JUKI Magazine PageNavigation

東京国際キルトフェスティバル(東京ドーム1月19日~25日)に出展します
第16回東京国際キルトフェスティバル JUKIブースイメージ
JUKIブースイメージ
 JUKIは東京ドームにて開催される第16回東京国際キルトフェスティバルに出展いたします。
 今回JUKIブースでは、家庭用ミシンの最新モデルHZL-EX7が体験できるワークショップをはじめ、キルト専用のミシン「キルト・ヴァチューソー・プロ」TL-2200QVP(フレームタイプ/テーブルタイプ)の特別デモンストレーションを行います。

 今、話題のミシンを是非この機会にぜひご覧ください。

名称:
第16回東京国際キルトフェスティバル
https://www.tokyo-dome.co.jp/quilt/
日時:
2017年1月19日(木)~25日(水) 7日間
9:30AM~6:00PM(初日11:00AM 開場/最終日5:30PM 閉場)
※入場は閉場の30分前まで
会場:
東京ドーム(東京都文京区後楽1-3-61)
入場料:
前売券 1,900円(税込) / 当日券 2,100円(税込)
(小学生以下は無料。ただし、大人の付き添いが必要です)

≪開催日≫
1月19日(木)〜22日(日)「花かごアップリケのハンドバッグ」
1月23日(月)〜25日(水)「ハートパッチのminiバッグ」
≪講習時間≫
約90分
≪講習費用≫
1,500円 (講習費・材料費含む)
詳しい内容はこちらへ
【ワークショップ】
中野克子先生プロデュース作品
『花かごアップリケのハンドバッグ』&
『ハートパッチのminiバッグ』

第16回東京国際キルトフェスティバル HZL-EX7
HZL-EX7
 JUKI家庭用ミシンの最新モデルを使用し、アップリケやピースワークで彩るキュートなバッグを制作いただけます!

第16回東京国際キルトフェスティバル 【ワークショップ】 中野克子先生プロデュース作品 『花かごアップリケのハンドバッグ』

花かごアップリケのハンドバッグ
第16回東京国際キルトフェスティバル 【ワークショップ】 中野克子先生プロデュース作品 『ハートパッチのminiバッグ』
ハートパッチのminiバッグ
中野克子先生のプロフィールはこちら↓
http://www.geocities.jp/pqkaco/purofille.html


≪開催日≫
1月19日(木)〜22日(日)
≪参加費≫
無料
詳しい内容はこちらへ
【特別デモンストレーション】
中沢フェリーサ先生による
『ロングアームキルトマシン
TL-2200QVP特別デモンストレーション』

第16回東京国際キルトフェスティバル TL-2200QVP
TL-2200QVP
 ロングアームミシンを使ったキルトつくりを見てみませんか?興味はあるけれど、使い方がわからない…という方に大きなキルトを作る工夫をお教えします。日本ではなかなか見られないミシンキルトのテクニック、生地のカットからキルティングまで、手早く・簡単に・楽しく作る方法をご紹介します!

第16回東京国際キルトフェスティバル 中沢フェリーサ先生中沢フェリーサ先生のプロフィールはこちら http://www.patchwork.tokyo/#luntitled/c107


香港ファッションウィークが開催されます
香港ファッションウィークが開催されます
 2017年1月16日(月)~19日(木)、香港コンベンション&エキシビションセンターにて香港ファッションウィークが開催されます。この展示会は、国際ファッションセンター株式会社が中小のファッション関連企業及びクリエーターの海外市場展開を支援する一環として出展支援をしているもので、今回が通算12回目となります。「インターナショナルファッションデザイナーズショーケース」コーナーに出展する企業数は、皮革製品ブランドに特化したJAPAN FASHION LEATHER DESIGNERS(ジャパンファッションレザーデザイナーズ)略してJLDグループと、アパレル、雑貨のKFCグループの2グループ、合計16社18小間です。
 今回は各社ごとの単独ブース出展となります。出展経験を重ねノウハウを蓄積してきた効果により出展企業の成果は拡大しており、今回も更なる飛躍が期待されます。

展示会名称:
香港ファッションウィーク
開催日時:
2017年1月16日(月)~19日(木)
会場:
香港コンベンション&エキシビションセンター3F
お問合せ先:
国際ファッションセンター株式会社産業支援部(担当/松井)
〒130-0015東京都墨田区横網1-6-1 TEL:03-5610-5800 FAX:03-5610-5810
http://kfc-fashion.jp mailto:support@kfc-fashion.jp
2016九州アパレルマシンショーが開催されました
2016九州アパレルマシンショーが開催されました
2016九州アパレルマシンショーが開催されました2016九州アパレルマシンショーが開催されました
2016九州アパレルマシンショーが開催されました2016九州アパレルマシンショーが開催されました
 2016年10月28日(金)~29日(土)の2日間、久留米地域地場産業振興センター『地場産くるめ』にて2016アパレルマシンショーが開催され、2日間で265社 551名のお客様が来場されました。
 JUKIでは72m2のブースにJIAM2016に出展したアパレル用ミシン、ノンアパレル用ミシンを中心に工業用16台、家庭用7台を展示しました。

 アパレル用ミシンでは新商品のダイレクトドライブ高速自動糸切りソーイングシステムDDL-9000CS(デジタル仕様)、DDL-9000CF(フルデジタル仕様)、ノンアパレル用ミシンではLU-2810A-7/X73178(セミドライヘッド・1本針本縫総合送り水平大釜自動糸切ミシン:残短仕様)、並びに参考出品のAMS-224ENTH/10060XYθ入力機能付き電子サイクルマシン(大型エリア頭部回転仕様)がお客様の注目を集めていました。

 またニット用ミシンでは近日発売予定のMF-7923RDH24シリンダーベッド片面飾り偏平縫いミシン(デジタル送り/ヘム縫い仕様)や、ノンソーイング機器のボンディングマシンLWU-3015-4BT(L型アーム&シリンダーアーム切替式超音波ウエルダー)、LHP-PP1(ポストベッド連結式ホット&クール機)にも熱心に見学された多くの方からお問い合わせがありました。

【展示会・出展機種に関するお問い合わせ】
JUKI販売株式会社
TEL:042-357-2530
  • 工業用ミシンに関するお問い合わせ
    九州カスタマーズセンター
    TEL:0942-44-1835
  • 家庭用ミシンに関するお問い合わせ
    九州営業所
    TEL:0942-23-7155

国立障害者リハビリテーションセンターコレクション2016が開催されます
国立障害者リハビリテーションセンターコレクション2014が開催されます
 国立障害者リハビリテーションセンター(国リハ)は、着たい服がどこでも手に入り、おしゃれできる環境がより促進されることを目指し、様々な情報発信の手段として国リハコレクションを始めました。

 今年は、ファッションショーは、ありませんが、新たな試みとして触って試したり、試着できる衣料をご用意します。
 ご協力いただいている各出展機関・団体の皆さまとも、出展物や紹介する活動に対し、様々なご要望やご意見、また新たな情報を聞くことができる良い機会になることを期待します。

 当日は、旅行をサポートするNPOや、衣料に関する取り組み、ユーザ側になる障害者団もご参加されます。さらに未来を目指しての研究の紹介もあります。皆が、おしゃれして出かけたくなるような環境の促進の一助になればと思います。

■開催概要
名称:
国リハコレクション2016「プチリフォームして、おしゃれに!」
開催日:
2016年10月22日(土) リハ並木祭にて
時間:
展出展・展示 10:00~16:00
場所:
国立障害者リハビリテーションセンター(埼玉県所沢市並木4-1) 本館ロビー
参加費:
無料、事前申込み不要
詳細:
国立障害者リハビリテーションセンターホームページ
http://www.rehab.go.jp/ri/event/fashion/top.html
お問い合わせ:
国立障害者リハビリテーションセンター(担当:筒井)
TEL:04-2995-3100 FAX:04-2995-3132
E-mail:ML-fashion@rehab.go.jp
2016九州アパレルマシンショー JUKI出展のご案内
 2016年10月28日(金)~29日(土)、久留米地域地場産業振興センター(地場産くるめ)にて開催されます九州アパレルマシンショーに、JUKIは最新技術を取り入れた工業用ミシンと家庭用ミシンを展示致します。
 開催概要およびJUKI出展内容は以下の通りです。是非、ご来場ください。

■開催概要
日時:
2016年10月28日(金)AM9:30~PM5:00
2016年10月29日(土)AM9:30~PM3:00
会場:
久留米地域地場産業振興センター(地場産くるめ)
久留米市東合川 5-8-5 0942-44-3700
交通案内:
  • JR久留米下車車で15分
  • 西鉄久留米下車車で7分
  • 西鉄バス21番22番 地場産センター入り口』下車徒歩1分
お問い合わせ:
JUKI販売株式会社本社TEL:042-357-2530(代表)
  • 工業用ミシンに関するお問い合わせ
    九州カスタマーズセンターTEL:0942-44-1835
  • 家庭用ミシンに関するお問い合わせ
    九州営業所TEL:0942-23-7155
出展内容:
JUKI出展機種
:新商品、:参考出品、
出展機種は都合により変更させて頂く場合もございます
アパレル用ミシン
  • DDL-9000CSMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切ソーイングシステム(デジタル仕様)
  • DDL-9000CFMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切ソーイングシステム(フルデジタル仕様)
  • APW-896N
    本縫自動玉縁縫機(斜め・フラップ仕様)
  • LBH-1796A
    高速電子眠り穴かがりミシン(押え220mm仕様)
  • LK-1903BB
    高速電子本縫いボタン付けミシン(鳥の巣防止/残短仕様)
ニット用ミシン
  • MO-6814D-BE6-40H
    セミドライヘッド高速2本針オーバーロックミシン
  • LZ-2290ASS-70B
    ダイレクトドライブ高速電子本縫千鳥縫ミシン
  • MF-7913DRH24
    シリンダーベッド型片面飾り偏平縫いミシン(デジタル送り/ヘム縫い仕様)
ノンアパレル用ミシン
  • AMS-224ENTH/10060XYθ
    入力機能付き電子サイクルマシン
  • AMS-224EN4530R
    入力機能付き電子サイクルマシン(全回転釜仕様)
  • LU-2810A70BBS/SADE
    エアバッグ縫製管理システム
  • LU-2810A7/X73178/DT/SF
    セミドライヘッド・1本針本縫総合送り水平大釜自動糸切ミシン
  • LU-1520NCS-7
    1本針本縫総合送り水平大釜自動糸切ミシン(残短糸切り・カーシート仕様)
  • DU-1281-7
    1本針本縫い上下送り倍釜自動糸切ミシン(J UKI販売オリジナルメス付きミシン)
ボンディングマシン
  • LWU-3015-4BT
    L型アーム&シリンダーアーム切替式超音波ウェルダー(クインライト電子精工)
  • LHP-PP1
    ポストベット連続式ホット&クール機(クインライト電子精工)
家庭用ミシン
  • TL-2200QVP
    家庭用キルト専用ロングアームミシン(テーブルタイプ)
  • HZL-EX7
    高機能コンピュータミシン(287縫い模様)
  • HZL-DX5
    高機能コンピュータミシン(85縫い模様)
  • HZL-CX3
    高機能コンピュータミシン(40縫い模様)
  • SL-300EX
    職業用本縫自動糸切ミシン
  • MO-1000ML(シュルル)
    2本針2/3/4本糸自動ルーパー糸通し機構差動送り付きオーバーロックミシン
  • MCS-1500
    カバーステッチ&チェーンステッチ専用ミシン

第40回東北ミシンショー東北アパレル産業機器展が開催されました
第40回東北ミシンショー東北アパレル産業機器展が開催されました第40回東北ミシンショー東北アパレル産業機器展が開催されました
第40回東北ミシンショー東北アパレル産業機器展が開催されました第40回東北ミシンショー東北アパレル産業機器展が開催されました
第40回東北ミシンショー東北アパレル産業機器展が開催されました第40回東北ミシンショー東北アパレル産業機器展が開催されました
 2016年6月10日(金)~11日(土)の2日間、岩手産業文化センター「アピオ」にて第40回 2016東北アパレル産業機器展が開催されました。
 JUKIでは「JUKI Smart Solutions - Innovate Your Business -」のコンセプトのもと、出展社中、最大規模のスペース(20小間、180㎡)にJIAM2016に出展したアパレル用ミシン、ノンアパレル用ミシンを中心に工業用22台、家庭用10台を展示しました。
 その中でもアパレル用ミシンでは、新商品のDDL-9000Cダイレクトドライブ高速自動糸切りソーイングシステム(デジタル仕様)、DDL-9000CFダイレクトドライブ高速自動糸切ソーイングシステム(フルデジタル仕様)、ノンアパレル用ミシンでは、カーシート縫製をイメージした縫製ラインに出展していた近日発売予定のLU-1520NCS-7・1本針本縫い総合送り水平大釜自動糸切りミシン(残短仕様)、針棒の回転と送りの組み合わせで多様なクロス縫いを可能にした加飾縫い仕様のPLC-2760RDV8-HMCセミドライヘッド・ポストベッド2本針本縫い総合送り水平大釜ミシンがお客様の注目を集め、終日見学者が絶える事はありませんでした。
 その他にも、AMS-224ENHB6030SZ/X7910NSF入力機能付き電子サイクルマシン(パーフェクトステッチ仕様)、APW-896N本縫自動玉縁縫機(斜めポケット仕様)や、ノンソーイング機器のボンディングマシン、ガーメントプリンターも多くの方が熱心に見学し質問をされておりました。

【展示会・出展機種に関するお問い合わせ】
JUKI販売株式会社
  • 工業用ミシンに関するお問い合わせ
    東北カスタマーズセンター
    TEL:0197-25-2725
  • 家庭用ミシンに関するお問い合わせ
    東京営業所(東北駐在)
    TEL:024-576-6782
第40回東北ミシンショー東北アパレル産業機器展のご案内
 「2016東北アパレル産業機器展」に於きまして、先に開催された「JIAM2016OSAKA」にて大変ご好評を頂きました機器を中心に、最新技術を取り入れた商品をアパレル、ニット、ノンアパレル、ノンソーイング、家庭用の各コーナーでご提案させて頂きます。

 開催概要およびJUKI出展内容は以下の通りです。是非、ご来場ください。

■開催概要
日時:
2016年6月10日(金)午前9:30~午後5:00
6月11日(土)午前9:00~午後3:00
会場:
岩手産業文化センター「アピオ」【JUKI小間No.37】
(岩手県滝沢市砂込389-20 TEL:019-688-2000)
  • 主要地点からのアクセス
    • 東京方面
      新幹線:東京~盛岡駅 2時間20分(はやぶさ利用)
      自動車道:練馬IC~滝沢IC 5時間46分
    • 北海道方面
      飛行機:千歳空港~いわて花巻空港 1時間
    • 花巻方面
      新幹線:花巻駅~盛岡駅 12分
      自動車道:花巻IC~滝沢IC 29分
  • アクセスポイントから
    • JR東日本盛岡駅(新幹線の最寄り駅)
      バス:岩手県北バス(盛岡駅~産業文化センター)
      460円/40分
      電車:いわて銀河鉄道(滝沢駅)360円/25分
      タクシー:3000円/30分

出展内容:
JUKI出展機種
:新商品、:参考出品、:近日発売
出展機種は都合により変更させて頂く場合もございます
アパレル用ミシン
  • DDL-9000CSMS
    ダイレクトドライブ高速自動糸切ソーイングシステム(デジタル)
  • DDL-9000CFMS
    ダイレクトドライブ高速自動糸切ソーイングシステム(フルデジタル)
  • AMB-289B
    高速電子単糸環縫根巻きボタン付けミシン
  • APW-896N
    本縫自動玉縁縫機(斜め・フラップ仕様)
  • LBH-1790A
    高速電子眠り穴かがりミシン
  • LK-1903BB
    高速電子本縫いボタン付けミシン(鳥の巣防止/残短仕様)
  • AST-210-1510/UK-XL400
    ジーンズベルトパッチ付けミシン
  • AST-1261F/X55201/DD-AB2/PP/P-ECV
    ジーンズタコ巻きミシン
ニット用ミシン
  • MF-7923D-H25-E56/UT59/MC37
    セミドライヘッド・シリンダーベッド型両面飾り偏平縫いミシン
  • MO-6814D-BD6-307/BL22
    セミドライヘッド高速2本針オーバーロックミシン(自動バックラッチ装置付)
  • MO-6814D-BD6-307/T055D
    セミドライヘッド高速2本針オーバーロックミシン(センサー式ギロチンカッター装置付)
ノンアパレル用ミシン
  • AMS-224ENHB6030SZ/X7910NSF
    入力機能付き電子サイクルマシン(全域パーフェクトステッチ仕様)
  • LU-2810A-7/X73178/DT/SF
    セミドライヘッド・1本針本縫総合送り水平大釜自動糸切ミシン
  • LU-1520NCS-7
    1本針本縫総合送り水平大釜自動糸切ミシン(残短仕様)
  • DU-1281-7
    1本針本縫上下送り倍釜自動糸切ミシン
  • PLC-2760RDV8-HMC
    セミドライヘッド・ポストベッド2本針本縫総合送り水平大釜ミシン
  • AMS-224EN4530R
    入力機能付き電子サイクルマシン(全回転釜仕様)
ノンソーイング
  • SC-F9200
    昇華転写プリンター(EPSON)
  • HSP-5400
    平型昇華転写プレス(HASHIMA)
  • LWU-3015-4BT
    L型アーム&シリンダーアーム切替式超音波ウエルダー(クインライト電子精工)
  • LHP-PP1
    ポストベット連続式ホット&クール機(クインライト電子精工)
  • LHP-HSC0303/HRS012-A-20
    ヒーター&冷却プレス(クインライト電子精工)
家庭用ミシン
  • TL-2200QVP
    自動糸切付キルト専用ロングアームミシン(立ち仕様)
  • TL-2200QVPMini
    職業用本縫自動糸切ミシン(キルト仕様)
  • SL-300EX
    職業用本縫自動糸切ミシン
  • HZL-EX7
    高性能コンピューターミシン(287縫い模様)
  • HZL-DX5
    高性能コンピューターミシン(85縫い模様)
  • HZL-CX3
    高性能コンピューターミシン(40縫い模様)
  • HZL-F3000
    高性能コンピューターミシン(40縫い模様)
  • HZL-310
    普及型コンピューターミシン
  • MO-1000ML(シュルル)
    2/3/4本糸差動送りロックミシン イージースレッダー(自動ルーパー糸通し機構)搭載
  • MO-03D
    1本針・2/3本糸差動機能付きオーバーロックミシン
お問い合わせ:
JUKI販売株式会社
・工業用ミシンに関するお問い合わせ
東北カスタマーズセンター TEL:0197-25-2725
・家庭用ミシンに関するお問い合わせ
東京営業所(東北駐在) TEL:024-576-6782
JIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が開催されました
JIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が開催されました JUKIブース
JIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が開催されました スマートファクトリーゾーンJIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が開催されました デジタルソーイングシステムゾーン
JIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が開催されました デジタルソーイングシステムゾーンJIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が開催されました ノンアパレルゾーン
アパレルゾーンJIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が開催されました アパレルゾーンJIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が開催されました アパレルゾーン
 JIAM2016 OSAKAが、4月6日(水)~9日(土)の4日間、インテックス大阪にて開催されました。
 第11回目となる今回は、「革新的ソリューションと高度加工技術」を開催テーマに15カ国・地域から258社が参加する国際展示会になりました。
 JUKIでは、「JUKI Smart Solutions - Innovate Your Business -」のコンセプトのもと、出展社中最大規模のスペース(175小間、1,575㎡)に工業用ミシン91台、家庭用ミシン68台の合計159台のミシンを6つのゾーンと3つのコーナーに分けて展示しました。

 スマートファクトリーゾーンでは、「人と設備を融合した生産システムや管理」を提案。プリント~裁断~自動搬送~縫製までの「ワンストップ・ラインソリューション*」に、生産管理システムを加え、JUKIが提唱する「スマートファクトリーライン」を、ポロシャツ生産を通じて、目に見える形で提案しました。
*「ワンストップ・ラインソリューション」は、縫製の前工程等で使用される関連商品(JUKIソリューションパートナー)を展示し、縫製工程だけでなく縫製工場のラインソリューションをお手伝いさせていただきます。

 デジタルソーイングシステムゾーンは、縫製アイテム、素材の変更などにアクティブに対応できるフルデジタルミシンDDL-9000Cと「IoTによるシステムリンケージ」の活用例をデモンストレーションで紹介しました。

 ノンアパレルゾーンは、自動車シート、家具、スポーツシューズ、鞄の4つに分類して用途別に展示。インストルメントパネル3D縫製システムや頭部回動型プログラム縫いマシンなど、最先端の技術と新たな縫製システムで、人に優しいソリューションをご紹介しました。

 アパレルゾーンは、シャツ縫製の残短仕様ライン、ジーンズ縫製の2つに分類して残短糸切り機能を搭載した付加価値の高い商品やジーンズの自動化ラインなどを展示しました。

 ニットゾーンは、スポーツウェア、ファンデーションの2つに分類して、連携会社の商品も含めて、ニットラインのソリューション商品を展示します。定評のあるJUKIのセミドライ仕様の機器や、ボンディングマシンなどの縫製に代わる組立て工法もご紹介しました。

 家庭用ミシンコーナー は、「JUKIホームソーイングワールド」をコンセプトに"素敵なお店作り"の提案を行いました。また、JUKI工業用ミシンの技術を組み込んだ商品や、日本メーカーとしてJUKIのみが製品化しているキルトミシンなど、JUKI独自の技術を搭載した商品の展示を行いました。
JIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が開催されました ニットゾーンJIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が開催されました 家庭用ミシンコーナJIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が開催されました 家庭用ミシンコーナ

第40回2016日本ホビーショーが開催されました
第40回2016日本ホビーショーが開催されました第40回2016日本ホビーショーが開催されました
第40回2016日本ホビーショーが開催されました
 JUKIは、2016年4月28日(木)~30日(土)、東京ビッグサイトにて行われた 第40回 2016日本ホビーショーに出展いたしました。来場者数は前年の約3割増しとあって、連日、会場は多くのお客様で賑わいました。また、最新のコンピュータミシン「HZL-EX7」を使用した、『デコレーションがCawaii マルチケース』制作のワークショップでは、みなさん豊富なステッチや、チャーム、タグのつけ位置に悩みつつ、思い思いのデコレーションを楽しんでいただきました。
 大勢のお客様にご来場・ご参加いただき誠にありがとうございました。
JIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が間もなく開催されます
JIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が間もなく開催されます JIAM2016 OSAKA JUKIブースイメージ
JIAM2016 OSAKA JUKIブースイメージ
 JUKIは、2016年4月6日(水)~4月9日(土)の4日間、インテックス大阪で開催される縫製機械の国際見本市「JIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市」に、最大規模のスペースで出展します。

 出展コンセプト「JUKI Smart Solutions」のもと、「人と設備を融合した生産システム」、「ワンストップ・ラインソリューション」、「IoTによるシステムリンケージ」を、最新鋭のミシン、自動機、自動化装置、デジタル化商品を通して ご提案します。

 当社は、今回の展示会を通して、Smart Solutionsの具体的なご提案とあわせ、JUKIの総合力と多面的な活動で、お客様の工場を生産性の高い、人と環境に優しいスマートな工場に進化させるお手伝いをさせていただきます。

<新コンセプト>
JIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市が間もなく開催されます <新コンセプト>

<JIAM2016 OSAKA 国際アパレル機器&繊維産業見本市 JUKIブース出展概要>
JUKIブース出展場所
JUKIブース
インテックス大阪5号館、小間位置【5-301】
JUKI家庭用ミシンブース
インテックス大阪2号館、小間位置【2-603】
JUKI出展台数
工業用ミシン等 91台(内 関連商品 17台)
家庭用ミシン 68台(ホームソーイングゾーン含む)
合計 159台
*出展台数は変更になることもあります。ご了承ください。
関連商品連携会社
スマートファクトリーゾーン、ニット・ファンデーションゾーンにて、ソリューションパートナー機器の展示を行います。
セイコーエプソン株式会社、株式会社島精機製作所、クインライト電子精工株式会社、株式会社ハシマ
JUKI出展ゾーン・
コーナー紹介
  1. 【スマートファクトリーゾーン】
     縫製前工程のプリンターやカッティング装置(連携会社商品)などに、JUKIのデジタル化ミシンや自動機、自動化装置などを組み合わせ、ポロシャツ縫製を想定したこれからの工場運営をご提案します。
     プリント~裁断~無人搬送~縫製までの「ワンストップ・ラインソリューション」に、ネットワークシステムを導入し、最新のデジタル端末を使った仮想ファクトリーをデモンストレーションします。
  2. 【デジタルソーイングシステムゾーン】
     縫製アイテム、素材の変更などに、アクティブに対応できるデジタル化ミシンを活用して、「製品+ラインソリューション+IoT技術」を絡めた活用例をデモンストレーションでご紹介します。
  3. 【ノンアパレルゾーン】
     自動車シート、家具、スポーツシューズ、鞄の4つに分類して、用途別に展示します。インストルメントパネル3D縫製システムや頭部回動型プログラム縫いマシンなど、最先端の技術と新たな縫製システムで、人に優しいソリューションをご紹介します。
  4. 【布帛ゾーン】
     シャツ縫製のための残短仕様ライン、ジーンズ縫製の2つに分類して展示します。残短糸切り機能を搭載した付加価値の高い商品やジーンズの自動化ラインなどをご紹介します。
  5. 【ニット・ファンデーションゾーン】
     スポーツウェア、ファンデーションの2つに分類して、連携会社の商品も含めて、ニットラインのソリューション商品を展示します。定評のあるJUKIのセミドライ仕様の機器や、ボンディングマシンなどの縫製に代わる組立て工法もご紹介します。
  6. 【SiRUBAゾーン】
     2011年5月より提携をしている台湾の工業用ミシンメーカー「高林股份有限公司(SiRUBA)」の製品を展示します。
  7. 【アタッチメントコーナー】
     生産性、品質向上に貢献するアタッチメント技術サービスを、4テーマのアタッチメント製作実演と縫製実演でご紹介します。アタッチメント改善事例も併せてご紹介します。
  8. 【パーツコーナー】
     幅広い品揃えがあるJUKIの純正部品をご紹介します。また、利便性が高い各種キット部品や特殊加工の釜などの展示も行います。
  9. 【家庭用ミシンコーナー 】
     「JUKI ホームソーイングワールド」をコンセプトに、"素敵なお店作り"の提案を行います。また、JUKI工業用ミシンの技術を組み込んだ商品や、日本メーカーとしてはJUKIのみが製品化しているキルト向けミシンなど、JUKI独自の技術を搭載した商品を展示します。

    *2号館【2-603】ホームソーイングゾーン内のJUKIブースでは、ワークショップ通じて、JUKIの最新ミシン・機能に触れていただきます。
主な出展機
  • ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム
     縫製アイテム、工程、素材の変更などにアクティブに対応できるデジタル化ミシンです。
     調整時間の大幅な短縮、縫い条件の保存や他設備への水平展開が容易になります。
  • インストルメントパネル3D 縫製システム
     自動車のインストルメントパネルの加飾(デザインステッチ)縫製に、新技術を採用した3D縫製システムです。
     新規開発の専用ミシンを搭載し、美しい縫い目を実現します。
  • 入力機能付き電子サイクルマシン(大型エリア頭部回動仕様) AMS-224ENTH/ 10060 XYθ
     新開発のミシン頭部回動型プログラム縫いマシンです。全域で均一な美しい縫い目を提供することができます。カーシート加飾縫い・エアーバック縫製に最適です。
  • 1 本針本縫総合送りミシン(2.7 倍釜/残短糸切り仕様/スマートデバイス) LU-2828A-7+SD
     新開発の残短機構により縫い終りの糸摘み作業を軽減した高速縫いミシンに、目飛び検知・下糸残量検知等のセンサー機能とオペレータの安全性に配慮した安全カバーなどSD/スマートデバイスを搭載した最新ミシンです。
  • 1 本針本縫総合送り水平大釜ミシン(ロングピッチ/高速 3800spm) LU-2810ESAL-7
     定評ある LU-2800 シリーズに高速機を新たに追加、長尺縫製の地縫い及びトップステッチに最適です。
  • 靴紐ループ付け自動機 + 搬送装置 AB-1360+Autofeeder
     靴ベロへの紐通し用ループ縫製自動機です。ループの切断・折込み・縫い付けを自動で行います。また、素材の自動供給装置を搭載し、完全自動化を実現しています。
  • 高速電子本縫いボタン付けミシン(鳥の巣防止/残短仕様) LK-1903BB
     「世界初」の残短・鳥の巣防止仕様のボタン付けミシンです。新開発の縫い終わり残短機構により、通常糸切り動作後に、さらに糸を短く切断します。
  • 高速電子眠り穴かがりミシン(残短仕様) LBH-1790AB
     「世界初」の残短仕様眠り穴かがりミシンです。縫い終わりの糸残り量が短くなりました。
  • 入力機能付き電子サイクルマシン ジーンズポケットセッター AMS-221ENTS3020/X90002
     ジーンズポケット付けミシンです。プリセット装置・スタッカー付きのため、オーバーラップ作業が可能です。2本針仕様のため、縫い途中での糸替えも自動です。ファッション性の高いポケット付けも可能になりました。
  • セミドライヘッド両面飾りミシン MF-7500D/7900D
     ストレッチ性新素材のヘム縫い工程に最適なミシンです。左カマメス機構を搭載しており、縫い目と常に平行で均一なトリミングが行えます。生地の厚さに応じた上メスストロークの調整も簡単に行えます。縫い終りのほつれ防止がさらに確実になりました。
  • 家庭用コンピュータミシン HZL-DX7
     JUKIの高性能コンピュータミシンのフラッグシップモデルです。使い心地や縫い品質がさらに進化した上、自分の好みに合わせた操作をプログラムできます。

■当リリースに関する問合せ先
JUKI株式会社
縫製機器ユニット 営業推進部
濱田 良彦TEL:042-357-2377
総務部 総務・広報グループ
林 桐子TEL:042-357-2398
第40回2016日本ホビーショーJUKI出展のご案内
第40回2016日本ホビーショーJUKI出展のご案内 JUKIブースイメージ
JUKIブースイメージ
 JUKIは、東京ビッグサイトにて開催されるホビーショーに出展いたします。
 ブースの場所は218ブースです。

 毎年恒例のワークショップでは、日本のファブリックメーカー「クォーターリポート」の生地を使用して、「選んでワクワク!!デコレーションがCawaii マルチケース」を制作します。
 JUKIの最新コンピュータミシン「HZL-EX7」で、お好みのステッチとフジックスのキングスター刺繍糸で自由にステッチしていただきます。

 是非この機会に、「選んでワクワク!!デコレーションがCawaii マルチケース」制作を体験してください!

名称:
第40回2016日本ホビーショー
日時:
2016年4月28日(木)~30日(土) 3日間
10:00~18:00 ※最終日は17:00まで
会場:
東京国際展示場(東京ビッグサイト)
東展示棟 東1・2・3ホール (東京都江東区有明3-10-1)
入場料:
1,000円(前売)1,200円(当日)
※1枚でお一人様3日間いつでも何度でもご入場いただけます
※高校生以下無料/障がい者手帳をお持ちの方とその介護者各1名無料
※同時開催の「第9回ホビークッキングフェア2016」「minneのハンドメイドマーケット」との共通入場券


【ワークショップ】
選んでワクワク!!
『デコレーションがCawaii マルチケース』
第40回2016日本ホビーショーJUKI出展のご案内 【ワークショップ】 選んでワクワク!! 『デコレーションがCawaii マルチケース』 カラフルなテープやリボンで可愛く仕上げます!
カラフルなテープやリボンで可愛く仕上げます!
第40回2016日本ホビーショーJUKI出展のご案内 【ワークショップ】 選んでワクワク!! 『デコレーションがCawaii マルチケース』 飾りステッチや、オリジナルのタグを作ってデコレーション!
飾りステッチや、オリジナルのタグを作ってデコレーション!
第40回2016日本ホビーショーJUKI出展のご案内 【ワークショップ】 選んでワクワク!! 『デコレーションがCawaii マルチケース』 大・中・小3つのサイズからお好きなサイズを1点お選びいただけます。
大・中・小3つのサイズからお好きなサイズを1点お選びいただけます。
≪開催日時≫
2016年4月28日(木)~30日(土) 随時受付
≪タイムスケジュール≫
1)10:30〜11:152)11:25〜12:103)13:00〜13:45
4)14:00〜14:455)15:00〜15:456)16:00〜16:45
≪所要時間≫
約45分
≪講習費用≫
小サイズ:300円 中サイズ:400円 大サイズ:500円(税込)
※材料費も含みます。
※各サイズ数に限りがありますので、ご希望のサイズ・色に添えない場合がございますので予めご了承ください。
≪対象年齢≫
小学生4年生以上。3年生以下の方は大人の方の同伴をお願いいたします。
≪お申し込み方法≫
会期中に会場にて承ります。
※お一人様1回の参加とさせていただきます。


【グッズ販売】
 ブースにてJUKI特別グッズを販売いたします。

第40回2016日本ホビーショーJUKI出展のご案内 【グッズ販売】キングスターマルチカラー糸セット(株式会社フジックス)第40回2016日本ホビーショーJUKI出展のご案内 【グッズ販売】ミシンマット第40回2016日本ホビーショーJUKI出展のご案内 【グッズ販売】糸立て台
  • キングスターマルチカラー糸セット(株式会社フジックス)
    段染めが美しいマルチカラー糸5色とミシン刺繍下糸1つのおトクな特別セットです。
  • 糸立て台
    ナチュラルカラーで置いておくだけでもかわいい、オリジナル糸スタンドです。12本の糸と一緒にボビンも収納できます。
  • ミシンマット
    ミシンの振動や騒音を抑え、ミシン周りを華やかにするかわいいミシンマットです。
  • JUKIミシン純正アクセサリー
    代表的なJUKIミシンのボビンや押えの販売です。スタッフまでお声かけいただければ、試しぬいや使い方のご紹介もいたします。


【出展予定機種】
その他新機種

JUKI家庭用ミシン、日本ホビーショー詳細はこちら
http://www.juki.co.jp/household_ja/event/event_1603.php
第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました
 文化ファッション大学院大学は2016年4月に開学10周年を迎える事となり、10周年を記念した「"THE NEXT DECADE"-変容するファッションビジネス-」をテーマにした、第8回文化ファッション大学院大学ファッションウィーク(BFGU FW)を開催しました。
 今年は約4400名(5日間)の来場者を迎え、盛況のうちに終了しました。

 次回第9回は2017年1月〜2月頃に開催を予定しています。

第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 2年次修了ショー第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 2年次修了ショー第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 2年次修了ショー第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 2年次修了ショー第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 2年次修了ショー
第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 2年次修了ショー第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 2年次修了ショー第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 2年次修了ショー第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 2年次修了ショー第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 2年次修了ショー第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 2年次修了ショー
ファッションクリエイション専攻
ファッションデザインコース 2年次修了ショー

第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 1年次終了展示第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース 1年次終了展示
ファッションクリエイション専攻
ファッションデザインコース 1年次終了展示

第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションテクノロジーコース  2年次修了展示/1年次終了展示第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションクリエイション専攻 ファッションテクノロジーコース  2年次修了展示/1年次終了展示
ファッションクリエイション専攻
ファッションテクノロジーコース
2年次修了展示/1年次終了展示

第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました ファッションマネジメント専攻 ファッション経営管理コース 2年次修了研究発表/1年次基礎研究発表
ファッションマネジメント専攻
ファッション経営管理コース
2年次修了研究発表/1年次基礎研究発表

第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました シンポジウム 宮前 義之氏(ISSEY MIYAKE デザイナー)第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました シンポジウム 佐藤 正樹氏(佐藤繊維株式会社 代表取締役 社長 糸作家/デザイナー)第8回文化ファッション大学院大学のファッションウィークが開催されました シンポジウム 荒川 信雄氏(株式会社ラフォーレ原宿 代表取締役社長)
シンポジウム
開催期間
2016年2月1日(月)〜2月5日(金)
会場
学校法人文化学園内 遠藤記念館大ホール ほか
テーマ
"THE NEXT DECADE"
ー変容するファッションビジネスー
プログラム
  • ファッションクリエイション専攻
    ファッションデザインコース
    • 2年次修了ショー
      開催日:2016年2月2日(火)
      会場:遠藤記念館大ホール
       11名の修了年次生が、1人約9体の作品をショー形式で発表しました。フィッティング、舞台演出、音響効果、進行なども同コース生が手がけていました。
    • 1年次終了展示
      開催日:2016年2月4日(木)〜5日(金)
      会場:遠藤記念館大ホール
       28名の1年次生が各自のコンセプトに基づいた作品を1人5〜8体を展示。割り当てられたスペースの演出(装飾、ライティング、レイアウトなど)も多種多様となっていました。
  • ファッションクリエイション専攻
    ファッションテクノロジーコース
    • 2年次修了展示
      開催日:2016年2月1日(月)~2月5日(金)
      会場:遠藤記念館ギャラリー
    • 1年次終了展示
      開催日:2016年2月1日(月)~2月5日(金)
      会場:C館エントランス
     各自が設定したテーマに沿った研究成果を発表。パターン・製図、データ表、ポートフォリオ、自身で企画・製作した服飾作品を展示していました。
  • ファッションマネジメント専攻
    ファッション経営管理コース

    • 2年次修了研究発表
      開催日:2016年2月2日(火)
      会場:視聴覚講義室
    • 1年次基礎研究発表
      開催日:2016年2月4日(木)
      会場:視聴覚講義室/I-22コンピュータ実習室
     「2年次修了研究発表」では3名の修了年次生が2年間の研究成果を「1年次基礎研究発表」では1年次生が各自進行中の研究の中間報告を行いました。さまざまな国籍の院生が多く在籍しており、日本のみならず、世界各地のファッション状況をテーマにした研究を発表していました。
  • シンポジウム
     宮前 義之氏(ISSEY MIYAKE デザイナー)、佐藤 正樹氏(佐藤繊維株式会社 代表取締役社長 糸作家/デザイナー)、荒川 信雄氏(株式会社ラフォーレ原宿 代表取締役社長)と、BFGU教員により、デザイン、テクノロジー、経営の観点から、革新と変化を続けるファッションビジネスの今後10年の方向性についての議論が交わされていました。

JUKI Magazine PageNavigation