JUKI新製品 セミドライヘッド電子本縫千鳥縫ソーイングシステム「LZ-2290Cシリーズ」を発売
縫いの調整をデジタル化
セミドライヘッド電子本縫千鳥縫ソーイングシステム
「LZ-2290Cシリーズ」

LZ-2290CF-7
LZ-2290CF-7
 JUKIは "縫い"の調整機能をデジタル化し、縫い品質の向上と段取り時間の低減に加え、JUKI専用アプリとミシンを連動させることにより生産管理を可能にした「セミドライヘッド電子本縫千鳥縫ソーイングシステム LZ-2290Cシリーズ」を5月21日より国内外で発売しました。

 このミシンは、千鳥縫いのほかに、スカラップ縫いやブラインドステッチ、様々な飾り模様を最高速度5,000sti/minの高速で縫うことができます。伸縮性のあるブラジャーやショーツなどの女性用ファンデーションの縫製や、ジャケットのポケットステッチやラベル付けなどにも活用できます。20種類の縫いパターンを標準装備し、飾り縫い模様など、200種類のカスタムパターンをミシン本体に保存できます。

 LZ-2290Cシリーズは、フルデジタル仕様とデジタル仕様の2タイプのミシンを品揃えしました。
 フルデジタル仕様は、縫製物や縫製箇所、生地の種類に応じて従来手作業で行っていた送り機構と糸調子の調整をデジタル化し、タッチパネルにて容易に設定ができるようにした、千鳥縫いミシンにおいて世界初のミシンです。
 送り機構については、上下、水平方向を"標準、ソフト、ハード"の3つから選択ができ、さらに布ずれ防止用も追加しました。
糸調子機構(アクティブテンション)では、当機の特長であるロータリー式(回転式)ミシンにおいて、世界初となる糸張力調整を実現しました。さらに、縫いの速度や下糸の残量により変化していた上糸の張力も自動で補正します。また、段部検知装置を新たに搭載し、段部に応じた糸張力を設定できます。これらのデジタル化により、縫い品質の向上と段取り時間の低減を実現します。

 当社は、千鳥縫いの縫い品質の向上と段取り時間の低減に加え、ミシンとアプリの連動で生産を管理する「LZ-2290Cシリーズ」を拡販するとともに、今後も、IoTを活用したソリューションの可能性をさらに探求し、お客様工場のスマート化のお手伝いを行ってまいります。


◆LZ-2290Cシリーズの特長
  1. 縫い品質の向上
    1. 上下、水平駆動のデジタル送り機構<フルデジタル仕様>
      上下、水平方向の送り機構をモータ制御しました。パネル操作により簡単にミシンの調整が可能です。
      これまで時間が掛かっていた送りのタイミングの変更が、パネル操作で簡単にでき、工程に適した縫い品質(ソフト⇔標準⇔ハード)が設定できます。また、布ずれ防止用の送り軌跡への変更もでき、素材対応力が高まりました。
    2. アクティブテンション(糸調子機構)を採用<フルデジタル仕様>
      ロータリー式ミシンに世界初となる糸調子機構を採用しました。これまで難しかった下糸の残り量が少なくなった際の糸調子の安定化をこの機構で実現します。また、縫い速度に応じて糸張力を補正することもできますので、縫い品質の向上に役立ちます。
    3. 段部検知装置を装備<フルデジタル仕様>
      段部検知装置を搭載し、平部と段部の縫い調整がそれぞれ設定できますので、段部縫製時に縫いピッチが詰まる、糸が締まらないといった問題を解決できます。
    4. 多様なパターン縫いが可能
      基本的な縫い形状11種類・20パターンを標準装備しています。操作パネルにて千鳥縫い、Tステッチ、模様縫いなど、縫いパターンの選択ができますので、設備稼働率が大幅に向上します。
      また、ブラジャーのボーン部分を縫い込まず、縫い目を飛ばして縫製する工程に対しても、縫製パターンを作成することができますので、より生産性を高めることができます。
  2. フルカラー操作パネル
    1. IoTを活用した縫製・ミシン管理
      縫い調整データは市販されているAndroid端末との間で非接触による双方向データ通信ができます。これにより、縫製ラインのミシンの一律設定が容易にできます。操作パネルにはUSBポートを標準装備し、装置間のデータ管理やソフトのバージョンアップも容易に対応できます。
    2. JUKI Smart APPにより様々な情報を送信・確認することが可能
      アプリには、管理設定(端末登録)、ミシンデータ(縫製データ)、問題解決グラフの項目があります。問題解決グラフでは、取得した各ミシンデータから生産高グラフ、稼働率グラフなどを作成しますので、現況確認や解析に活用できます。
  3. 作業環境の改善
    1. LEDライト
      アームあご下にLED照明を標準装備しています。これまでの機能に加え(白色⇔中間色(初期値)⇔電球色)の色合いの変更が可能になり、作業者の目の疲れを低減します。
    2. 3連手元スイッチ
      手元スイッチは3連式を採用しています。タッチバック、ミラー機能、段部補正など、多機能な活用ができます。
    3. パネルバックライトの自動OFF機能
      一定時間パネル操作を行わなかった場合、自動的にパネルのバックライトをOFFにすることができます(設定は1分~20分)。
    4. スリープモード(自動電源OFF機能)
      操作をしない状態が一定時間経過すると、モータなどの動力電源をOFFにすることができます(設定は1分~50分)。
    5. 釜合わせモード
      パネル操作にて"釜合わせモード"を選択してすることで、電源を入れたまま釜合わせ作業が安全に行えます。
◆発売日
国内外 2019年5月21日

■当リリースに関する問合せ先
JUKI株式会社
縫製機器&システムユニット 事業企画部
石橋 信一TEL:042-357-2375
総務部 総務・広報・環境グループ
林 桐子TEL:042-357-2398
第43回 2019東北アパレル産業機器展のご案内
 第43回「2019 東北アパレル産業機器展」が2019年6月22日(土)、23日(日)に開催されます。
 JUKIは最新技術を取り入れた商品をアパレル、ニット、ノンアパレル、ノンソーイング、家庭用の各コーナーでご提案させて頂きます。

 開催概要およびJUKI出展内容は以下の通りです。是非、ご来場ください。

■開催概要
主催:
東北六県縫製団体連合会
日時:
2019年6月22日(土)午前10:00~午後5:00
6月23日(日)午前9:00~午後3:00
会場:
第43回 2019東北アパレル産業機器展のご案内 岩手産業文化センター「アピオ」
岩手産業文化センター「アピオ」【JUKI小間No.19】
(岩手県滝沢市砂込389-20 TEL:019-688-2000)
  • 主要地点からのアクセス
    • 東京方面
      新幹線:東京~盛岡駅
      自動車道:練馬IC~滝沢IC
    • 北海道方面
      飛行機:千歳空港~いわて花巻空港
    • 花巻方面
      新幹線:花巻駅~盛岡駅
      自動車道:花巻IC~滝沢IC
  • アクセスポイントから
    • JR東日本盛岡駅(新幹線の最寄り駅)
      バス:岩手県北バス(盛岡駅~アピオ南口)
      160円/6分(※アピオ南口からは徒歩10分)
      電車:いわて銀河鉄道(滝沢駅)370円/14分
      タクシー:約4000~4500円/30分

出展内容:
JUKI出展機種
:新商品、:参考出品、:特注商品
出展機種は都合により変更させて頂く場合もございます
アパレル用ミシン
  • DDL-9000CFMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(フルデジタル仕様)
  • DDL-9000CSMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(デジタル仕様)
  • DDL-8000A
    ダイレクトドライブ高速自動糸切りミシン
  • LK-1900BN
    高速電子閂止めソーイングシステム
  • LBH-1790AN
    高速電子眠り穴かがりソーイングシステム
  • LZ-2290CF-7
    セミドライヘッド電子本縫千鳥縫ソーイングシステム(フルデジタル仕様)
  • LZ-2290CS-7
    セミドライヘッド電子本縫千鳥縫ソーイングシステム(デジタル仕様)
  • LH-4588CFG-7
    セミドライヘッド2本針本縫針送りソーイングシステム
ニット用ミシン
  • MO-6814D
    セミドライヘッド・高速2本針オーバーロックミシン
  • MF-7923DU11E56/UT57/X83067
    セミドライヘッド・高速シリンダーベッド型片面飾り偏平縫いミシン(デジタル式上送り/ヘム縫い仕様)
自動機
  • APW-896N
    本縫自動玉縁縫機(斜め・フラップ縫い仕様)
ノンアパレル用ミシン
  • LU-1520NCS-7
    1本針総合送水平大釜自動糸切りミシン(残短糸切仕様)
  • LU-2828VA-7
    セミドライヘッド・1本針本縫総合送り水平大釜糸切りソーイングシステム(残短糸切仕様/2.7倍釜)
  • PLC-2760VS-7
    セミドライヘッド ポストベット本縫総合送り水平大釜糸切りソーイングシステム
  • AMS-221FHS2516
    入力機能付き電子サイクルマシン 縫製エリア(横250mm×縦160mm)
  • AMS-224EN4530R/AW3
    入力機能付き電子サイクルマシン 縫製エリア(横450mm×縦300mm)(全回転釜仕様/下糸自動供給装置付き)
ノンソーイング
  • エプソン/SC-F9350
    昇華転写プリンター
  • HASHIMA/HSP-5400
    昇華転写プレス
  • クインライト/LHP-PP1
    連続式ホット&クール機
  • クインライト/LWU-3015-4BT
    超音波ウェルダー
JUKI純正パーツ
  • 各種パーツキット
    鳥の巣防止装置、ボタン付けアタッチメント、LEDライトユニット、その他
家庭用ミシン
  • SL-700EX(ハイスペック)
    職業用本縫いミシン(自動糸切りコントローラー・太糸テンション・速度調整つまみ付)
  • HZL-EX7
    コンピュータミシン(BOX送り・スライド針板・ピボット機能・フロートモード・フットスイッチ機能・287模様)
  • HZL-DX5
    コンピュータミシン(BOX送り・スライド針板・ピボット機能・フロートモード・フットスイッチ機能・85模様)
  • HZL-CX3
    コンピュータミシン(BOX送り・スライド針板・フットスイッチ機能・40模様)
  • HZL-FG65
    コンピュータミシン(BOX送り・自動糸調子・自動糸切り・225模様)
  • HZL-V2000
    コンピュータミシン(BOX送り・自動糸調子・自動糸切り・20模様)
  • HZL-310
    コンピュータミシン(自動糸調子・自動糸切り・20模様)
  • HZL-J80E
    コンピュータミシン(自動糸調子・20模様)
  • MO-03D
    ロックミシン(1本針3本糸差動送り付き)
  • MO-1000ML(シュルル)
    ロックミシン(2/3/4本糸差動送り・イージースレッダー(自動ルーパー糸通し)採用)
【お問い合わせ】
JUKI販売株式会社
工業用ミシンに関するお問い合わせ
東北カスタマーズセンターTEL:0197-25-2725
家庭用ミシンに関するお問い合わせ
東京営業所 TEL:042-357-2339
第40回アパレル工業技術セミナー(アパレル工業技術・人材育成セミナー)のご案内
 日本アパレル工業技術研究会(JATRA)では、アパレル関連の基礎知識と応用技術、最新情報を中心とした第40回アパレル工業技術セミナーを2019年6月20日(木)に東京都千代田区日比谷図書文化館で開催します。
 今回は、東レACS株式会社 マーケテイング推進室 久保忠博氏より「ファッション業界を革新する東レの最新アパレルCAD」についてと、当社 縫製機器&システムユニット 事業企画部 山崎信彦より「最新の欧州縫製機器動向と JUKI のスマートファクトリー化提案」についての講演があります。

 参加のお申し込みは6月17日(月)まで、概要は下記の通りです。

日時:
2019年6月20日(木)13:30~16:00 (13:15から受付)
会場:
日比谷図書文化館4Fスタジオ+
(東京都千代田区日比谷公園1-4) [地図]
テーマ及び講師:
  • <講演1>13:30~14:40
    「ファッション業界を革新する東レの最新アパレルCAD」
    副題「人体ボディとガーメントの3D&バーチャル標準化とその可能性」
    講師:東レACS株式会社 マーケテイング推進室
    久保 忠博氏
  • <講演2>14:50~16:00
    「最新の欧州縫製機器動向と JUKI のスマートファクトリー化提案」
    講師:当社 縫製機器&システムユニット 事業企画部
    山崎 信彦
参加費:
法人会員・個人会員無料、非会員・一般受講2,000円
定員:
60名(先着順ですのでお早めにお申し込みください)
お申し込み
・お問い合わせ先
日本アパレル工業技術研究会
http://www.jat-ra.com/seminar.html
<TEL>03-3591-8350 <E-MAIL> apakoken@jat-ra.com
「ミニ情報」がアップされました
 社団法人日本衣料管理協会の繊維・アパレル業界情報(抜粋)「ミニ情報最新号(3〜4月号)を掲載しました。

  • 最新号(3〜4月号)
    「物流改善、政府が6300社に要請」「競技スポーツウエア 昇華転写プリントが主流に」「男物?女物? 広がる「自由」」など10項目
を掲載しております。

「ミニ情報」はこちら
https://www.juki.co.jp/jm/jmn/mini/index.html
第43回 2019日本ホビーショーが開催されました
第43回 2019日本ホビーショーが開催されました
第43回 2019日本ホビーショーが開催されました第43回 2019日本ホビーショーが開催されました
第43回 2019日本ホビーショーが開催されました第43回 2019日本ホビーショーが開催されました
 第43回2019日本ホビーショーが2019年4月25日(木)~27日(土)の3日間、東京ビッグサイトで開催され、125,428名の来場者で賑わいました。
 JUKIブースでは「JUKIで広がる私の世界」をキャッチコピーに、「JUKI Café」をイメージした5つのコーナーをご用意しお客様をお迎えしました。

 毎回大人気のワークショップでは、アパレルメーカーの三陽商会さんとコラボした「EARTH TO POUCH」を開催し、HZL-EX7を使ってオリジナルポーチを作成しました。
 また、新企画の須川"バンディ"豊澄先生による「パフォーマンスワークショップ」はSL-700EXを使い、お客様の目の前で本革製のミニトートバッグをおよそ15分で縫い上げる圧巻のパフォーマンスが披露されました。どちらのワークショップも開場と同時に満席となるほどの盛況ぶりでした。
 その他、フォトジェニックコーナーやミシンガチャも多くのお客様にお楽しみいただきました。

 ご来場、ご参加いただき誠にありがとうございました。
JUKI新製品 入力機能付き電子サイクルマシン「AMS-221Fシリーズ」を発売
縫いの品質を向上させ、ミシンとアプリの連動で生産を管理する
入力機能付き電子サイクルマシン
「AMS-221Fシリーズ」

AMS-221F-2516
AMS-221F-2516
 JUKIは、縫いの品質を向上させ、ミシンとアプリの連動で生産管理を可能にした「入力機能付き電子サイクルマシン AMS-221Fシリーズ」を4月11日より国内外で発売しました。

 このミシンは、オペレータが縫製物をミシンにセットしスタートさせると、ステッチデータをもとに、縫製から糸切りまでを自動で行い、省人化、脱技能化、生産性向上に貢献するミシンです。エアバッグ縫製、ラベル付け縫い、スニーカーのパーツ縫い、ジーンズポケットの飾り縫いなど、多方面で活用できます。これらの縫製物は、ミシンステッチが商品デザインの一部になっているため、「縫い目」の美しさが商品の出来栄えを大きく左右します。

 当機は、縫いの品質をさらに向上させたミシンです。縫製物を上下左右に動かす"送り"に使用するソフトの制御、機構の剛性を高めたことにより、稼働時の振動が3.6dbまで低減し、針落ちの精度が向上、ズレのない均一の縫い目を実現しました。また、極厚で固い生地の縫製は、新機能のリトライ機能により針の貫通力が向上しました。
 さらに、LK-1900BNB(電子閂止めミシン)などで好評の、縫い始めの糸が鳥の巣状態になることを軽減する機能を"AMS"シリーズで初めて採用しました。

 また、ステッチデータの作成ができる"入力機能付き操作パネル"を一新し、操作性の向上を図るとともに、モバイル機器(Android)を活用した双方向データ通信、アプリ(JUKI専用)活用による生産管理を可能にしました。モバイル機器上にミシンの稼動情報がリアルタイムに表示され、生産進捗の管理が容易にできる上、集約したデータをグラフで表示させ、改善活動に繋げていただくことができます。

 当社は、同様にデジタル化を図り、双方向通信機能を追加した「セミドライヘッド・ポストベッド本縫総合送り水平大釜糸切りソーイングシステム PLC-2700V-7」を同時発売します。これらを含め、通信機能を搭載したミシンは9製品に広がりました。当社は、これらのミシンを活用し、縫製ラインの生産性を向上させる「JUKI Smart Solutions」で、お客様をサポートしてまいります。


◆AMS-221Fシリーズの特長
  1. 縫い品質の向上
    1. 業界最高の針落ち精度を実現
      縫製物を上下左右に動かす"送り"に使用するソフトの制御、機構の剛性を高めたことにより、送り精度が向上し、往復縫いでの縫いズレを軽減しました。また、外押えの送りは、間欠送り/連続送りから選択できるようになりました。
    2. 極厚物に対する貫通力の向上
      リトライ機能により、厚物縫製などの貫通力が向上しました。
    3. 鳥の巣軽減機能
      縫い始めに糸切りをすることにより、縫い始めの鳥の巣を軽減し縫い目がより綺麗になります。
    4. 残短機能
      固定メスの位置変更により、糸切り後の上下糸残りの長さが5mm以下になり、縫い終わりの糸処理が不要になります。
      *鳥の巣軽減機能と残短機能は、同時には選択できません。
    5. 新型アクティブテンション(上糸調子機構)
      低張力側出力と高張力側出力を操作パネル(メモリースイッチ)で切り替え、実使用域の細かい張力の設定が容易になりました。
    6. 非磁性体の針板補助カバー
      針板補助カバーは非磁性体の材質を採用しました。マグネット押えを使用しても磁力で送りや縫いに影響を与えません。
  2. 新型の入力機能付き操作パネル(IP-500)で操作性が向上
     高解像度タッチパネル画面を採用しました。操作応答速度が速くなり、針元を目視で確認しながら入力・編集作業が可能です。パターンデータは、英数12文字によるファイル名を設定することができますので名称による縫製パターン検索が可能になりました。また、エラーメッセージに対処方法が表示されますので、復帰対応が容易です。
  3. IoTを活用した縫製・ミシン管理
     縫製物に合わせたミシン調整データは、市販されているモバイル機器(Android)により、非接触で双方向データ通信ができます。また、JUKI Smart APPにより様々な情報を送信・確認することが可能です。
  4. 作業環境の向上
    1. 省電力化
       小型ACサーボモータによるダイレクトドライブ方式と、操作パネルの画面表示のOFF、モータ励磁OFF機能により、消費電力が12.2%低減します。
    2. 音/振動の低減
       音/振動の低減により、オペレータに優しい作業環境を提供します。ミシン音は、従来機対比3.0db低減し、ミシン振動は、従来機対比3.6db低減しました。
◆発売日
国内外 2019年4月11日

■当リリースに関する問合せ先
JUKI株式会社
縫製機器&システムユニット 事業企画部
石橋 信一TEL:042-357-2375
総務部 総務・広報・環境グループ
林 桐子TEL:042-357-2398
Texprocess 2019 JUKI出展のご案内 トータルラインソリューションを紹介
Texprocess 2019 JUKI出展のご案内 トータルラインソリューションを紹介 JUKIブースイメージ
JUKIブースイメージ
 JUKIは、2019年5月14日から17日に、ドイツ・フランクフルト国際見本市会場(Frankfurt am Main)にて開催されますTexprocess2019に、工業用ミシンと家庭用ミシンを出展します。
 工業用ミシンは、出展コンセプト

「JUKI Smart Solutions
~ Innovation with our Best Global Support ~
(JUKIはあなたの工場のスマート化をグローバルにサポートします)


のもと、生産性・品質を向上させる自動機や、人の作業を補完する高度な自動化・デジタル化技術を盛り込んだ最新鋭の工業用ミシンほか、縫製以外の周辺機器も含めたトータルラインソリューションをご紹介します。また、IoT技術を用いた縫製現場の課題解決をご提案します。
 家庭用ミシンは、新商品や高機能ミシンを中心に、JUKIの強みを生かした商品をご紹介します。

◆JUKIブース 出展概要
出展テーマ
JUKI Smart Solutions ~ Innovation with our Best Global Support ~
JUKIブース
ドイツ・フランクフルト国際見本市会場(Frankfurt am Main)
ホールNo.5.0、ブースC90、展示面積656m2
出展機(予定)
工業用ミシン70機種(内、新商品31機種)
家庭用ミシン10機種(内、新商品5機種)
◆各ゾーンの概要と主な出展機
  • スマートライン(JaNets)
    1. 自動車シート/皮革縫製をイメージし、デジタルソーイングシステムとネットワークシステムを接続したスマートラインをデモンストレーションします。
    2. ワークウェアーのパーツ縫製から組立てまでをイメージし、IoT技術による「生産の見える化」に絡めた活用例を紹介します。
  • ノンアパレル
     自動車・家具の縫製をイメージした縫製ラインなど、各用途に最適な厚物用ミシンを紹介します。
  • ポロシャツ
     ポロシャツの縫製をイメージしたラインを軸に、フレキシブル性に優れた費用効果の高い最新機の数々を紹介します。
  • シャツ
     ドレスシャツ縫製に必要な自動機による生産性・品質向上に貢献する数々の自動化ミシンを紹介します。
  • ジーンズ
     ジーンズ生地によるエプロン縫製を行います。2色縫いポケットセッターをはじめ、素材対応力にも優れ、生産性や品質向上、脱技能など、省力化を実現する自動機を紹介します。
  • スポーツウェアー・アンダーウェアー
     スポーツウェアー・アンダーウェアー縫製をイメージしたラインを軸に、最新機の数々とボンディングやガーメントプリントなど、縫製機器以外の幅広いソリューションを紹介します。
  • ホームソーイング
     新商品のコンピュータミシンをはじめ、ロングアームミシンやキルト専用ミシンなどを展示します。タッチ&トライコーナーでは気になるミシンを実際に触れていただけます。

◆各コーナーの出展機(新商品)
  • スマートライン(JaNets)
    • Texprocess 2019 JUKI出展のご案内 トータルラインソリューションを紹介 AMS-251/パーフォレーション
      AMS-251/パーフォレーション
      AMS-251/パーフォレーション <1本針CNCミシン(頭部回動/パーフォレーション仕様)>
      • 商品概要
        頭部回動機構により、全方向均一な高い縫い品質を実現しました。カーシート、高級バッグ、ランドセルの加飾縫いや、エアバッグなどの大型で縫いムラが許されない縫製など、様々な業種の要求に対応できます。さらにJUKI独自の画像認識技術により縫い位置を補正しながら縫うことで穴あき加工された素材にもきれいな縫い目を実現します。

    • Texprocess 2019 JUKI出展のご案内 トータルラインソリューションを紹介 PLC-2760V-7
      PLC-2760V-7
      PLC-2760V-7 <セミドライヘッド・ポストベッド2本針本縫総合送り水平大釜糸切りソーイングシステム>
      • 商品概要
        縫製する際の調整値をデジタル化し、IoTを活用して調整値データを容易に転送できます。縫製準備時間の大幅短縮やデータの共有化を通じた品質の安定化が図れます。アクティブ押え圧機構では、押え圧をデジタル制御し、数値で設定・管理ができます。段部検知機能(自動変更)には、縫製中に段部を検知すると、変化に応じて予め登録した縫い調整値(縫い目長さ・上糸調子・押え圧・交互上下量)に自動で切り替えます。

  • ノンアパレル
    • Texprocess 2019 JUKI出展のご案内 トータルラインソリューションを紹介 AMS-221F
      AMS-221F
      AMS-221F <入力機能付き電子サイクルマシン>
      • 商品概要
        縫い品質をさらに向上させたミシンです。縫製物を動かす"送り制御"の新ソフトや機構の剛性を高めたことにより送り精度が向上し、往復縫いでの縫いズレが軽減しました。極厚で固い生地の縫製には、新機能のリトライ機能により針の貫通力が向上し、残短機能で糸切り後の上下糸残り長さが5mm以下になるので縫い終わりの糸処理が不要になります。

  • ポロシャツ
    • Texprocess 2019 JUKI出展のご案内 トータルラインソリューションを紹介 DDL-8000A
      DDL-8000A
      DDL-8000A <ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン>
      • 商品概要
        定評のあるJUKI品質とシンプル機能で使いやすさを追求した価値ある本縫い糸切りミシンです。DDL-9000Cと同様の両駆動糸切り、パルスモータ式押え上げ装置を搭載し、音声ガイダンス付き操作パネルは操作・確認しやすいアーム部正面に埋め込みました。パネル表示には、初期設定により「ミシン稼働率」・「作業進捗」 がわかる簡便な機能を持ち、油が少なくなると縫製中に音声でお知らせします。

  • シャツ
    • Texprocess 2019 JUKI出展のご案内 トータルラインソリューションを紹介 DLU-5494N-7/X73202/TN10
      DLU-5494N-7/X73202/TN10
      DLU-5494N-7/X73202/TN10 <1本針本縫上下差動送りミシン/ターン装置(シャツ衿トップステッチ仕様)>
      • 商品概要
        シャツ衿のトップステッチ縫いミシンでデジタル制御の布端センサーと布ガイドにより、衿トップステッチのコバ幅が一定に縫製できます。コントロールパネルにコバ幅、衿角度、生地端終了位置などを設定するだけで衿トップステッチのサイクル縫いが繰り返し可能となります。また、TN10(ターン装置)、スタッカーを装着し、衿をセットしてスタートボタンを押すだけで衿トップステッチがフルオートで完成します。

  • ジーンズ
    • Texprocess 2019 JUKI出展のご案内 トータルラインソリューションを紹介 AMS-221ENTS3020/X90004
      AMS-221ENTS3020/X90004
      AMS-221ENTS3020/X90004 <2色縫いジーンズポケットセッター>
      • 商品概要
        2色縫い縫製が1台でできるプリセット付きジーンズポケットセッターです。糸の色換えは、ミシンの糸交換や、別のミシンへの縫製物の再セットが必要でしたが、一回のセットで連続して2色(2種類)の糸で縫製ができ、オペレータの作業時間を大幅に短縮することができます。また、縫製物の再セットによる、微妙な位置ずれがなく、脱技能化が図れます。

  • スポーツウェアー、アンダーウェアー
    • Texprocess 2019 JUKI出展のご案内 トータルラインソリューションを紹介 LZ-2290CF-7
      LZ-2290CF-7
      LZ-2290CF-7 <セミドライヘッド電子本縫千鳥縫ソーイングシステム(フルデジタル仕様)>
      • 商品概要
        上下、水平方向の送り機構をモータ制御し、これまで時間の掛かっていた送りのタイミング変更がパネル操作で簡単にでき、工程に適した縫い品質(ソフト⇔標準⇔ハード)が設定可能です。また、布ズレ防止用の送り軌跡への変更も可能で素材対応力を高めています。ロータリー式ミシンに世界初のアクティブテンションを採用。これまで難しかった下糸の残り量が少なくなった際の糸調子の安定化をアクティブテンションで補正します。また段部検知装置は、平部と段部の縫い調整をそれぞれ設定でき段部縫製時の縫いピッチが詰まる、糸が締まらないといった問題を解決します。

  • ホームソーイング
    • Texprocess 2019 JUKI出展のご案内 トータルラインソリューションを紹介 HZL-NX7 Kirei
      HZL-NX7 Kirei
      HZL-NX7 Kirei <家庭用高機能ロングアームコンピュータミシン>
      • 商品概要
        JUKIの家庭用ミシンで最大の304mm(12inch)という大きなソーイングスペースに、HZL-DX7で好評を得ていた直線向けの仕様をさらに進化させ、直線専用仕様に簡単に切り替えられる機構(直線専用針板、直線専用送り歯)を装備。また、JUKIスマートフィード(内蔵型先引き上送りユニット)を搭載し、より美しく、より針元を見やすく、誰でも簡単に、本格的に楽しんでいただけるミシンです。


■当リリースに関する問合せ先
JUKI株式会社
縫製機器&システムユニット 事業企画部
石橋 信一TEL:042-357-2375
家庭用ミシンカンパニー
松山 繁博TEL:042-357-2341
総務部 総務・広報グループ
林 桐子TEL:042-357-2398

第43回2019日本ホビーショー JUKI出展のご案内
第43回2019日本ホビーショーJUKI出展のご案内 JUKIブースイメージ
JUKIブースイメージ
 JUKIは、東京ビッグサイトにて開催される第43回2019 日本ホビーショー に出展いたします。(ブース番号 西2ホール 27-01)

 今回JUKIブースでは、家庭用ミシン最上位モデルのHZL-EX7と、職業用ミシンの最新モデルSL-700EXが体験できる2つのワークショップに加えて、須川"バンディ"豊澄先生による『パフォーマンスワークショップ』(職業用ミシン使用)も開催致します!

 また、無料で記念撮影ができる「フォトジェニックコーナー」や大人気のミシンガチャもご用意してお待ちしておりますので、是非JUKIブースへお越しください♪

■開催概要
名称:
第43回2019日本ホビーショー
日時:
2019年4月25日(木)~27日(土) 3日間
10:00AM~6:00PM(最終日5:00PM 閉場)
会場:
東京国際展示場(東京ビッグサイト)西展示棟 西1・2・3・4ホール (ブース番号 西2ホール 27-01)
東京都江東区有明3-10-1
入場料:
前売券 1,200円(税込) 当日券 1,500円(税込)
  • 1枚でお一人様3日間いつでも何度でもご入場いただけます
  • 高校生以下無料/障がい者手帳をお持ちの方とその介護者各1名無料
  • 同時開催の「第12回ホビークッキングフェア2019」「Handmade MAKERS'2019」との共通入場券
出展予定機種:
HZL-NX7 HZL-EX7 HZL-DX5 HZL-CX3 HZL-F3000 HZL-V2000 SL-700EX SL-300EX MO-1000ML

≪開催日≫
4月25日(木)~27日(土)
≪製作時間≫
約60分
≪参加費≫
1,000円(講習費・材料費含む)税込
≪定員≫
各回6名
≪予約方法≫
JUKIブース受付にて、各日当日分のみ予約を承ります。お一人様につき一名分のみの予約となります。複数人で予約される場合は、ご一緒に受付にお越しください。
詳しい内容はこちらへ
【ワークショップ・HZL-EX7
三陽商会
『EARTH TO POUCH』

第43回2019日本ホビーショー JUKI出展のご案内 【ワークショップ・HZL-EX7】 三陽商会 『EARTH TO POUCH』
 三陽商会様のブランド「EARTH TO WEAR」のオリジナルポーチを作ります♪
 コスメの細かいものがたっぷり入るメイクポーチとして、旅での宿泊先に必要なアイテムを入れる旅行ポーチとして、マルチに活躍してくれるベストサイズに仕上げました!(サイズ: 高さ約8cm×幅約17cm×マチ約10cm)


≪開催日≫
4月25日(木)~27日(土)
≪製作時間≫
約60分
≪参加費≫
500円 (講習費・材料費含む)税込
≪定員≫
各回2名
≪予約方法≫
JUKIブース受付にて、各日当日分のみ予約を承ります。 お一人様につき一名分のみの予約となります。 複数人で予約される場合は、ご一緒に受付にお越しください。
詳しい内容はこちらへ
【ワークショップ・SL-700EX
『新型職業用ミシンSL-700EXを使って
スナップレザーポーチを作ろう!』


 JUKI職業用ミシンの最新モデルSL-700EXを使用して、スナップレザーポーチを作ります!
 厚地と薄地の両方を重視したハイブリッドな縫い性能を、この機会に是非お試しください♪
第43回2019日本ホビーショー JUKI出展のご案内 【ワークショップ・SL-700EX】『新型職業用ミシンSL-700EXを使ってスナップレザーポーチを作ろう!』


≪開催日≫
1月25日(木)〜27日(土)
≪参加費≫
3,000円(材料費含む)税込
詳しい内容はこちらへ
【パフォーマンスワークショップ】
須川"バンディ"豊澄先生による
『パフォーマンスワークショップ』
第43回2019日本ホビーショー JUKI出展のご案内 須川"バンディ"豊澄先生による 『パフォーマンスワークショップ』
 工房Qrinaf代表兼レザーバッグ職人の須川"バンディ"豊澄先生が本革製のミニトートバッグをお客様の目の前で仕立ててくれます!
 お客様が選んだトートバッグの本体パーツとハンドルを、職業用ミシンSL-700EXを使って15分程度で縫い上げる圧巻のワークショップです。
 最後は、お客様自身がハンドルをカシメで留めて完成。
 自分だけのオリジナル本革ミニトートバッグを是非この機会に作ってもらいましょう♪

《須川"バンディ"豊澄 先生のプロフィール》
バッグ職人養成学校を卒業後、
2010年にオリジナルブランドQrinaf(クリナフ)を設立し、オーダーメイドのバッグを中心に製作。
2013年レザークラフトの本場浅草にアトリエ兼ショップをオープン。
2017年4月より同アトリエにて、本革を使ったミシン仕立て専門の教室『Bandy'sレザークラフト教室』を開校。
革本来の魅力を一人でも多くの方に伝えられるよう、革製品の製作販売・教室およびワークショップの講師・イベントへの参加等、日夜活動中。
第43回2019日本ホビーショー JUKI出展のご案内 須川"バンディ"豊澄先生による 『パフォーマンスワークショップ』 須川"バンディ"豊澄 先生

JUKI家庭用ミシン、日本ホビーショー詳細はこちら
https://www.juki.co.jp/household_ja/event/2019/l4/Vcms4_00000315.html

JUKI Magazine PageNavigation