『セコリセミナー』

日本におけるセコリセミナーは、アパレルのモノ作りのカギを握るとされるモデリスト養成を目指して、日伊アパレル研究会(略称・AGIC、会長・岡本義行、法政大学教授)1996年7月、JUKI那須研修センター(栃木県大田原市)で「セコリ那須セミナー」の名称で1週間コース(5日間)を開いたのが最初である。97年7月に第2回を開いたあと、98年からは年に2回、1月~2月と7月に開かれるようになり、2004年2月の開催で15回目を迎えた。この間、セミナーの全国化を図るために、主催は、日本アパレル工業技術研究会(アパ工研=旧・衣産研)に代わり、AGIO、JUKI、日本バイリーンで構成する「セコリセミナー開催委員会」が運営を担当する形になっている。

《close》