JUKI新製品 高速腕型3本針二重環縫ソーイングシステム(デジタルワークステーション)
「MS-1261A/DWS」を発売
厚地ズボンの縫い品質を向上し、ミシンとアプリの連動で生産を管理する
高速腕型3本針二重環縫ソーイングシステム(デジタルワークステーション)
「MS-1261A/DWS」

MS-1261A/DWS
MS-1261A/DWS
 JUKIは、厚地ズボン縫製において、難工程の縫い品質を向上し、押え圧と送り長さの設定をデジタル化した上、JUKI専用アプリとミシンを連動させることにより生産管理を可能にした「高速腕型3本針二重環縫ソーイングシステム(デジタルワークステーション)MS-1261A/DWS」を国内は9月11日より、海外は9月より発売します。

 このミシンは、ジーンズやチノパン、ワークパンツなどの厚地ズボンの内股や尻合わせ、腰ヨーク付けなどのタコ巻き縫いを行うためのミシンです。これらの縫製箇所は難度が高く、段部による、縫い詰まりや目飛び、縫いズレなどの不良が発生しやすい工程です。

 当機は、押え圧と先引き装置の送り長さをデジタル化し、センサーで段差部分を検知する機能を追加しました。平坦部と段部にそれぞれに適した押え圧と送り長さをコントロールして目飛びを防止し、均一な縫い目ピッチを実現します。また、送り力を強化するため、先引き装置はベルト式を採用し、ジーンズ縫製など、生地が16枚重なる段部縫製も、より確実に生地を送り、縫い詰まりや縫いズレを防止します。加えてミシン頭部の形状を大きく見直したことにより、縫製スペースが広がり、作業性が向上しました。

 当機は、縫製品に合わせたミシンの調整データを、タブレット(Android)で双方向通信ができます。取り込んだデータを複数のミシンへ転送が簡単にできるため、段取り替えが容易になり、工場全体での準備時間を大幅に削減します。また、
 JUKI専用のアプリを使うことにより、タブレット上にミシンの稼動情報がリアルタイムに表示され、生産進捗の管理が容易にできる上、集約したデータをグラフで表示させ、改善活動に繋げていただくことができます。

 当社は、厚地ズボンの縫い品質を向上し、ミシンとアプリの連動で生産を管理する「MS-1261A/DWS」を拡販するとともに、今後も、IoTを活用したソリューションの可能性をさらに探求し、お客様工場のスマート化のお手伝いを行ってまいります。

◆特長
  1. IoTを活用した縫製・ミシン管理
    1. データ管理・閲覧と編集がアプリ上で可能
      縫製品に合わせたミシン調整データは、市販されているAndroidタブレットにより非接触で双方向データ通信ができます。これにより縫製ラインのミシンは一律の設定や状態の確認が簡単にすばやくできるようになり、段取り替えが容易になります。
      操作パネルにはUSBポートも標準装備していますので、データ管理やソフトのバージョンアップも容易にできます。
      *JUKI Smart APPはAndroid OSバージョン6.0を推奨。
    2. JUKI Smart APPにより様々な情報を送信・確認することが可能
      アプリには、管理設定(端末登録)、ミシンデータ(縫製データ) 、問題解決グラフの項目があります。
      問題解決グラフでは、取得した各ミシンデータから生産高グラフ、稼働率グラフなどを作成しますので、現況確認や解析に活用できます。
  2. 段部センサーによるスムーズな送りでより美しい縫い目に
    MS-1261Aは、ジーンズ縫製においてニーズの高い、段部での通過性と目飛び、縫い詰まりに対応したデジタル機能付きミシンです。新型頭部は、段部検知センサーを搭載した押え圧コントロール機能を標準装備し、別駆動のベルト押え圧力と送り長さをデジタル設定できるベルト式デジタル先引き装置との組み合わせで "より美しい縫い目" を実現しました。
    デジタル制御により素材対応が容易になり、厚物素材も高品質で美しい縫いを作ります。
  3. 目飛び防止
    送り軌跡により、針刺し時の送り量を小さくすることで針曲がりを解消。
    ルーパー糸の保持を確実にすることでループを安定させ、ルーパーが的確に針糸をすくい、確実な縫い目を構成します。また、厚物素材の縫製時でも後ろ移動式針受けにより、目飛びの発生を防ぎます。
  4. オペレーターの作業性、省エネが向上
    従来の腕型二重環縫いミシンは、縫い形式から特殊な頭部形状をしていましたが、縫製のしやすさ、生地の取り回し等を追求し、汎用ミシンに似た頭部デザインを採用しました。また、腕型ミシンでは初めての省エネタイプで、高出力なダイレクトドライブモータ化などにより最高縫い速度5,500sti/minを実現し、作業性、メンテナンス性も向上しました。(従来機の最高縫い速度3,600sti/min)
◆発売日
2018年9月

◆製品カタログはこちら

■当リリースに関する問合せ先
JUKI株式会社
縫製機器&システムユニット 事業企画部
石橋 信一TEL:042-357-2375
総務部 総務・広報・環境グループ
林 桐子TEL:042-357-2398

55th FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展) JUKI出展のご案内
 2018年10月3日(水)~4日(木)、東京国際展示場にて開催されますFISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)に、JUKIは最新技術を取り入れた特殊ミシンやノンアパレルミシン、最新の家庭用ミシンを数多く展示致します。
 開催概要およびJUKI出展内容は以下の通りです。是非、ご来場ください。

■開催概要
日時:
2018年10月3日(水)AM10:00~PM5:00
2018年10月4日(木)AM10:00~PM5:00
会場:
東京ビッグサイト(東京国際展示場)
西3ホール小間番号:L-18
〒135-0063東京都江東区有明 3-21-1
会場までのアクセス:
  • 東京臨海新交通"ゆりかもめ"
    新橋駅→国際展示場正門駅下車すぐ
  • 東京臨海高速鉄道 りんかい線
    大崎駅→国際展示場駅下車 徒歩10分
    新木場駅→国際展示場駅下車 徒歩10分
  • 水上バス
    日の出桟橋→有明南客船ターミナル下船すぐ
お問い合わせ:
※詳細につきましては、下記の弊社拠点までお気軽にお問い合せください。

JUKI販売株式会社本社TEL:042-357-2530
  • 工業用ミシンに関するお問い合わせ
    関東カスタマーズセンターTEL:042-357-2536
  • 家庭用ミシンに関するお問い合わせ
    東京営業所TEL:042-357-2339

出展内容:
JUKI出展機種
:新商品、:参考出品、:特注商品、:近日発売
出展機種は都合により変更させて頂く場合もございます
アパレル用ミシン
  • DDL-9000CFMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(フルデジタル/鳥の巣防止仕様)
  • DDL-9000CSMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(デジタル仕様)
  • LK-1900BN
    高速電子閂止めソーイングシステム
  • LBH-1790AN
    高速電子眠り穴かがりソーイングシステム
  • MS-1261A/DWS
    腕型二重環縫ソーイングシステム
  • MEB-3900C
    電子鳩目穴かがりソーイングシステム(綿パンツ仕様)
  • DLU-5492N-7
    本縫差動上下送り糸切りミシン(シャツ衿トップステッチ仕様)
  • APW-896N
    本縫自動玉縁縫機
ニット用ミシン
  • MF-7923DR/X83067
    セミドライヘッド・シリンダーベッド型片面飾り扁平縫いミシン(デジタル式上送り/ヘム縫い仕様)
  • MO-6804D
    セミドライヘッド高速2本針オーバーロックミシン
ノンアパレル用ミシン
  • AMS-224EN4530R/AW3
    入力機能付き電子サイクルマシン(縫製エリア:横45cm×縦30cm)(全回転釜仕様/下糸自動供給装置付き)
  • LU-1520NCS-7
    1本針総合送水平大釜自動糸切りミシン(残短糸切仕様)
  • LU-2828VA-7
    セミドライヘッド・1本針本縫総合送り水平大釜糸切りソーイングシステム(残短糸切仕様/2.7倍釜)
  • LU-2860VAL-7
    セミドライヘッド・2本針本縫総合送り水平大釜糸切りソーイングシステム(12mmピッチ/2.0倍釜)
  • PLC-2760V-7
    ポストベッド2本針本縫総合送り水平大釜ソーイングシステム
  • PH-2266
    ポストベッド2本針二重環縫総合送りミシン
ノンソーイング
  • エプソン/SC-F9350
    昇華転写プリンター
  • HASHIMA/HSP-5400
    昇華転写プレス
  • クインライト/LHP-PP1
    連続式ホット&クール機
  • クインライト/LWU-3015-4BT
    超音波ウエルダー
カスタマイズ商品
  • GUTE350
    ハンドステッチマシン
  • FX160-20
    タッキングマシン
  • J2-36
    アイロン・ボイラー・バキュームセット(ミシン格納タイプ)
JUKI純正パーツ
  • 機種別パーツキット
    鳥の巣防止装置、ボタン付けアタッチメント、LEDライトユニット、その他
家庭用ミシン
  • SL-700EX(ハイスペック)
    職業用本縫いミシン(自動糸切りコントローラー・太糸テンション・速度調整つまみ付)
  • SL-300EX
    職業用本縫いミシン(速度調整つまみ付)
  • HZL-EX7
    コンピュータミシン(BOX送り・スライド針板・ピボット機能・フロートモード・フットスイッチ機能・287模様)
  • HZL-DX5
    コンピュータミシン(BOX送り・スライド針板・ピボット機能・フロートモード・フットスイッチ機能・85模様)
  • HZL-CX3
    コンピュータミシン(BOX送り・スライド針板・フットスイッチ機能・40模様)
  • HZL-F3000
    コンピュータミシン(BOX送り・自動糸調子・自動糸切り・クイック下糸セット・40模様)
  • HZL-V2000
    コンピュータミシン(BOX送り・自動糸調子・自動糸切り・クイック下糸セット・20模様)
  • HZL-J80E
    コンピュータミシン(自動糸調子・20模様)
  • MO-1000ML(シュルル)
    ロックミシン(2/3/4本糸差動送り・イージースレッダー(自動ルーパー糸通し)採用)

アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」がアップされました
アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」
 アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」を掲載しました。

 近藤紡績所(名古屋市)は、糸からの一貫生産体制を確立する紡績事業をはじめ、アパレル、小売りまで幅広い事業を展開しています。その中でアパレル事業を担うKSプランニングは、大阪・東京を拠点にして国内著名ブランド向けに企画から最終製品まで提供していますが、メイド・イン・ジャパンの製品を手掛けているのが徳島工場(徳島県板野郡藍住町)です。

次世代のモノ作りに挑戦 第8回:株式会社KSプランニング徳島工場
http://www.juki.co.jp/jm/jmn/fuku/jmnnextchalgv08.html
第38回アパレル工業技術セミナー(アパレル工業技術・人材育成セミナー)のご案内
 日本アパレル工業技術研究会(JATRA)では、アパレル関連の基礎知識と応用技術、最新情報を中心とした第38回アパレル工業技術セミナーを2018年10月16日(火)に千代田区立日比谷図書文化館で開催します。
 今回はワコール(株)品質保証部長 中川原 正人氏よりISO8559-3の解説と、(株)センチュリーエール代表取締役社長 森本 尚孝氏より生産革新の講演があります。

 参加のお申し込みは10月2日(火)まで、概要は下記の通りです。

日時:
2018年10月16日(火)13:30~16:00 (13:15から受付)
会場:
千代田区立日比谷図書文化館4Fスタジオプラス
(東京都千代田区日比谷公園1-4) [地図]
最寄り駅:東京メトロ千代田線 霞ヶ関駅、都営三田線 内幸町駅
テーマ及び講師:
  • <講演1>13:30~14:40
    ISO8559-3 Size designation of clothes Size Part3 Measurement indicators
    (ISO8559-3 衣服のサイズ指定 Part 3 測定指標)
    講師:ワコール(株)品質保証部長
    中川原 正人氏
  • <講演2>14:50~16:00
    「ファッションテックに向けた生産革新」
    講師:(株)センチュリーエール代表取締役社長
    森本 尚孝氏
参加費:
法人会員・個人会員無料、非会員・一般受講2,000円
定員:
60名
お申し込み・お問い合わせ先:
日本アパレル工業技術研究会
http://www.jat-ra.com/seminar.html
<TEL>03-3591-8350 <E-MAIL> apakoken@jat-ra.com
2018九州アパレルマシンショー JUKI出展のご案内
 2018年9月21日(金)~22日(土)、久留米地域地場産業振興センター(地場産くるめ)にて開催されます九州アパレルマシンショーに、JUKIは最新技術を取り入れた工業用ミシンと家庭用ミシンを展示致します。
 開催概要およびJUKI出展内容は以下の通りです。是非、ご来場ください。

■開催概要
日時:
2018年9月21日(金)AM9:30~PM5:00
2018年9月22日(土)AM9:30~PM3:00
会場:
久留米地域地場産業振興センター(地場産くるめ)
久留米市東合川 5-8-5 0942-44-3700
交通案内:
  • JR久留米下車車で15分
  • 西鉄久留米下車車で7分
  • 西鉄バス21番22番 地場産センター入り口』下車徒歩1分
お問い合わせ:
  • JUKI販売株式会社
    本社TEL:042-357-2530(代表)
  • 九州カスタマーズセンターTEL:0942-44-1835
  • 九州営業所TEL:0942-23-7155
出展内容:
JUKI出展機種
:新商品、:参考出品、:特注商品
出展機種は都合により変更させて頂く場合もございます
アパレル用ミシン
  • DDL-9000CFMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(フルデジタル仕様)
  • DDL-9000CSMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(デジタル仕様)
  • LK-1900BNSS
    高速電子閂止めソーイングシステム
  • LBH-1790ANS
    高速電子眠り穴かがりソーイングシステム
  • APW-896NS10ZM9
    本縫自動玉縁縫機/斜め・フラップ仕様(敷板装置/追加マーカー付き)
ニット用ミシン
  • MO-6814DBE640H
    セミドライヘッド高速2本針オーバーロックミシン
  • MF-7923DRU11E56/UT57
    セミドライヘッド・シリンダーベッド型片面飾り偏平縫いミシン(デジタル上送り/ヘム縫い仕様)
ノンアパレル用ミシン
  • LU-1520NCS-7
    1本針本縫総合送り水平大釜自動糸切りミシン(残短糸切り・カーシート仕様)
  • LU-2828VA-70BBSF
    セミドライヘッド・1本針本縫総合送り水平大釜糸切りソーイングシステム(残短糸切り仕様)
  • PLC-1760SCA/X55325
    ポストベッド2本針本縫総合送り水平大釜ミシン
  • AMS221ENHS3020
    入力機能付き電子サイクルマシン(縫製エリア:300mm×200mm)
JUKIパーツ
  • 本縫糸切りミシン用
    鳥の巣防止装置(品番:R20000691)
  • LU2800V-7シリーズ用
    デジタル吊り定規(品番:40198152)
  • AMSシリーズ用
    布厚検知装置
  • AMSシリーズ用
    目飛び検知装置
ノンソーイング
  • エプソン/SC-F9350
    昇華転写プリンター
  • HASHIMA/HSP-5400
    昇華転写プレス
  • クインライト/LHP-PP1
    連続式ホット&クール機
  • クインライト/LWU-3015-4BT
    超音波ウェルダー
家庭用ミシン
  • HZL-EX7
    コンピューターミシン(BOX送り・スライド針板・ピボット機能・フロートモード・フットスイッチ機能・287模様)
  • HZL-DX5
    コンピューターミシン(BOX送り・スライド針板・ピボット機能・フロートモード・フットスイッチ機能・85模様)
  • HZL-CX3
    コンピューターミシン(BOX送り・スライド針板・フットスイッチ機能・40模様)
  • SL-700EX
    職業用本縫いミシン(自動糸切りコントローラー・太糸テンション・速度調整つまみ付)
  • MO-1000ML(シュルル)
    ロックミシン(2/3/4本糸差動送り・イージースレッダー(自動ルーパー糸通し)採用)
その他数機種展示予定

JUKI創立80周年 ソーイングフェスティバルが開催されます
JUKI創立80周年 ソーイングフェスティバルが開催されます
 JUKIは今年創立80周年を迎えます!
 皆様への感謝の気持ちを込めて、普段お世話になっている先生のワークショップを集結!
 本社(東京・多摩)にて、2018年8月30日~9月7日の10日間に渡って順次開催致します。
 今回は80周年を記念して、スペシャルランチボックス(昼食)のサービスや、SNS撮影会、トークショー、サイン会などワークショップ以外のイベントも企画しておりますので、みなさま是非ご参加ください。

 詳しくはこちらをご覧下さい。

■開催概要
日時:
2018年8月30日(木)~9月7日(金)
※開催時間は開催日によって異なりますので、下記をご参照下さい。
会場:
JUKI株式会社(本社)
〒206-8551 東京都多摩市鶴牧2-11-1 地図
使用・展示予定機種:
HZL-EX7, SL-700EX, MO-1000ML

≪開催日≫
8月30日(木) 10:00~16:00
≪参加費≫
10,000円(税別)
≪定員≫
12名
JUKI創立80周年 ソーイングフェスティバルが開催されます うさこ先生 『うさこのソーイング教室@JUKI』
うさこ先生
『うさこのソーイング教室@JUKI』

 コスプレイヤーに朗報!! YouTubeで大人気の洋裁スペシャリスト「USAKO先生」がJUKIとコラボレーション。うさこ先生が直接、講習指導致します。

≪開催日≫
8月31日(金) 10:00~15:00
≪参加費≫
25,000円(税別)
≪定員≫
10名
JUKI創立80周年 ソーイングフェスティバルが開催されます 大川小百合先生 (1)ネイビーストライプ ママワンピース (2)ブラックストライプ ママオールインワン (3)ホワイトネイビーチェック ママワンピース
大川小百合先生
(1)ネイビーストライプ ママワンピース
(2)ブラックストライプ ママオールインワン
(3)ホワイトネイビーチェック ママワンピース

 DOUDOUパターンブック新刊に掲載の大人服を製作していただけます。DOUDOU主催としては初開催となる大人服のワークショップです。
 キット形式でご用意しております。ミシン初心者の方でも時間内に仕上がる内容ですので、安心してご参加ください。

≪開催日≫
9月3日(月) 10:00~14:30
≪参加費≫
10,000円(税別)
≪定員≫
12名
JUKI創立80周年 ソーイングフェスティバルが開催されます 美濃羽 まゆみ先生 ドロップポケットのワンピース
美濃羽 まゆみ先生
ドロップポケットのワンピース

 ワンピースの縫い方を学びます。裁断済みの布をご用意しますので、ミシンを一度でも使った方なら問題なく仕上がります。
 ロックミシンの差動を使い、早くキレイに仕上げるテクニックをお教えします。

≪開催日≫
9月4日(火) 10:30〜17:30
≪参加費≫
7,500円(税別)
≪定員≫
10名
JUKI創立80周年 ソーイングフェスティバルが開催されます モモリータ先生 重ね着風 パフスリーブワンピース
モモリータ先生
重ね着風 パフスリーブワンピース

 オリジナルのプリント生地を使用して、重ね着風のワンピースを製作します。

≪開催日≫
9月5日(水) 10:00~15:00
≪参加費≫
7,000円(税別)
≪定員≫
12名
JUKI創立80周年 ソーイングフェスティバルが開催されます 中沢 フェリーサ先生 おしゃれコロコロポーチ
中沢 フェリーサ先生
おしゃれコロコロポーチ

 「簡単 早い 楽しい!」のテクニックを使って、マジックのように3枚のパーツで立体的なコロコロとした不思議なポーチを作ります。

≪開催日≫
9月6日(木) 10:30~16:00
≪参加費≫
8,000円(税別)
≪定員≫
8名
JUKI創立80周年 ソーイングフェスティバルが開催されます 早崎 麻利子先生 3つのミシンキルトテクニックで作るグラニーバッグ
早崎 麻利子先生
3つのミシンキルトテクニックで作るグラニーバッグ

1.布の組み換えかた
2.ストリップ布のピーシングの基礎と応用
3.正三角形のカッティングテクニックとその応用

≪開催日≫
9月7日(金) 10:00~15:00
≪参加費≫
12,000円(税別)
≪定員≫
16名
JUKI創立80周年 ソーイングフェスティバルが開催されます Pattern Label ユーカ先生 〜CORDURAナイロンで作る本格サコッシュ〜
Pattern Label ユーカ先生
〜CORDURAナイロンで作る本格サコッシュ〜

 ナイロンの7倍もの強度を持つ耐久性に優れた繊維コーデュラ®ナイロンを使ってバッグを作ります。
アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」がアップされました
アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」
 アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」を掲載しました。

 ザギトワ選手効果で脚光を浴びている"秋田犬"のふるさとと言われる秋田県大館市にある秋田丸善繊維(竹村周夫社長)。「旬のものづくり」を掲げる大手婦人服工場で、「サンプル対応の充実」「多品種少量短サイクル生産」「多彩な特殊ミシン」「自社海外工場(大連丸善時装有限公司)の活用」によって、お客さまが欲しい時に欲しい製品を売り場に供給することを目指しています。

次世代のモノ作りに挑戦 第7回:秋田丸善繊維株式会社
http://www.juki.co.jp/jm/jmn/fuku/jmnnextchalgv07.html
「ミニ情報」がアップされました
 社団法人日本衣料管理協会の繊維・アパレル業界情報(抜粋)「ミニ情報最新号(5〜6月号)を掲載しました。

  • 最新号(5〜6月号)
    「経産省、電子商取引に関する市場調査」「外国人就労、拡大を政府表明」「マイクロプラスチック問題と化学繊維」など12項目
を掲載しております。

「ミニ情報」はこちら
http://www.juki.co.jp/jm/jmn/mini/index.html
第42回2018東北アパレル産業機器展が開催されました
第42回2018東北アパレル産業機器展が開催されました
第42回2018東北アパレル産業機器展が開催されました第42回2018東北アパレル産業機器展が開催されました
第42回2018東北アパレル産業機器展が開催されました第42回2018東北アパレル産業機器展が開催されました
 2018年6月23日(土)~24日(日)の2日間、岩手県滝沢市「岩手産業文化センターアピオ」にて、東北六県縫製団体連合会が主催する第42回2018東北アパレル産業機器展が開されました。出展企業は45社、来場者数は2日間で2,212名となりました。

 JUKIは出展社中最大規模のスペースに、アパレル・ノンアパレル向けミシン・プリンタや超音波接合などのノンソーイング・パーツコーナー・家庭用ミシンなど34機種を展示しました。
 開場と同時にデジタルミシン(DDL-9000CシリーズLK-1900BNLBH-1790ANMEB-3900JLU-2800V-7シリーズ、MS-1261A/DWS、PLC-2760V-7)を中心に、たくさんのお客様で賑わいました。

 また今年は当社創立80周年にあたる年でもあり、JUKIの歩みを大型モニターでご紹介するなど、お客様に感謝の意をお伝えする展示会となりました。
第37回アパレル工業技術セミナーが開催されました
第37回アパレル工業技術セミナーが開催されました第37回アパレル工業技術セミナーが開催されました 近藤会長
 日本アパレル工業技術研究会(JATRA)による第37回アパレル工業技術セミナーが6月19日(火) 港区西麻布の霞会館で開催され、アパレル関係者約50名が参加されました。
 初めに近藤会長の挨拶があり、アパ工研が前身の衣料産業研究会議の時代から50年にわたって衣料サイズの標準化をはじめアパレル生産のインフラ整備に力を入れてきたことが紹介されました。
 今回は「アパレルECにおけるフィッテイング性能評価に関する国際標準化」と「洋服づ くりは人づくりの道」をテーマに2講演が行われました。

日時:
2018年6月19日(火) 13:30~16:00
会場:
霞会館
テーマ及び講師:
  • 第37回アパレル工業技術セミナーが開催されました 日本アパレル工業技術研究会顧問 中山 悦朗氏
    <講演1>「アパレルECにおけるフィッティング性能評価に関する国際標準化」の進捗状況

    日本アパレル工業技術研究会顧問 中山 悦朗氏

     衣料サイズの国際標準化などに取り組んでいるISOの技術委員会であるISO/TC133の進捗状況について、アパ工研顧問の中山悦朗氏から説明がありました。ISO/TC133についてはシリーズの4回目となります。
  • 第37回アパレル工業技術セミナーが開催されました 株式会社辻洋装店 専務取締役 辻 吉樹氏
    <講演2>「洋服づくりは人づくりの道」

    株式会社辻洋装店
    専務取締役 辻 吉樹氏

     辻吉樹氏からは婦人服製造の考え方、東京でのアパレル製造の実態、人作りの取り組みなどについて講演がありました。
     辻洋装店は東京・中野駅から徒歩15分ほどの閑静な住宅街に本社とアトリエ(縫製)があり、でプレタポルテといわれる高級婦人服を製造しています。
レジュメ:
講演の詳しい内容はこちら
View PDFView PDFresume20180619.pdf

JUKI Magazine PageNavigation