JUKI Magazine PageNavigation

JASTA ミニ情報 第20巻第5号

中国ビジネス支援拠点づくりを応援-北村経済省製造局長-
ナノテク応用の銀加工
海外高級ブランドで格差拡大
男性消費 復活の兆し
世界25都市の生活者を分類

行政
中国ビジネス支援拠点づくりを応援-北村経済省製造局長-

繊研,〔03.10.31(5)〕
経済産業省の北村俊昭製造産業局長は、日本繊維輸出機構が計画している中小繊維企業の中国でのビジネスをバックアップする拠点開設について,積極的に支援する考えを明らかにした。北村課長は「日本企業がまとまることで大きな効果を上げ、商談の入り口に入った企業も多い。問題はビジネスにどうつなげるか。中小企業をバックアップする仕掛けをつくりたい。」

加工
ナノテク応用の銀加工

繊研,〔03.10.16(4)〕
日清紡はナノテクノロジー技術を応用し、高い抗菌防臭効果を発揮する銀ナノテク抗菌防臭加工「エージーフレッシュ」(仮称)を開発。同加工には銀の粒子を4ナノメートルほどに粉砕し、生地表面だけでなく、内部まで浸透させたもの。ナノ粒子はベンチャー企業と共同開発したもの。従来の銀を生地表面に固着させる加工に比べ、選択耐久性が非常に高く、素材本来の風合いも損なわない。

アパレル
海外高級ブランドで格差拡大
日経MJ,〔03.09.30(3)〕
消費低迷の中でも根強い人気の海外高級ブランドも好不況の格差が広がりつつある。好調なブランドは、売場作りや広告戦略などのマーケティングに常に新しい風を吹き込んでいる点と、分析している。

流通
男性消費 復活の兆し
日経,〔03.09.22(3)〕
男性の消費に復活の兆しが見えてきた。02年は女性が消費を支えてきたが、景気回復の高まりとともに男性関連商品も売れ始めた。40歳前後の不惑世代が牽引役の一つ。

消費
世界25都市の生活者を分類
日経MJ,〔03.10.15(12)〕

博報堂の世界25都市の生活調査によると、7つの行動形態に分類できるという。香港は世界の凝縮図、北京は安定を望む傾向が強く、米国と欧州は孤独を嫌い、日本は摩擦を回避し「和」を尊重する。

JUKI Magazine PageNavigation