JUKI Magazine PageNavigation

JUKI Magazine Contents

読者フォーラム
WEBページで実施しております JM217 のアンケートに以下のようなご意見をいただきました。
( http://www.juki.co.jp/jm/enquete/enquete.html )

中国で仕事を行う場合には、中国が開かれたとはいえ、社会主義国家であり、中国人の個人主義な性格、行政が決める福利厚生等の状況を良く事前調査をし、納得して進出する事が大切です。たとえば、献血(900元)、一週間の有給、残業・日曜・国定休日出勤の給与取扱などなどさまざまな問題があります。
田中康夫・上海楽菱時装有限公司
いま、最も重要なのは、情報収集能力をいかに高めるかということです。経済環境の変化、将来の方向……などをしっかり把握して自社の戦略を立てないと生残れません。中国については、生産コストは安いが品質に問題がある、出来高給だから品質面がおろそかになっているなどがあり、検品制度の充実がこれからの課題といえるでしょう。
小澤元・(有)栄徳
アパレル産業全体のために、日本の流通の無駄をなくすような構造改革はできないものなのでしょうか。それが肝心です。そのような取り組みの事例がありましたら紹介してください。
水出俊哉
IT技術を応用した、縫製工場~売場~顧客のネットワーク事例と今後の方向
㈱ラン・クロージング 管理部 次長 柴瀬正則
読者フォーラム218    


いま、関心をもっているのは、アジア、特にアフリカ・東欧・中米……の繊維・アパレル情報です。生き残りのためには、オンリーワン企業になる、特化する、突出、独創、独自、逸脱、シュンパツ力、いちかばちか、複眼的志向、経営環境の変化にすばやい対応(縫製工場は特に)、コストで中国に勝る(イタリアに勝るだけが生きる道ではない)、軸足は世界(特にアジア)、FTA時代にフォカス(今後一番大事)……などがポイントです。
正田康博 文化服装学院
いま関心があるのは、縫製技術です。やはりこれが基本。その意味で取り組まなければならないテーマは人材育成ですね
彦根 知明 シーアイ繊維サービス㈱TOKレディスインナー
その他多数の方々からお意見をいただきました。ありがとうございます。


新製品紹介

ダイレクトドライブ高速電子本縫千鳥自動糸切りミシン(クイックリバース仕様)
LZ-2290A-7

新型のLZ-2290A-7をベースに高速でのTステッチ縫、千鳥模様縫を追加、用途活用の幅が広がります。

■多様なパターン縫いが可能になりました。

•  従来の千鳥縫に加え、Tステッチ縫や飾り縫いを追加、 14種類20パターンを標準装備。
また、縫い途中の高速でのコンデンス縫(バック縫)が可能となり設備稼働率が大幅に向上します。

•  紳士服では、箱ポケットのステッチ縫、衿のカラークロス縫、ラベル付け工程等、婦人服ではジャケット、
ブラウスの衿 ,前身頃への模様縫が可能です。

•  また、カスタムパターンにてオリジナルのパターン作成が可能ですから用途がさらに拡大します。 "

■鳥の巣防止仕様(LZ-2290A-SR-7-CB)もあります。

LZ-2290A-7


自動サージングマシン
ASN-697 (ハイグレードタイプ)
ASN-695 (スタンダードタイプ)


信頼性、品質重視のハイクォリティマシーン MO-6904Sを搭載し新たにデビュー

■豊富なオプションで作業性、メンテナンス性が向上しました

•  最高 8,000rpm の高速性能で生産性が大幅にアップ

•  薄物での縫い対応力、素材に合わせた低テンション縫製、カーブ縫でも縫い外れない安定した縫品質を実現

MO-6904S の持つ機能は全て本欄にそのまま活かされています。
ASN-695
 
海外拠点便り
海外特派員便り パキスタン

クォーター制度撤廃後に向け
生産性・品質向上へ懸命の努力中

 
 
 国民の97%がイスラム教徒であるパキスタンは日本の約2倍の国土を持ち、人口は1億4900万人を有する。“Pakistan”はウルドゥー語で「清浄な国」を意味すると同時に、パンジャブ州のP、北西辺境集(アフガン州)のA、カシミールのK、シンド州のS、バローチスタン州の末尾TANを結合したものといわれている。

パキスタンの縫製工場
 隣のインドに比べ日本人にはなじみが薄い。爆破やテロといった情報が多いため怖い国というイメージを持つ方も多いだろう。実際、日本のように治安がよい訳ではないが、地元民の注意を聞いて気を付けていれば危険な目に会うことはほとんどないといっていい。
 パキスタンにはラマダンといって1カ月の間、日の出から日没まで断食をするというイスラム教独特の行事がある。縫製工場側にとってはこの間の生産性低下は頭の痛い問題のひとつでもある。
生産アイテムはジーンズやカジュアル・パンツ等のボトムと、ニット製品の2極化が進んでいる。自動機などを導入する工場も多く、なかにはベーシックの5ポケットジーンズをオペレーター1人あたり40枚ほど生産する工場も存在する。
  しかし2005年のクォーター制度(輸入規制)撤廃後、アメリカからのオーダーが中国に集中されることが予想されており、競合国は深刻な状況に陥るといわれている。パキスタンについてもその例外ではない。生き残りをかけ、より効率の高い設備・生産システムの導入等、生産性・品質向上への要求は日を追うごとに増している。
(岩郷太郎)

JUKI Magazine PageNavigation