育んでいる。そのためには、これらの国の女性は3度の食事を2度に、あるいは1度にしてでも、服装には相当のお金と時間をかけている。作る方は圧倒的に中小規模の工房や工場が多いが、市場と顧客が求める少量多品種のニーズにそれなりに対応している。
 アルゼンチンの縫製業登録数は11,730社、その内5名までの小規模が73%。これ以上40名までの中規模が22.4%を占めると、同国のしかるべき資料にある(05年)。
 これらの工房や縫製工場は、それぞれ独自のブランドを立ち上げ、付加価値のある製品を作っている。
 そこでは当社のミシンも多く見られ、縫い品質の良さを出せるブランド(ミシン)だと、我々にはうれしい声も寄せられる。
 ブエノス・アイレスでは、これらの工場の多くは首都環状ヘネラル・パス線の外側、すなわち、大ブエノス・アイレス地区にあって、今も、各工場や工房がブランドの立ち上げに凌ぎを削っている。
 そして、私達は、タンゴの国でアパレル縫製の方々に“貴方のブランド力アップの基ですよ”と声をかけ、今日も“JUKI”ブランドのミシンを紹介している。

海外拠点便り アルゼンチン共和国「ブエノス・アイレス」
(麻井能一)

JUKI Magazine PageNavigation