JUKI Magazine PageNavigation

JUKI Magazine Contents

JUKIマネジメントサポートシステム
JUKIマネジメントサポートコーナー
生産管理からメンテナンスまで――
ネットワークで広がる未来の生産マネジメント・システム
JMS(JUKI Management Support)コーナーでは品質、コスト、納期といった数々の問題を解決する手段として、ミシンを通じた縫製工場のマネジメント・ツール、「ジューキ・マネジメント・サポート・システム」をご紹介します。


【JMS : JUKI ManagementSupport System】

JUKIマネジメントサポートシステム
 このシステムは、インターネットに接続したパソコンと電子ミシン、IP(インテリジェント・パネル)を活用し、縫製工場のマネジメントをサポートするシステムです。

  JUKIが開発した、縫製データ作成編集ソフト「PM-1」ミシンデータサーバユーティリティソフト「SU-1」各種ミシンに装備されるインテリジェントパネル「IP-100」「IP-400」……を活用することで、以下のようなことを可能にするシステムです。

①必要な縫製データを、JUKIが提供するWebサイトからダウンロードし、必要に応じて縫製データを編集する

②縫製データは接続されているミシンにアップロード・ダウンロードが可能。あるいはメディアを介してデータの受け渡しができる

③本社と工場の間で縫製データを転送する

④作業時間を測定したり、ミシン稼動状況をまとめたり、ミシンの管理データを収集する

⑤収集したデータはWebを利用して、ミシン稼動状況や工程時間の管理データをわかりやすくビジュアル化する

⑥インテリジェントパネルのデータを使って、ラインの仕掛り状況をチェックする

⑦Webサイト上にメンテナンスサポートプラザを用意。ミシンのメンテナンス方法を動画で配信する予定


お客様にご満足いただくための、

・多種のデザインやアイテムの変化に対するスピーディーな対応

・縫製品の高品質化・安定化・均一化

・メンテナンス業務の効率化

・工場管理機能の充実

……を目指すJUKIの新しいご提案を、JMSコーナーにてご覧ください。

IP-200 IP-400 IP-100

JUKI Magazine PageNavigation