JUKI Magazine PageNavigation

JUKI新製品「ポケットセッター(ジーンズ仕様)AP-876」を発売
ポケットセッター(ジーンズ仕様)AP-876
ポケットセッター(ジーンズ仕様)AP-876
 JUKIは、簡単な操作で脱技能化に貢献し、高い生産性と安定した縫い品質を実現した「ポケットセッター(ジーンズ仕様)AP-876」を発売します。ジーンズポケット付けの一連の工程である「ポケット生地折り、身頃へのセット、縫い付け、閂止め縫い」をフルオート化し、さらに縫製された生地を自動的に積み重ねていくスタック装置も標準で装備しています。
 ポケットはジーンズデザインの顔であり、その出来栄えは商品の価値を大きく左右します。規定のサイズにポケットを折り込み、縫製するには熟練の技術が必要ですが、当機を使用することにより誰でも簡単に美しい折りと安定した縫い品質を実現できます。
 当機は、ポケットのセットと併行して自動的に縫製ができるため、1枚のポケット付けを9.9秒で完成させることができます(前機種比5%短縮)。アイロン、本縫ミシン、閂止ミシンを使った通常のポケット付け工程と比べ生産性が約7倍向上し、8人分の仕事を1台で行うことができます。
 当社は、操作性を大きく向上させ、生産性と安定した縫製品質で効率化に貢献できる当自動機で、販売を拡大していきます。

  • 生産性向上
    • 1ポケット当たり9.9秒で一連のポケット付け工程が行えます。
    • ポケットのセット、折りと縫製のオーバーラップ作業ができ、1台で高い生産性を実現します。頭部には専用の高速1本針千鳥縫い自動糸切りミシンを採用しています。(最高速度4,000sti/min)
  • 脱技能、品質向上
    • 簡単な操作で、ズレのない美しい折り、安定した高品質のポケット付けを実現しますので、脱技能化に貢献します
  • 操作性の向上
    • 操作パネルは見やすい大型カラー液晶画面(IP-420)を採用していますので、縫製データの入力・修正がミシン本体で可能です。各種メディア(USBメモリ、SDカード、CF、SM、FD)が使用できます。オプションのバーコードリーダーを取り付ければ、瞬時に縫製パターンとポケット型の照合の確認ができ、小ロット生産にもフレキシブルに対応できます。
    • ポケット型は工具を使わずに5分以内で交換ができます。また、ポケット型の低価格化を実現しましたので、従来よりもランニングコストを低く抑えることができます。
    • AMS(電子サイクルミシン)で好評をいただいているアクティブテンションを上糸調子に採用しました。縫製途中での糸調子がピンポイントで変更可能となり、布の厚みに連動させて縫い調子を補正でき、生地厚変更の段取り時間も削減できます。
    • 縫い終わった身頃を最大64枚までスタックできます。スタッカー容量検知も標準装備しています。
  • オーバーオールにも対応
    • 生地セットテーブル奥にスペースを設けたことにより、オーバーオールなどの縫製も可能になりました。
  • 消費電力削減
    • 布の送り駆動にエンコーダー付きパルスモーターを採用しました。素材の重さ・縫い目の長さに合わせ、最少の電力で駆動し、消費電力を低減できます(従来機比 消費電力12%削減)。
  • インナップの充実
    • ポケットの生地折り機能を省いた、ポケット縫い付け専用のセミオートタイプもラインナップしました。(海外市場のみ)

ニュースリリースはこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/whatsnew_j/newproducts/ap876_release_j.pdf

製品名
AP-876SZSZZD:
ポケットセッター(ジーンズ仕様)
※下糸供給装置付き(AW-2)は特別注文機となります。
AP-874SZSZZD:
セミオートポケットセッター(ジーンズ仕様) 海外市場のみ販売
◆発売日
海外 2012年12月
国内 2013年1月
JUKI新製品「セミドライヘッド・高速1本針本縫総合送り水平大釜ミシン」を発売
セミドライヘッド・高速1本針本縫総合送り水平大釜ミシン
LU-2810シリーズ

セミドライヘッド・高速1本針本縫総合送り水平大釜ミシン LU-2810シリーズ
セミドライヘッド・
高速1本針本縫総合送り水平大釜ミシン
LU-2810シリーズ
 JUKIは、自動車シート、ソファー、高級バッグなどの大物縫製・厚物縫製に必要な機能・性能を大幅に向上させた、ノンアパレル用ミシンの新シリーズ「セミドライヘッド・高速1本針本縫総合送り水平大釜ミシンLU-2810シリーズ」を発売します。
 当機は、厚物素材を強力・スムーズに送り、ピッチムラのない糸締りの良い安定した縫いを実現するために、全面的に見直したノンアパレル用ミシンのハイグレード機種です。様々な素材に応じて送り交互上下量のバランス変化を少なくした新型の「送り交互上下機構」、素材や糸に最適な送りでの縫いを可能にする「上下送りカム偏心量の調節機能」、常に安定した給油を実現する新採用の「給油機構」等により、多様な厚物素材に適した縫い品質を実現します。
 フトコロのサイズを当社従来機に比べ31%広げましたので、大きな素材・厚い素材の取り回しが容易になり、作業性が格段に向上しました。糸切り付きミシンには、業界初の高トルクダイレクトドライブモータを搭載しましたので、起動ペダルを踏んでからの応答が良く正確なため、難工程や難素材の縫製が容易になります。また、段部縫製時に必要な針貫通力が向上し、同時に静音性も改善されました。
 今までアパレル用ミシンでしか実現できなかった「セミドライ化」の技術を採用していますので、縫製物を油で汚す心配がなく、クリーンで快適な作業環境を実現します。
 JUKIは、大物縫製・厚物縫製に必要な機能・性能を大幅に向上させた最先端の本商品で販売を拡大してまいります。

  • 安定した縫い品質
     新型の送り交互上下機構、新採用の上下送りカム偏心量調節可能機能等により、段部乗り越え性に優れ、厚物素材を強力・スムーズに送り、ピッチムラのない糸締りの良い安定した縫いを実現しました。
  • 高トルクのダイレクトドライブモーター搭載
     糸切りタイプには、厚物素材に対応した業界初の高トルクのダイレクトドライブモーターを採用しました。 応答性に優れ、段部縫製時でも強い貫通力を確保します。
  • 高い押え上げ上昇量
     押え上げ上昇量は、従来機よりも高い20mmを実現し、高級ソファーなどレザーと厚みのあるスポンジ等を縫い合わせる工程も楽に行えます。
  • 送り交互上下機構
     交互上下量のバランス変化が少ない送り機構を採用したことで、様々な素材の厚みの変化に対応できるようになりました。交互上下量は最大9mmで、ミシン上部の大型ダイヤルで簡単に設定できます。
  • 多機能な6連手元スイッチ(糸切ミシン)
     タッチバックスイッチとは別に多機能な6連スイッチを配置しました。
  • 異なる縫い目長さを切り替え可能
     糸切りタイプには、2ピッチダイヤルを標準装備しました。1台で異なる縫い長さを瞬時に切り替えできます。
  • 上下送りカム偏心量の調節可能
     上下送りカム偏心量が調節可能になりました。素材や糸に合わせて、最適な送りに調節できます。

ニュースリリースはこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/whatsnew_j/newproducts/lu2810_release_j.pdf

製品名:セミドライヘッド・高速1本針本縫総合送り水平大釜ミシン
  • LU-2810SS 自動糸切り無し(頭部のみ)
  • LU-2810S70BBS 自動糸切り付き(完成品)

◆発売日
2012年12月(海外)
2013年1月(国内)
JUKI新製品「セミドライヘッド高速オーバーロック/インターロックミシン」を発売
セミドライヘッド高速オーバーロック/インターロックミシン  MO-6700DAシリーズ
セミドライヘッド高速オーバーロック
/インターロックミシン
MO-6700DAシリーズ
セミドライヘッド高速オーバーロック/インターロックミシン
MO-6700DAシリーズ

 JUKIは、縫製スピードを約17%向上させ(当社前機種比)、縫い速度7,000sti/minを実現した「セミドライヘッド高速オーバーロック/インターロックミシンMO-6700DAシリーズ」を発売します。
 当機は縫製品への油汚れを解消したセミドライミシンMO-6700Dシリーズのモデルチェンジ機です。主要駆動部の特殊表面処理やグリス給油方式に加え、針棒機構、上ルーパー機構を無給化したドライ技術を継承していますので、縫製中の油汚れを解消することができます。特に、当機には、グリス充填口を設けましたので、メンテナンス性が向上しました。また、針を動かす駆動部分の部品形状を改良したことなどにより、縫製スピードを約17%向上させました。
 当社は、薄物から厚物まで、幅広い素材で糸締まりが良く、ソフトで風合いのある縫い品質に加え、縫製品の油汚れを解消する当機で、特にニット素材を縫製するアパレル縫製工場で販売を拡大してまいります。

  • 縫製品の油汚れを解消
    • 油の飛散が大幅に減少しますので、縫製品の油汚れを解消し、品質が向上します。
    • 油汚れによるシミ抜き作業や、縫い直し作業を削減します。
  • 先進のドライ技術
    • 油の飛散が発生しやすい針棒機構、上ルーパー機構を無給化しました。
    • 主要駆動部への特殊表面処理やグリス給油方式など、先進のドライ技術により耐久性に優れ、長期間の使用でも油の飛散がありません。グリス充填口(上ルーパー関係部、面部)を設けたため、メンテナンス性が向上しています。
  • 生産性向上
    • 最高縫い速度は7,000sti/minです。(従来機種の最高縫い速度:6,000sti/min)
  • 品質向上
    • 難素材・新素材のパッカリング防止に最適な調整・装備を、ミシン各部にセッティングした「パッカリング防止仕様」も品揃えしました。オペレーターは難しい調整をする必要がなく、美しい縫い品質を実現することができます。

ニュースリリースはこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/whatsnew_j/newproducts/mo6700da_release_j.pdf

製品名
  • MO-6704DA:1本針オーバーロックミシン
  • MO-6714DA:2本針オーバーロックミシン
  • MO-6716DA:2本針インターロックミシン
  • MO-6714DABE630P:パッカリング防止/2本針オーバーロックミシン
  • MO-6716DADE430P:パッカリング防止/2本針インターロックミシン

◆発売日
2012年12月(海外)
2013年1月(国内)
JUKI新製品「"新型"両面飾り偏平縫いミシン」を発売
"新型"両面飾り偏平縫いミシン MF-7500(D)シリーズ MF-7900(D)シリーズ
"新型"両面飾り偏平縫いミシン
MF-7500(D)シリーズ
MF-7900(D)シリーズ
"新型"両面飾り偏平縫いミシン
MF-7500(D)シリーズ、MF-7900(D)シリーズ

 JUKIは、縫製不良の対応力がアップし、強度・伸縮性に富んだ美しい縫い目を実現する世界初の機構を搭載した、新型の「両面飾り偏平縫いミシン」2機種、8シリーズを発売します。
 偏平縫いミシンは、Tシャツやカットソー、スポーツウェア、下着など、伸縮性のある素材を使ったニット製品のヘム縫い工程(*1)やカバーリング工程(*2)に使用されるミシンです。また、スポーツウェアなどのデザイン性を高める「飾り縫い」などにも使用されます。

(*1)ヘム縫い工程:断ち端がほつれないように、折り返した部分を縫うこと
(*2)カバーリング工程:布の端をほつれ防止のために縁かがり縫いを行った後に、その縁かがり縫いの上から偏平縫いにて包み込むように縫う作業のこと


 当機は、両面飾り偏平縫いミシンMF-7500(D)、MF-7900(D)のフルモデルチェンジ機で、フラットベッド型とシリンダーベッド型の2機種に、セミドライシリーズ、糸切り装置付きなど、お客様のニーズに応じて8シリーズを品揃えしました。

 ニット製品の縫製では、ニット素材の種類、伸縮率に応じ、送り関係の調整をしますが、当機は上下方向、水平方向を複合的に調整ができる世界初の「新送り機構」を搭載したことにより、3D縫製による縫製不良を解消するほか、多種・多様なニット素材に対応した美しい縫い目を実現します。
 また、新送り機構および送り前後の調整を製品外部から調整可能としたことや、下糸の巻き付き防止機構(当社独自・世界初)を搭載したことにより、メンテナンス性が大きく向上しました。

 当社は、様々な機構で差別化ができる、ニット用ミシンの最先端製品である当機で販売を拡大してまいります。

  • 縫い品質の向上
    • 送り関係の調整において、上下方向、水平方向を複合的に調整ができる世界初の「新送り機構」を搭載したことにより、3D縫製による縫製不良を解消します。
    • 送り前後の位置調整を可能にした事で、ファンデーションなど伸縮性が大きい製品で発生する縫製トラブルのイサリやパッカリングなどの縫製不良の対応力がアップしました。
    • 微量押え上げ装置の標準装備により、押さえを浮かしぎみに縫うことが出来ます。これにより伸びやすい素材や傷つきやすい素材などは 素材のズレやねじれ、傷が軽減されます。
    • 差動マイクロアジャスト機構により素材に応じた最適な差動量を微調整することが可能です。また差動比は縫い目長さを変更しても一定となります。
  • 先進のドライ技術
    • 油漏れの原因となる面部機構をドライ化したことで、染み抜き作業や縫い直し作業が大幅に減少し、仕上がり品質が向上します。
    • 最高縫い速度が25%向上し、5,000sti/minを達成したことにより、生産性がさらに向上します。(従来機種の最高縫い速度は4,000sti/min)
  • ダイレクトドライブの装備により省エネ性/作業性が向上
    • 糸切り装置付きミシン全てに、新型小型サーボモーターをダイレクトドライブ方式で搭載しました。ダイレクトにパワーを伝えられるため、消費電力の低減にも役立ちます。<
      (消費電力:当社従来サーボモーター比でMF-7500(D)は29%、MF-7900(D)は27%削減)
    • ミシン起動時の立ち上がりや、停止精度など、優れた応答性を発揮しますのでオペレータの疲労を軽減します。
    • Vベルトが無いため、ベルトの削りクズがなく、緩み調整も必要ありません。
  • メンテナンス性向上
    • 新送り機構および送り前後の調整を製品外部から調整可能としたことで、メンテナンス性が大きく向上しました。
    • 糸切れ時、下糸カムに糸が巻き付く前に装置が作動し下糸を切断する、下糸の巻き付き防止機構(当社独自・世界初)の改良を行いました。
    • ゲージ部品は市場で流通している部品(押さえ、針板、送り歯、針留)と共通化を図りましたので、部品の入手が容易となります。

ニュースリリースはこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/whatsnew_j/newproducts/mf7500_7900_release_j.pdf

製品名
  • MF-7500シリーズ:フラットベッド型両面飾り偏平縫いミシン
  • MF-7500Dシリーズ:セミドライヘッド・フラットベッド型両面飾り偏平縫いミシン
  • MF-7900シリーズ:シリンダーベッド型両面飾り偏平縫いミシン
  • MF-7900Dシリーズ:セミドライヘッド・シリンダーベッド型両面飾り偏平縫いミシン

◆発売日
2012年12月(海外)
2013年1月(国内)
JUKI新製品"電子鳩目穴かがりミシン <ジーンズ・綿パンツ仕様>"を発売
電子鳩目穴かがりミシン <ジーンズ・綿パンツ仕様>
MEB-3810シリーズ

電子鳩目穴かがりミシン <ジーンズ・綿パンツ仕様> MEB-3810シリーズ
電子鳩目穴かがりミシン
<ジーンズ・綿パンツ仕様>
MEB-3810シリーズ
 JUKIは、ジーンズ・綿パンツの鳩目穴かがりを行う、新型の電子鳩目穴かがりミシン「MEB-3810シリーズ」を8月1日より発売いたしました。
 鳩目穴かがりミシンは、ボタン穴のかがり縫いと、穴開けカット(布切り)を自動で行うミシンです。当機は、ジーンズや綿パンツなど、厚地ズボンに特化した専用のミシンとして、様々な改良を加え、生産性を向上させました。
 当社は、生産性向上が重要視されている国々をはじめとして世界中で、マシンタイムを大幅に短縮でき、生産性と安定した縫製品質を提供する当機で販売を拡大していきます。
  • 生産性向上
     最高縫い速度2,500 sti/minと布切りメスのスピードアップによりマシンタイムを約22%短縮。小型ACサーボモーターによるダイレクトドライブ駆動の採用で、応答性が向上し、騒音・振動を低減します。糸切りメスはエアー方式を採用。
  • 作業・操作性の向上
     ミシン頭部のアーム面部は突出を抑えさらに布糸切りメス位置を従来よりもオペレーター側に設置したことにより、素材セット時の視認性が高まりました。生地セット面をフラット化、LEDライトを標準装備、開閉式ボトムカバーを採用し、作業性向上・日常メンテナンスが容易になりました。
  • 品質向上
     JUKI独自のアクティブテンション機構を採用し、1針毎のテンションを電子制御することで優れた縫い品質を実現しました。縫いを改良し目飛びを防止すると共に糸締りが向上します。総合糸切りは、糸切りミスが無く糸切り時間も短く生産性を重視しました。
ニュースリリースはこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/whatsnew_j/newproducts/meb3810_release_j.pdf

「AMS-221EN-HS3020/7200」カタログはこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/download_j/catalog_j/meb3810j.pdf

製品詳細はこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/products_j/apparel_j/cat86/meb3810.html

◆発売日
2012年8月1日
家庭用コンピュータミシン「Kalos(カロス)シリーズ」を新発売
家庭用コンピュータミシン
Kalos(カロス)シリーズ

Kalos(カロス)シリーズ HZL-K20
Kalos(カロス)シリーズ HZL-K20
Kalos(カロス)シリーズ HZL-K10
Kalos(カロス)シリーズ HZL-K10


 JUKIは、基本的な機能に絞り、お求めやすい価格を実現したコンピュータミシン「Kalos(カロス)シリーズ」を8月より発売しました。
 Kalosシリーズは、直線縫いやジグザグ縫い、ボタンホールなど、基本ベースの縫いに絞ったシンプルなミシンです。コンピュータで制御しているため、縫いたい模様を選択するだけで、ミシンが自動で最適な振り幅・送りに調整します。縫い始める前の設定の手間が省け、選んだ模様やミシンの状態もランプが光ってお知らせするため、初心者や年配者にもわかりやすいユーザーフレンドリーな仕様になっています。
 日本国内での販売のほかに、工業用ミシンの販売網を活用し、欧米やアジア地域での販売も強化します。

※「Kalos(カロス)」とは、ギリシャ語で「美しい」という意味です。

ニュースリリースはこちら
http://www.juki.co.jp/ir/pdf/n120730_01.pdf

カタログはこちら
http://www.juki.co.jp/household_ja/download/download.html

製品詳細ページはこちら
http://www.juki.co.jp/household_ja/g_introduction/hzlk20.html
http://www.juki.co.jp/household_ja/g_introduction/hzlk10.html

◆特長
  • 大きなスタート/ストップボタンでミシンの状態をお知らせ
  • 大きな光るボタンのダイレクト模様選択(K20のみ)
  • 「返し止め縫い」と「玉止め縫い」の2種類から選べる自動止め縫い機能
  • 市場で最もポピュラーなスリークオーターサイズで、扱い易いコンパクトなミシンサイズ
  • 快適なソーイングを行うための各種機能搭載
◆希望小売価格【国内・税込み】
  • HZL-K10 希望小売価格 102,900円
  • HZL-K20 希望小売価格 123,900円
*海外では、HZL-K65とHZL-K85を展開

◆発売日【国内・海外】
2012年8月1日
JUKI新製品"入力機能付き電子サイクルマシン(ジーンズポケット付け仕様)"発売
入力機能付き電子サイクルマシン(ジーンズポケット付け仕様)  AMS-221EN-HS3020/7200
入力機能付き電子サイクルマシン
(ジーンズポケット付け仕様)
入力機能付き電子サイクルマシン(ジーンズポケット付け仕様)
AMS-221EN-HS3020/7200

 JUKIは、AMS-221ENシリーズをベースにしたジーンズポケット付け仕様「AMS-221EN-HS3020/7200」を6月21日より発売いたします。
 ジーンズなどの後ポケットは商品の顔とも言え、そのでき映えは商品の価値を左右する重要な工程です。当機は、簡単な操作で脱技能化に貢献し、安定した高品質のポケット付けを実現します。
  • 生産性:オプションスタッカー(SS46)を使用すると作業者1人で2台使いを行うことにより高い生産性が得られます。(1人で2台持ちを行うことで1台持ちに対し、約2.1倍の生産性がUPします)
  • 機能:縫製可能なポケットステッチ範囲は、最大横:246mm×縦:200mmまで対応します。
  • 脱技能・品質の向上:折られたポケット布をポケット型にセットする簡単な操作で脱技能化が図れます。上糸調子は当社独自のアクティブテンションを採用。縫製条件に応じた適切なテンションコントロールにより優れた縫い品質を実現します。
  • 省エネ性:X-Y送り駆動にエンコーダー付きパルスモーターを採用。素材の重さ・縫い目の長さにあわせ最小の電力で駆動します。
ニュースリリースはこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/whatsnew_j/newproducts/ams221enhs30207200_release_j.pdf

「AMS-221EN-HS3020/7200」カタログはこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/download_j/catalog_j/ams221en_hs3020_7200j.pdf

製品詳細はこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/products_j/apparel_j/cat89/ams224enhs3020_7200.html

発売日
2012年6月21日
JUKI新製品"高速電子閂止めミシン「LK-1900ANシリーズ」"発売
ダイレクトドライブ高速針送り本縫自動糸切りミシン DLN-9010A
高速電子閂止めミシン「LK-1900ANシリーズ」
高速電子閂止めミシン
LK-1900ANシリーズ

 JUKIは、世界最高クラスの縫い速度3,200sti/minを実現した高速電子閂止めミシン「LK-1900ANシリーズ」を1月11日より発売します。当機は、LK-1900Aシリーズのモデルチェンジ機で、世界最高クラスの縫い速度を実現し、生産性が大幅に向上しました。
 閂止ミシンは、スーツなどのポケット口、ジーンズなどの股下、ブラジャーの肩紐付け部などに補強の縫い目を入れるミシンです。用途に合わせ、S仕様(標準)、H仕様(厚物)、F仕様(ファンデーション)、M仕様(ニット・メリヤス)、W仕様(厚物・大釜)の5タイプの仕様があります。また、豊富なサブクラス(LK-1900AN, LK-1901AN, LK-1902AN)により様々な閂止め工程、本縫いボタン付け工程などに対応します。
  • 世界最高クラスの縫い速度 3,200sti/minを実現しました。(LK-1900AN)
  • 高速性能とともに、トータルサイクルタイムを短縮しました。(従来機LK-1900Aと比較して、約6%短縮:42針、大閂止めの場合)
  • 上軸、天秤機構の見直しにより、音、振動を低減しました。従来機LK-1900Aと比較して、騒音を3.9dB、振動を1.65dB低減しています。
  • ダイレクトドライブ、面部ドライ、アクティブテンションなど好評の機能を全て踏襲し、上糸つかみ機構、糸残り量残短化など縫い品質に関する機構も装備しています。
  • LK-1900ANシリーズのサブクラスとして、LK-1901AN(高速電子鳩目穴閂止めミシン)、LK-1902AN(高速電子ベルトループ付けミシン)、LK-1903AN(高速電子本縫いボタン付けミシン)をラインナップしています。電子ミシンなので、パネルで簡単に縫いパターン(針数、縫いサイズなど)を変更することができます。
ニュースリリースはこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/whatsnew_j/newproducts/lk1900an_release_j.pdf

「LK-1900ANシリーズ」カタログはこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/download_j/catalog_j/lk1900anj.pdf

製品詳細はこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/products_j/apparel_j/cat87/lk1900an.html

発売日
2012年1月11日 閂止仕様:LK-1900AN, LK-1901AN, LK-1902AN

新機種の詳細は、お近くのJUKI販売(株)カスタマーズセンターへお問合せください。

JUKI Magazine PageNavigation