JUKI Magazine PageNavigation

JUKI Magazine Contents

知って得する縫いのヒント

アタッチメントで発生する問題解決法

本縫ミシンでバインダーを行うとき、いろいろな問題が発生します。これらの解決方法を教えてください。
本縫いミシンにバインダーを取り付けて作業をするときに
1) ねじれる
2) パンクする
3) カーブでテープがはみ出す
など様々な問題が発生します。これらの問題を解決するにはどうしたらよいでしょうか。

バインダー縫製のポイント

 縫製品質を確保するには縫製条件に合ったバインダーを選択することが重要です。合った物が無い場合は修正または作成することが必要となります。
 テープの素材と縫製条件に合った巻具・押えかどうかは以下をチェックして下さい。

【チェック1】テープの性質とバインダーのタイプが合っているか。

(1) バイアステープなど伸びるテープのアタッチメント
 伸縮性のあるテープはカーブのある工程に使われることが多く、バインダーもアングルバインダーまたはカノコラッパなどと呼ばれ、針落ちに向かって右側よりテープが供給され、針落ち付近でほぼ直角に縫う巻き具が利用されます。
 このタイプのバインダーはアウトカーブインカーブとも縫製可能ですが、縦目テープなど伸縮性の無いテープには使用できません。
(2) 伸縮性の無いテープのアタッチメント
 ビニールテープ、レザーテープ、縦目テープなど伸縮性の無いテープには手前よりミシンの送り方向と同じ方向にテープが供給される直線バインダーを利用します。
 これは直線縫い専門となります。
(3) 伸縮性の無いテープでカーブ縫いを行う場合のアタッチメント
 向かって斜め右からテープが供給され、針落ち手前でカーブして縫製されるタイプで①と②の中間的なタイプを利用します。このバインダーは伸縮性の無いテープでもある程度のインカーブ、アウトカーブの縫製ができますが、小さなカーブは困難です。(図1) 図1
[図1]

【チェック2】押えがテープの仕上がり幅に合っているか

(1) バイアステープなど伸びるテープのアタッチメント
 伸縮性のあるテープはカーブのある工程に使われることが多く、バインダーもアングルバインダーまたはカノコラッパなどと呼ばれ、針落ちに向かって右側よりテープが供給され、針落ち付近でほぼ直角に縫う巻き具が利用されます。
 このタイプのバインダーはアウトカーブインカーブとも縫製可能ですが、縦目テープなど伸縮性の無いテープには使用できません。
(2) 伸縮性の無いテープのアタッチメント
 ビニールテープ、レザーテープ、縦目テープなど伸縮性の無いテープには手前よりミシンの送り方向と同じ方向にテープが供給される直線バインダーを利用します。
 これは直線縫い専門となります。
(3) 伸縮性の無いテープでカーブ縫いを行う場合のアタッチメント
 バインダーには通常バインダー押えを使用します。バインダーテープが厚い場合はそれ専用の押え(ニッポー:NP-68、スイセイ:A10-01など)を利用します。
 テープの仕上がり幅が広い場合はスイセイのP3811~P3825(図2)などを利用し、テープ幅に合わせて加工します。なお加工後の仕上げはバリの無いように滑らかにしてください。テープ幅より狭い押えの場合はカーブでのテープはみ出しなどの原因となります。
図2
[図2]

【チェック3】テープの厚さと幅にバインダーが合っているか

 市販されている巻具は一般的に綿テープの使用を想定して製作されています。それ以外のテープを利用するときは問題が発生します。想定されたテープより厚いテープではテープが伸ばされ、仕上がり幅が少なくなったりパンクの原因となり、逆に薄いテープではしわやヨタレの原因となります。

【チェック4】身頃(縫製品)の生地厚にバインダーが合っているか

 縫製品にバインダーテープを縫った場合に最も厚い部分(重ね枚数が多いところ)がバインダーを楽に通過することを確認します。ただし余裕がありすぎると薄い部分を巻いたときに不安定な縫いとなります。(図3)
ノギスを利用して最も厚い部分を測定し、巻具のすき間の寸法と照合してください。
 チェック3.とチェック4.でテープや身頃の厚さに合った巻具が無い場合は専用の巻具を製作する必要があります。
図3
[図3]
アタッチメント製作入門③
アタッチメント製作に用いる工具はjm214号の知って得する縫いのヒント42またはJUKIのホームページ(JUKI-工業用ミシン-縫製研究所-アタッチメントサービス-作業用設備)をご覧下さい。

ホルダーの作り方
―ホルダー展開図設計のポイント

ホルダーを展開した形は図―1の様になります。
A寸法は図―2で示す通り、使用するテープを縫い形状図の通りに手で折り、吊り下げたときに生地が平らな状態になるところまでの距離として、その長さを求めます。
次に出口側、入り口側の形状を決めます。出口側図―1においてC寸法はテープ巾と同じですが、与えられた寸法の内側をテープが通るので小回りとなります。そこで外周差分の補正を加えます。補正値は180°につき、生地余裕分(最大生地厚分)となります。
★C寸法はテープ巾+生地余裕×2
★B寸法はテープ巾と同じ
★E寸法は図―5を参照
★D寸法は入り口側の図―4においてZ~Z'までの周長
★G寸法は図―5参照
★H寸法は図―5参照
★J寸法はA寸法の約1/5程度
★K寸法はA寸法の約1/2程度
★FとF'の角度は同じ
★L寸法は、縫った時にテープにスキマが開かない様にする為の寸法
図1
図-1
図2
図-2
図3,図4
図-3 図-4
図5
図-5

JUKI Magazine PageNavigation