JUKI Magazine PageNavigation

JUKI Magazine Contents

知って得する縫いのヒント

ベルベット縫製で発生する縫いズレ、パッカリングの解決方法

中綿を裏表生地の間に入れて、 本縫ミシンで縫うときに生じる縫いシワなどの解決法

 問 題 点

 ベルベット素材は起毛しているので、縫いズレやパッカリングが発生しやすく、また、生地をきれいに揃えて真っ直ぐに縫製することも難しい素材です。
(例)ベルベット素材で、1本針本縫いミシンで縫製するとき、ベルベット素材は、1針1針縫うことによって、左側に布が移動する状態になります。(写真1、2、3)
ベルベット表布と裏地を二枚重ね縫いをすると、特にこの現象が起きやすくなります。
写真1 写真2 写真3
写真1 写真2 写真3

 対 策

 縫いズレを防ぐため、上布と下布を個別に送ることの出来る1本針本縫い上下差動ミシン(DLU-5490N)を使用します。
また、上下生地を個々にコントロールしやすくするため、布地間に分離板を入れます。

(1)使用ゲージ

 ベルベット素材の縫製作業では、素材をしっかりと固定するために、以下のようなゲージを使用します。

ゲ ー ジ
品   番
写真No.
写真4
写真5 写真6 写真7
押え金 B1524-491-HBA 写真4
上送り押え B3026-490-S00 写真5
針板 B1109-450-D0B 写真6
送り歯 B1613-450-E00 写真7
4.押え金
5.上送り押え
6.針板
7.送り歯

●上送り押えの取り付け、および高さ調整での注意事項
 ・上送り押えの取り付けでは下側に押し付け、左右の歯が均等になるように取り付けて下さい。


【DLU-5490N上送り歯の高さ調整方法】
 ミシン背部の側面カバーを外し、上送り上下腕(前)締めネジを緩めます。(図表1)
ここで上送り腕(前)についている上下腕コロを手前(A方向、図表2)に押し付け、上送り歯(図表3)を、縫製素材(ベルベット)布の厚さによって、布厚さ分上に上げる。
確認方法、手でミシンプーリーを回転方向に廻して、一番上で止まった時に、布に当たらない状態に上送り歯を調整します。
図表-1 上送り腕止めネジ 図表-2 上下腕コロ 図表-3 上送り歯
図表-1
図表-2 図表-3



(2)微量押え上げ装置(品番: 112-43763)(写真8)

 押え金を布厚分浮かします。浮かし量は針棒下死点付近で調整します。
浮かし量が少ないと縫いズレや送り不良となり、多いと布の固定が悪くなって蛇行や、目飛び、糸締り不良となります。

 (注)押えを浮かすと糸調子皿の浮きや糸取りバネのストロークが変化するので注意して下さい。
写真8. 微量押え上げ装置
写真8

(3)分離板S135(品番:MAS135000A0)(写真9)

 分離板が無くても縫える素材もありますが、素材によっては(裏地等の異素材との組み合わせなど)布地が横ズレして縫えないことがあります。

その場合は、分離板S135を使用します。
 
ベルベット素材に、効果が有ります。

写真9
     写真9. 分離板S135
[押え圧の調整]
①押え圧(図表4)は弱めにして下さい。(A:50~51mm)
②上送り圧は弱めにして下さい。(B:55mm)
③弱い押え調節バネを使用する。
 薄物用  (品番:B1505-227-T00A)
 極薄物用 (品番:111-62104)
 
縫い速度は、ベルベット素材の縫製作業は、極めて手扱いが悪いので、出来る限り低速で縫製して下さい。
回転数は1,000spm以下を推奨します。

(縫製研究所 高橋 賢二)

図表-4
     図表-4 押え圧

JUKI Magazine PageNavigation