JUKI株式会社とYKK株式会社による 「ジーンズ用ファスナー縫製合理化装置」共同開発のお知らせ
 JUKI株式会社(本社:東京都多摩市、社長:清原晃、以下「JUKI」)とYKK株式会社(本社:東京都千代田区、社長:大谷裕明、以下「YKK」)は、両社の有する縫製の技術・知識とファスニング製品を活用し、2018年度に「ジーンズ用ファスナー縫製合理化装置」を共同開発いたしました。

  1. 「ジーンズ用ファスナー縫製合理化装置」の開発及びお客様への導入
    JUKI株式会社とYKK株式会社による 「ジーンズ用ファスナー縫製合理化装置」共同開発のお知らせ ジーンズ前立て
    ジーンズ前立て
    JUKI株式会社とYKK株式会社による 「ジーンズ用ファスナー縫製合理化装置」共同開発のお知らせ ジーンズ前立て生地に合わせてファスナーと生地端を自動縫製する装置
    ジーンズ前立て生地に合わせてファスナーと生地端を自動縫製する装置


    2018年10月にお客様であるジーンズ縫製工場に装置を導入し、生産を開始しております。ロボットアームを活用した縫製や生地の自動搬送などの技術を用いてファスナー付けの合理化を実現。縫製作業の自動化、生産性の向上、縫い品質の安定、熟練や技能に依存しない生産を可能にしました。

  2. 両社のトータルソリューション提案によるお客様への貢献
    ジーンズ用ファスナー縫製の合理化に加えて、YKKはファスナーの発注、在庫管理など業務全体に関するソリューションも提案。JUKIはファスナー付け以外の縫製ライン全体、さらに工場全体の生産効率を上げるスマートファクトリーを提案。両社の有する技術・知識を活用する営業協業によりトータルソリューションでのお客様の課題解決に取り組んでまいります。
 2017年1月から両社の持つ技術力とサービス力の結合を進めてまいりましたが、さらに協業を進めることでシナジー効果を高め、両社のビジネスの強化・拡大を図り、さらには、縫製産業への貢献を目指します。

【本件に関するお問い合わせ先】
JUKI株式会社
縫製機器&システムユニット
本間 君雄、外薗 ななみTEL:042-357-2370
YKK株式会社
経営企画室 広報グループ
井深 緑、石丸 弘樹TEL:03-3864-2064
「JUKI」商標が中国において馳名(ちめい)商標として法的保護を受けました
 JUKI株式会社の登録商標「JUKI」が、北京市高級人民法院による判決書において、2018年12月21日、中国馳名商標としての法的保護を受けました。

 馳名商標とは、中国国内において業界の消費者に広く知られた商標で、中国商標法の関連規定に基づき、国家知識産権局商標局、商標評審委員会、または人民法院により認定されるもので、普通の商標より一層強い保護を受けられるものです。
 今般、他社が出願したJUKI商標に対して当社が取り消しを求めた裁判の中で、北京市高級人民法院は当社の登録商標「JUKI」は馳名商標に相当すると判決を下しました。
 判決文では、「JUKI株式会社の第146917号登録商標『JUKI』は、『ミシン用機械及び部品』において、長期の宣伝及び使用を経て、中国の関連公衆の間には既に広範的に知られ、良い評判を享有し、馳名の程度に達している」と認定されています。

 当社は、1980年に中国北京に事務所を構えて以来、工業用ミシンの販売やサービス活動を通じて、40年近く中国において事業を展開しております。

 今後もお客様に信頼される企業をめざして、さらなるブランド価値向上に努めるとともに、市場経済の公正な競争を維持し、消費者の権益を保護することを重視し、知的財産権の厳正な保護に取り組んでまいります。

(ご参考)
View PDFView PDF北京市高級人民法院が下した判決書

■当リリースに関する問合せ先
JUKI株式会社
技術企画部 知的財産グループ
福永 大介TEL:042-357-2466
総務部 総務・広報・環境グループ
林 桐子TEL:042-357-2398
アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」がアップされました
アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」
 アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」を掲載しました。

 ODM(相手先ブランドによる設計・生産)・OEM(相手先ブランドによる生産)を手掛けるオーダー・オブ・メリット・プランニング(OMP)は、この2月から新潟県阿賀野市にある水原事業所(工場)にJUKIのフルデジタル仕様・ダイレクトドライブ高速本縫い自動糸切りソーイングシステム「DDL-9000C-FMS」を導入した「アトリエ技術室」を開設しました。

次世代のモノ作りに挑戦 第10回:株式会社オーダー・オブ・メリット・プランニング(OMP)水原事業所
http://www.juki.co.jp/jm/jmn/fuku/jmnnextchalgv10.html
第17回「CSR & コンプライアンス国際フォーラム2019」開催のご案内
 CSR & コンプライアンス研究フォーラムでは、事業活動の一環として、来る2019年5月24日(金)、第17回「CSR & コンプライアンス国際フォーラム」を開催します。

 ファッション・アパレルビジネスに於いても「SDGs(持続可能な開発行動)の設定」を基調に又、2020年「東京オリンピック・パラリンピック」を鑑みサプライチェーンに於ける人権、環境とエシカルに配慮した製品を確保するため世界調達の仕組みの構築が重要な事業活動と位置づけされるようになっています。
 このような背景から、グローバルで持続可能な社会の構築のための活動が高まって来ており、企業が消費者に提供する商品には、その商品のサプライチェーンから得られる物理的化学的な検証に基づく「品質と安全」の証だけでなく、「エコ活動」や「人権に配慮」した社会的責任分野においても、又広く企業のコンプライアンス(法令遵守)規範に基づく行動に基づいて活動しているか消費者の関心も広がっています。

 今回のフォーラムでは「SDGsの原則に従い持続可能な活動」をテーマに事例を紹介します。
 参加のお申し込みは5月10日(金)まで、概要は下記の通りです。

View PDFView PDF第17回「CSR & コンプライアンス国際フォーラム2019」開催のご案内プログラム

日時:
2019年5月24日(金曜日)13:00(受付12:30)~17:00
会場:
YKK株式会社本社(YKK80ビル)
秋葉原駅 徒歩1分 昭和通り沿い
住所:
東京都千代田区神田和泉町1 電話03-3864-2000(代表)
https://www.ykk.com/japanese/corporate/b_company/map.html
主催:
CSR & コンプライアンス研究フォーラム
Tel 03-5157-3180
Fax 03-5157-3180
HP:http://www.eco-texj.co.jp
Email:csm-hq@eco-texj.co.jp
共催:
日本アパレル工業技術研究会
第51回大阪ミシンショー が開催されました
第51回大阪ミシンショー が開催されました
第51回大阪ミシンショー が開催されました
 2019年2月15日(金)~16日(土)の2日間、インテックス大阪2号館にて第51回大阪ミシンショーが開催されました。『温故知新』をテーマに88社が出展し、入場者数は2日間で7,957名と盛況のうちに終了しました。

 JUKIブースでは、LZ-2290C、PLC-2760V-7、AMS-221F、DDL-8000Aなどの近日発売・参考出品を含む工業用ミシン17機種を出展しました。主にデジタル化・IoT活用などに対応するデジタルソーイングシステムをラインナップ展示し、次世代縫製の先進性に来場者の熱い視線が注がれました。また、昇華転写プリンター・超音波ウェルダーなどのノンソーイングコーナー、カスタマイズ商品、機種別パーツキットコーナー、家庭用ミシンブースも大きな注目を集めました。
第51回大阪ミシンショー が開催されました第51回大阪ミシンショー が開催されました第51回大阪ミシンショー が開催されました

第18回東京国際キルトフェスティバル が開催されました
第18回東京国際キルトフェスティバル が開催されました
第18回東京国際キルトフェスティバル が開催されました第18回東京国際キルトフェスティバル が開催されました
第18回東京国際キルトフェスティバル が開催されました

 2019年1月24日(木)~30日(水)までの7日間、世界最大級のキルト展「第18回東京国際キルトフェスティバル」が東京ドームで開催され、21万人の来場者で賑わいました。
 今年のJUKIブースは主催者テーマ"印象派に恋して"に因み、「大英博物館」のイメージでJUKIミュージアムを展開しました。ブースの中心に展示した4月発売予定の80周年記念モデル 職業用ミシンSL-700EX BLACKが予想以上の反響を呼びました。また新商品の家庭用ミシンHZL-NX7 Kireiは特別コーナーを設け、多くのお客様で賑わいました。
 毎回大人気のワークショップは、HZL-EX7を使った「View PDFアレンジスプールパッチのショルダーポーチ」を開催しました。人気キルト作家の中沢フェリーサ先生による家庭用ミシン専用ルーラーなどのデモンストレーションで多くのお客様にお楽しみいただきました。
 
ご来場ありがとうございました。
第39回アパレル工業技術セミナーが開催されました
第39回アパレル工業技術セミナーが開催されました第39回アパレル工業技術セミナーが開催されました 近藤 繁樹会長
 日本アパレル工業技術研究会(JATRA)による第39回アパレル工業技術セミナーが2月22日(金)東京港区の霞会館で開催されました。
 今回は日本アパレル工業技術研究会 知久 幹夫氏による「TC/133H30年度報告」とファッションしらいし 代表取締役 白石 正裕氏による「服つくりとコスト」の2講演が行われ、約40名が聴講しました。

日時:
2019年2月22日(金) 13:30〜16:00
会場:
霞会館 港区西麻布
テーマ及び講師:
  • 第39回アパレル工業技術セミナーが開催されました 日本アパレル工業技術研究会 知久 幹夫氏
    <講演1>『TC/133平成30年度報告』

    日本アパレル工業技術研究会
    知久 幹夫氏

    • TC133の概要とこれまでに出来た規格
    • 日本からの新規提案 デジタルフィッティング
    • 中国蘇州TC133総会報告

  • 第39回アパレル工業技術セミナーが開催されました ファッションしらいし 代表取締役 白石 正裕氏
    <講演2>『服つくりとコスト』

    ファッションしらいし
    代表取締役 白石 正裕氏

    • 日本のパターンを欧米人に着せた結果
    • 最低賃金
    • 製造コストと自社企画
    • 欧米と日本の品質
    • 原価見積計算システム

レジュメ:
講演の詳しい内容はこちら
View PDFView PDFresume20190222.pdf

「ミニ情報」がアップされました
 社団法人日本衣料管理協会の繊維・アパレル業界情報(抜粋)「ミニ情報最新号(1〜2月号)を掲載しました。

  • 最新号(1〜2月号)
    「外国人労働者、派遣社員上回る」「日本提案のデジタルフィッティング、国際規格へ一歩接近」「ケミカルリサイクルに本腰」など10項目
を掲載しております。

「ミニ情報」はこちら
http://www.juki.co.jp/jm/jmn/mini/index.html
JUKI新製品 80周年記念モデル 職業用直線縫いミシン「SL-700EX BLACK」を発売
JUKI創立80周年記念モデル
職業用直線縫いミシン
「SL-700EX BLACK」

SL-700EX BLACK
SL-700EX BLACK

◆仕様
ミシンの大きさ 幅452×高さ350×奥行219(mm)
質量 11.9kg
縫い速度 55~1,500 針/分
縫い目長さ 0.6mm
工業用針 DB×1 #9~#18
 JUKIは、2018年12月15日に創立80周年を迎えました。創立80周年を記念してJUKI家庭用ミシン1号機のボディカラーを再現した、職業用本縫いミシン「SL-700EX BLACK」を500台限定で、4月1日から発売します。

 当社の家庭用ミシン1号機「HA-1」は、1947(昭和22)年3月に発売した「黒色」のミシンです。このミシンは、第1回「お年玉付き年賀はがき」の特賞景品に選ばれるなど、当時の国民の憧れの商品であり、販売を終了している現在もインテリアとして高い人気があります。

 当社はこの「黒色」を高級塗装であるピアノブラックで再現し、ソーイング愛好家より支持の高いハイクラスの職業用ミシン「SL-700EX」(2017年10月発売)に施しました。また、500台限定モデルとして、それぞれに1から500のシリアル番号を付記したラベルを同梱し、80周年特別モデルにふさわしい製品にしました。
 この記念モデルには、通常は別売りの合計3万円分のミシンアクセサリー(14種類)を付属しています。アクセサリーにより、作品作りがより快適になり、作品の幅も広げられます。さらに、通常1年の保障期間を3年に延長するサービスも実施します。

 当機は、若手社員を中心にした横断的なプロジェクトチームが企画したミシンです。「原点に戻りブラックのミシンを作りたい」、「JUKI家庭用ミシンを代表する機種で記念モデルを作りたい」、「もっと多くの人にミシンを使ってもらいたい」という想いを形にしました。

◆SL-700EX BLACKの特長
  1. JUKI最高峰の職業用ミシンSL-700EXに、ピアノブラック塗装を施し、黒とシルバーの組み合わせでシャープなデザインに仕上げた「JUKI創立80周年記念モデル」。限定500台販売。
  2. 薄地、普通地の縫い品質を維持しつつ、特に、革・合皮・帆布など、厚地の縫製力が向上。
    厚地の縫製に使われる太糸(8番~30番)使用時には、専用の針板、押えへの交換、上糸掛けを行うことで、糸締りが向上し、美しい縫い目を実現。
  3. 押え圧を高くしたまま、布厚分だけ押えを上げて縫う機能により、縫いズレを防止。
  4. 糸切りフットスイッチ付コントローラーは、かかとを床につけたまま、足先の向きを変えるだけで、速度調節や糸切り操作ができる。
◆シンセット品+付属のアクセサリー(14種類)
機能 内容
ミシンセット品 (1)厚物用針板(溝大)、(2)スムース押え(厚物用)、(3)三ツ巻き押え、(4)ファスナー押え、(5)ボビン4個、(6)針セット(4種類、計6本)、(7)糸ゴマキャップ、(8)ドライバー及び専用ドライバー、(9)掃除ブラシ、(10)ミシン油
(1) 薄物用針板 普通の針板に比べ、針穴がさらに小さくなっています。
薄地が針穴に入り込むのを防ぎ、縫い縮みを低減します。
(2) 薄物用押え 針落ち部分が針を囲むように丸い形状になっており、薄地を縫う際の生地のペコ付きを抑え、目飛びや縫い不良を防ぎます。
薄物用針板と薄物用押えをセットで使うことで、薄物生地を最適な状態で縫製していただけます。
(3) 上送り押え 押えに上送り歯が付いており、ミシンの送り歯と連動して生地を挟んで送るため、縫い詰まりや縫いズレを防ぎます。
ステッチ定規と一緒に使うこともでき、等間隔のキルティングにも便利です。
(4) マグネット定規 生地端を沿わせて一定の縫い代で縫うガイドとして使用します。強力マグネットで、針板に固定できるほか、マグネットなので簡単に移動できます。
(5) キルト押え 1/5インチ 送り歯を下げ、生地を自由な方向に動かすことで絵を描くようにステッチできます。針落ち部分から押えの外側までが1/5インチ(5mm)です。針の動きと連動して押えが上下し、生地の段差も乗り越えやすくなっています。
(6) コンシール®ファスナー押え(プラスチック) ファスナーのムシを起こしながら押えの裏の溝に入れて縫うので、コンシール®ファスナーのムシのきわをきれいに縫えます。
(7) スムース押え 金属製押えに貼り付いて縫いにくいビニールコーティング素材やレザーでも、フッ素樹脂加工された押えが送りをスムーズにします。
(8) 右段付き押え「10mm」 押えの右側(ガイド側)と左側との段差に生地を沿わせることで、段部から10mmの位置を縫うことができます。(通常の洋裁で用いられる縫い代幅)ガイド側はバネで上下しますので、薄地から厚地まで幅広く使えます。
(9) 細押え(ジッパー自由押え)「2.5mm」 針落ちから押え端までの幅が狭く、細かい部分縫いに最適です。押えの端にファスナーのムシなどを沿わせて縫い代のガイドとしても使えます。
(10) 針糸通し(単体) ミシン針に沿って、軽く押すだけの簡単操作で糸を通すことができます。
(11) 右ガイド付き押え「1.5mm」 布端から1.5mmのコバステッチを縫う時に最適な押えです。ガイドタイプなので、段付き押えに比べて、カーブが縫いやすく、スプリング形式なので段部の乗り越えも容易に行えます。
(12) コードパイピング自由押え「3mm」 パイピングコード作りやパイピングコードの縫い付けに使います。溝がコード位置をガイドするので安定して縫えます。コードを通す溝径は約3mmです。
(13) ボビンケース(2個) セット品と合わせてボビンケースが3つになり、細番手用、普通地向けの糸用、太番手用の3種類を別々に持つことができます。
(14) ボビン(15個) 様々な種類の下糸を巻くことができます。

◆発売日
2019年4月1日

◆製品詳細はこちら

■当リリースに関する問合せ先
JUKI株式会社
家庭用ミシンカンパニー マーケティング部
松山 繁博TEL:042-357-2341
総務部 総務・広報・環境グループ
林 桐子TEL:042-357-2398
第51回大阪ミシンショー JUKI出展のご案内
 第51回大阪ミシンショーが、2019年2月15日(金)・16日(土)、インテックス大阪2号館で開催されます。西日本最大規模となる工業用縫製機器を中心とした最新鋭機器の展示をはじめ、セミナー・ミシンを使った講習会・物づくり体験会場が盛況となります。

 開催概要およびJUKI出展内容は以下の通りです。是非、ご来場ください。

■開催概要
日時:
2019年2月15日(金) 午前10:00〜午後5:00
2019年2月16日(土) 午前10:00〜午後4:30
会場:
インテックス大阪2号館(大阪市住之江区南港北1丁目5番102号) 【JUKI小間番号:4】
  • 新大阪から
    ◇新大阪(地下鉄御堂筋線)→本町(地下鉄中央線)
    →コスモスクエア(南港ポートタウン線)→中ふ頭【約45分】
  • 大阪(梅田)から
    ◇梅田(地下鉄御堂筋線)→本町(地下鉄中央線)
    →コスモスクエア(南港ポートタウン線)→中ふ頭【約40分】
  • 難波から
    ◇なんば(地下鉄御堂筋線)→本町(地下鉄中央線)
    →コスモスクエア(南港ポートタウン線)→中ふ頭【約40分】
    ◇なんば(地下鉄四つ橋線)→住之江公園(南港ポートタウン線)
    →中ふ頭【約40分】

出展内容:
アパレル用ミシン・ニット用ミシン・自動機ミシン・ノンアパレル用ミシン・ノンソーイング・家庭用ミシン
JUKI出展機種
:新商品、:参考出品、:特注商品、:近日発売
出展機種は都合により変更させて頂く場合もございます
アパレル用ミシン
  • DDL-9000CFMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(フルデジタル仕様)
  • DDL-9000CSMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(デジタル仕様)
  • DDL-8000A
    ダイレクトドライブ高速自動糸切りミシン
  • LK-1900BN
    高速電子閂止めソーイングシステム
  • LBH-1790AN
    高速電子眠り穴かがりソーイングシステム
  • LZ-2290CF-7WB
    セミドライヘッド電子千鳥縫ソーイングシステム(フルデジタル仕様)
  • LZ-2290CS-7WB
    セミドライヘッド電子千鳥縫ソーイングシステム(デジタル仕様)
  • MEB-3200SSJM
    電子鳩目穴かがりミシン(紳士/婦人仕様/マルチカット装置/針糸クランプ装置/針糸切り仕様)
  • AMB-289A
    高速電子単糸環縫根巻きボタン付けミシン
  • APW-896N
    本縫自動玉縁縫機
ニット用ミシン
  • MO-6814DBE6-34H/G44/Q143
    セミドライヘッド・高速2本針オーバーロックミシン(テープ付仕様)
  • MF-7923DR/X83067
    セミドライヘッド・シリンダーベッド型片面飾り扁平縫いミシン(デジタル式上送り/ヘム縫い仕様)
ノンアパレル用ミシン
  • AMS-224EN4530R AW3
    入力機能付き電子サイクルマシン縫製エリア(横45cm×縦30cm)(全回転釜仕様/下糸自動供給装置付き)
  • LU-1520NCS-7
    1本針総合送水平大釜自動糸切りミシン(残短糸切仕様) /昇降機脚
  • LU-2828VA-7
    セミドライヘッド・1本針本縫総合送り水平大釜糸切りソーイングシステム(残短糸切仕様/2.7倍釜)
  • PLC-2760V-7
    ポストベット2本針本縫総合送り水平大釜ミシン
  • AMS-221F
    入力機能付き電子サイクルマシン
ノンソーイング
  • エプソン/SC-F9350
    昇華転写プリンター
  • HASHIMA/HSP-5400
    昇華転写プレス
  • クインライト/LHP-PP1
    連続式ホット&クール機
  • クインライト/LWU-3015-4BT
    超音波ウェルダー
カスタマイズ製品
  • GUTE350
    ハンドステッチマシン
  • J2-36
    アイロン・ボイラー・バキュームセット(ミシン格納タイプ)
JUKI純正パーツ
  • 機種別パーツキット
    鳥の巣防止装置、ボタン付けアタッチメント、LEDライトユニット、その他
家庭用ミシン
  • HZL-NX7
    JUKIスマートフィード(内蔵型先引き上送りユニット)・カラータッチパネル・351模様
  • SL-700EX(ハイスペック)
    自動糸切りコントローラー・太糸テンション・速度調整つまみ付・職業用本縫いミシン
  • HZL-EX7
    BOX送り・スライド針板・ピボット機能・フロートモード・フットスイッチ機能・287模様
  • HZL-DX5
    BOX送り・スライド針板・ピボット機能・フロートモード・フットスイッチ機能・85模様
  • HZL-CX3
    BOX送り・スライド針板・フットスイッチ機能・40模様
  • MO-1000ML(シュルル)
    2/3/4本糸作動送りロックミシン・イージースレッダー(自動ルーパー糸通し)採用
URL:
大阪ミシンショーホームページ
http://www.omsk.gr.jp/festival/
【展示会・出展機種に関するお問い合わせ】
  • JUKI販売株式会社
    本社TEL:042-357-2530(代表)
  • 近畿カスタマーズセンターTEL:06-6339-7124(工業用ミシン)
  • 大阪営業所TEL:06-6310-9045(家庭用ミシン)
よみうりランドグッジョバ!! スペシャルワークショップ
「JUKIミシンでオリジナルグッズをつくろう」開催中
 世界のファッションを支える工業用・家庭用ミシンメーカー、JUKIの家庭用ミシンHZL-F600JPを使って「ナップザック」「マスク」「エプロン」の中からお好きなアイテムを1種類選んでつくるワークショップです。
 作り方は簡単です!分からない点はスタッフがお手伝いしますので、ミシンを使うのが初めての方でも大丈夫です。もちろん男の子だって大丈夫ですよ!!

 是非、よみうりランドへお出かけください。

よみうりランドグッジョバ!! スペシャルワークショップ「JUKIミシンでオリジナルグッズをつくろう」開催中
名称:
よみうりランドグッジョバ!! スペシャルワークショップ
「JUKIミシンでオリジナルグッズをつくろう」
開催期間:
2019年1月18日(金)〜2月17日(日)
※1月21日(月)~24日(木)は休園日
土日(11:00~16:00(最終受付15:30)) 
平日(11:00~15:30(最終受付15:00))
※順次受付
時間:
よみうりランド公式サイトをご覧ください
(所要時間:約45分ほど)
場所:
よみうりランド(わくわくファッションラボ)
(東京都稲城市矢野口4015-1)グッジョバ!! FASHION factory
作品:
「ナップザック」「マスク」「エプロン」の中から、お好きなアイテムを1種類お選びいただけます。
参加費:
参加1名につき300円(のりもの券をご用意ください)
  • 各種パス利用不可
参加資格:
小学校4年生以上推奨
  • 小学校4年生未満は要付添い
  • ご参加には各ワークショップで発券する整理券が必要となります。
  • 付添は参加者1名につき1名までとさせていただきます(付添いは無料・中学生以上)。
お問い合わせ先:
本ワークショップに関するお問い合わせは以下にお願い致します。
一般のお客様→TEL:044-966-1111
報道・マスコミ関係の方→TEL:044-966-1135 企画・宣伝課 担当:奥谷

【ワークショップ】
『JUKIミシンでオリジナルグッズをつくろう』

よみうりランドグッジョバ!! スペシャルワークショップ「JUKIミシンでオリジナルグッズをつくろう」開催中 【ワークショップ】 『JUKIミシンでオリジナルグッズをつくろう』
よみうりランドグッジョバ!! スペシャルワークショップ「JUKIミシンでオリジナルグッズをつくろう」開催中 【ワークショップ】 『JUKIミシンでオリジナルグッズをつくろう』
どれもすぐに使えてうれしい!
よみうりランドグッジョバ!! スペシャルワークショップ「JUKIミシンでオリジナルグッズをつくろう」開催中 【ワークショップ】 『JUKIミシンでオリジナルグッズをつくろう』
スタッフがお手伝いするから安心♪


【使用予定機種】
家庭用ミシンHZL-F600JP
【協力】
株式会社フジックス
よみうりランドグッジョバ!! スペシャルワークショップ「JUKIミシンでオリジナルグッズをつくろう」開催中 株式会社フジックス キングスターマルチカラー
キングスターマルチカラー

「ミシンと縫いの基礎セミナー」2019年9月分までお申込受付開始しました
 あなたの知りたいこと、学びたいことは何ですか?あなたの職場グループ、学校、個人にも対応した教育を行ないます。あなたの仕事のスキルアップ/応用力の向上につながります。
 「ミシン保守点検コース」を新規開講しました。縫製工場でのミシン保全管理を考えている方におすすめです!

<セミナーコースのご案内>
  • 縫いの基礎コース
    実技編:
    工業用本縫いミシン、ロックミシンを使い、基本的な製品作りの体験です。
    ※商社、アパレルメーカー品質保証、企画担当の方などでミシンを実際に体験したい方へおすすめです。
    知識編:
    縫い目形式、針、糸の知識や縫いの欠点、縫いの6大要素(針、釜など)の知識習得が目的です。
    ※商社、アパレルメーカー品質保証、企画担当の方などでミシンの基礎知識を学びたい方へおすすめです。
  • 縫いの応用コース
    工業用本縫いミシンを使い、調整・ゲージ交換等を行い、シームパッカリング、地糸切れ、ストレッチ素材、滑りにくい素材の対応を体験します。縫いトラブルの原因の理解、対処方法の習得が目的です。
    ※縫製工場で発生している縫い不良のミシン対応方法を学びたい方へおすすめです。
  • 保守点検コース
    ミシンを使用する中で発生するトラブルの未然防止の方法や、保全管理について学んでいただきます。
    ※縫製工場でのミシン保全管理を考えている方におすすめです。
  • 新人教育コース
    工場の新人オペレーター、工業用ミシンの取扱を体験したい方などへおすすめです。
    ※新人教育コースについては日程をご相談下さい。
  • 日程:
    • 第107回縫いの基礎コース(実技編)2019年4月17日(水)
    • 第108回縫いの基礎コース(知識編)2019年4月18日(木)
    • 第109回縫いの基礎コース(知識編)2019年5月15日(水)
    • 第110回縫いの応用コース**2019年5月16日(木)
    • 第111回縫いの基礎コース(実技編)2019年6月5日(水)
    • 第112回保守点検コース2019年6月6日(水)
    • 第113回保守点検コース2019年7月3日(水)
    • 第114回縫いの応用コース**2019年7月4日(木)
    • 第115回縫いの基礎コース(実技編)2019年8月7日(水)
    • 第116回保守点検コース2019年8月8日(木)
    • 第117回縫いの基礎コース(知識編)2019年9月4日(水)
    • 第118回縫いの応用コース**2019年9月5日(木)
    • ※※縫いの応用コースのみ、1グループ(企業)からお申し込みが入り次第締め切らせていただきます。
    時間:
    AM10:00~PM5:00 ショールーム見学PM5:00~5:15
    会場:
    JUKI株式会社 2Fショールーム 【地図】
    定員:
    各回5名
    費用:
    各回1名様10,000円(消費税抜き) ※テキスト及び昼食代を含みます
    お申し込み方法:
     参加受付フォームへ ※各回共に単独の1日コースです
  • カスタムコース
    商社、アパレルメーカー、縫製工場、組合、団体など1グループ単位でお客様の目的に合わせたセミナーコースです。教育内容や日程・時間・定員等をご相談下さい。
  • 時間:
    AM10:00~PM5:00
    会場:
    JUKI株式会社  2Fショールーム 【地図】
    定員:
    1グループにつき2~5名
    費用:
    各回1名様15,000円(消費税抜き) ※テキスト及び昼食代を含みます  
    お申し込み方法:
    参加受付フォームへ ※1名様につき1枚ずつご入力ください
●お問い合わせ先
JUKI株式会社
カスタマービジネスカンパニー 縫製パーツ事業推進部
MAIL: aa.wazaari@ml.juki.com
TEL: 042-357-2371FAX: 042-357-2380
「ミニ情報」がアップされました
 社団法人日本衣料管理協会の繊維・アパレル業界情報(抜粋)「ミニ情報最新号(11〜12月号)を掲載しました。

  • 最新号(11〜12月号)
    「経産省19年度当初予算案1兆2421億円」「エアバックをリサイクル」「19年春夏のコレクションのキーワード」など10項目
を掲載しております。

「ミニ情報」はこちら
http://www.juki.co.jp/jm/jmn/mini/index.html

JUKI Magazine PageNavigation