JUKI Magazine PageNavigation

JUKI Magazine Contents

自立を目指すアパレル生産業の試み
独自素材と販売チャネルの開拓で
自立を目指す
本来ニット業は
“企画・生産企業”であった
 
国内に少なくなったニット生産業だが、しっかりと生き残りを図っている会社もある。墨田区亀沢……ニットの本拠地で自立を目指して着々と計画を進めるオオタニットさんの戦略を同社代表取締役の大田守彦さんにうかがった。
 
オオタニット株式会社 代表取締役 - 太田守彦さん
ニットの本場、墨田区亀沢に自社ビルの本社はある。
ニットの本場、墨田区亀沢に自社ビルの本社はある。
もともとニット業は
企画生産業だった

 「歴史から見れば、もともとニット業は自社で企画・製造して、それを問屋さんに卸すことで生計を立てていたんです。ところが、昭和40年代に入ってマーチャンダイジングの手法が入ってきて、市場に直結していた問屋さんが製品を企画するようになり、それを受けてニット業者が作る……という具合になってニット業者は受注業へと変わってしまった。ですからもう一度本来あった姿に戻すことで、ニット業が自立できるようにしたい」と語るのは東京ニット工業組合の理事長も務めるオオタニット(株)の太田守彦会長。今年の工業組合の新年の賀詞交換会でもそのことを強く訴えた。
  もちろんそのためには、これまで忘れていたさまざまなことを自社で独自にやらなければならない。素材の研究、消費者のニーズの研究、企画、販売チャネルの開拓……などなどだが、しかし考えてみれば、こうした要素は、ニット製造業者として、当然、バックグラウンドとしてもっていなければならないことでもある。


自主企画商品「リブ・ド・レスト」
百貨店での実演販売も実施


 ニット工場の多くは中国に移り、大量の低価格製品が国内に流れてきて多くの工場は駆逐された。いま、仕事があっても、いつメーカーが中国に移らないとも限らない。「このままでは国内のニットメーカーはなくなってしまうのではないか……」という危惧から太田さんが立ち上げたのが、「リブ・ド・レスト」というブランド。
  キャリア感覚あふれたレディースのカットソーブランドだが、新しい素材の開発や若いデザインのカットソーを求めるマーケットの注目を集め、OEM展開の打診も受けるなど、期待のブランドでもある。
  斬新なデザインで、月に14、5点の新作を投入するというスピードに加えて、国内生産という小回りのきく対応力が高く評価され、店頭の活性化に積極的なお店から引き合いも多い。
  高島屋、伊勢丹などの百貨店でも好評という。吉祥寺の伊勢丹では、2005年9月に2週間、本縫いミシン(DDL-9000)、オーバーロック(MO-6714)、飾りミシン(MF-7723)の3台のJUKIミシンを持ち込んで、お客様が選択された好みのクリスタルシート柄をその場で熱転写して製品に仕上げる実演を行った。
 「大変に好評で、リピーターの方が多いんですね。今年の5月17日~23日までの1週間、伊勢丹本店さんでも、販売させていただきますが、これも昨年の結果がよかったということだろうと思います」と太田さん。


独自素材と独自チャネルの開発で
カテゴリーキラーを目指す


 「最初、自主企画を始めるときに、自社のブランドをご利用いただくならば、オールアイテムにしなければいけないと考えていました。しかし、実際にやってみると、それは大きな会社でない限りできません。そこで、むしろ、同じ思いを共有できるいろいろな会社・ブランドと連携して、当社は得意な部分だけを特化させたほうがいい……ということに気が着きました」(同)。
  こうして、自社企画を始めたが、同社がめざしたのは差別化・特化するための特徴の開発。チャネルでは、もちろん小売店への直販と同時に、販売代行をしてくれる会社を開拓し、全国展開を目指す。その際も目標はあくまでもカテゴリーキラーであり、他の分野の企業との連携も視野に入れている。
  素材でも、ニュージーランドの縮まない最高級メリノウール100%を取り入れたり、綿100%の自然素材を生かした商品のほかに、独特の優しい肌触りのモダールシルク+ポリウレタンの新素材を独自ルートで開発したりするなど、積極的に取り組んでいる。


「工」から「商」へ意識の転換で
目標は、自主企画を1/3に


 同社は、企画販売を東京本社で行い、製造は山形県にある自社工場、(株)新庄オオタニットで行っている。「現在、自主企画の売り上げ比率は、18%と少ないが、当面の目標は売り上げの1/3、30%まで増やしたい」(同)とのことだ。
 これはそう難しいことではないと思われるが、太田さんはなかなか簡単ではないとおっしゃる。
 「自分で企画し、売ってみると、お客さんに買ってもらうのはなかなか大変だということがよくわかります。私たちは、モノづくりの人間です。いわば“工”の世界の人間と、流通の“商”の世界の人間とは、哲学が違います。工の人間は、“いいもの”を作れば、売れるはずと考えますが、商の人間にとって良し悪しは品質ではなく、“売れるかどうか”なのです。
  工の人間が職人魂など発揮してやると、つい商品に入れ込んで、まだ売れる……と撤退時期を誤ってしまいかねない。今日売れたからといって、明日売れるとは限らないのですが、その見極めが出来ない」と太田さん。
 「結局、成功するかどうかは、意識改革ができるかどうかで決まるのではないかと思います」という言葉が印象深かった。

スワロスキーのアクセサリを飾りに付けた、シャツ。顧客からの指定だ。生地も独自に開発した自然素材を使っている。 スワロスキーのアクセサリを飾りに付けた、シャツ。顧客からの指定だ。生地も独自に開発した自然素材を使っている。 スワロスキーのアクセサリを飾りに付けた、シャツ。顧客からの指定だ。生地も独自に開発した自然素材を使っている。
スワロスキーのアクセサリを飾りに付けた、シャツ。顧客からの指定だ。生地も独自に開発した自然素材を使っている。 スワロスキーのアクセサリを飾りに付けた、シャツ。顧客からの指定だ。生地も独自に開発した自然素材を使っている。 スワロスキーのアクセサリを飾りに付けた、シャツ。顧客からの指定だ。生地も独自に開発した自然素材を使っている。
「歴史的に言えばニット業はもともと自社で企画・生産したものを問屋さんに卸していたんです。だからそこに戻れば、自立できるはずです」と代表取締役の太田守彦さん。
「歴史的に言えばニット業はもともと自社で企画・生産したものを問屋さんに卸していたんです。だからそこに戻れば、自立できるはずです」と代表取締役の太田守彦さん。
3年間原野をさまよい、毛を刈られずに発見された羊は、ご覧の通り。“キング・オブ・シープ”と名づけられた……とMD事業部マネジャー中村洋介さん。
3年間原野をさまよい、毛を刈られずに発見された羊は、ご覧の通り。“キング・オブ・シープ”と名づけられた……とMD事業部マネジャー中村洋介さん。
製品は飾りも手が込んでいて、自社企画の強みを生かして多様だ。
製品は飾りも手が込んでいて、自社企画の強みを生かして多様だ。
ニュージーランド産最高級のメリノウール1005を使用した製品も同社の品質を証明する人気の商品である。
ニュージーランド産最高級のメリノウール1005を使用した製品も同社の品質を証明する人気の商品である。

オオタニット(株)
創業:昭和19年
所在地:東京都墨田区亀沢2丁目
会長:太田守彦、社長:新タ秀弘
社員:24名
商品:丸編ニット製品(カット&ソー)企画製造
工場:山形県新庄市

JUKI Magazine PageNavigation