Texprocess Americas 2018 JUKI出展のご案内
 JUKIは、2018年5月22日~24日に、アメリカ・ジョージア・ワールド・コングレス・センターにて開催されます「Texprocess Americas 2018」に、工業用ミシン39機種(内、新商品18機種)をホールNO.B1、ブース#733に展示面積4,500sqftで出展します。
 JUKIの出展コンセプト、

「JUKI Smart Solutions ~ Innovation with our Best Global Support ~
(JUKIはあなたの工場のスマート化をグローバルにサポートします)」

の下、生産性・品質を向上させる自動機や、人の作業を補完する高度な自動化技術を盛り込んだ最新鋭の工業用ミシンのほか、縫製以外の周辺機器も含めたトータルラインソリューションをご紹介します。また、自在な縫いの創造と再現を可能にするデジタルソーイングシステムの最新ラインナップと縫製現場のシステム化をご提案します。

●各ゾーンの概要と主な出展機
  • JaNets/デジタルソーイングシステム
    自動車シート縫製、シャツ縫製をイメージし、ミシンとネットワークシステム"JaNets"を接続したスマートラインをデモンストレーションします。
    最新の「IoT技術」を用いたデジタルソーイングシステムとJaNetsの双方向通信による活用例を紹介します。
  • ジーンズ、自動機ゾーン
    フラップ付きジーンズポケットセッターをはじめ、脱技能や省力化を実現する自動機を紹介します。素材対応力にも優れ、生産性や品質向上、脱技能を実現した機器を紹介します。
  • ノンアパレルゾーン
    自動車・家具など、各用途に最適な厚物用ミシンを紹介します。
  • ニットゾーン
    ポロシャツ縫製をイメージした縫製ラインのほか、ボンディングやガーメントプリントなど、幅広いソリューションを紹介します。

<各コーナーの新商品>
Texprocess Americas 2018 JUKI出展のご案内 MS-1261A/DWS
MS-1261A/DWS

Texprocess Americas 2018 JUKI出展のご案内 PS-700
PS-700

Texprocess Americas 2018 JUKI出展のご案内 AP-876 with Flap clamp
AP-876 with Flap clamp

Texprocess Americas 2018 JUKI出展のご案内 AMS-251
AMS-251

Texprocess Americas 2018 JUKI出展のご案内 AMS-224EN4530R/AW-3
AMS-224EN4530R/AW-3

Texprocess Americas 2018 JUKI出展のご案内 MF-7913DRH24E56/UT56/MC37
MF-7913DRH24E56/UT56/MC37
  • ◆JaNets/デジタルソーイングシステム
    • MS-1261A/DWS <3本針腕型二重環縫ソーイングシステム>
      • 商品概要
        最高回転5,000Sti/Min.の高速縫製と、高品質な縫い目を実現した二重環縫いミシンです。
        先引きの送り量及び押え圧をデジタル化したため、素材が変化した場合でも縫いの調整を簡単に設定できます。縫製条件データの閲覧と編集、問題解決グラフの表示を、JUKIアプリを用いて、タブレットやスマーフォン上で容易に管理できます。
    • DDL-9000CFMS <ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(フルデジタル仕様)>
      • 商品概要
        "縫い目"の品質を左右する機能をデジタル化し、IoTを活用して、データ転送を容易にした本縫い糸切りミシンです。上下、水平駆動の送り機構をデジタル化し、素材に合わせた最適な縫い調整をパネルで設定できます。アパレル縫製工場で使用される多品種の素材毎に最適な縫い目を記憶させることができる上、同一条件での再現が容易になります。
  • ◆ジーンズ、自動機ゾーン
    • PS-700 <パターンシーマ(横1,200mm×縦700mm)>
      • 商品概要
        上糸調子にアクティブテンションを採用し、業界最速の空送り速度 800mm/sを実現した大型パターンシーマです。ダウンジャケット、ウィンタースポーツウェアなど、大物パターンのキルティングや地縫い縫製が1回の段取りで完了します。また、シャツのカフスなどの小物縫いも、広い縫製エリアを活用し、1稼動で多数のパーツ地縫いができます。下糸交換が不要なボビンチェンジャー(BK-7)機能を付けた機種も品揃えしています。
    • AP-876 with Flap clamp <ポケットセッター(ジーンズ仕様)>
      • 商品概要
        ジーンズポケット付けとフラップ付けの一連の工程をフルオート化した自動機で、高い生産性と安定した品質を実現します。ポケットは、ポケット型のたわみ防止機能によりテーブル面上でシャープに折り込まれます。見頃へのポケットセットは垂直方向に移動・加圧するためセットズレがありません。
  • ◆ノンアパレルゾーン
    • AMS-251 <1本針CNCミシン(頭部回動仕様)>
      • 商品概要
      • 頭部回動機構により、全方向均一な高い縫い品質を実現したミシンです。カーシート、高級バッグ、ランドセルの加飾縫いや、エアバッグなどの大型で縫いムラが許されない縫製など、様々な業種の要求に対応できます。メス針の使用が可能で、皮革縫製などの要求品質にお応えできます。
    • AMS-224EN4530R/AW-3 <入力機能付き電子サイクルマシン (下糸自動供給装置)>
      • 商品概要
      • カーシートなどの大物縫製に適した下糸自動供給装置(AW-3)付きの電子サイクルマシンです。大物縫製では、一回に使用する下糸量が多く、下糸交換作業も頻繁に発生しますが、オペレータは下糸不足を気にすることなく縫製に集中することができます。また、使用するボビンケースは2個のみのため、下糸張力管理、下糸交換作業などの手間を最小化できます。全回転釜を採用しています。
  • ◆ニットゾーン
    • MF-7913DRH24E56/UT56/MC37 <セミドライヘッド・シリンダーベッド型片面飾り偏平縫いミシン
      (デジタル式送り/ヘム縫い仕様)>
      • 商品概要
        Tシャツ・ポロシャツの丸物ヘム縫い工程に最適なモデルです。伸びやすい新素材で起こりやすい生地のねじれ、イサリ、地の目の斜行や段部の縫いづまりを防ぎ、縫い品質が安定します。デジタル式上送り機構により生地がスムーズに送られ、直進性が良く生地のふらつきがありません。差動上下送り機構に比べ薄い素材でもキズやアタリを付けることがありません。

■当リリースに関する問合せ先
JUKI株式会社
縫製機器&システムユニット 事業企画部
石橋 信一TEL:042-357-2375
総務部 総務・広報グループ
林 桐子TEL:042-357-2398

第42回2018日本ホビーショー JUKI出展のご案内
第42回2018日本ホビーショーJUKI出展のご案内 JUKIブースイメージ
JUKIブースイメージ
 JUKIは、東京ビッグサイトにて開催される第42回2018日本ホビーショー に出展いたします。(ブース番号V-10)
 今回JUKIブースでは、家庭用ミシン最上位モデルのHZL-EX7と、職業用ミシンの最新モデルSL-700EXが体験できる2つのワークショップを開催致します!
 また、創業80周年を迎えるにあたり、お客様へ日ごろの感謝の気持ちを込めた特別イベントも実施致します!
 「糸とボビンのつかみ取り」や抽選で豪華賞品が当たる「歴代ミシン人気投票」など楽しいイベントをご用意してお待ちしておりますので、是非JUKIブースへお越しください。

■開催概要
名称:
第42回2018日本ホビーショー
日時:
2018年4月26日(木)~28日(土) 3日間
10:00AM~6:00PM(最終日5:00PM 閉場)
会場:
東京国際展示場(東京ビッグサイト)東展示棟東4・5・6・7ホール (ブース番号 V-10)
東京都江東区有明3-10-1
入場料:
前売券 1,200円(税込) 当日券 1,500円(税込)
  • 1枚でお一人様3日間いつでも何度でもご入場いただけます
  • 高校生以下無料/障がい者手帳をお持ちの方とその介護者各1名無料
  • 同時開催の「第11回ホビークッキングフェア2018」「minneのハンドメイドマーケット2018」(4/27〜29)との共通入場券
  • 小学生以下は無料。ただし、大人の付き添いが必要です。
出展予定機種:
HZL-EX7 HZL-DX5 HZL-CX3 HZL-F3000 HZL-V2000 SL-700EX MO-1000ML

  • ≪開催日≫
    4月26日(木)~28日(土)
    ≪製作時間≫
    約60分
    ≪参加費≫
    1,000円(講習費・材料費含む)税込
    ≪定員≫
    各回6名
    ≪予約方法≫
    JUKIブース受付にて、各日当日分のみ予約を承ります。お一人様につき一名分のみの予約となります。複数人で予約される場合は、ご一緒に受付にお越しください。

    参加条件:小学5年生以上。未成年の方は保護者の付き添い必須となります。
    注意事項:各色数に限りがございます。ご希望に添えない場合がございますので、予めご了承ください。
    詳しい内容はこちらへ
    【ワークショップ・HZL-EX7】

    Japan made
    『ヴィンテージキャンバスのバイカラートートバッグ』




     今回のワークショップでは、川島商事(株)様の帆布生地 Japan madeヴィンテージキャンバスをご用意。
     ヴィンテージ加工されたソフトな手触りの帆布生地を使用して、バイカラーのトートバッグを制作します。
     染色された生地を大きな洗濯機で洗う様な加工がされているヴィンテージ加工は、人間の手による意図的な加工ではないため、生地によって風合いが異なります。
     その風合いが味になった一点ものの生地で作るトートバッグは、あなただけの特別な1点です♪

    第42回2018日本ホビーショー JUKI出展のご案内 【ワークショップ・HZL-EX7】 Japan made 『ヴィンテージキャンバスのバイカラートートバッグ』 どれもステキで迷ってしまう3色展開です♪
    どれもステキで迷ってしまう3色展開です♪

  • ≪開催日≫
    4月26日(木)~28日(土)
    ≪製作時間≫
    約60分
    ≪参加費≫
    500円 (講習費・材料費含む)税込
    ≪定員≫
    各回4名
    ≪予約方法≫
    JUKIブース受付にて、各日当日分のみ予約を承ります。 お一人様につき一名分のみの予約となります。 複数人で予約される場合は、ご一緒に受付にお越しください。
    詳しい内容はこちらへ
    【ワークショップ・SL-700EX】

    『新型職業用ミシンSL-700EXを使って
    スナップレザーポーチを作ろう!』



    JUKI職業用ミシンの最新モデルSL-700EXを使用して、スナップレザーポーチを作ります! 厚地と薄地の両方を重視したハイブリッドな縫い性能を、この機会に是非お試しください♪
    第42回2018日本ホビーショー JUKI出展のご案内 【ワークショップ・SL-700EX】『新型職業用ミシンSL-700EXを使ってスナップレザーポーチを作ろう!』 1時間でつくれちゃいます!
    1時間でつくれちゃいます!


JUKI家庭用ミシン、日本ホビーショー詳細はこちら
http://www.juki.co.jp/household_ja/event/2018/l4/Vcms4_00000241.html
アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」がアップされました
アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」
 アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」を掲載しました。

 辻洋装店(辻庸介社長)は東京・中野の閑静な住宅街に本社とアトリエ(縫製)があり、婦人プレタの都内工場として知られています。

次世代のモノ作りに挑戦 第6回:株式会社辻洋装店
http://www.juki.co.jp/jm/jmn/fuku/jmnnextchalgv06.html
第50回2018大阪ミシンショー が開催されました
第50回2018大阪ミシンショー が開催されました
第50回2018大阪ミシンショー が開催されました
2018年2月16日(金)~17日(土)の2日間、インテックス大阪2号館にて第50回2018大阪ミシンショーが開催されました。今回のテーマは「未来をつかむ MADE in JAPAN」で77社が出展しました。来場者数は2日間で7,692名と前回よりも400名以上も増え、盛況のうちに終了しました。

JUKIブースでは多数のデジタルソーイングシステムと新機種ミシンを展示し、DDL-9000CMF-7913DRAMS-251AMS-224EN4530R/AW3LU-2828V-7が注目を集めました。
ボンディングマシン、ガーメントプリンタや家庭用ミシンSL-700EXも多くのお客様が熱心に見学されていました。
第50回2018大阪ミシンショー が開催されました第50回2018大阪ミシンショー が開催されました第50回2018大阪ミシンショー が開催されました第50回2018大阪ミシンショー が開催されました

第36回アパレル工業技術セミナーが開催されました
第36回アパレル工業技術セミナーが開催されました第36回アパレル工業技術セミナーが開催されました 近藤会長
 日本アパレル工業技術研究会(JATRA)による第36回アパレル工業技術セミナーが3月20日(火) 港区西麻布の霞会館で開催され、アパレル関係者約50名が参加されました。
 初めに近藤会長の挨拶で、「アパレル工業技術セミナーはアパレル業界のインフラであり、ISO国際規格はアパレルのサイズだけではなく、最近縫製機器に関しても進められている」と紹介がありました。続いて、前・実践女子大学教授 高部啓子氏より「身体測定のための人体測定学定義」、光和衣料株式会社 代表取締役社長 伴英一郎氏より「嬉し楽しい物語」と「技術革新」の講演が行われました。最後に、中山顧問より衣服サイズJISの現状と改訂についての説明がありました。


日時:
2018年3月20日(火)
会場:
霞会館
テーマ及び講師:
  • 第36回アパレル工業技術セミナーが開催されました 前・実践女子大学教授 高部 啓子氏
    <講演1>「身体測定のための人体測定学定義」

    前・実践女子大学教授 高部 啓子氏

     高部氏は仮想空間で洋服を試着することが出来る「アパレルECにおけるフィッテイング性能評価に関する国際標準化」のWG1(身体測定のための人体測定学定義)について講演されました。
  • 第36回アパレル工業技術セミナーが開催されました 光和衣料株式会社 代表取締役社長 伴英一郎氏
    <講演2>「嬉し楽しい物語」と「技術革新」

    光和衣料株式会社
    代表取締役社長 伴英一郎氏

     伴氏は「嬉し楽しい物語」をテーマとした社内におけるユニークな取り組みと技術革新について、工場でのファッションショーやハロウィンの仮装、ライブなどのイベントの模様等も交え講演されました。
  • 第36回アパレル工業技術セミナーが開催されました JATRA顧問 中山悦朗氏
    衣服サイズJISの現状と改訂について

    JATRA顧問 中山悦朗氏

     25年前に設定されたJIS衣料サイズデータの現状と規格協会と合同での今後の改訂作業について説明をされました。

「ミニ情報」がアップされました
 社団法人日本衣料管理協会の繊維・アパレル業界情報(抜粋)「ミニ情報最新号(1〜2月号)を掲載しました。

  • 最新号(1〜2月号)
    「品質管理、プロが足りない」「"古着の染め直し分野"注目の兆し」「スマートウエア「量産化元年」なるか」 など12項目
を掲載しております。

「ミニ情報」はこちら
http://www.juki.co.jp/jm/jmn/mini/index.html
JUKI創業80周年記念サイト開設のお知らせ
JUKI創業80周年記念サイト
 JUKIは2018年12月15日、おかげさまで80周年を迎えます。
 日本国内はもとより世界各国のお客様、製造や販売でご協力をいただいている皆さまのご支援、ご愛顧の賜物と心から感謝申し上げます。
 会社創立80周年を機に、私たちJUKIの歩んだ道をまとめました。
 これまでの歩みを振り返ることでいま一度創業の精神に立ちかえるとともに、私たちに継承され今も息づいている"ものづくり"のDNAをこれからも継承してまいります。

80周年記念サイトはこちら
第50回 2018大阪ミシンショー JUKI出展のご案内
 第50回 2018大阪ミシンショーが、2018年2月16日(金)・17日(土)、インテックス大阪2号館で開催されます。JUKIは最新技術を取り入れた特殊ミシン、ノンアパレル用ミシンなど、省エネ・生産性向上商品を出展致します。
 開催概要およびJUKI出展内容は以下の通りです。是非、ご来場ください。

■開催概要
日時:
2018年2月16日(金)・17日(土)2日間 午前10:00〜午後5:00
会場:
インテックス大阪2号館(大阪市住之江区南港北1丁目5番102号) 【JUKI小間番号:61】
  • 新大阪から
    ◇新大阪(地下鉄御堂筋線)→本町(地下鉄中央線)
    →コスモスクエア(南港ポートタウン線)→中ふ頭【約45分】
  • 大阪(梅田)から
    ◇梅田(地下鉄御堂筋線)→本町(地下鉄中央線)
    →コスモスクエア(南港ポートタウン線)→中ふ頭【約40分】
  • 難波から
    ◇なんば(地下鉄御堂筋線)→本町(地下鉄中央線)
    →コスモスクエア(南港ポートタウン線)→中ふ頭【約40分】
    ◇なんば(地下鉄四つ橋線)→住之江公園(南港ポートタウン線)
    →中ふ頭【約40分】

出展内容:
アパレル用ミシン・ニット用ミシン・自動機ミシン・ノンアパレル用ミシン・ノンソーイング・家庭用ミシン
JUKI出展機種
:新商品、:参考出品、:特注商品、:近日発売
出展機種は都合により変更させて頂く場合もございます
アパレル用ミシン
  • DDL-9000CFMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(フルデジタル仕様)
  • DDL-9000CSMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(デジタル仕様)
  • LK-1900BN
    高速電子閂止めソーイングシステム
  • LK-1903BN
    高速電子本縫いボタン付けソーイングシステム
  • LBH-1790AN
    高速電子眠り穴かがりソーイングシステム
  • MS-1261A/DWS
    腕型二重環縫ソーイングシステム
ニット用ミシン
  • LZ-2290ASR-7
    ダイレクトドライブ高速電子本縫千鳥縫自動糸切りミシン(クイックリバース仕様)
  • LBH-1796AS/X73223
    高速電子眠り穴かがりミシン(ポロシャツ前立て仕様)
  • MO-6814DBE6-34H/G44/Q143
    セミドライヘッド高速2本針オーバーロックミシン(テープ付仕様)
  • MF-7913DRU11E/UT56
    セミドライヘッド・シリンダーベッド型片面飾り扁平縫いミシン(デジタル式上送り/ヘム縫い仕様)
  • MF-7223DU10B56
    セミドライヘッド・細筒型両面飾り偏平縫いミシン
自動機用ミシン
  • AC-164-1903B
    高速電子本縫ボタン付けインデキサー
  • DLU-5492N-7
    本縫差動上下送り糸切りミシン(シャツ衿トップステッチ仕様)
  • AMB-289A
    高速電子単糸環縫根巻きボタン付けミシン
  • APW-896N
    本縫自動玉縁縫機(ジッパー仕様)
  • MEB-3900J
    電子鳩目穴かがりソーイングシステム(ジーンズ仕様)
ノンアパレル用ミシン
  • AMS-251
    1本針CNCミシン(頭部回動仕様)
  • AMS-224EN4530R AW3
    入力機能付き電子サイクルマシン 縫製エリア(横45cm×縦30cm)(全回転釜仕様/下糸自動供給装置付き)
  • LU-1520NCS-7
    1本針総合送水平大釜自動糸切りミシン(残短糸切仕様)
  • LU-2828VA-7
    セミドライヘッド・1本針本縫総合送り水平大釜糸切りソーイングシステム(残短糸切仕様/2.7倍釜)
  • LU-2860VAL-7
    セミドライヘッド・2本針本縫総合送り水平大釜糸切りソーイングシステム(12mmピッチ/2.0倍釜)
  • PLC-2760S-7
    ポストベット2本針本縫総合送り水平大釜ミシン
  • LU-2828ESA-7
    1本針高速本縫総合送り水平大釜糸切りミシン(残短仕様)
  • DNU-1541/メス付き
    1本針本縫総合送り倍釜ミシン
  • LS-2342H-7
    セミドライヘッド ダイレクトドライブ・筒型1本針本縫い総合送り水平大釜ミシン(セミロング仕様)
  • DSC-245U/X55200
    シリンダーベット1本針本縫総合送りミシン(スライド天秤仕様/標準釜)
ノンソーイング
  • エプソン/SC-F9350
    昇華転写プリンター
  • HASHIMA/HSP-5400
    昇華転写プレス
  • クインライト/LHP-PP1
    連続式ホット&クール機
  • クインライト/LWU-3015
    超音波ウェルダー
家庭用ミシン
  • SL-700EX(ハイスペック)
    自動糸切りコントローラー・太糸テンション・速度調整つまみ付・職業用本縫いミシン
  • HZL-EX7
    BOX送り・スライド針板・ピボット機能・フロートモード・フットスイッチ機能・287模様
  • HZL-DX5
    BOX送り・スライド針板・ピボット機能・フロートモード・フットスイッチ機能・85模様
  • HZL-CX3
    BOX送り・スライド針板・フットスイッチ機能・40模様
  • HZL-V2000
    BOX送り・自動糸調子・自動糸切り・クイック下糸セット・コンピューターミシン
  • MO-1000ML(シュルル)
    2/3/4本糸作動送りロックミシン・イージースレッダー(自動ルーパー糸通し)採用
URL:
大阪ミシンショーホームページ
http://www.omsk.gr.jp/festival/
お問い合わせ:
JUKI販売株式会社
・代表電話
TEL:042-357-2530
・工業用ミシンに関するお問い合わせ
近畿カスタマーズセンター TEL:06-6339-7124
・家庭用ミシンに関するお問い合わせ
大阪営業所 TEL:06-6310-9045
JUKIスマートソリューションカンパニー主催セミナーのご案内
実践して学ぶ!!アパレル生産工場 現場改善セミナー
~人を育てるチームづくり~


JUKIスマートソリューションカンパニー主催セミナーのご案内
JUKIスマートソリューションカンパニー主催セミナーのご案内
 今日のアパレル業界は、中国での労働者不足による納期の遅れや賃金の高騰などにより、海外での生産現場の環境が大きく変わりつつあります。また最近では、日本への国内回帰も叫ばれはじめ、改めて日本でのもの作りが注目を浴びています。その中で、日本人がもつ「考える力」や、日本の強みである「チームワーク」を引き出すための「リーダー育成」など、日本だけでなく海外工場も含めた、もの作りを行うのに適する生産システムを検討していきます。また、現状分析手法を用いた問題点の見つけ方、改善手法を用いた最適な生産システムの提案、オペレーターの意欲を向上させるモチベーションマネージメントなど、事例や実習を多く取り入れ分かりやすく説明いたします。
 さらに、当セミナーは合宿形式で行っているため、受講者同士の交流や講師スタッフを含んだコミュニケーションの場として大いに活用できるのが特徴です。他社の方々と情報交換ができる機会を大切にした温かい雰囲気のセミナーです。

講座名:
実践して学ぶ!!アパレル生産工場現場改善セミナー
~チームを活かす工場管理入門~
期日:
2018年8月21日(火)~8月24日(金) 《3泊4日》
8月21日(火)
:13:00~18:00
8月22日(水)/23日(木)
8:30~18:00
8月24日(金)
8:30~13:00
場所:
JUKI株式会社 大田原工場 那須研修センター(交通案内)
定員:
22名 (定員になり次第、締め切らせていただきます)
参加料:
1名 75,000円(税別)
※テキスト・資料・宿泊・食事(3食)含む
持参品:
筆記用具、電卓、ストップウォッチ
お申し込み、お問い合わせ:
インターネット参加受付フォームはこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/seminar_j/manage_j/entry.html

セミナーの詳細、お問合せ先はこちら
PDF Downloadhttp://www.juki.co.jp/industrial_j/seminar_j/manage_j/203pamphlet.pdf

お問い合わせ先:
JUKI(株)スマートソリューションカンパニー セミナー受付係 渡邊・堀
TEL:
042-357-2370
FAX:
042-357-2379
JUKI那須研修センター技術研修コースのご案内
 JUKIでは縫製機器の保全技術者の方を対象とした≪設備技術者のための技術員研修コース≫ を弊社那須研修センターで開講しております。 是非ご活用いただきますよう、ご案内申し上げます。

会場:
JUKI株式会社 大田原工場 那須研修センター(交通案内)
〒324-0011 栃木県大田原市北金丸1863
宿泊設備:
那須研修センター内「個室(バス・トイレ付)・食事付」
申込方法:
  • 参加お申し込み書に必要事項をご記入頂き、お取引ミシン店様、またはお近くのJUKI販売(株)カスタマーズセンターまでFAXまたは郵送にてお申し込み下さい。
詳細、お申込みはこちら
http://www.juki.co.jp/industrial_j/seminar_j/nasuken_j/
第36回アパレル工業技術セミナー(アパレル工業技術・人材育成セミナー)のご案内
 日本アパレル工業技術研究会(JATRA)では、アパレル関連の基礎知識と応用技術、最新情報を中心とした第36回アパレル工業技術セミナーを2018年3月20日(火)に霞会館で開催します。
 今回は前・実践女子大学教授 高部啓子氏より仮想空間で洋服を試着することが出来る「アパレルECにおけるフィッテイング性能評価に関する国際標準化」のWG1(身体測定のための人体測定学定義)についてと、光和衣料株式会社代表取締役社長 伴英一郎氏より「嬉し楽しい物語」をテーマとした社内におけるユニークな取り組みと技術革新についての講演があります。

 参加のお申し込みは3月13日(火)まで、概要は下記の通りです。

日時:
2018年3月20日(火)13:30~16:30(13:15から受付)
会場:
霞会館(港区西麻布3-2-32) [地図]
テーマ及び講師:
  • <講演1>13:30~14:50
    「身体測定のための人体測定学定義」
    前・実践女子大学教授 高部 啓子氏
  • <講演2>15:10~16:20
    「嬉し楽しい物語」と「技術革新」
    光和衣料株式会社 代表取締役社長 伴 英一郎氏
参加費:
法人会員・個人会員無料、非会員・一般受講2,000円
定員:
60名(先着順ですのでお早めにお申し込みください)
お申し込み・お問い合わせ先:
日本アパレル工業技術研究会
http://www.jat-ra.com/seminar.html
<TEL>03-3591-8350 <E-MAIL> apakoken@jat-ra.com
JUKIは特許庁主導「平成29年度模倣品・海賊版撲滅キャンペーン」に協賛しています
 JUKIは、2003年から特許庁主導で実施されている「模倣品・海賊版撲滅キャンペーン」に協賛いたします。

 「模倣品・海賊版撲滅キャンペーン」とは、2017年12月1日~2018年3月23日までの約4ヵ月間、知的財産戦略本部や国際知的財産保護フォーラム(IIPPF)*をはじめとする関係省庁、及び民間団体の協力のもと、「消費者の模倣品・海賊版に対する意識を醸成する」ために特許庁主導で行われる啓発キャンペーンです。キャンペーン期間中、特設ウェブサイトや体感型イベントの実施等を通した啓発活動が予定されています。
 当社は、「国際知的財産フォーラム(IIPPF)*」に発足当初から参加し、この「模倣品・海賊版撲滅キャンペーン」に協賛し、社員への意識醸成を図るとともに、海外における模倣品や海賊版などの知的財産権侵害問題に法的処置を含め積極的に取り組んでおります。今後も知的財産権を侵害した粗悪な製品の拡散を防ぎ、公正な市場競争原理を守るため、さらに対策を強化し、活動を継続してまいります。

*IIPPF(国際知的財産フォーラム)とは
国際的な模倣品・海賊版などの海外における知的財産権侵害問題の解決をめざす企業・団体の集まりをいいます。
「ミニ情報」がアップされました
 社団法人日本衣料管理協会の繊維・アパレル業界情報(抜粋)「ミニ情報最新号(11〜12月号)を掲載しました。

  • 最新号(11〜12月号)
    「経産省方針、JIS法違反罰金100倍に」「JIS L 1923:繊維製品の防透け性評価方法」「日本のシルク復活へ」 など13項目
を掲載しております。

「ミニ情報」はこちら
http://www.juki.co.jp/jm/jmn/mini/index.html
東京国際キルトフェスティバルが閉幕しました
東京国際キルトフェスティバルが閉幕しました東京国際キルトフェスティバルが閉幕しました
東京国際キルトフェスティバルが閉幕しました東京国際キルトフェスティバルが閉幕しました東京国際キルトフェスティバルが閉幕しました
 日本最大のキルト展「第17回東京国際キルトフェスティバル」が2018年1月25日(木)~31日(水)東京ドームで開催され、21万人の来場者で賑わいました。

 JUKIブースではキルト作家の中沢フェリーサ先生をお招きし、ロングアームキルトマシンのTL-2200QVP及び、家庭用ミシンHZL-EX7でキルトテクニックのデモンストレーションを行いました。

 また、2つのワークショップ「早崎麻利子先生プロデュース『フラワーアップリケのファスナーポーチ(レザーハンドル付き)』」、「新型職業用ミシンSL-700EXを使ってスナップレザーポーチを作ろう!」では、初日から長蛇の列ができるほど好評となりました。特にSL-700EXは注目度が高く、多くのお客様にお楽しみいただきました。

 ご来場ありがとうございました。

JUKI Magazine PageNavigation