JUKI Magazine PageNavigation

News Index

2010.12

2010.11

2010.10

2010.09

2010.08

2010.07

2010.06

2010.05

2010.04

2010.03

2010.02

2010.01


「第3回文化ファッション大学院大学ファッションウィーク」が開催されます
 ファッション分野唯一の専門職大学院、文化ファッション大学院大学は、2011年1月31日(月)~2月4日(金)「第3回文化ファッション大学院大学 ファッションウィーク」を開催します。このイベントは、ファッション界の人々が対話・議論をし、また問題定義をすることで、次代のファッションビジネスの方向を探ろうとするものです。同大学院生による展示、研究発表、ファッションショーや、広くファッション界からパネリストを招くシンポジウム等が実施されます。開催概要は以下の通りです。

開催期間:
2011年1月31日(月)~2月4日(金)
会場:
学校法人文化学園内 遠藤記念館大ホールほか(プログラムによって開催日時、会場が異なります)
プログラム
  1. ファッションテクノロジーコース 1年次終了展示
    1月31日(月)~2月4日(金)C館エントランス
  2. ファッションテクノロジーコース 2年次修了展示
    1月31日(月)~2月4日(金)遠藤記念館ギャラリー
  3. ファッションデザインコース 1年次終了展示
    2月3日(木)~4日(金)遠藤記念館大ホール
  4. ファッション経営管理コース 1年次基礎研究発表
    2月3日(木) 9:30~17:30視聴覚講義室
  5. ファッション経営管理コース 2年次修了研究発表(※招待状をお持ちの方のみ入場可)
    2月1日(火)10:00~12:00文化ファッション研究機構
  6. シンポジウム 「ファッションとフィロソフィー」(※招待状をお持ちの方のみ入場可)
    2月1日(火)13:30~16:10遠藤記念館大ホール
  7. ファッションデザインコース 2年次修了ショー(※招待状をお持ちの方のみ入場可)
    2年1日(火)16:30~17:10遠藤記念館大ホール
ご注意:
5~7のプログラムは、座席に限りがあるため、招待状をお持ちの方のみのご入場となります。招待状は、ご応募いただいた方の中から抽選で受け付けますので、ご希望の方はBFGUホームページにアクセスしてください。(応募申し込み受付締め切り:2011年1月11日)
http://bfgu-bunka.ac.jp/
ジャパン・ベストニット・セレクション3rd Editionが開催されました
 日本のニット産業を牽引するニット製造業が一堂に介するニット製品総合展「ジャパン・ベストニット・セレクション3rd Edition」(通称:ベストニット・セレクション)が、12月7日、8日の両日、東京国際フォーラムで開催されました。全国各ニット産地の優秀なニットメーカー53社が出展し、2日間の来場者数は、アパレルメーカー/卸売業を中心に3,606名と、前回から約200名増えました。

ジャパン・ベストニット・セレクション3rd Edition 株式会社エイガールズジャパン・ベストニット・セレクション3rd Edition 株式会社エイガールズ
株式会社エイガールズ
 カシミヤ100%などの繊細な生地を企画・提案する和歌山で創業したエイガールズは、現在は東京墨田区を拠点に、和歌山の編立工場からの生地を、香港の事務所を通してヨーロッパやアメリカに輸出している。海外の割合は8割程、主にカナダ・アメリカ・フランスなどで扱われている。最高級の素材だけを使い、薄くて軽いラグジュアリーな生地の中に、高い技術力を発揮するオリジナリティ溢れたデザインや加工を取り入れ、カジュアルに仕上げる同社の製品は世界でも知られており、"ファリエドサルティ"というイタリアの高級ストールブランドに生地を卸している。3回目の出展となる今回は、他との差別化のため製品を展示せずストール生地だけに絞って出展。風合いをよくする為の加工にも溶剤をできるだけ使わない、自然にも優しい生地作りをしている。
http://www.agirls.co.jp/

ジャパン・ベストニット・セレクション3rd Edition 丸安毛糸株式会社ジャパン・ベストニット・セレクション3rd Edition 丸安毛糸株式会社
丸安毛糸株式会社
 2010年7月に創業55周年を迎えた墨田区両国の丸安毛糸株式会社は、ニットの企画からOEM、製品作りまでを手掛ける。毛糸の企画から先、その毛糸に合った柄やデザインが創り出される。国内は一宮、海外は中国・イタリアなどの協力工場で生産される。毛糸のデザインや、編み方、カラーカードで色を選択することで何通りもの編地を創り出すことができる。両国駅近くに昨年完成した本社内の「KNIT LABO」(http://www.knitlabo.jp/)では、デザインのヒントとなる世界中から集めた豊富な資料と編地、製品、その他ニットのトレンド情報がたくさんあり、一緒にモノ作りを楽しむ空間を提供している。年内は22日まで、1月は11日(火)~21日(金)までニットラボの内見会を開催中。予約制となっている為、お申込は、丸安毛糸株式会社までお問合せください。
http://www.maruyasu-fil.co.jp/

ジャパン・ベストニット・セレクション3rd Edition 第一ニットマーケティング株式会社ジャパン・ベストニット・セレクション3rd Edition 第一ニットマーケティング株式会社
第一ニットマーケティング株式会社
 3回目の出展となる新潟県見附市の第一ニットマーケティング株式会社は、"フルファッション"の高級素材を使った均一で細かく滑らかな肌触りのシンプルなインナーセーターに絞って展示。"フルファッション"は横編みの成型編み専用機で、30ゲージと18ゲージなどの細かい編地で無駄になる生地も少ないので、ウール・カシミヤ・シルクなどの高級素材をふんだんに使用することができる。第一ニットマーケティング株式会社はこのフルファッション横編み機を5台有し、細番手の編みを得意としてニット製品の企画・製造・販売のほか、原糸の加工・販売を手掛けている。
http://www.echigo.ne.jp/~dkm/

ジャパン・ベストニット・セレクション3rd Edition 株式会社ウメダニットジャパン・ベストニット・セレクション3rd Edition 株式会社ウメダニット
株式会社ウメダニット
 今回が初出展となる新潟県五泉市のウメダニット。ニットが社名につくが、元々はジャージ素材の縫製がメインの会社で、約100名の人員の6割は縫製、布帛からニットまで一貫で企画・生産できることが最大の強み。ジャージの丸編みや横編み機もあるので、同じ糸でゲージや編み方を変化させた組み合わせデザインの製品が注目されている。メロウやピコなどの特殊なステッチができる特殊ミシンも揃っている。編み立てから縫製まで一貫でできるため、国内を見直し、客先を広げていきたい、との事。二重ゲージのジャガード織りで柄を入れたり、タックを施したり布帛のように見えるニットジャケットや、ミシンを変更するとリバーシブルに仕様変更できるなど、他社と差別化した商品を多く展示し、目を惹いていた。
http://www.umeda-knit.com/index.html

ジャパン・ベストニット・セレクション3rd Edition 鈴治株式会社ジャパン・ベストニット・セレクション3rd Edition 鈴治株式会社
鈴治株式会社
 30数色のニット糸を使い、意匠登録した生地が目を惹くのは山形県の鈴治株式会社。1メートル編むのに1時間半かかる強度のある生地は、家具屋さんに声を掛けてコラボレーションで作った椅子やバッグなどに使われている。また、100色の糸を編み込んだウール100%の多配色のニットは、特殊な編み機を改良して開発したオリジナルの機械で、100色の糸を織り交ぜ一段一段編み込んでいくため、柔らかく着心地が良い。キャリアからミセスを対象に、高級品質のニットを日本のアパレルや百貨店などに卸すほか、インターネットで個人のお客様にも販売している。
http://www.suzuharushop.jp/
第12回エコプロダクツ2010が開催されました
エコプロダクツ2010
 日本最大規模の環境展「エコプロダクツ2010」は「2020年までに温暖化効果ガスを25%削減する」ために次の10年で何をしなければならないのか、何ができるのかを実践する場として「グリーン×クリーン革命!いのちをつなぐ力を世界へ」をテーマに企業や団体が集結し、最先端のエコプロダクツ、環境技術、ソリューション・サービス、CSR活動などを紹介した展示会です。来場者は、一般消費者、行政・自治体、NPO、環境教育を目的とした学生など、12月9日(木)~11日(土)の3日間で183,140人と昨年を上回りました。

エコプロダクツ2010 株式会社オンワードホールディングスエコプロダクツ2010 株式会社オンワードホールディングス
株式会社オンワードホールディングス
 土に埋めるとほぼ一年で、全ての素材が水と二酸化炭素に分解されるメンズスーツとジャケット「バイオテックシリーズ」を2010年から発売したオンワード樫山は、同シリーズを来春からレディーススーツと法人向けユニフォームに展開する。2009年のエコプロダクツで大変注目を集めた「バイオテックシリーズ」の仕組みや技術を分りやすく展示。全ての原材料、ボタンなどの副資材は有害物質を残さない"エコテックス規格100"を認定取得した厳選された生分解性素材なので、焼却処理されても灰が非常に少なく自然に還る。オンワードグループの環境コンセプトは"この地球を想う。この服をまとう。"アパレル企業の責任として、衣料品循環システムの構築を目的としたデパートでの製品回収活動「オンワード・グリーン・キャンペーン」や、高知県の森林再生活動「土佐山オンワード"虹の森"」に取り組んでいる。さらに、オンワード樫山の主要ブランドのポロシャツ24色、2,070枚で制作したゴッホの巨大モザイクアートがギネス世界記録に認定され、このポロシャツを平城遷都1300年祭「オンワードパビリオン」でチャリティー販売した収益金を難民支援活動費としてUNHCRに寄付するなどのCSR活動を紹介しました。
http://www.onward.co.jp/

エコプロダクツ2010 株式会社トンボエコプロダクツ2010 株式会社トンボ
株式会社トンボ
 岡山県のトンボ学生服で知られている、スクールユニフォーム、スポーツウェア、介護ウェアなどの企画・製造・販売の株式会社トンボは、"環境への取り組みは人づくりから"として、小学生から高校生を対象としたトンボの絵画コンクールの優秀作品を展示したブースで毎回出展。制服の残布で作るマイ箸袋のワークショップや、トンボクイズで家庭洗濯できる制服の環境負荷や昆虫トンボについて楽しく学び、多くの人に環境の現状を伝え、一緒に改善活動に取り組もうとアピールしました。また制服は大変丈夫に作られているため長持ちすることや、回収したペットボトルから生まれる再生PET素材を使用した学生服、オーガニック綿の体操服、制服着用後のリサイクルシステムなどを紹介。1986年から始まった四万十川流域の"トンボ王国支援"や全国の1/4の小学校他から16万点以上の応募がある"トンボ絵画コンクール"、学校での環境授業やビオトープ(生物群の生息場所)づくり支援、制服残布で作るマイバッグでのレジ袋削減に貢献するなど、環境活動で社会とのネットワークを広げている。
http://www.tombow.gr.jp/

エコプロダクツ2010 GUNZEエコプロダクツ2010 GUNZE
GUNZE
 "パンツの作り方をECO型にカエル"と銘打ってグンゼの「ボディワイルド」ボクサーパンツ(男性用、女性用)100色を展示。これまでは編み立てた生地を数百枚単位で染色し、裁断・縫製していた製品を、成型編立した股下部分のみを裁断・縫製、その後に小さな容器を使って数枚単位で染色することによって、大量の染液と昇温の為のエネルギー、時間を大幅に削減。さらに、成型編み立てなので裁断屑が最小限となる上に身体にフィットしアウターにひびき難く、少量で染めるので染めムラのない多色小ロットでの展開が可能。ボディワイルドの直営店、およびインターネット(www.bw-fit.com)では、パンツの色とポケットと腰ゴムを自由に選んで、刺繍が入れられるなどの自分だけのカスタマイズパンツが人気となっており、1日100件以上の注文がある。パソコン画面で自由にパンツのデザイン作成を楽しめ、注文すると翌日には製作・発送、明後日には届くという手軽さとお揃いのペアが作れるなど、アンダーウェアを楽しむ提案をしている。
http://www.gunze.co.jp/

エコプロダクツ2010 東レグループエコプロダクツ2010 東レグループ
東レグループ
 科学技術の融合によって開発された先端材料によって市場を開拓・深耕している東レグループは、繊維とプラスチックケミカルなどの材料を基盤事業としている。今回のエコプロダクツでは、製造過程で使用する素材や必要となるエネルギー・水資源、廃棄物の削減を改善し、使用時にも省エネルギー・低公害になるような製品・サービスを車の本体を使用したディスプレイなど、実際の製品を用いて分りやすく展示。省エネに貢献する暖か繊維素材は多くの人に知られている所だが、その他にも太陽光発電、風力発電などの再生可能エネルギー関連材料や、リチウムイオン電池、燃料電池などのクリーンな新エネルギー関連材料、電気自動車等次世代カーの普及に向けた多くの自動車関連材料、深刻な砂漠化をくい止めるため生分解するポリ乳酸繊維を活用した砂漠移動防止・緑化資材の取り組みで「環境配慮型製品」の事業拡大をアピールした。
http://www.toray.co.jp/
九州アパレルマシンショー2010が開催されます
 2010年12月10日・11日に、久留米地域地場産業振興センターにて開催されます「九州アパレルマシンショー2010」に出展いたします。最新悦の縫製機器を多数出品致しますのでご来場ください。

名称:
九州アパレルマシンショー2010
日時:
2010年12月10日(金)9:30~17:00、11日(土)9:30~15:30
会場:
久留米地域地場産業振興センター(地場産くるめ)
福岡県久留米市東合川5丁目8番5号
http://www.jibasankurume.jp/portal/
出展内容:
以下の工業用ミシンを出展いたします。
新商品
DDL-9000BMS-0B/CP18A
ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン(セミドライタイプ)
 
MF-7823-U10-B56/UT22
高速シリンダーベッド飾り縫いミシン(糸切り付き)
 
LK-1900ASS
高速電子閂止めミシン
 
LBH-1790S
高速電子眠り穴かがりミシン
 
ASN-690LAFA6D
自動サージングマシン
 
AE-200ALA
エッジコントロールシーマー(合わせ縫仕様)
新商品
AMS-210EN-SL1306SZ5000D
入力機能付き電子サイクルマシン(横130mm×縦60mm)
(※都合により出展機種、仕様の変更をさせて頂く場合もございます。)
出展機に関するお問い合わせ:
 
JUKI販売株式会社
http://www.jukihanbai.co.jp/event.html
九州カスタマーズセンター
TEL:0942-44-1835
第3回ジャパン・ベストニット・セレクションが開催されます
 日本のニット産業を牽引する国際的競争力のある技術や様々なアイデア開発能力を持っているニット製造業が一堂に介するニット製品総合展「第3回ジャパン・ベストニット・セレクション」が、以下の通り開催されます。

会期:
2010年12月7日(火)10:00~18:00、8日(水)10:00~17:00
会場:
東京国際フォーラム 展示ホール2
展示会規模:
53社/54小間(協賛含む)
入場料:
1,000円 ※業界関係者のみ、招待者および事前登録者は無料
公式ホームページ:
http://www.jbks.jp/ (来場事前登録など詳細はこちら)
YKKファスニングアワードが発表されました
第10回YKKファスニングアワード グランプリ受賞作品
第10回YKKファスニングアワード 【アパレル部門】グランプリ Element(小川 真、文化服装学院)第10回YKKファスニングアワード 【ファッショングッズ部門】グランプリ put on your jeans(王 嘉嘉、文化服装学院)

YKKファスニングクリエーション2011
YKKファスニングクリエーション2011
フォトコレクションはこちらをクリック

YKKファスニングクリエーション2011
ファスニングトーク for 2011
アートディレクター・
グラフィックデザイナー
水谷孝次氏
YKKファスニングクリエーション2011
YKKファスニングクリエーション2011
ファスニングトーク for 2011
 10月20日、21日にラフォーレミュージアム六本木にてYKKファスニングクリエーション2011が開催されました。20日の18:00には同会場にて第10回YKKファスニングアワード授賞式が開催され、全5,637点の中から選ばれた入選作品30点と、さらにその中から選ばれた各賞が発表されました。

【アパレル部門】
グランプリ:
Element(小川 真、文化服装学院)
優秀賞:
a scene(青山 和修、大阪モード学園)
審査員特別賞:
本当に咲く花柄ドレス(俵山 純、バンタンデザイン研究所)
【ファッショングッズ部門】
グランプリ:
put on your jeans(王 嘉嘉、文化服装学院)
優秀賞:
チャーミングバッグ(斎藤 美智子、豊橋ファッション・ビジネス専門学校)
審査員特別賞:
Hooded High(高橋 侑平、ヒコ・みづのジュエリーカレッジ)

 ファスニングクリエーション2011では、幅広い業種に対応する新商品のファスナーやスナップ・ボタン、次世代のソリューションを、来場者のみなさんに展示と説明でご紹介しました。また、10月20日の15時からは「ファスニングトーク for 2011」として、アートディレクター・グラフィックデザイナーの水谷孝次氏による「デザインによるチャレンジ『デザインとは、人、社会、地球を幸せにすること。Merryなコミュニケーション』」と題した講演会が開催されました。水谷氏は1977年にグラフィックデザイナーを目指しデザインの世界に足を踏み入れ、日本の企業の成長と共に数々の賞を受賞、その後「笑顔は世界共通のコミュニケーション」を合言葉に99年から世界中の笑顔とメッセージを伝える「MERRY PROJECT http://www.merryproject.com/」を展開し、'05年愛知万博、'08年北京オリンピック開会式などに参加しています。これまでの足跡を振り返りながら、これからはただ商品が売れればいい、ということではなく、社会と一緒に何かひとつでもいいことにつながるプラスワンが必要、デザインが奇跡を起こすことを信じてこれからも頑張っていきたい、と述べました。

JFW関連ファッションイベントroomsLINK2011S/Sが開催されました
corazon del alma
roomsLINK corazon del alma
フォトコレクションはこちらをクリック
roomsLINK 2011S/S
 ファッションショーと合同展示会を主軸に、メディア、web、ショップなどあらゆるファッションコンテンツにLINKする「roomsLINK」が10月19日~21日に東京渋谷の代々木第一体育館で開催されました。2回目の開催となる今回は全18回のコレクションを会場内4ヶ所のコレクションスペースで開催しました。その中から、自然や宇宙を連想させるモチーフを融合させたプリントやデザインが特徴の「corazon del alma」(コラゾン デル アルマ)をフォトコレクションでご紹介します。その他、JFW展示エリアを含めいくつかの出展ブランドをご紹介します。


roomsLINK 2011S/S shamaroomsLINK 2011S/S shamaroomsLINK 2011S/S shama
「shama leather.jp」株式会社ドゥレスコード
 オリジナルのメンズウェアとアクセサリーなどを扱う株式会社ドゥレスコードは、初出展となる今回はレザーに特化してメンズの他にレディースも一部出展。「shama leather.jp」は日本のタンナー(革職人)と創り出す独特な質感のある革のジャケットなどのレザーウェアを中心とした新しいブランド。カウやシープ、馬など扱う革は様々。生産は中国と日本の半分ずつになっている。「shama」とは、流行を正面から受け止めず、斜めから隙間を探して作られる服、斜めの間(斜間)を意識したブランド。
http://www.dolesscode.co.jp


<JFW合同展出展ブランド>

roomsLINK 2011S/S はるかきみへroomsLINK 2011S/S はるかきみへroomsLINK 2011S/S はるかきみへ
「はるかきみへ」
 あいまい模糊 だれもがそれぞれもっている原風景 雨 雲 虹 星 草 花 川 海 季節の匂い・・・スタートから3年になる「はるかきみへ」は、東京・大阪・京都・香港・通販などに販路を持ち、西新宿にアトリエを構える。現在はパタンナーとデザイナーとで見たことのない服を創り上げている。生地の端は切りっぱなし、ひとつの服に何種類かの生地を使い、どの服にも付くタグもアクセントとして外に出している。今回のテーマは「teard」、ティアードスタイル×涙を意味する。テーマが決まると、インビテーション用のテーマをイメージした絵を約1日で書き上げてしまう。今回は、大人の自分を子供の自分が見ているようなイメージ。この絵をイラストで何回も重ねてプリントしたシャツは、今回が初めての試み。
http://www.harukakimie.com


roomsLINK 2011S/S MIFRELroomsLINK 2011S/S MIFRELroomsLINK 2011S/S MIFREL
「MIFREL」
 福岡から10月に東京都武蔵野市の吉祥寺に新しいアトリエ「時の輪ハウス」をオープン。MIFREL(ミフレル)とは、見て触れて感じてください、という願いが込められたブランド。今回のテーマは「時の輪ニ咲ク」というタイトルで、物と人が出会った瞬間に花が開くような、その出会いをずっと大切にして欲しい、数年後も大切に使ってもらえるような服作りをしている。素材も日本の技術を使って、古いヨーロッパの雰囲気が出るように仕上げた高価な生地。工場とデザイナーが一緒になって、作り手の温かさがお客様の手に伝わるように意識して服作りをしている。刺繍がふんだんに使われているナチュラルなスカートや、浜松で生産される独特なストライプのシャツなど、それぞれにひきつける物がある。東京では吉祥寺や仙川のほか、全国のセレクトショップで販売されている。11月18日~20日には東京青山のギャラリー「RIN」でコレクションと特別展が開催される。
http://www.mifrel.co.jp
繊研新聞社主催PLUG IN –Octoberが開催されました
繊研新聞社主催PLUG IN –October繊研新聞社主催PLUG IN –October
 ウエア中心の89ブランド67社が集結したPLUG IN -Octoberが10月19日~21日の3日間、東京恵比寿のEBIS303で開催されました。来場者数は、初日583人、2日目715人、最終日594人、合計1,892人(2010年4月展 1,740人)でした。今回は選出された約50社による中小企業庁展示商談会も併設され、来場者を集めました。


繊研新聞社主催PLUG IN –October Clean<sup>2</sup>繊研新聞社主催PLUG IN –October Clean<sup>2</sup>
「Clean2
 女の子の原点や根底にあるキラキラやヒラヒラなどをデザインで表現し、色は紺、白、赤、グレーを中心に分りやすい服をコンセプトに服作りをしている。9月展に続き2回目の出展で、伊勢丹やワールドから声が掛かっている。ラグランの袖が特徴のジャケットは既に雑誌にも取り上げられる人気のデザインで、前のシーズンに袖裾にフリルと身頃の裾にもフリルがついたトレンチコートバージョンも出ている。生産は国内に戻ってきて、端境期に手の込んだデザインを協力工場で生産している。素材は産地のはたやから直接買うことができるので、コストも抑えられるという。今回ははたやや協力工場の理解を得ているからこそ作られる、エコにエコを掛け合わせたニットも出展しており、新潟の有名チェック柄の"生地の耳"と備州の"綿のくず"を使って糸を作り、それを中国で編み立てている。


繊研新聞社主催PLUG IN –October HACHIIRO繊研新聞社主催PLUG IN –October HACHIIRO
「HACHIIRO」(ハチイロ)
 ハチイロとは、7色+人のColorの意味。主に個展を中心として活動、PLUG INは初出展のHACHIIRO。2011S/Sは "後ろも前"をテーマに、後ろ姿もワクワクしながら着られるデザインにしている。前後どちらでも着られる服もある。一枚のパターンからなる、前身頃と後身頃が全て繋がった"ひと繋ぎ"ベストとボレロは「わ」部分にギャザーが入っていて個性的なデザイン。今回一押しの"カーテンスカート"は、前から見るとカラーデニムのバルーンスカートだが、後ろからはカーテンを手繰り寄せたようなスリットのデザインで、カラーのタイツとあわせると存在感がある。ハンガーなどのブースの小物もほとんどが手作り。ファンのお客様が多いのもわかる。
http://www.hachiiro.com
第49回FISMA東京2010が開催されました
第49回FISMA東京2010第49回FISMA東京2010
第49回FISMA東京2010第49回FISMA東京2010
 東京ファッション産業機器展(49th FISMA TOKYO)が10月14日(木)、15日(金)、東京ビッグサイト西3ホールで開催されました。「誇れる技術=NIPPON・スペック~安心、安全、そして信頼へ~」のテーマのもと工業用ミシン、家庭用ミシン、縫製関連機器、部品、アタッチメントなど幅広い出展があり、併催イベントの特別企画講演や特別セミナーなども開催されました。2日間の来場者数は14日7,924人/15日7,238人、合計15,162名と昨年を大きく上回りました。

 JUKIでは新商品の高速電子ボタン穴かがりインデキサー「AC-172N-1790」を中心に12機種の工業用ミシンと、4機種の家庭用ミシンを来場者出入口付近の広いエリアで出展しました。
一本針本縫ミシンでは最高峰モデルと評されているダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシンDDL-9000Bからは微量給油タイプと完全ドライタイプを出展し、省電力と低騒音、低振動、ドライ技術などの高い技術力をアピールしました。
また新商品の高速電子ボタン穴かがりインデキサー「AC-172N-1790」をはじめ、エッジコントロールシーマ「AE-200A」などの自動機や、高速電子単環根巻きボタン付けミシン「AMB-289Z」などの特殊ミシンは特に注目度が高く、生産性向上・縫製品質向上・脱技能を実現する自動縫製ミシンの数々は多くのお客さまで賑わいました。
ジャパンクリエーション2011A/Wが開催されました
ジャパンクリエーション2011A/W
 素材、染色・後加工、サポートインダストリーを一堂に集め発信するわが国最大の繊維総合見本市のジャパンクリエーション2011A/Wが、東京ビッグサイトの西1,2ホールにて開催されました。
 注目のジーンズビレッジは、紡績・織布・加工・副資材などジーンズに関わる日本のリーディングカンパニーが集結し、我が国ジーンズ業界が世界に誇る技術や開発力をアピールしました。
 また開催2日目の14日にはピッグスキンファッションショーの学生コレクションPIGGY'S SPECIALが開催され、10校46点の作品を学生自身がモデルとなって披露されました。会場は関連学校の学生や業界関係者など多くの立ち見の人で溢れました。

ジャパンクリエーション2011A/W ジーンズビレッジジャパンクリエーション2011A/W ジーンズビレッジ
ピッグスキンファッションショー
ピッグスキンファッションショー
フォトコレクションはこちらをクリック


ジャパンクリエーション2011A/W フォーラム海外市場開拓Part-I「これからのインド・マーケット」
ジャパンクリエーション2011A/W TOKYO LEATHER
フォーラム海外市場開拓Part-I「これからのインド・マーケット」
  先日のJFWによる日本ファッションのインド進出に関する報告会でも触れました通り、注目度の高いインドについて、「これからのインド・マーケット~日印経済関係の高まりと可能性~」と題して、以下3名のパネリストの方々がインド市場について述べました。
  • 渡辺 哲也氏(経済産業省大臣官房参事官併クール・ジャパン室長)
  • アテゥール・パレック氏 (インフィニティ・クリエーションズ社長)
  • 信田 阿芸子氏(日本ファッション・ウィーク推進機構国際ディレクター)
 インドは人口12億人、中でも30歳以下の人口が60%を占める豊富な労働力と市場の成長性が有望視されており、中国を抜く勢いで成長しています。しかし、具体的な事業計画には結びついていない状況があり、インフラの整備や治安・社会情勢の安定が課題とされています。2010年9月には両国間の経済関係強化を目的とした日印経済連携協定が大筋合意され、今後は関係の緊密化が加速されます。


ジャパンクリエーション2011A/W 株式会社猪瀬ジャパンクリエーション2011A/W 株式会社猪瀬
株式会社猪瀬(TOKYO LEATHER)
 1952年東京葛飾で創業以来、優秀な職人による数々のブランドを手掛け、現在はオリジナルブランドの「Flathority」を国内生産にこだわって展開している。立体縫製を採用するFFシリーズは日本皮革技術協会のエコレザー基準をクリアした製造・廃棄・リサイクルにおける環境負荷低減に配慮したソフトシュリンクレザーを使用している。その他日本レザーアワード2008のバッグ部門で大賞を受賞したリバーボストンはフランス・パリのルーブル宮殿に展示された実績を持ち、今回出展の万年筆ケースはロシアでの販売を予定するなど、海外でも認められる日本のレザーを提供している。


ジャパンクリエーション2011A/W 株式会社墨田キールジャパンクリエーション2011A/W 株式会社墨田キール
株式会社墨田キール(TOKYO LEATHER)
 ナチュラルな素材感や立体的な表面感、プリントや箔押しなど、多様な個性が表現でき、アパレルなどファッション分野から注目を集めているピッグスキンを扱う東京製革業産地振興協議会が推薦する墨田キールは、ファッション性を重視した加工技術に定評がある。今回は独特なラメプリントや、ピッグスキン表面に傷を付けることで爬虫類の皮のような表情を出す加工を展示。


ジャパンクリエーション2011A/W 八王子織物工業組合ジャパンクリエーション2011A/W 八王子織物工業組合
八王子織物工業組合
 400年余りの長い歴史の中から作り出された絹織物、"桑の都"とも呼ばれた八王子産地の「多摩織」(経済産業大臣指定伝統的工芸品)の特徴は、お召(おめし)、紬(つむぎ)、風通(ふうつう)、変り綴(かわりつづれ)、綟り(もじり)の5つの表情があり、ここから出発したネクタイ生地の生産も80年以上の歴史がある。多摩織の技術にジャガード織の高度なテクニックが加わり作り出された織物が八王子織物。今回は八王子にキャンパスがある多摩美術大学とのコラボレーション作品や、新分野へ進出した機業家の織物、組合直営の整理・仕上げ加工センターによる他産地製品の委託加工製品を展示することで技術の高さ・奥深さを紹介。
八王子織物工業組合
http://www.hachioji-orimono.jp/
八王子織物工業組合(多摩織)
http://www.kougei.or.jp/tamaori/


 次回の春夏展は、会場を東京・青山に移し、「JFW-JC2012S/S ビジネス商談会」として開催されます。秋冬展は従来通り東京ビッグサイトにて繊維総合見本市を開催いたします。

JFW-JC2012S/S ビジネス商談会
会期:
2011年6月1日~2日
会場:
東京・港区「TEPIA」&「スタジアムプレイス青山」
JFW-JC2012A/W
会期:
2011年10月12日~14日
会場:
東京ビッグサイト西ホール
http://www.japancreation.com/
展示会のご案内
1. インテリアトレンドショー第29回JAPANTEX2010
 インテリアファブリックスの新製品の発表の場として、ライフスタイルやインテリアスタイルを提案し、最新のトレンドを発信するインテリアの展示会、JAPANTEX2010が開催されます。今回は「飾育」:日頃からインテリアを考える習慣を養い、より豊かな住生活を実現するための知識や技術を身に付け、明るく健全な住生活を実践できる人々の輪を広げていく活動、をテーマに下記要領で開催されます。
日時:
2010年11月17日(水)~19日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:
東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示ホール1・2
テーマ:
Good day, Good Style [飾育]つながる、はぐくむ、まなぶ。
出展社数(予定):
約 250社
来場者数(予定):
約 25,000名
入場料:
1,000円(税込)
主催・お問い合わせ:
社団法人日本インテリアファブリックス協会
http://www.japantex.jp/
2. FRONTIER vol.77
 カジュアル系アパレルとファッション雑貨の側面からマーケット拡大を目指す合同展示商談会の「フロンティア」が以下の通り開催されます。
会期:
2010年11月16日(火)~17(水)
会場:
スタジアムプレイス青山
詳細はフロンティア事務局までお問合せください
http://www.frontier-j.co.jp/
展示会のご案内
1. 「YKK FASTENING CREATION for 2011」(YKKファスニングアワード授賞式)
 学生を対象としたユニークなファッションコンテスト、第10回YKKファスニングアワード入選作品によるファッションショーが行なわれる、YKKファスニングクリエーションが大阪、東京などで開催されます。
大阪会場
会期:
10月14日(木) 10:00~18:00、15日(金) 10:00~17:00
会場:
マイドーム大阪 3階Fホール
ファッションショー:
(両日)11:00~11:30/14:30~15:00/16:00~16:30
東京会場
会期:
10月20日(水) 10:00~18:00、21日(木) 10:00~17:00
会場:
ラフォーレミュージアム六本木
20日:
ファッションショー(11:00~11:30/14:00~14:30/17:00~17:30)
・アートディレクター水谷孝次氏によるファスニングトークfor 2011(15:00~16:00)
※第10回YKKファスニングアワード授賞式(18:00~19:30)ファッションショーも行なわれます
21日:
ファッションショー(11:00~11:30/14:30~15:00/16:00~16:30)
※岡山会場(10月28日(木)10:00~17:00コンベックス岡山)、岐阜会場(11月5日(金)10:00~17:00じゅうろくプラザ2階ホール)では、入選作品の展示とファスニング商品の新たな方向性が紹介されます。

YKK FASTENING CREATION for 2011
http://www.ykkfastening.com/japan/fc2011/

YKKファスニングアワード
http://www.ykk.com/fa/index.html

2. ファッション雑貨EXPO2010秋
 バッグ・アクセサリーなどのアパレル小物が一堂に出展する商談専門展のファッション雑貨EXPOが、業界からの要望を受け、秋にも開催されます。
会期:
10月18日(月)~20日(水)10:00~18:00(最終日は17:00まで)
出展社数(予定):
170社・250ブランド
「ファッション雑貨EXPO2010秋」ホームページ
http://www.fa-expo.jp/autumn/index.html
ジャパン・ファッション・レザー・デザイナーズ(JLD)が「繊研日本時尚展」に出展します
 中国市場の販路開拓に関心を持つ靴、バッグ、ベルトのデザイナー及びデザイナーズブランド10社が結集した「ジャパン・ファッション・レザー・デザイナーズ:日本時尚皮革設計師集団」が、初年度の事業として繊研新聞社が企画運営する「上海国際アパレル交易会/繊研日本時尚展」に出展します。上海の服飾雑貨の分野において明確に「日本設計師品牌(日本のデザイナーズブランド)」と銘打ち、しかも10社が結束してプロモーション及び販路開拓を行った事例は過去にはなく、日本初の試みとなっております。

●上海国際アパレル交易会/繊研日本時尚展
日系ファッションブランド(衣料、アクセサリー、鞄、靴、ファッション雑貨、ライフスタイル提案商品)を集積した初開催となる展示会で、1万人以上のバイヤー・代理商の来場が見込まれています。
会期:
2010年9月27日(月)~29日(水)午前9時~午後5時(最終日は午後3時まで)
会場:
上海世貿商城(上海マート)1F(上海市延安西路2299号、地下鉄10号線伊梨路駅)
http://www.shanghaimart.com
出展社数:
110社、115小間(予定)
企画運営:
繊研新聞社
JLD出展ブース番号:
B20

●ジャパン・ファッション・レザー・デザイナーズ(JLD)
 中国市場の販路開拓に関心を持つ靴、バッグ、ベルトのデザイナー及びデザイナーズブランド10社により発足。
 初年度となる平成22年度は、「中国市場での認知度向上」「マーケットの現状把握」にフォーカスし、2年目以降、実ビジネスの実績を上げていくことを目標に情報交換、セミナー等を行っている。(経済産業省所管の、平成22年度皮革製品デザイン促進事業及び皮革産業連携推進事業補助金を活用し実施)

●「日本時尚皮革設計師集団」参画デザイナー
【靴】
  • 「ヒオ」デザイナー・日置智佳子(レディスシューズ)
  • 「チチナナ」クリエーティブディレクター・豊住HANNA芳恵(レディスシューズ、バッグ、ベルト)
  • 「アドマイオーラ」代表取締役兼デザイナー・山崎学人(レディスシューズ)
  • 「ピオネロ」クリエイティブディレクター・西村博(メンズ&レディスシューズ)
  • 「リフラフ」デザイナー・瀧浪孝(メンズシューズ)
【バッグ】
  • 「サン ヒデアキミハラ」デザイナー・三原秀朗(メンズ&レディスハンドバッグ)
  • 「チャオ!チャオ!チャコ」デザイナー・斉藤久子(レディスバッグ)
  • 「コケット」デザイナー・林きょうこ(レディスバッグ)
  • 「アグリ」ボス クリエーター・藤井健雄(レディスバッグ)
【ベルト】
  • 「アンドロールス」代表取締役兼デザイナー・小林祐介(ユニセックスのベルト、サイフ、レザーグッズ)

●お問合せ
日本時尚皮革設計師集団事務局(国際ファッションセンター株式会社内、担当・産業支援部/佐藤、萬福)
〒130-0015東京都墨田区横網1-6-1 TEL:03-5610-5800 FAX:03-5610-5810
http://kfc-fashion.jp / http://www.kfc-netshop.jp
mailto:support@kfc-fashion.jp
第70回ギフト・ショーが開催されました
第70回ギフト・ショー第70回ギフト・ショー
 1976年に第1回を開催してから35年、70回目の節目を迎えたギフト・ショーが、9月7日~10日の4日間、東京ビッグサイト全館にて盛大に開催されました。今回はこれまでになかった大ゾーン「SPORTS IN LIFE with BICYCLE」が西アトリウムに登場し、多方面から注目を集めている自転車の新たなマーケットを国内外の様々な商品で提案しています。その他、西アトリウムにて同時開催の「FRONTIER76」と「manicolle tokyo vol.12」からいくつかのブースをご紹介致します。


「SPORTS IN LIFE with BICYCLE」

第70回ギフト・ショー AMPELMANN(アンペルマン)-プロジェクトビーワン第70回ギフト・ショー AMPELMANN(アンペルマン)-プロジェクトビーワン
AMPELMANN(アンペルマン)-プロジェクトビーワン
 アンペルマンとは旧東ドイツで開発された信号機で、交通心理学者のカール・ペグラウさんの考えを基に考案された親しみやすく分りやすい男の子のマークは社会生活にも広く受け入れられており、日本で広める為に様々な活動を行なっている。ドイツから輸入されるアンペルマングッズをギフト・ショーの企画ブースのスポーツ・イン・ライフブースにて多数出展。7月には東京、白金高輪の事務所にAMPELMANNのショップをオープン。飛行船エコ・プロジェクト(http://csr.goodyear.co.jp/)にも協力している。
http://another-b.com/d/

第70回ギフト・ショー インタープレス第70回ギフト・ショー インタープレス
インタープレス
 デンマークのデザイナー5人チームが、自転車ライフを楽しく演出する安全性とファッション性を兼ね備えた自転車用ヘルメットの「YAKKAY(ヤッカイ)」。53cm~59cmまでの3サイズ展開のヘルメット(スマートワン)に女性用・男性用のクラシックなものからアウトドア用まであるアウターをその日の気分で着せ替える事ができる。その他、内側のフラップを出すとメッセンジャーバッグに変身する自転車通勤にお勧めなショルダータイプのトートバッグや自転車のロードレースに使われるサコッシュをナチュラルなデザインと機能性を付加したバッグの「Blanc Cube」のシリーズを扱っている。これらのバッグは全てに自転車に乗ったときに回転するのを防止するストラップがついている。
http://yakkay.jp/


「FRONTIER76」

第70回ギフト・ショー 有限会社アフリカンスクエアー第70回ギフト・ショー 有限会社アフリカンスクエアー
有限会社アフリカンスクエアー
 アフリカ各地の繊維製品、民芸品や雑貨等を輸入販売するだけでなく、アフリカ各地の優れた商品の開発、生産地の紹介、NGOへの協力などの活動も行っている。今回のフロンティアでは、ウガンダ共和国原産のオーガニック綿を現地工場で紡績から縫製まで一貫生産し、西アフリカのマリ共和国やマダガスカルで泥染め・草木染めするアフリカならではのTシャツを出展。ウガンダの登録農家が伝統的な知恵と技術で殺虫剤を使用しない方法で害虫駆除・収穫する生産者の健康や地球環境を守るオーガニック綿を使用することで、生産工場のフェニックス・ロジスティックス社のオーガニックコットン製品は世界的な有機認証機関である「エコサート」の認証を取得している。本社は埼玉県川越市、ショールームは東京・五反田のTOC9階にある。
http://www.african-sq.co.jp/

第70回ギフト・ショー tagger-イル・プリモ第70回ギフト・ショー tagger-イル・プリモ
tagger-イル・プリモ
 オランダの「tagger」は、"あなただけのバッグをクリエイトする"という新しいコンセプトから、各15色の本体とストラップに、50パターン以上のフラップを自由に組み合わせることのできるバッグを企画。素材はテント等に使われる防水仕様、ストラップはシートベルトと同等の強度を持ち、組み立てはベルクロ、バックルパーツもワンタッチなど、組み合わせでデザインを変えながら長く使えるメッセンジャーバッグやバックパックは、現在では20000通り以上の組み合わせが可能。フラップはシーズン毎に新しいデザインがリリースされ、要相談でオリジナルのデザインを作ることもできる。大阪に本社のあるイルプリモが代理店となっており、FRONTIERは常連、今回は同一デザインのミニバッグ「CUBE」や「SKINNY」等を一緒に展示することで、親子や友達で楽しめる新しい展開を紹介。
http://www.taggerbags.jp/


「manicolle tokyo vol.12」

第70回ギフト・ショー Mano da Mana-セルディス第70回ギフト・ショー Mano da Mana-セルディス
Mano da Mana-セルディス
 「手から手へ」~丹精を込めて作られたバッグや小物は作り手から使う人の手へ~という意味のブランドは設立から2年目、3回目のマニコレ出展となる。バックブランド「Rie Milano」も手がけるバッグデザイナーの伏野理恵さんがプロデュースする、バッグから小物・アクセサリーまで好きな色と雰囲気でトータルコーディネートできるブランドとして人気を集めている。浅草近郊で生産される一点モノの革製品は、女性ならではの機能と色・デザインで、定期券用のカードケースは表裏の素材違いでバッグに合わせて二通り楽しめるほか、伸縮可能なチェーンでバッグからすぐに取り出すことができる。
http://www.srds.jp/


「ギフト・ショー」

第70回ギフト・ショー 朝倉染布株式会社第70回ギフト・ショー 朝倉染布株式会社
朝倉染布株式会社
 明治25年に染色整理工場として創業した群馬県桐生市の朝倉染布株式会社は、一貫して新たな染色加工技術の開発に取り組み、合成繊維の染色加工・インクジェットプリント加工・強力撥水加工手掛けながら、"Made in Japan"にこだわって高品質な製品を作っている。吸汗速乾加工と強力撥水加工のスポーツ衣料の他、今回のギフトショーでは超撥水風呂敷の「ながれ」を中心に、撥水アームカバー、吸水傘入れ「acqua passo」、超撥水のレインウェアやポンチョ、ハンチングを新たにご紹介。特に注目されている超撥水風呂敷は、フッ素と熱で処理することで、柔らかな風合いと通気性は維持している為、バケツ一杯分の水を包むことができる。包んだ水に圧力を掛けるとシャワーのように生地を通過して出てくるので、緊急災害時にも活用できる。
http://www.asakura-senpu.co.jp/

第70回ギフト・ショー エスパック株式会社第70回ギフト・ショー エスパック株式会社
エスパック株式会社
 静岡県静岡市駿河区の包装資材メーカーのエスパック株式会社は不織布を使ったギフトバッグやイベントバッグを得意とする。ギフトショーには毎回出展しているが、今回は不織布のほか、"保冷ふろしき"やショッピングの折りたたみかごを前面に広いブースで出展。生産は中国の自社工場2社で行なうが、入荷した商品を再検査・検針、名入れ印刷を行なう商品センターを国内に有し品質管理に力を入れている。主に小売店や会社のオリジナル製品や企画品を請け負う。
http://www.s-pack.jp/

次回は、2011年2月1日(火)~4日(金)、東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて開催されます。
http://www.giftshow.co.jp/
展示会のご案内
1. JFW JAPAN CREATION 2011 A/W
素材、染色・後加工、サポートインダストリーを一堂に集め発信するわが国最大の繊維総合見本市の"JFW JAPAN CREATION 2011 A/W"が開催されます。
トレンド&インデックス・コーナーでは応募総数1,274点の出展者のテキスタイルを編集展示しバイヤーの皆様を出展小間へ導きます。JFW参加デザイナーとJFW-JC出品企業とがコラボレーション製作したデザイナーコラボレーションではデザイナーの熊切 秀典(beautiful people)、廣川 玉枝(SOMARTA)、畠山 巧(Takumi Hatakeyama)、西崎 暢(Ujoh)が参加し、「創・匠・商」の連携が展示されます。
また産学連携事業のJAPAN Tex-Promotion【FORM PRESENTATION】では、世界的にも競争力のある日本のデニムと、その製品加工に焦点を当てた『デニムの後加工表現』をテーマに産地企業とのコラボレーションによる製品が展示発表されます。
会期:
2010年10月13日(水)~15日(金)
時間:
10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
会場:
東京ビッグサイト 西1、2ホール
主催:
一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構
JFW ジャパン・クリエーション運営委員会
入場料:
当日入場券2,000円、割引入場券1,000円
出展状況:
255件/354件(参加総企業数:321社)
URL
http://www.japancreation.com/
2. 第11回東京発日本ファッション・ウィーク
JFW in Tokyoは、ファッションビジネスの国際競争力を高めるため、高品質・高感度な繊維素材やクリエーションを世界に発信します。
http://www.jfw.jp/jp/
<東京コレクション・ウィーク>
会期:
2010年10月18日(月)~22日(金)
会場:
東京ミッドタウン・ホールA、roomsLink内JFW支援ステージ、その他 各会場
内容:
コレクション・ショー・映像発表、中継配信(USTREAM、3Dなど)、3D映像記録※予定
対象シーズン:
2011年春夏コレクション
参加ブランド:
42ブランド
<合同展示会>
会期:
2010年10月19日(火)~21日(木)
会場:
国立代々木競技場第一体育館 roomsLink内JFW支援エリア
内容:
展示会
対象シーズン:
2011年春夏コレクション
参加ブランド:
9ブランド
第49回東京ファッション産業機器展(FISMA TOKYO)JUKI出展機のご案内
 東京ファッション産業機器展(2010 FISMA TOKYO)が2010年10月14日(木)、15日(金)に東京ビッグサイト、西3ホールで開催されます。「誇れる技術=NIPPON・スペック ~安心、安全、そして信頼へ~」(The Proud Technologies = NIPPON・Spec Aiming at Attaining Security,Safety and Confidence)をテーマに縫製関連機器・生産管理機器・システム・情報関連サービスなどが出展されます。是非、ご来場ください。

<開催概要>
日時:
2010年10月14日(木)、15日(金) 10:00~17:00
会場:
東京ビッグサイト(東京国際展示場)西3ホール
主催:
東京都・東京都ミシン商工業協同組合
入場料:
1,000円 (2日間通用・消費税込・公式ガイドブック付き)
FISMAホームページ:
http://www.sewing-machine.or.jp/fisma/fisma.html
JUKIブース:
小間No.C-01にて展示を行います。詳細につきましては、下記の弊社拠点までお気軽にお問合せ願います。
JUKI販売(株)本社
TEL:042-357-2530
JUKI販売(株)関東CC
TEL:042-357-2536
JUKI販売(株)東北CC
TEL:019-725-2725
<JUKI出展機種>
本縫ミシンコーナー
DDL-9000BSS-0B/CP-18A
ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン(微量給油タイプ)
DDL-9000BDS-WB/AK141/CP-180A
ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン(完全ドライタイプ)ワイパー、自動押え上げ装置付き
特殊ミシンコーナー
LBH-1790S
高速電子眠り穴かがりミシン
MF-7223D-U10-B56/UT45
セミドライヘッド・細筒型両面飾り偏平縫ミシン(糸切り付き)
AMB-289Z
高速電子単環根巻きボタン付けミシン
MF-3620L
4本針フラットシーム用送り出し腕型偏平縫ミシン
SB-LK1900A
セッパ・ボタン付けミシン(JUKI販売オリジナル)
自動機コーナー
AC-172N-1790
電子ボタン穴かがりインデキサー
AE-200ALA
エッジコントロールシーマー(合わせ縫仕様)
AMS-210EN-SL1306
入力機能付き電子サイクルマシン(横130mm×縦60mm)
刺繍機コーナー
AMS-210EN-SL1306/X7450C
電子サイクルマシン(ネ-ム刺繍仕様)(JUKI販売オリジナル)
HZL-010S/E
本格ネーム刺繍・パソコン接続・完全自動上糸かけ・コンピューターミシン
家庭用ミシンコーナー
HZL-F600JP
独立下糸巻き・BOX送り・自動糸切りフットコントローラー・コンピューターミシン
HZL-28
4ステップBH・白色LEDライト・7枚歯送り・調整可能な針基線・電子ミシン
MO-345DC
2・3・4・5本糸/カバーステッチ/インターロック付きロックミシン
TL-25DX
糸切りフットスイッチ・自動糸通し・針上下スイッチ・職業用本縫いミシン
※都合により出展機種を変更させて頂く場合もございます。
(注) 新:新商品
第15回チャイナファッションフェアが開催されました
第15回チャイナファッションフェア CFFサンプルサロン
 日本で最大規模の中国繊維・アパレルを中心としたファッション展示会の第15回チャイナファッションフェア(CFF)が9月1日(水)~3日(金)、東京·池袋のサンシャインシティ文化会館にて開催されました。今回も2階、3階の展示ホールを使用し、中国12省47都市から242社が294ブースを出展し、前回東京での開催に比べ3割増となりました。
 前回好評だった「CFFサンプルサロン」が会場2階に設置され、CFFお勧め製品の約300点に来場者も集まりました。

第15回チャイナファッションフェア 青島艾葩時装有限公司第15回チャイナファッションフェア 青島艾葩時装有限公司
青島艾葩時装有限公司
 山東省青島市よりカギ針や棒針の手編みニットやセーターを出展。50人くらいの工場でほとんどの方が手編みの技術を持ち、全て手編みのカギ針のニットは2日間くらい掛かる。30代以上の日本女性をターゲットにしたデザインや素材で、糸や生地も自社で調達する。大阪に協力会社があり、モチーフなど特殊な糸使いは日本からのデザインや素材を使っている。

第15回チャイナファッションフェア 上海依之誉国際貿易有限公司第15回チャイナファッションフェア 上海依之誉国際貿易有限公司
上海依之誉国際貿易有限公司
 婦人のレザーやファーを得意として、素材の調達から生産まで行う。浙江省に120名の工場を有し、6ラインで1万枚を生産する。東京での出展は今回が初めて、というのは例年6月から10月は繁忙期だが、10月に若干空きがあるので更にオーダーを入れたいという希望がある。30$のストールなどから120$のレザーコートまで、日本でもお客様に人気がある。(http://www.hokagroup.com)

第15回チャイナファッションフェア 宁波禾友服飾有限公司第15回チャイナファッションフェア 宁波禾友服飾有限公司
宁波禾友服飾有限公司
 前回の大阪でのCFFから出展し、東京は今回が初めてとなる。スポーツ衣料50%とカジュアル製品50%を寧波の500名の工場で生産する。サイズはキングサイズからキッズまで。スポーツウェアの自社ブランドである「Allez-y!」を世界展開している。今回は「Allez-y!」を前面に出しての出展。中国各地の大型店舗で購入できる他、ウォールマートなどにも卸しており、日本での展開を計画中。(http://www.heyoufd.com)

次回、第16回チャイナファッションフェアは2011年4月19日(火)~21日(木)マイドーム大阪にて開催の予定です。
http://www.china-fashion.jp/
合同展示会rooms21が開催されました
合同展示会rooms21合同展示会rooms21 第84回装苑賞 西角真美さん合同展示会rooms21 rooms賞 川村崇景さん
 日本で早い時期に開催されるファッションを中心とした合同展示会rooms21が、8月31日(火)~9月2日(木)に東京・原宿の国立代々木競技場第一体育館にて開催されました。
 今回は「NEXT?」をテーマに、合計429ブランドのクリエーターの「部屋=room」が出展。2FのExhibitionでは5月に第84回装苑賞に選ばれた西角真美さんとrooms賞に選ばれた川村崇景さんの作品が展示されました。

合同展示会rooms21 「atenoy」合同展示会rooms21 「atenoy」
「atenoy」
 文化服装学園出身のデザイナー米田年範さんが手掛けるブランド。今回は"ズレる"をテーマに、ほんの少しのことで違ってみえるおもしろさを服で表現している。服の中心線や肩のラインを少しずらしているが、テンセルなどのドレープで着用すると自然にみえる。スカートの素材は綿×シルクの名付けて"かもめドビー織"。各方面で有名な八王子のみやしん株式会社で織っている。10月下旬には生地の縦糸を共通にして織った仲間4人と中目黒で展示会を行う。
http://www.atenoy.com

合同展示会rooms21 「Enevare」合同展示会rooms21 「Enevare」
「Enevare」
 高度な技術を持つ台東区の皮革職人さんとデザイナーの牧野淳子さんが今までに無いフォルムとアイディアで一つ一つ製作される鞄・靴・レザー小物はどれも独特な存在感がある。"Enevare"とは"唯一の存在"。70パーツ以上からなるバッグは円型のポケットなど全部で8つのポケットがある。新作の3wayバッグはベージュと黒の2色展開で表面の加工がおもしろい。9月11日よりリニューアルする銀座三越の3Fにショップがオープンする。
http://www.enevare.com

合同展示会rooms21 「carmine」合同展示会rooms21 「carmine」
「carmine」
 女性2人のデザイナーユニットが仕掛ける愉快で刺激的なアクセサリーと小物の「carmine」。皮革工場からはぎれの革を買い取り若い女性に好まれるような小物たちに変身させている。またフェルトやレザーにプリントされる動物や花などの写真は全てデザイナーの二人が、動物園などで自ら撮った写真。革のリボンは表裏の柄を張り合わせているので一点一点全て違う。全国のセレクトショップやプランタン銀座で買うことができる。
http://carmine-web.com

合同展示会rooms21 「Jolies couleurs」株式会社シャトル合同展示会rooms21 「Jolies couleurs」株式会社シャトル
「Jolies couleurs」株式会社シャトル
 テキスタイル会社の株式会社シャトルが5月からスタートさせたオリジナルブランドの「Jolies couleurs」(ジョリ クルール)。今回が初出展となるが、お花と動物をテーマに他には無い色鮮やかなプリントが来場者の目を惹く。デザイナーの奥原実千代さんが生地選び、プリント、パターン起こしなど一連の流れを担当し、見てすぐ分りやすい、Obediently lovely(素直にかわいい)服を意識しているという。
http://www.shuttle-kyoto.jp

合同展示会rooms21 「io」合同展示会rooms21 「io」
「io」
 高級な素材感、デザイン、ゆったりとした展示スペースで上質な服を出展する「io」。その意味は"io=私"。生地の買い付けからデザインをH.P.FRANCEの女性チームが手掛けている。リラックス・トラッド・ベーシック・ランデヴー・インティメートの5つの要素を織り交ぜて、イタリアのジャガード生地やシルクのプリント生地などの素材と、取り外しできるアクセサリーが付属しているなど細やかな気配りのある服作りをしている。
http://www.io-info.jp
展示会のご案内
1. 第41回 ISF
靴とファッション雑貨の国際見本市INTERNATIONAL SHOE & LEATHERGOODS FAIRのISFが開催されます。
日時:
2010年9月29日(水)~10月1日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
会場:
東京サンシャインシティ文化会館
URL:
http://www.isf-web.jp/
2. 第25回ベビー&シルバーショーTOKYO
ベビー用品や高齢者用品の新商品や売れ筋商品などを展示する第25回ベビー&シルバーショーTOKYOが開催されます。一般公開日の9月25日(土)はお父さんの育児参加の実情報告会や例年大好評の「赤すぐ写真撮影会」なども開催されます。
会期:
2010年 9月24日(金)、25日(土)10:00~18:00 (25日は17:00まで)
会場:
東京ビッグサイト西4ホール
URL:
http://www.ikuji-tokyo.or.jp/
展示会のご案内
rooms No21
1. rooms No21
世界をリードする国際合同展のrooms No21が、シーズンコンセプト"NEXT?"のもとに、以下の概要で開催されます。
会期:
2010年8月31日(火)~9月2日(木)10:00~18:00
会場:
国立代々木競技場 第一体育館
出展予定:
400ブランド以上
来場予定:
約14,000人
URL:
http://www.roomsroom.com/
ジャパンジュエリーフェア2010
2. ジャパンジュエリーフェア2010
国内外から最新のジュエリーデザインを紹介し、多彩なファッションショーや業界動向を探る業界セミナーを数多く開催するジャパンジュエリーフェア2010が開催されます。初日の9/1(水)13:00からはJJAジュエリーデザインアワード2010の受賞作品発表会&ファッションショーが行われます。
会期:
2010年9月1日(水)~3日(金)10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:
東京ビッグサイト 東5・6ホール
URL:
http://www.japanjewelleryfair.com(無料来場者事前登録)
第70回インターナショナル・ギフト・ショー
3. 第70回インターナショナル・ギフト・ショー
1976年に第1回目を開催してから35年、70回目の記念を迎える東京インターナショナル・ギフト・ショーが2010年9月7日(火)から10日(金)に開催されます。今回のテーマは、景気を浮揚させる「創意工夫のギフト戦略」です。70回を記念するオープニングセレモニーのほか、聴講無料の特別セミナーや9日夜に行われるレセプションパーティーなど、日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市を盛り上げます。西アトリウムでは、manicolle tokyo(マニコレトウキョウ)とFRONTIER(フロンティア)に加えSPORTS IN LIFE with BICYCLEの3つの展示会が同時開催されます。
会期:
2010年9月7日(火)~10日(金)10:00~18:00(最終日は16:00まで)
会場:
東京ビッグサイト全館
公式サイト:
http://www.giftshow.co.jp/
JFW-IFF7月展が開催されました
JFW-IFF7月展
 国内最大のファッション見本市であるJFWインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF、繊研新聞社主催)が、2010年7月21日から23日、東京ビッグサイト西展示棟全館で開催されました。三日間の来場者数は2万6423人で前回とほぼ同数となりました。

JFW-IFF7月展JFW-IFF7月展
JFW-IFF7月展JFW-IFF7月展
「NAVY .WO」ソトデザインco.ltd.
 2007年にデビューし今回で6回目の出展となる「NAVY .WO」は、今年3月に自由が丘にアトリエ兼ショップを、新宿高島屋にショップを2店舗同時オープン。日本独特の「イノセント×エレガント」をテーマに、素材とカッティングにこだわって、毎シーズン素材から創っている。今回はジャガード、皺加工、撥水加工、ニット生地など多数を、生地ごとに10年以上のお付き合いのある生地屋さんでクリエイションしている。ボタンでスカート裾のギャザー量を調節できるデザインや、ニュアンスの違いを自由に楽しめたり、着心地はゆったりなのに見た目はスッキリとしたデザインが特徴。生地もギャバジンなどの定番ものから、ファーに箔をプリント加工した生地など遊び心もある。縫製は全て国内工場、ニットは日本と中国、コスト面での中国生産ではなく、技術の高い工場を使う。主にレディースだが、お客様からの要望によりキッズとメンズ(不定期)にも展開し、今回から靴も加わった。20代後半から30代、40代前半の自分の好みがはっきりしていて、流行に流されない方から支持が熱い。ブランド名の"ネイビー"は気品・知性ある大人の女性らしさと可愛い無邪気な女の子らしさをあわせもつ色から。ファッション誌にも取り上げられ、海外にも卸先を持つ。
http://www.navy-wo.com

JFW-IFF7月展JFW-IFF7月展
JFW-IFF7月展JFW-IFF7月展
「Tensho」株式会社プランアウトファッションS企画
染色アーティストの高橋典照さんの色鮮やかな手書き染めの生地を使い、全てが一点物の製品を展示した「Tensho」。元々タペストリーやストールといった平面を彩るものでしたが、様々なテキスタイルにその独特な染色を施し縫製する方法で婦人服をはじめ、バッグやネクタイなどの製品を展開しちょうど1年となる。今回は定番商品となっている手染めのために開発した桐生の伝統工芸織物のストールのほか、シルクナイロンの婦人コートやニット、バッグや傘、ネクタイなど、オールシーズンその鮮やかな色を纏うことができるたくさんのアイテムを紹介。高級価格帯となり50代以上の多くのリピーターの支持を得ている。人気の秘密は、一日に数枚しか染めることのできない、独特な色の混ざり具合が見事な手染めに尽きる。ニットに関しては編んだ後の製品で染めることもあり、複雑な色を技術と加工により表現し、同じものは一枚たりとも存在しない。高橋典照さんは多摩美術大学油絵科で学び、「美色動静均」というどんな物にも色彩と動きがあるから美しいという考えで、手染めを通して皆を元気にしたい、という思いからテキスタイルデザインに30年以上携わってきた。9月には上海マートで行われる日本時尚展に出展する。
http://www.tensho-takahashi.com/

JFW-IFF7月展JFW-IFF7月展
JFW-IFF7月展JFW-IFF7月展
「ELLIFE」株式会社シーク・インターナショナル
IFF出展4回目のリネン使いの可愛い日常着のELLIFE(エリフェ)と、この春からスタートしたフレンチカジュアルのOnyvua(オニヴァ)はブースの外観からナチュラルで統一されている。ELLIFEはレースやピンタック使いで可愛さの中に大人を表現。Onyvuaはマリンテイストを加え、ELLIFEよりもメンズライクなアイテムとなっている。どちらも着心地を重視した服作りで、サイズはMのワンサイズ展開だが、ウエストはゴムで調整でき、年齢や性別を決めずに色んな人に着てもらえる服がコンセプトのひとつ。本社は大阪だが、東京や横浜、国分寺、恵比寿などにもショップがあり、全部で11店舗を展開する。柄やデザインなどの企画は大阪の本社で行い、オリジナルの生地は中国で生産し、縫製も中国の生産工場で生産する。
http://www.seek-inter.co.jp

次回は2011年1月26日~28日、東京ビッグサイトにて開催いたします。
http://www.senken-ex.com/iff/
文化服装学院ファッションフェスティバル、高校生ファッションデザインアワード表彰式
文化服装学院ファッションフェスティバル、高校生ファッションデザインアワード表彰式文化服装学院ファッションフェスティバル、高校生ファッションデザインアワード表彰式
文化服装学院ファッションフェスティバル、高校生ファッションデザインアワード表彰式
 文化服装学院のファッションフェスティバルと高校生ファッションデザインアワード表彰式が7月31日(土)に東京・文化服装学院で行なわれました。ファッションフェスティバルは入学希望の高校生などを対象としたイベントでファッションショーやキャンパスツアーなどが行なわれ多くの高校生が訪れていました。イベントの目玉であるファッションショーは、企画から演出、衣装、モデル、照明、音響などショーに関わるすべてを学生の手で作りあげたもので、遠藤記念館大ホールを超満員にして行われました。
 高校生ファッションデザインアワードは、産経新聞社と文化服装学院が主催する高校生・専修学校高等課程に在籍する生徒を対象としたファッションデザインコンテストで、2134点の応募作品の中から一次審査を通過した12名の作品が最終審査に臨みました。審査の結果、最優秀賞の文部科学大臣賞は、石川工業高校の供田沙佑香さんの「鏡に映るものは、」。優秀賞3点は、高崎経済大学付属高校、岡田美月さんの「生きた化石」。龍野北高校、辻梓さん「コー・ド・レス」。越谷総合技術高校、宮本純華さん「羽化」が選らばれ、遠藤記念館大ホールで表彰式が行なわれました。
 ファッションショーと高校生ファッションアワード作品などをフォトコレクションで紹介いたします。
高校生ファッションデザインアワード
高校生ファッションデザインアワード
フォトコレクションはこちらをクリック
文化服装学院ファッションフェスティバル
文化服装学院ファッションフェスティバル
フォトコレクションはこちらをクリック

展示会のご案内
1. 第15回 チャイナファッションフェア
日本で開催される最大級の中国ファッション専門展示会。今回は中国沿海部を中心とした242社、294ブースが出展の予定で、前回開催より約3割増加します。
日時:
2010年9月1日(水)~3日(金)10:00~18:00(最終日のみ16:00まで)
会場:
東京サンシャインシティ文化会館
主催:
中国中紡集団公司 (協力:日中経済貿易センター)
http://www.cff-jp.com/jp/index/index.aspx
2. Playtime TOKYO
2009年秋の初開催で話題を集めたベビー・キッズのファッションやインテリアグッズが一堂に会する「Playtime TOKYO」が開催されます。
日時:
2010年8月31日(火)~9月2日(木)
31日(火)10:00-18:00
1日(水)10:00-20:00 *夜間延長
2日(木)10:00-17:00
会場:
EBIS303(東京都渋谷区恵比寿1丁目20-8エビススバルビルA)
第1回DESIGN TOKYO 2010が開催されました
第1回DESIGN TOKYO 2010第1回DESIGN TOKYO 2010
 世界中から最先端のデザイン製品が集まる専門展の第1回DESIGN TOKYO 2010が7月7~9日の3日間、東京国際展示場で開催されました。同時開催の国際雑貨EXPO、ファッション雑貨EXPO、テーブルウェアEXPO、ベビー&キッズEXPOを含めて総称されるGIFTEX 2010の来場登録者数は、3日間の合計で24,891人に登りました。

第1回DESIGN TOKYO 2010 「zip・・it」トロイカ株式会社第1回DESIGN TOKYO 2010 「zip・・it」トロイカ株式会社
「zip・・it」トロイカ株式会社
 2003年にイスラエルのデザイン大学生のおもしろい着眼点から始まったジッパーを使ったカラフルなバッグやポーチ。シンプルな長いジッパーを閉じていくと、便利なポーチへ変身する様子は、見ている人も楽しみな存在。小さなポーチ(¥840)からリュック(¥5,670)等の機能的なバッグもあり、耐久性に優れた補強ジッパーを使用しているので重さにも耐えられる。また繊維廃棄物や使用済プラスチックからなるリサイクル資材を使ったパステルのラインナップもある。単なるバッグではなく、持つ人の個性を表現するメッセンジャーとして注目を集めている。
http://www.troika.jp/

第1回DESIGN TOKYO 2010 「COTEetCIEL」プレアデスシステムデザイン株式会社第1回DESIGN TOKYO 2010 「COTEetCIEL」プレアデスシステムデザイン株式会社
「COTEetCIEL」プレアデスシステムデザイン株式会社
 パリコレで注目されるドイツのブランド「Damir Doma」をプロデュースする有数の服飾メーカーがデザインするハイエンドなモバイルバッグ。クリエイターやビジネスマンのために斬新なデザインや機能性がプラスされている。近日発売予定の"Vertical Tote 15"(¥13,800)はPC収納部分の他、アダプタやコード等を収納する仕切りも充実し一泊の出張にも対応できる収納力もある。グレーやブラックの生地はペットボトルを再利用した素材を使っている。プレアデスシステムデザイン株式会社はその他ipodやipad用のツールを数多く扱っており、来場者も一際多い。
http://www.pleiadesdesigns.co.jp

第1回DESIGN TOKYO 2010 「万葉舎」宇野株式会社第1回DESIGN TOKYO 2010 「万葉舎」宇野株式会社
「万葉舎」宇野株式会社
 手紡ぎ、手機で生産される麻を輸入し、後加工を施し生地売りや製品加工して販売する京都市の宇野株式会社はモダンな和模様が印象的な高級暖簾で知られているブランド「万葉舎」を初めて出展する。自社の女性デザイナーの他、手書きの製品は京都の作家のデザインを柿渋染めや藍染、漆染めなどの染で表現する。百貨店など大手のお得意様も多く、OEMやイージーオーダーも受ける。暖簾とは別の新しい販路を探る為、麻布のテープや麻本(つなぎの糸を解くとコースターになる)、インテリアやファッション雑貨を展示したところ、文具やラッピングのお店から引き合いが多く来ている。
http://www.kyoto-uno.com
第82回東京レザーフェアが開催されました
第82回東京レザーフェア 東京レザーフェア学生創作展コンテスト第82回東京レザーフェア リネアペッレ賞 龍晋太郎さん 山下舞子さん
 レザーマテリアルトレンドフェアの東京レザーフェアが2010年6月24日、25日の2日間、都立産業貿易センター台東館で開催されました。開催テーマは「革心(かくしん)スマイル!進化」。出展社54社・7団体が2011年の春夏コレクションを出展しました。特別企画としてトレンドラボラトリーの情報発信コーナーやリネアペッレのアントネッラ・ベルタニン氏によるトレンドセミナーが開催され、多くの来場者が訪れました。また24日の午後には東京レザーフェア学生創作展コンテストの発表が行われ、第82回および第81回への応募作品約500点(参加21校)の中からリネアペッレ見本市に招待されるリネアペッレ賞(最優秀作品)を含む7作品が表彰されました。リネアペッレ賞のフットウエア部門には文化服装学院の山下舞子さん、レザーグッズ部門には同じく文化服装学院の龍晋太郎さんの作品が選ばれました。

ニシムラ株式会社
第82回東京レザーフェア第82回東京レザーフェア
 東京で独立して36年、30年以上を経て久々に東京レザーフェアに出展した台東区のニシムラ株式会社は、袋物のファッション雑貨の多種多様な素材を取り扱っている。中でも、2008年に発表し現在ブレイク中の"キャンパスセブン"(7号帆布)は、55色展開をミニトートバッグで展示し、綿100%のヨーロピアン調で生地の面が綺麗なことから引き合いが多い。よりキメの細かい"キャンパスイレブン"(11号帆布)もニシムラ株式会社の顔である人気の製品カタログと共に出展。今回の新製品ではナイロンツイルの"シャイニーツイル"と漆塗りをイメージして創ったルガーノ加工の製品。その他定番商品の綿・レーヨン・ポリウレタン素材でラミネート加工などの特殊加工やプリントを施した生地をアピールしました。

松岡株式会社
第82回東京レザーフェア第82回東京レザーフェア
 大阪で革の問屋を営みながら、大阪と東京に営業所を持ち、アパレルブランドのバッグや雑貨をOEMで生産もする東京・千駄ヶ谷の松岡株式会社は東京に進出してから8月で丸4年。東京レザーフェアにも進出した当時から出展を続けている。自社の革を使って、定番商品の鞄を千駄ヶ谷の自社工場と中国広州の生産工場2社で生産している。今回は春夏向けにエナメル調や革の箔加工、インクジェット機による明るいプリントで色展開を意識して多くしている。手作業による大胆なチェック柄も職人によって2次加工、3次加工を施してからなめす、という凝った仕上がりになっている。
 定番の商品は鞄がメイン、インクジェット機も所有

和歌山県製革事業協同組合
第82回東京レザーフェア第82回東京レザーフェア
 昨年創立60周年を向かえた和歌山県製革事業協同組合は全12社で構成され、古くからの伝統技術に磨きをかけた「和歌山の皮革」を提供している。今回出展の8社は馬革、ラミネート加工、スプリット、エナメル、鹿・山羊革など得意分野が異なり、組合の中で競争がなく、レパートリーが幅広い。文化服装学院のシューズデザイン科、バッグデザイン科とは約7年にわたり、先生方を和歌山に招待して講演会を行ってもうらなど、無償で素材を提供し続けている。今回もシューズデザイン科の学生がデザインした皮革プリント加工のパンプスがブースに彩りを加える。海外へも積極的にアピールしており、9月には中国国際皮革展(上海)、10月にはJapan Creationに出展する。和歌山は単独で中国に出展し始めてから今年で4年目、昨年辺りから値段ではない日本のモノの価値が通用するようになってきたという。現地に出展社のスタッフを出向かせ直接自社製品を紹介している。

 来場者数は2日間で5,554名となりました。次回開催予定は2011年1月27・28日となります。次回の第83回開催では第5回目となるレザーファッションショーが行われます。協同組合資材連では8月31日まで、次回のファッションショー参加企業・学校のデザイン画を募集しております。詳細は以下をご覧ください。
http://www.tokyo-leather-fair.ecnet.jp/fashion_show.html
展示会ご案内
2010アパレル・ソリューション・フェアのご案内
ファッションの向上、業界の発展のために結成された全日本婦人子供服工業組合連合会(全婦連)は、毎年 8月下旬に東京でアパレル業界のシステム、機器、サービスを一堂に集め、展示説明するアパレル・ソリューション・フェアを開催しています。CAD メーカーやシステム・ベンダー、インターネット関連業界各社の協力を得て、今年も以下の概要で開催されます。
開催日:
平成22年8月24日(火)、25日(水)
場所:
TOC有明4階コンベンションホール(東京都江東区有明2-5-7)
(りんかい線国際展示場駅から徒歩3分、
ゆりかもめ国際展示場正門駅・有明駅から徒歩4分)

詳細は全婦連ソリューションフェア実行委員会まで
http://www.jwca.or.jp/asf/index.htm
第34回東北ミシンショー(東北アパレル産業機器展2010)が開催されました
第34回東北ミシンショー(東北アパレル産業機器展2010)第34回東北ミシンショー(東北アパレル産業機器展2010) JUKIブース
第34回東北ミシンショー(東北アパレル産業機器展2010) AE-200A第34回東北ミシンショー(東北アパレル産業機器展2010) MF-3620
 6月12日(土)、13日(日)第34回東北ミシンショー(東北アパレル産業機器展2010)が岩手県盛岡市の岩手県産業文化センター「アピオ」にて盛大に開催されました。東北ミシンショーは国内唯一のユーザー主催の展示会で、東北六県縫製団体連合会が主催になり11回を迎えました。出展企業は34社、他に東北各県団体が出展されました。
 JUKIでは工業用ミシンを自動機・新商品を中心に12機種、家庭用ミシンを8機種を展示。特に来場者の興味を引いたのは新商品のニット用ミシン、MF-7200Dシリーズ(世界初のセミドライヘッド細筒型飾り偏平縫ミシン)と、同じく新製品のニット用ミシン、MF-3620シリーズ(4本針フラットシーム用送り出し腕型偏平縫ミシン)に来場者が集まりました。自動機コーナーにおいてはASN-690(自動サージングマシン)、AE-200A(エッジコントロールシーマ)が目を引きました。来場者数は、開催2日間で3100名(主催者発表)です。
文化ファッションサマーセミナー/ファッションフェスティバル'10
 文化服装学院で恒例となっている入学希望者の為の文化ファッションサマーセミナーと文化ファッションフェスティバルが2010年7月29日~31日に東京新宿の文化学園で開催されます。

<文化ファッションサマーセミナー>
洋服・アクセサリー・シューズなどのものづくりやスタイルコーディネートやモデルウォーキングのレクチャーなど、2日間体験コースと1日体験コースの計18コースから好きなコースを申し込んで、憧れの文化ライフを体験できます。
開催日:
7月29日(木)、30日(金)(参加無料、一般申込期間は6月13日より)
<文化ファッションフェスティバル>
キャンパスツアーや各科別のガイダンス、作品展示コーナーおよび在校生が全て創り出すファッションショーなど、盛りたくさんの内容で文化服装学院の学生生活を知ることができます。
開催日:
7月31日(土)9:30~16:00(参加無料、予約不要)

申込など詳細は文化服装学院「Feel! Bunka」ホームページでご確認ください
http://www.bfc-review.jp/feelbunka/summertop.html
第8回Fujiはぎれアートコンテスト
 産業廃棄物として処分されている「はぎれ」にもう一度息を吹き込み、個性的な作品として生まれ変わらせるFujiはぎれアートコンテストが今年も開催されます。「はぎれの再生」をテーマに、一次審査と二次審査(10月中旬)により、クリエイティブなアートとして独創的、芸術的、技術的に優れているか等の視点から、はぎれアート大賞ほか計17点位が選ばれます。応募方法ほか詳細は山梨県郡内地域産業振興センターホームページでご確認ください。

  • 素材提供(山梨県郡内地域産業振興センター1F)
    平成22年6月27日(日)まで
  • 一次審査応募期間(書類審査)
    平成22年9月1日(水)~9月15日(水)
お問い合わせは
〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田2277-3
山梨県郡内地域産業振興センター
電話0555-24-4406 FAX0555-24-5319
URL:http://www.fsp.or.jp
展示会のご案内
1. TLF第82回東京レザーフェア
皮革産業の2011春夏トレンドを発信する東京レザーフェアが、以下の概要で開催されます。今回も伊リネアペッレのトレンドセミナーや2010東京レザーフェア学生創作展コンテストの発表(24日pm1:15~)が行われます。
会期:
2010年6月24日(木) 9:00~17:00、25日(金) 9:00~16:30(受付は終了時刻の30分前まで)
会場:
都立産業貿易センター台東館4~7階
出展:
54社・7団体
【予告】好評のレザーファッションショーは次回第83回東京レザーフェア(2011年1月)にて開催されます。
URL:
http://www.tokyo-leather-fair.ecnet.jp/
2.JFW-インターナショナルファッションフェア(JFW-IFF)
モードとビジネスの出会いの場として、多くの出展者がクリエーションを提案しビジネスを広げるJFW-IFFが2010年7月に開催されます。
会期:
2010年7月21日(水)~7月23日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00)
会場:
東京ビッグサイト 西展示棟
出展社数:
約800社
URL:
http://www.senken-ex.com/iff/index.php
3.ブライダル産業フェア2010(東京開催)
国内唯一のブライダルビジネスショーのブライダル産業フェア2010が今年も開催されます。毎回大好評のブライダル経営セミナー(無料)は今回30講座以上を予定し、ファッションショーや参加型のイベントも行われます。
会期:
2010年7月27日(火)~28日(水)
会場:
東京国際展示場(ビッグサイト)東3ホール
主催:
株式会社ブライダル産業新聞社
URL:
http://www.bridalnews.jp/fair_tokyo2010.html
第34回東北アパレル産業機器展2010が開催されます
 2010年6月12日(土)、13日(日)に開催される第34回東北ミシンショー「東北アパレル産業機器展」のJUKI出展概要をご案内いたします。

■開催概要
日時:
2009年6月12日(土) 9:00~17:00
13日(日) 9:00~16:00
場所:
岩手県産業文化センター 「アピオ」
岩手県岩手郡滝沢村滝沢字砂込389-20
TEL 019-688-2000
出展内容:
工業用ミシンは本縫・特殊ミシン・ニット用ミシン・皮革厚物用ミシン・サイクルミシン・自動機の各機種および細筒型偏平縫いミシンで世界初のセミドライのMF-7223DU10B56/UT45やAMS-210ENSS1306SZ入力機能付き電子サイクルミシンを含めた12機種を出展致します。家庭用ミシンは新商品4機種を含めた6機種を出展致します。
(※都合により出展機種、仕様の変更をさせて頂く場合もございます。)
【展示会・出展機種に関するお問い合わせ】
JUKI販売株式会社
東北カスタマーズセンター
TEL:0197-25-2725(工業用ミシンについて)
東北営業所
TEL:024-576-6772(家庭用ミシンについて)
JUKI販売(株)東北アパレル産業機器展ホームページ
http://www.jukihanbai.co.jp/news/tohoku2010.htm
展示会のご案内
1. インテリアライフスタイル
ライフスタイル提案型国際見本市のインテリアライフスタイルが第20回を迎え、名称も「Interior Lifestyle Tokyo」と改め、多様なデザイン・ライフスタイルが集結するインテリアマーケットの中心地TOKYOから世界へ向けて、新たなトレンド提案を発信する見本市としてさらにパワーアップします。
会期:
2010年6月2日(水)~4日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:
東京国際展示場 西ホール
主催:
メサゴ・メッセフランクフルト(株)
入場:
2000円(Web事前登録者および招待状持参者は無料)
URL:
http://www.interior-lifestyle.com/
2. 第1回DESIGN TOKYO 東京デザイン製品展
ものづくりの共通言語「デザイン」にスポットライトをあてたDESIGN TOKYOは、1年に1度、世界中の最先端かつスタイリッシュなデザイン雑貨が一堂に集まる商談専門展です。 特設として、環境に配慮したエコをテーマにデザインした製品と、日本の伝統工芸とデザインが融合した製品が集まる特別展示もあります。
会期:
2010年7月7日(水)~9日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:
東京国際展示場(ビッグサイト)
主催:
リード エグジビジョン ジャパン(株)
同時開催:
第5回国際雑貨EXPO GIFTEX、第1回ファッション雑貨EXPO、第1回テーブルウェアEXPO、第2回ベビー&キッズEXPO
URL:
http://www.designtokyo.jp/
高校生ファッションデザインアワード2010募集中
 高校・専修学校高等課程在学者を対象としたファッションデザインコンテスト「高校生ファッションデザインアワード2010」が今年も実施されます。

【募集内容】
A4判用紙の中央に正面図、右下に背面図を直筆で描き、彩色してください。応募は個人単位で10点まで。未発表作品に限ります。ホームページから応募用紙を取り出し、必要事項を記入の上、作品の裏面に張ってください。1次審査通過者は服を作り、審査会を行います。応募無料。
【応募期間】
平成22年5月1日~6月25日(必着)
【あて先】
〒100-8664 日本郵便銀座支店大手町分室私書箱2165号
「高校生ファッションデザインアワード2010」事務局
【問い合わせ】
03-3275-8674(平日午前10時~午後5時半)
【公式ホームページ】
http://www.fd-award.com
【主催】
産経新聞社、学校法人文化学園
【後援】
文部科学省(予定)、全国高等学校長協会ほか
文化女子大学ファッションショーが開催されました
 今年で25回目を迎えた文化女子大学服装学部服装造形学科のファッションショー「縁」(えん)が4月16日(金)と17日(土)の2日間東京・代々木の文化学園遠藤記念館大ホールで行われました。
 新4年生、6つのコースの学生が力を合わせ、企画からデザイン・縫製・アクセサリー制作まで、トータルコーディネートした作品を。また、モデルをはじめ、演出・舞台・照明・音響・広報・ヘアメイク等、ショーに関わる全てを学生が手掛けています。
文化女子大学ファッションショー
 共通テーマの「縁」は、日本が作り上げてきた技術・文化、その長い歴史を表現する言葉として、えん:〔人との繋がりや関わり〕、ゆかり:〔受け継がれていくものや、伝えていくこと〕を表しています。
 ショーは、1.枯淡(こたん) 2.やまとなでしこ 3.桜あそび 4.霽(しぐれ) 5.妖(あやかし) 6.廻華(かいか) 7.凛心(りっしん) 8.洒落 9.宴 の9つで構成され多くの観客を魅了していました。

文化女子大学 服装学部 服装造形学科
http://bwu.bunka.ac.jp/study/f/f_index.html
クリエイティプデザインコース, 機能デザインコース, アドバンストテクニックコース, インダストリアルテクニックコース, ブランド企画コース, テキスタイル企画コース
JFW-Japan Creation 2011S/Sが開催されました
JFW-Japan Creation 2011S/SJFW-Japan Creation 2011S/S Best of TA・KU・MIデザイナーセレクション
JFW-Japan Creation 2011S/S デザイナーコラボレーションJFW-Japan Creation 2011S/S トレンド&インデックス
 素材・染色・加工を一堂に集めトレンドを発信する日本最大の繊維総合見本市、JFW-Japan Creation 2011S/Sが4月21日から3日間、東京ビッグサイトにて開催されました。
 今回の総合テーマは「スマートパワーの生きざま」、フォーラム、デザイナーコラボレーション、Best of TA・KU・MIデザイナーセレクション、SHINMAI Creator's Projectなど、多彩なプログラムが開催され、会場は新しい素材や加工技術、新しいイメージやアイデアを探す来場者が集まりました。

 次回、JFW-JAPAN CREATION 2011 Autumn/Winterは、2010年10月13日(水)~15日(金)同会場で開催されます。


JFW-Japan Creation 2011S/S MARUMASUJFW-Japan Creation 2011S/S MARUMASU
MARUMASU
 折紙のような不思議な表情の生地は染めやプリントで独特な生地を一貫生産するMARUMASU。今回で4回目の出展となるが、これまでの丸枡からアルファベットの「MARUMASU」に社名を変更して初めての出展。オートシルクスクリーンやインクジェット20台程の大型機器を持ち、東京の葛飾区柴又で主にニットのプリントを手掛ける。注目となっている、洗っても消えないペーパーコーティング加工は今回のような三角だけでなく、自由な形で透明・他色もできる。メーカーやアパレル、特にカーテンやインテリアなどのリビング系のお客様が直接生地を探しに展示会に来るということで、小さなブースは客足が絶えない。
http://tokyo-marumasu.com/


JFW-Japan Creation 2011S/S 株式会社グラムスJFW-Japan Creation 2011S/S 株式会社グラムス
株式会社グラムス
 レ・トワール・デュ・ソレイユ~太陽の生地~と名付けられたしっかりと織られた丈夫な布の輸入代理店である株式会社グラムスは、明るく多彩な美しいストライプを引き立てる赤のブースで出展。1860年から最南仏のカタロニア地方の伝統技術を受け継いだ縄底のサンダル"エスパドリーユ"の工場が前身となり、1994年にこの工場を救った社長兼デザイナーのフランソワ&アンリ・キンタ夫妻がレ・トワール・デュ・ソレイユのブランドがスタート。現在は熟練した職人が一本一本手で糸を通し生産するフランスを代表するテキスタイルとなった。ミナ ペルホネンのオリジナルストライプを手掛けたこともあり、日本で人気のカラーを配色するなどオリジナルの生地をオーダーすることもできる。日本では東京目黒などのショップの他オンラインショップで、日本で縫製されるバッグや雑貨、また生地売りもしている。
http://www.grams.co.jp/index.htm


JFW-Japan Creation 2011S/S 敦賀繊維株式会社JFW-Japan Creation 2011S/S 敦賀繊維株式会社
敦賀繊維株式会社
 福井県の刺繍レースメーカーの敦賀繊維株式会社は、昭和36年創業、JCへは平成13年から毎回出展している。本社は大阪、支店が東京にあり、受注・企画・販売を担当。製造・加工は福井県敦賀工場で、エンブロイダリーレースマシーン9台が24時間体制で製造している。受注は主にアパレルや商社、テキスタイルだが、ロットを確保できエージェントが明確な所に限りサンプルを出す。売上げの70%が別注品で、オーダーを受けてから2週間前後で3mのサンプル、一反は40日前後で出すことができる。見本反、サンプルも豊富な在庫を有し、即出荷に対応する。年間1500柄のオリジナルレースを作り出し、近年ではプリント用の下地やプリント加工も受けている。
http://www.tsurugaseni.co.jp/info.htm
第40回ISFが開催されました
第40回ISF第40回ISF
 業界最大規模の国際靴・革雑貨の見本市、第40回ISFが2010年4月13日から4月15日の3日間、東京池袋のサンシャインシティ文化会館にて開催されました。会場は2フロアをWELLNESS、FASHION、GLOBALの3つのゾーンで構成し、靴に関わるセミナーやウォーキング講座などの体験イベント、靴手入れ法などのステージ実演など様々な企画が会場を盛り上げました。また「ISFいち押しシューズコレクション」として、全国からの婦人・紳士靴30足の人気投票が行われ、会場での投票の他ネットでも投票を受け付け、会期後に抽選で投票した靴が当たる企画も行われ、来場者が真剣に靴を選んでいました。


第40回ISF 富田興業株式会社、PEKO第40回ISF 富田興業株式会社、PEKO 長谷川麻栄さん
富田興業株式会社、PEKO
 天然皮革を生産する富田興業株式会社は、大正12年創業の皮革素材のパイオニア。東京レザーフェアは常連だが、ISFへは今回が初出展となる。2010年1月に開催された東京レザーフェアでデビューを果たした“PEKO”のデザイナー長谷川麻栄さんも参加して、皮革の製品と素材をMIXしての出展。自社でも靴・バッグの生産部門を中国に持ち、単に素材を提供するだけでなく企画・提案にも力をいれる。素材の革はギフトボックス状にディスプレイされ、来場者の方々に好きな革を投票してもらうアンケートも実施。“PEKO”では、薄くて上質な羊革等をふんだんに使い、革のバッグとは思えない程軽い、形に特徴のある遊び心のあるバッグを展開中。手を開いたようなポーチなどお客様からの要望は高い。
http://www.tomita.co.jp/


第40回ISF 株式会社GLAB第40回ISF 株式会社GLAB
株式会社GLAB
 広島国際大学理学療法学科の蒲田准教授が立ち上げた株式会社GLAB(ジーラボ)は、足の負担を軽減して本来の足の能力を発揮できるインソール”ReaLine”を販売している。”ReaLine”は蒲田准教授が理学療法士としてオリンピック選手などアスリートの治療のため、1000名を超えるインソールを作製した結果をいかして開発されている。主に普段履きやスポーツ用と女性のハイヒール用の2種類があり、シリコン製の樹脂による4つの立体構造で足の立方骨をサポートし、外反母趾、O脚、腰痛、足のむくみを防止する。ネット販売では一足から、また1000足単位で卸しも行い、大学発ベンチャー企業として注目されている。
http://www.g-lab.biz


第40回ISF 株式会社アキツトレーディング第40回ISF 株式会社アキツトレーディング
株式会社アキツトレーディング
 ISFへ10回以上の出展経験を持つ株式会社アキツトレーディングは、ドイツの「ヤコフォーム」とオーストリアの「ハフリンガー」を扱う輸入総代理店。歩きやすさを考えて作られた靴を、修理をしながら大事に使ってくれるお客様に提供する。表の革はとても丈夫なので、中敷や靴底を修理・交換しながら、何年でも履き続けることができる。修理には別途費用が掛かるが、月に300足の依頼があるほど人気で、愛用するお客様は2足を交互に履いているとのこと。秋冬のお勧めは、靴の内側にラム毛皮のボアを敷き詰めたヤコフォームのウインターブーツ。通販生活のカタログに掲載される他、靴の専門店で扱われている。
http://www.akitsu.com
セコリジャパンスクール10周年記念イベント開催
 イタリアのイスティチュート・カルロ・セコリ(略称・セコリ校)と提携し、2000年10月に関西校からスタートしたセコリジャパンスクールが今年、開校10周年を迎えた。2001年の東京校、2002年の名古屋校とあわせて、「3年連続10周年記念イベント」を企画。5月16日(日)に大阪・上田学園で関西校主催の記念イベントを開催する。
 セコリジャパンスクールはイタリアとの連携で最高の環境を提供し、時代が求めるモデリストを養成する。同スクールの前身は日伊アパレル研究会が主催して1996年から開催されたセコリ(那須)セミナー。

セコリジャパンスクールURL
http://www.secolijapan.com/
文化服装学院2010 卒業・修了製作展&ファッションショー
文化服装学院2010 卒業・修了製作展&ファッションショー文化服装学院2010 卒業・修了製作展&ファッションショー
文化服装学院2010 卒業・修了製作展&ファッションショー 卒業研究レポート展 文化服装学院2010 卒業・修了製作展&ファッションショー 卒業研究レポート展
 文化服装学院(東京・代々木)の卒業・修了製作展&ファッションショー「BUNKA FASHION EXHIBITION」が、2月下旬~3月上旬にかけて開催されました。ファッションショーは、スタイリスト科 『STYLINK』、ファッション工科専門課程、テキスタイルデザイン科『the DEPARTMENT』、ファッションディレクター専攻『逸脱』、ファッション高度専門士科『FRACTAL』で行なわれ、合計2万員以上を集客し国内外で高い評価を得ているものです。jmニュースでは、クリエイション系の最高学年になるファッション高度専門士科4年生による卒業ファッションショー『FRACTAL』(一部分が全体と相似関係であるということ)をフォトコレクションでご紹介します。

 また、卒業・修了展示も各所で行われており、ファッション工科専門課程アパレル技術科生産システムコース 卒業研究レポート展では、アパレル業界の設計・製造部門で広く活躍できる人材を目指し、生産管理業務を中心にアパレルのものづくりを学ぶことを題材とした卒業レポートが展示されていました。その他にも多数の展示が行われたくさんの方が見学されていました。
ジャパン・ベストニット・セレクション2010が開催されました
 ニット製品の総合展示会「ジャパン・ベストニット・セレクション(JBKS)2010」が、2010年3月17日・18日の2日間、有楽町の東京国際フォーラムで開催されました。第2回目となる今回は、東京発日本ファッションウィークの関連イベントとして業界の注目を集めた初開催を上回る56社が出展し、技術を駆使したニット製品の数々をアピールしました。

ジャパン・ベストニット・セレクション2010 中半産業株式会社ジャパン・ベストニット・セレクション2010 中半産業株式会社ジャパン・ベストニット・セレクション2010 中半産業株式会社
中半産業株式会社
 熟練技術者による布帛のようなしっかりとした衿のニットアウターシャツを得意とする中半産業株式会社は、昨年に続き2回目の出展。永久接着芯を使用したゴルフなどのニットシャツの他に、今回は2次加工で差別化を図るスポーツ系アウターを展示。スポーツ衣料では永久接着芯の技術を元に、特殊テープを熱で圧着し段差のない布の接合を実現。これまでにない機能とデザインを提案し、洗濯や汗にも剥がれないことをアピールした。秋田の自社工場を中心に中国・蘇州にも協力工場を有し、技術者の行き来により技術レベルは高い。
http://www.nakahan.co.jp


ジャパン・ベストニット・セレクション2010 有限会社フルカワジャパン・ベストニット・セレクション2010 有限会社フルカワジャパン・ベストニット・セレクション2010 有限会社フルカワ
有限会社フルカワ
 東京・両国でインクジェットプリント、ホールガーメントを柱に、デザイン・編み立て・プリント・縫製加工まで一貫したもの作りをしている有限会社フルカワは、ニット製ネクタイ・マフラーなどのオリジナルブランド「FPF」の独特なプリントを提案。手間のかかる製品染めを一から自社で行う為ロットは大きくできないが、インクジェットプリントの機械を導入して12年というノウハウを生かした安定した品質と、在庫を持たない生産で各種のOEMを手掛ける。協力会社による刺繍加工もプリントされた製品に映える。
http://www.ijp-furukawa.com


ジャパン・ベストニット・セレクション2010 株式会社セイノコーポレーションジャパン・ベストニット・セレクション2010 株式会社セイノコーポレーションジャパン・ベストニット・セレクション2010 株式会社セイノコーポレーション
株式会社セイノコーポレーション
 山形県山形市で1950年からの歴史を持つ株式会社セイノコーポレーションは、約80名の自社工場で編み立てから縫製まで一貫した生産のオリジナリティ溢れるニット製品を国内アパレルにアピールする。以前はジャパンクリエーションに出展していたが、前回から2回目の出展となる。カシミアやシルクで編み立てたニットや、かわいらしいフォルムのデザインを前面に提案するが、メンズやスポーツ系、金属糸を編んだアクセサリーなど、手掛ける製品は幅広い。
http://www.seino-co.com


ジャパン・ベストニット・セレクション2010 中橋莫大小株式会社ジャパン・ベストニット・セレクション2010 中橋莫大小株式会社ジャパン・ベストニット・セレクション2010 中橋莫大小株式会社
中橋莫大小株式会社
 和紙ニットの和紙糸が目を惹く中橋莫大小株式会社は、撚糸・染め・編み立て・縫製の4社と共に生産者利益のサスティナブル製品に取り組む。和紙糸は、裁断されたテープ状の和紙から「水撚り製法」により糸を撚り、生地にすると速乾性があり非常に軽い。これをオーガニックコットンなどと組み合わせることにより、柔らかく軽い両者の機能を生かしたニットとなる。染色も草木などの天然染色で白や黒の色も表現する。製品タグにはプロデュースする有限会社FABFOURのほか生産者情報が全て記載されている。
中目黒にオリジナルショップもあり、全国60店舗に卸すFABFOUR(http://www.fabfour.co.jp)は和紙ニットの他、岡山県で生産するデニム(SKULL JEANS)のほかTシャツやアクセサリーも扱う。
http://www.nakahashi.co.jp
展示会のご案内
1. 第40回 ISF
靴とファッション雑貨の国際見本市INTERNATIONAL SHOE & LEATHERGOODS FAIRのISFが開催されます。
日時:
2010年4月13日(火)~15日(木)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
会場:
東京サンシャインシティ文化会館2,3F
URL:
http://www.f-works.com/isf/
2. JFWジャパン・クリエーション2011S/S
日本製のテキスタイル及び関連製品の繊維総合見本市、JFWジャパン・クリエーションが開催されます。
会期:
2010年4月21日(水)~23日(金)10:00~18:00 (23日は17:00まで)
会場:
東京ビッグサイト西1,2ホール
主催:
一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構
入場料:
無料(名刺2枚を提出)
URL:
http://www.japancreation.com/
3. チャイナファッションフェア
日本で開催される最大級の中国ファッション専門展示会、チャイナファッションフェアが大阪で開催されます。
日時:
2010年4月20日(火)~22日(木)10:00~18:00(最終日のみ16:00まで)
会場:
大阪MYDOME(〒540-0029 大阪市中央区本町2-5)
URL:
http://www.cff-jp.com/jp/index/index.aspx
第44回2010大阪ミシンショー&ハンズフェスティバルが開催されました
第44回2010大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル
第44回2010大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル第44回2010大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル JUKIブース第44回2010大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル JUKIブース
 第44回2010大阪ミシンショー&ハンズフェスティバルが2月19日(金)、20日(土)インテックス大阪3号館にて開催されました。工業用縫製機器から家庭用ミシンまで幅広く展示し、組合展示コーナーにおいてはミシンを使った講習会・物づくり体験会場を常設し来場者に体験していただくなど好評でした。また、2010年展示会よりKFCC(関西ファッションカレッジコンソーシアム)のご協力により学生の作品発表会、福祉事業協力として「 さおり織り」の販売協力事業が新たに加わり2日間の来場者数は19日(金)3581名、20日(土)2901名 合計6482名と昨年を上回り大盛況となりました。

 JUKIでは工業用ミシンを中心に、家庭用ミシンなどを多数展示、多くのお客さまで賑わっていました。特に、新糸切り機構を搭載したダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン「DDL-9000B」や自動で異種曲線生地の合わせ縫いができるエッジコントロールシーマ「AE-200A」、電子サイクルマシン「AMS-210EN」などが注目を集めていました。
ドレスメーカー学園の卒業制作発表会"創"が行なわれました
杉野ドレメ卒業制作発表「創」 WWD ジャパン編集長山本一幸さん
 2月24日(水)、26日(金)に学校法人杉野学園ドレスメーカー学園の卒業制作発表会"創"が開催されました。"創"は、学科学年によって、ドレメセレクション・ドレメステップ・ドレメイズムの3つに分かれて、それぞれ作品発表がおこなわれるもので、"創"の最後を飾るドレメセレクションは、3、4年生の卒業制作発表会で、アパレル技術科、アパレルデザイン科、デザインアート科の学生が、作品の制作から企画、演出まですべてを創りあげ、同時にアパレル業界のプロフェッショナルを審査員に迎え、コンテスト形式で行なわれるファッションショーです。
 4年生の部の最優秀賞は、デザインアート科落合航太さんのInorganic×Organic(無機質、建築、人工、曲線、温もり)、3年生の部の最優秀賞は、アパレルデザイン科大庭紗織 Braille -点字-が受賞さまれした。最後に審査員を代表して、WWD ジャパンの編集長山本一幸さんは、服作りの楽しさ、原点を学校は教えてくれる。ここから、服に魂を吹き込めるデザイナーが生まれることを願っているとコメントされていました。

 各受賞者とテーマは以下の通りです。

杉野ドレメ卒業制作発表「創」 最優秀賞 落合航太杉野ドレメ卒業制作発表「創」 優秀賞関口愛弓
4年生の部
最優秀賞
落合航太(デザインアート科)
Inorganic×Organic
無機質、建築、人工、曲線、温もり
優秀賞
関口愛弓(デザインアート科)
the inner part of-
輝きを放ち主張しているが、どこか不安定で官能的な女性像の表現
杉野ドレメ卒業制作発表「創」杉野ドレメ卒業制作発表「創」 最優秀賞 庭紗織杉野ドレメ卒業制作発表「創」 優秀賞 藤原圭佑
3年生の部
最優秀賞
大庭紗織(アパレルデザイン科)
Braille-点字-
優秀賞
藤原圭佑(アパレルデザイン科)
切り絵
佐々木麗佳(アパレル技術科)
L' amour qui est pur et innocent
杉野ドレメ卒業制作発表「創」 審査委員賞 小林圭佑杉野ドレメ卒業制作発表「創」 審査委員賞 田代和就杉野ドレメ卒業制作発表「創」 審査委員賞 阿部朋美
杉野ドレメ卒業制作発表「創」 審査委員賞 柴崎博和杉野ドレメ卒業制作発表「創」 審査委員賞 石田栄莉子杉野ドレメ卒業制作発表「創」 審査委員賞 北原彩香
審査委員賞
小林圭佑(ファッションデザイン科3年)
SANTIAGO CALATRAVA -
建築からの造形-
田代和就(アパレル技術科3年)
Gold rush
阿部朋美(アパレルデザイン科3年)
万華鏡
柴崎博和(デザインアート科4年)
the graphic art about my idle plot on a vague anxiety
自らグラフィックアートを作り、服という解釈へ
石田栄莉子(ファッションデザイン科3年)
Impact
北原彩香(ファッションデザイン科3年)
極光


キッズ製品の合同展Playtime TOKYOが開催されました
 2009年秋の初開催で注目を集めたパリ発のPlaytime TOKYOが東京、恵比寿のEBIS303にて2月23日~25日の3日間の会期で開催されました。デザイン性・品質の高いキッズ・ジュニア・マタニティのウエアや雑貨・おもちゃ・インテリアグッズなど、国内外の74ブランドが集まりました。

Playtime TOKYO Milk
Milk
 オーストラリアのブリスベンからの出展は2年目となる「Milk」。オーガニックコットンの名前入り肌着と手編みの歩行練習靴(ブーティー)、レッグウォーマーをオンラインショップで販売している。2009年に女性ファッション誌で取り上げられ、日本でも注目されるように。本社と生産工場はオーストラリアだが、オーストラリアで育った日本人のスタッフが東京で対応している。赤ちゃんの名前(もしくは好きな言葉)を入力すると、カラフルでポップなオリジナルウェアが1週間ほどで届く。
http://www.milkbotti.com
Playtime TOKYO MEIN HEIM
MEIN HEIM
 毎日がんばるお母さんの為に、履きやすい&履かせやすいキッズのデニムアイテムを扱う株式会社リトルランドの「MEIN HEIM(マインハイム)」は岡山県倉敷市で子供服を専門に素材の柔らかさとシルエットにこだわって作っている。打ち込みの数を減らし、より柔らかく仕上げた生地は直接機屋に注文している。レディースもあり、親子ペアのデニムファッションも楽しめる。
http://www.fabriq-report.com
Playtime TOKYO LyonLyonPlaytime TOKYO LyonLyonPlaytime TOKYO LyonLyonPlaytime TOKYO LyonLyon
LyonLyon
 イギリス発のブランドを多数扱うのは仙台から出展の「LyonLyon」。Lara Boyle(ララボイル)の苺のスタイは色違いやデザイン違いで約30パターンある。オーガニックウールで手織りされた柔らかい高級ニットのaravore(アラボレ)はタグにニッターのサインが入っており、洗濯もできる。絵本の世界から出てきたようなストーリーのある洋服のPOPPY(ポピー)は、絵を描いている絵本作家を招いて製品を紹介。デザインも生産もイギリスで、高級百貨店で扱われる。
http://www.lyonlyon.co.jp
Playtime TOKYO Wonder apartmentPlaytime TOKYO Wonder apartment
Wonder apartment
 関西の個性ある4つのブランドが企画提案するセレクトショップ、ワンダーアパートメント。童話をテーマにした女の子の服は「nino」、2010秋冬はシンデレラ、昨シーズンはアリスを取り入れ、レースやモチーフの手作り小物も展開する。その他、フレンチマリンのカジュアルウェア「TAPPET」、ドット柄のキュートな「maarook」、シンプルで存在感のあるベビーウェアの「petit sucre」がクロスオーバーした新しいスタイルの展示に来場者も注目していました。

次期展は、2010年8月31日から9月2日まで、同会場にて開催されます。
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク(BFGU FW)が開催されました
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク
 文化ファッション大学院大学(学長:大沼 淳)は、第2回となる文化ファッション大学院大学ファッションウィークを2月1日(月)~6日(土)に開催しました。BFGU FWは、昨年より開催され、ファッション産業界からパネリストを招くシンポジウム、BFGUの院生によるファッションショーや展示、研究発表などで、ファッション産業界に対し、ファッションビジネスの新しい視点を提案する目的で実施されています。


<シンポジウム>
 2月2日(開催2日目)に行なわれたシンポジウムは、「Asian Network」-クリエイション・グローバリゼーション・イノベーション-をテーマに第Ⅰ部基調講演、第Ⅱ部パネルディスカッションの2部構成で行なわれました。

文化ファッション大学院大学ファッションウィーク シンポジウム 財団法人日本ファッション協会 副理事長 平井克彦氏
財団法人日本ファッション協会
副理事長 平井克彦氏
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク シンポジウム
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク シンポジウム 文化ファッション大学院大学教授 山村貴敬氏
文化ファッション大学院大学教授
山村貴敬氏
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク シンポジウム 住金物産株式会 山本健介氏
住金物産株式会
山本健介氏
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク シンポジウム 上海牧野制衣有限公司 許旭兵氏
上海牧野制衣有限公司
許旭兵氏
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク シンポジウム 株式会社三越伊勢丹ホールディングス 小庭一雄氏
株式会社三越伊勢丹ホールディングス
小庭一雄氏
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク シンポジウム 繊研新聞社 藤浦修一氏
繊研新聞社
藤浦修一氏
 第I部の基調講演は、東レ株式会社相談役、財団法人日本ファッション協会副理事長の平井克彦氏。平井さんは、大きく成長し経済体制も整ってくるアジアで、日本のファッション、繊維産業の人々が何をしていくべきか?これが今回のテーマの重要なポイントとし、それは、
  • アジアの巨大な需要を内需ととらえ、生産、販売、ファッションそして人材育成などのファッション産業に関わるすべての領域にネットワークをはること。
  • ファッションの根幹であるクリエーションについても、アジアで人材の交流を図り、アジアの新しいファッションを創る。
とのことです。そして2020年には東京がアジアの"ファッションハブ"にならなければいけないしなっているだろう。アジアに生産、販売、ファッション、人材のネットワークを張り巡らし、アジアの巨大な市場で今の数十倍の商売を行なっている。その実力をもとに世界に発信しているだろうと締めくくられました。

 第II部のパネルディスカッションは、同テーマで司会進行を文化ファッション大学院大学 教授 ファッションマネジメント専攻長の山村貴敬氏が務め、パネリストには、住金物産株式会社執行役員の山本健介氏、上海牧野制衣有限公司代表取締役社長であり東華大学准教授の許旭兵氏、株式会社三越伊勢丹ホールディングス海外店舗チーム企画開発顧問の小庭一雄氏、繊研新聞社編集局大阪編集部次長 アジア取材プロジェクト・デスクの藤浦修一氏のアジアファッションビジネスに精通している5名により行なわれました。
 始めに司会の山村さんより、日本はアジアを生産の場と考えていたが、今は大きな市場ととらえている。しかし日本のアパレル目線であり、アジアンネットワークは、それを超えるもので、アジアを一つの地域ととらえ、企画、デザイン、生産、販売などアジア全体が発展していくものではないか と今回のテーマを取り上げた理由が語られ、ディスカッションが始まりました。

 住金物産の山本さんは、リーマンショックを境に繊維産業が落ちたと思われているが、しかし、それより前に落ちが始まっていた。それは、ボリュームゾーンの価格が下がっていたことでもわかるように、それまでの"良いもの"は、良い素材、作り方をしていて、だから"良いもの"であり高いですよだった。これが"良いもの"とは、品質、素材、価格のバランスの取れたものに変わってきた。それにあわせ生産も中国一辺倒からミャンマーやバングラ、インドなど安いところへ移動している。ただしバングラでは始めから終わりまで最短4ヶ月、長いと6ヶ月くらいかかるしロットも大きくなければいけない…。結局、素材の調達、価格、納期のバランスの良いところに落ち着くのではないか。メインマーケットを中国と捉えたとき、それがどこになるのかはわからない。アジアの大都市では既に格差はない。国際的な生産体制、管理体制を作り一番良い場所に行き、都合の良い体制を作れる企業、個人が発展していくとのことでした。

 上海牧野制衣有限公司の許さんは、中国ではファッション産業は重要な産業の1つで、繊維は輸出第1位、GDPの外貨収入の25%を占めるほどで、リーマンショック後も経済成長を続けており、消費者は高い購買力も持っている。中国のファッションブランドは既に9万を超え、一部は市場で高い地位を築いている状況とのこと。また、ビジネスの成功の秘訣は、中国を良く理解するということで、中国の市場のニーズを良く調査、研究するのが必要だと中国のファッション産業の状況、ビジネスの成功のポイントを話されました。

 三越伊勢丹の小庭さんは、伊勢丹のアジアへの店舗展開や特に現在力を入れている中国店舗の話を語られ、伊勢丹の海外店では800億円程度の売上げで国内に比べ少ないが、利益は上まわりそうなくらいでている。そのなかで中国は好調であり、VIPの顧客(週に2,3度足を運んでくれる)をいかに獲得するかが重要で、VIPの売上げは全体の7,8割、上海店では、売上げ(100億円)の1%(1億円)を10人の顧客で占めている。韓国や中国のブランドが元気であるが、これは面子を重要視する中国人の気持ちを理解しており、ブランドを知らしめ、固定客を掴む術を心得ているから。しかし中国のブランドは工場が持っているところが多く、まだまだ企画力が足りなく、日本のブランドとライセンスを結びたいと思っているところが多いとのことでした。

 繊研新聞の藤浦さんは、アジアのファッション産業は時代でわけることができ、現在は自由貿易の時代に入っている。地域的には、中国、韓国、タイ、インドネシアからベトナム、カンボジア、ミャンマー、ラオスさらに西へバングラ、インドへと広がりをみせている。FTA(自由貿易協定)が次々締結されてボーダーがなくなってきており、リーマンショックを受け対米輸出が減ったアジアの国が日本へ向ける目が変わってきているのが現在とのこと。将来(2015年から20年ころ)日本企業がヘッドクオーター(本部)をどこにおき、どこで生産するか、どこのゾーンを攻め、どこで売るのかをしっかり考えていかなくてはならない時期がきており、すでに実行されているところもある。それは日本の企業だけではない。アジアの人が日本に注目、期待していると語られました。

 これらの話を受け、最後に司会の山村さんより、ボーダーがなくなってきていると言うことで、クリエーション、流通、生産などのそれぞれが、得意の技術をアジアの中で発揮し、ボーダーレスのビジネスを推進していくには、アジアンネットワークは大切であり、欧米とは違った切り口でアジアから発信していければ、アジアンネットワークの意義があると思います。と締めくくられていました。以上のシンポジウムは、BFGUのホームページに収録されますので、詳細はBFGUホームページをご覧下さい。
http://bfgu-bunka.ac.jp/


文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー オーストリア・ウイーン市立モーデシューレ・ヘッツェンドルフ校
<ファッションショー>
 シンポジウムに続き、ファッションショーが行なわれました。今年は日本・オーストリア友好140周年の記念行事の一環でオーストリア・ウイーン市立モーデシューレ・ヘッツェンドルフ校の学生の22作品とBFGUの学生9名各10作品が披露されました。


オーストリア・ウイーン市立モーデシューレ・ヘッツェンドルフ校
テーマ:「ALPHA-DRESS」「SHAPES」。
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー オーストリア・ウイーン市立モーデシューレ・ヘッツェンドルフ校文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー オーストリア・ウイーン市立モーデシューレ・ヘッツェンドルフ校文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー オーストリア・ウイーン市立モーデシューレ・ヘッツェンドルフ校文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー オーストリア・ウイーン市立モーデシューレ・ヘッツェンドルフ校文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー オーストリア・ウイーン市立モーデシューレ・ヘッツェンドルフ校文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー オーストリア・ウイーン市立モーデシューレ・ヘッツェンドルフ校文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー オーストリア・ウイーン市立モーデシューレ・ヘッツェンドルフ校文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー オーストリア・ウイーン市立モーデシューレ・ヘッツェンドルフ校文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー オーストリア・ウイーン市立モーデシューレ・ヘッツェンドルフ校文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー オーストリア・ウイーン市立モーデシューレ・ヘッツェンドルフ校


ファッションクリエイション専攻 ファッションデザインコース2年
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 明 ナミ文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 明 ナミ文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 明 ナミ文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 明 ナミ
明 ナミ "Life is circus!"

楽しさがサークルを創り、幸せな色が跳びはね、飛び出す。
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 久保寺 恭子文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 久保寺 恭子文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 久保寺 恭子文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 久保寺 恭子
久保寺 恭子 Under the veil
ヴェールの下にかくされているもの。インド、パキスタンからの発想。
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 岡本 伊代文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 岡本 伊代文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 岡本 伊代文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 岡本 伊代
岡本 伊代 Decoracion de Andalucia
スペインタイル イスラム建築
規則的なようで不完全な、アンダルシアの装飾
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 高嶋 瑞枝文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 高嶋 瑞枝文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 高嶋 瑞枝文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 高嶋 瑞枝
高嶋 瑞枝 Robert Mapplethorpe
光=陰影=難解な女性像
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 藤﨑 陽平文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 藤﨑 陽平文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 藤﨑 陽平文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 藤﨑 陽平
藤﨑 陽平 Deep sea
深海の世界
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 高橋 悠介文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 高橋 悠介文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 高橋 悠介文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 高橋 悠介
高橋 悠介 The Knitting Sculptures
無縫製ニットウェアの構造研究
-プロダクト的デザインの展開とミニマル表現-
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 細江 明弘文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 細江 明弘文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 細江 明弘文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 細江 明弘
細江 明弘 popart + black joke
注意を促す服。
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 藤川 郁磨文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 藤川 郁磨文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 藤川 郁磨文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 藤川 郁磨
藤川 郁磨 Light and Transparent
都市生活+自然+スポーツ感=エネルギー
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 辻野 理美文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 辻野 理美文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 辻野 理美文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションショー 辻野 理美
辻野 理美 THE GIRL OF THE PERIOD
身体を改造しようとする人間の欲望。

第69回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2010が開催されました
第69回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2010
第69回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2010第69回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2010
第69回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2010 MIX WAVE第69回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2010 JAPAN DCP EXPO
 最新のデザインやトレンド・クオリティの高い見本市として世界から高い評価を得ている東京インターナショナル・ギフト・ショーが2月2日(火)~5日(金)の4日間、東京ビッグサイト全館で開催されました。今回のテーマは「~Let’s Meet at NIPPON ~日本で出会おう、景気浮揚のスグレモノ」で、アパレルファッションフェア、ヤングファッション&キッズスタッフフェアなど36のフェアで構成され、過去最大となる2,506社(その内海外からは23の国と地域の255社)が出展し、総来場者数201,245人(海外来訪者2,091人含む)と大変に活気のある商談型見本市でした。
 また、従来のギフトショーに加え、アパレル・ファッションマーケットへの新しい潮流「MIX WAVE」、「JAPAN DCP EXPO」(ディズニー商品総合展示会)などが同時開催され、「MIX WAVE」は「ファッションを通じてギフトマーケットの拡大を図る!」との目標を揚げ前回のギフトショーから登場し、今回も西アトリウムで「manicolle tokyo」(クリエーターズ・デザイナーズの側面から)、「FRONTIER」(ヤングカジュアルの側面から)がファッションマーケットを盛り上げました。「JAPAN DCP EXPO」(ディズニー商品総合展示会)は、ディズニーの契約ライセンシーの「ディズニーキャラクター商品」が一堂に集まり、ファッションやトイなどのカテゴリーに分かれ、多くのお客を集めていました。

次回の東京でのギフト・ショーは2010年9月7日(火)~10日(金)、東京ビッグサイトで行なわれます。
http://www.giftshow.co.jp/tigs/70tigs/index.htm
展示会のご案内
Playtime TOKYO
1. Playtime TOKYO
2009年秋の初開催で話題を集めた「Playtime TOKYO」が開催されます。今回もベビー・キッズのファッションやインテリアグッズからマタニティウエアまで70社以上が出展します。
開催日程:
2010年2月23日(火)~25日(木)
開催時間:
23日(火)10:00-18:00
24日(水)10:00-20:00 *夜間延長
25日(木)10:00-17:00
会場:
EBIS303(東京都渋谷区恵比寿1丁目20-8エビススバルビルA)
tokyoeyeパリ・プロジェクト
2. tokyoeyeパリ・プロジェクト
2009年11月に始動したtokyoeyeプロジェクトは、日本のファッションの発信力強化と海外でのビジネス展開を希望するブランドの支援を目的として、2010 年パリで佐々木香氏をイメージ・ディレクターに迎え、テスト販売や展示・商談会を実施いたします。

"colette"でのテストマーケティング販売(B to C)
期間:
2010年2月15日(月)~27日(土) 11:00~19:00(日曜定休)
住所:
213 rue Saint-Honore, 75001 Paris
セレクトショップ「colette」内に、tokyoeyeのコーナーを設け、12ブランド(AULA AILA(アウラアイラ),DRESSCAMP(ドレスキャンプ),galaxxxy in HiFi(ギャラクシー・イン・ハイファイ),graniph(グラニフ),Liz Lisa(リズリサ),SACHIO KAWASAKI(サチオ カワサキ),ValenTine's High(ヴァレンタイン ハイ),DUCKDIGGER(ダックディガー),PHENOMENON(フェノメノン),amabro(アマブロ),M's system(エムズシステム),Malcolm Guerre(マルコム・ゲール))を販売いたします。

"TRANOI SHOWROOM"での2010-2011秋冬コレクション展示商談会(B to B)
会期:
2010年3月4日(木)~11日(木) 10:00~19:00 (最終日18:00)
住所:
10-12 rue du Parc Royal, Paris 75003
パリ・ファッションウィーク期間中、TRANOI合同展の主催者が新たなコンセプトで立ち上げるTRANOI SHOWROOM内にて、11ブランド(20,000,000fragments(トゥエンティ・ミリオン・フラグメンツ),AULA AILA(アウラアイラ),DRESSCAMP(ドレスキャンプ),galaxxxy in HiFi(ギャラクシー・イン・ハイファイ),Liz Lisa(リズリサ),SACHIO KAWASAKI(サチオ カワサキ),ValenTine's High(ヴァレンタイン ハイ),amabro(アマブロ),M's system(エムズシステム),CRAM JAM CHEST(クラムジャムチェスト),Malcolm Guerre(マルコム・ゲール))の展示商談会を開催し、日本ブランドの海外展開促進を目指します。
詳細のお問合せは tokyoeye事務局(公式HP:http://www.tokyo-eye.jp)まで
第81回東京レザーフェア(2010-11A/W)が開催されました
第81回東京レザーフェア(2010-11A/W)第81回東京レザーフェア(2010-11A/W)
第81回東京レザーフェア(2010-11A/W) 有限会社ヒズ第81回東京レザーフェア(2010-11A/W) すぎうらますみ第81回東京レザーフェア(2010-11A/W) 株式会社PROUD第81回東京レザーフェア(2010-11A/W) PEKO第81回東京レザーフェア(2010-11A/W) 株式会社ツルマキ第81回東京レザーフェア(2010-11A/W) 株式会社シャミオール
第81回東京レザーフェア(2010-11A/W) 杉野学園ドレスメーカー学院第81回東京レザーフェア(2010-11A/W) バンタンデザイン研究所第81回東京レザーフェア(2010-11A/W) 文化服装学院アパレルデザイン科第81回東京レザーフェア(2010-11A/W) 文化服装学院ファッション工芸専門課程第81回東京レザーフェア(2010-11A/W) 目白ファッション&アートカレッジ
 国内最大級の規模で毎年様々な企画を展開し、業界の牽引役を担っているレザーマテリアルトレンドフェアの東京レザーフェアが2010年1月21日、22日の2日間、都立産業貿易センター台東館で開催されました。出展社52社・7団体、約100社が2010-2011年の秋冬コレクションを出展しました。開催テーマは「革心(かくしん)本質を貫く」。恒例のトレンドラボラトリースペースやリネアペッレトレンドセレクションの特別セミナー、4回目となるレザーファッションショーは参加5校による学生ステージの他、業界初の試みとなる参加6社(個人デザイナー含む)によるトレンドステージ「クリエーターズデビューショー」も開催されました。
 来場者数は3日間で6004名。会場内は最新の皮革・厚物素材を見に来場した業界関係者やバイヤーの方であふれ、レザーファッションショーには学生の皆さんが大変多く集まり立ち見となるなど、今回も非常に盛り上がりました。
 次回は2010年6月24・25日、同会場での開催となります。
展示会のご案内
1. TEXTILE SPIRITワークショップ発表会「デザインのプロセス」展
昨年開催された桐生と八王子産地でのワークショップを受けて、参加4名のクリエーターによるイメージを布にし、衣服を製作するプロセスと完成作品の発表が行われます。
会期:
2010年2月4日(木)~6日(土)11:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場:
Rin 3F(東京・青山)
主催:
中小企業基盤整備機構(後援:経済産業省)
URL:
http://haft2.smrj.go.jp/(入場無料)
2. rooms No20
10周年を迎えるroomsは、2010年のシーズンコンセプトを「START」とし、オリジナル商品を制作・展示する「START展」やroomsの10年間を振り返る「1度限りの回顧展」など10周年記念の特別イベントの企画も盛りだくさんで2010年2月8日(月)~10日(水)に開催されます。個性溢れるクリエーターの「部屋」を国内有力専門店や百貨店のリーディングバイヤーや、アジア、ヨーロッパ各国のバイヤーが訪れ、交流や創造を促進するグローバルな合同展示会です。
会場:
六本木ヒルズ 40F/49F
会期:
2010年2月8日(月)~10日(水)10:00~18:00
出展/来場予定:
400ブランド以上/約15000人
シーズン:
2010-11 Autumn&Winter
対象:
プロのバイヤー、プレス関係者限定。一般の方や学生の方の入場は出来ません。
カテゴリー:
メンズ/レディースウェア、デニム系アイテム、ユニセックス、靴、帽子、鞄、アクセサリー、周辺雑貨、アート関連
URL:
http://www.roomsroom.com
3. ジャパン・ベストニット・セレクション2010
昨年初開催され大変好評だったジャパン・ベスト・ニットセレクションの第2回が開催されます。ニットファッションのバイヤーやアパレルメーカーなど大変多くの来場者が予想されます。
会期:
2010年3月17日(水)、18日(木)10:00 ~18:00(18日は17:00まで)
会場:
東京国際フォーラム 展示ホール2(東京都千代田区丸の内3-5-1)
展示会規模:
50社/50小間(予定)
入場料:
1,000円 ※業界関係者のみ、招待者および事前登録者は無料
URL:
http://www.jbks.jp/
第44回'10大阪ミシンショーJUKI出展機種のご案内
 先日お伝えした2月19日(金)、20日(土)にインテックス大阪(3号館)で開催される第44回'10大阪ミシンショー&ハンズフェスティバルでのJUKI出展機種をご案内いたします。

■ JUKI出展機種のご案内
 最新技術を取り入れた省力機・新型本縫自動糸切ミシンを始めとし、省エネ・生産性向上商品を中心に展示いたします。
JUKI小間番号:65

本縫・ロックミシンコーナー
DDL-9000BDS-0B/CP-180A/AK141
ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン(完全ドライタイプ)
DDL-9000BSS-0B/CP-18A
ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン(微量給油タイプ)
特殊ミシンコーナー
LBH-1790S
高速電子眠り穴かがりミシン
LH-3568A-SF-7-WB/CP-180A
セミドライヘッド2本針本縫自動糸切りミシン(角縫付き)
SB-LK1900A
セッパ・ボタン付けミシン(JUKI販売オリジナル)
DNU-1541/X55247
1本針本縫針送り倍釜太糸ステッチミシン
MEB-3200SSJM
電子鳩目穴かがりミシン(紳士・婦人服仕様・マルチカット装置付き)
LZ-2290ASR-7-WB
ダイレクトドライブ高速電子本縫千鳥縫自動糸切りミシン(クイックリバース仕様)
ニットコーナー
MF-7823DU10B56UT22
セミドライヘッド・シリンダーベッド両面飾り偏平縫ミシン
MF-3620L201B60A
4本針フラットシーム用送り出し腕型偏平縫ミシン(ダイレクトモーター仕様)
自動機コーナー
AMS-210ENSS1306SZ5000C/IP420F
入力機能付き電子サイクルマシン(横130mm×縦60mm)
AMS-224EHS4530SZ5000DSF/IP410F
入力機能付き電子サイクルマシン(横450mm×縦300mm)
AMB-289Z(J-SC1)
高速電子単環根巻きボタン付けミシン(ほつれ防止用液体供給装置)
ASN-690LAFA8D-EA4
自動サージングマシン(ロングテーブル仕様)
AE-200ALDAA4D-EA4
エッジコントロールシーマー
厚物コーナー :カーシート用ミシン
LU-1510NA70BAK137BZZ/CP170B
1本針本縫総合送り水平大釜自動糸切りミシン(カーシ-ト仕様)
PLC-1760SDA/AK136B
ポストベット2本針本縫総合送り水平大釜ミシン(BT装置付き)
刺繍機コーナー
AMS-210ESL1306SZ/X7450
電子サイクルマシン(ネーム刺繍仕様)
その他取り扱い商品コーナー
SNK-2410
ネーム照合器
MH-M100
自動マジック付けミシン(自動カット・反転仕様)
家庭用ミシンコーナー
HZL-010S/E
本格刺繍コンピューターミシン完全自動上糸かけ・パソコン接続・自動糸切り
HZL-010S
本格刺繍・完全自動上糸かけ・下糸自動供給・自動糸きり・コンピューターミシン
HZL-F600JP
独立下糸巻き・BOX送り・自動糸切りつきフットコントローラー・コンピューターミシン
TL-25DX
糸切りフットスイッチ・自動糸通し・針上下スイッチ・職業用本縫いミシン
MO-345DC
2・3・4・5本糸+カバーステッチ付きロックミシン
※新:新商品、出展機種は都合により変更させて頂く場合もございます

大阪ミシンショーURL
http://www.omsk.gr.jp/img/syo.html
JFW-IFFが開催されました
インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)
 国内最大のファッション見本市であるJFWインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF、繊研新聞社主催)が、2010年1月13日から15日、東京ビッグサイト西展示棟全館で開催されました。三日間の来場者数は2万6482人で前回を上回りました。
 海外からは中国、韓国の他、日本市場への輸出が初めて2億ドル(08/09年度:前年度比17.4%増(08年7月~09年6月))を超えたバングラデシュが初めて14社の団体で出展し、チャイナプラスワンとしての可能性をアピールしました。バングラデシュも欧州プラスワンを模索しているため日本市場に強い関心を寄せており、両国にとって意義ある出展となりました。

Fanaka
インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF) Fanakaインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF) Fanaka
 織りのあまいインド綿やプリント、ハンドクラフトの刺繍を使った雰囲気のある春夏のチュニックやワンピースを中心に出展するコスモトレーディング株式会社はFanakaのブランドを立ち上げてから6年、IFFには3年前から出展している。資材調達を含め春夏向けの布帛はほとんどがインドで生産し、その他2割ほどが中国で生産するニットやカットソーとなる。インドでの生産はニューデリー近郊の工場と商社を通さず直接貿易で行っている。企画やデザインは品川にある本社で行い、専門店での販売を中心に自由が丘に直営店も持つ。
http://www.cosmo-tr.com

株式会社 エメラルドブルー
インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF) 株式会社 エメラルドブルーインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF) 株式会社 エメラルドブルー
 カンカン帽や中折れ帽子など春夏に流行りそうな婦人・紳士向けの帽子を販売する株式会社エメラルドブルーは日本橋に支店を持つ大阪の会社。中国とベトナムに自社工場を持ち、オリジナルデザインの他、ライセンスブランドで"AVIREX"や"Technics"、パイプのワンポイントマークで知られる"TOROY"なども手掛ける。雑誌などで紹介され人気のミニハットもブレードを使ってしっかり作ってある。2009A/Wで大変好評だったスパンコールのキャップやキャスケットは、端の処理が非常に難しいとの事。大阪・東京の支店にはソーイング室がある。
http://www.emeraldblue.com/

有限会社シサム工房
インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF) 有限会社シサム工房インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF) 有限会社シサム工房
 天然素材の洋服や雑貨、鞄などのフェアトレード商品を扱うシサム工房は、主にインド・ネパール・タイで伝統技術や手仕事にこだわった暮らしに役立つ優しい商品を生産している。会社創立11年となりIFFは今回が初出展。雑貨中心のギフトショーでは6年の出展経験がある。"シサム"とは北海道のアイヌ語で"よき隣人"の意味。皮革の鞄などもインドの最貧層の人が自然死した革だけを使って革紐で縫って作るため、牛・水牛・山羊など素材が混ざり色もさまざまだが、ムダの無い造りに味がある。貧しい地域の人々に継続的に仕事を発注するためにデザインを重視したオリジナル商品を開発している。
http://www.sisam.jp/

kimidori
インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF) kimidoriインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF) kimidori
 メンズ・レディースのパンツ「kimidori」は履き心地の良さにこだわる新感覚のパンツ。生地の編みたてと裁断・縫製の一貫生産を担当するラック産業株式会社を中心に、製品染めやインクジェットプリントを担当するD.C.I株式会社、ブランドロゴを刺繍する有限会社原田刺繍の3社が奈良の地元で企画開発、生産しており、JUKIミシンも各種使われている。昨年はTシャツで出展したが、今回はパンツで出展。IFF終了後にインターネットでの販売を開始するそう。ブーメロンという特殊ナイロン糸を使用し小さな力で大きく伸びるが、洗濯により元に戻る性質がある。接結編みやパイル生地でも全方向に伸び、締め付けない履き心地が最大の特徴。くまのモチーフなどは伸びないように貼り付けにするなど、非常に伸びる生地のためプリントなどの加工には苦労がある。
http://www.rakuten.co.jp/kimidori/

次回のJFW-IFFは2010年7月21日~23日に開催されます。
第44回大阪ミシンショー&ハンズフェスティバルのご案内
 西日本最大規模となる工業用縫製機器を中心とした最新鋭機器の展示会、大阪ミシンショーが下記の概要で今年も開催されます。2010年展示会よりKFCC(関西ファッションカレッジコンソーシアム)の協力により学生の作品発表会、福祉事業協力として「 さおり織り」の販売協力事業が新たに加わり、テーマゾーンでは技能士会の縫製相談や大阪府ミシン商業協同組合員によるソーイング技術の展示が行われます。
 JUKIも小間N0.65に、工業用ミシン、家庭用ミシンを多数出展いたします。
 詳細機種は、次号にご案内いたします。

会期:
平成22年2月19日(金)・20日(土)午前10時~午後5時
会場:
インテックス大阪3号館(大阪市住之江区南港北1-5-102)
主催:
大阪府ミシン商業協同組合
出品内容:
家庭用・工業用・特殊ミシン、ミシン部分品、アタッチメント縫製用品、プレス、裁断機、CAD・CAM、縫製関連機器、縫製関連資材、趣味の手作り作品、手芸材料、カット生地(残布)等

詳しくは大阪ミシンショーホームページへ
http://omsk.gr.jp/festival/
文化ファッション大学院大学第2回ファッションウィークのご案内
 ファッション産業における新しいビジネスモデルを研究する専門職大学院、文化ファッション大学院大学は、第2回となる「文化ファッション大学院大学(BFGU)ファッションウィーク」が2月1日(月)から開催します。ファッション産業界からパネリストを招くシンポジウム、BFGU学院生によるファッションショーや展示、研究発表などで構成され、ファッション産業に携わる人々が次代のファッションビジネスの方向を模索するものです。開催概要は以下の通りです。

開催期間 :
2010年2月1日(月)~6日(金)
会場 :
学校法人 文化学園内 遠藤記念館大ホール(F館) ほか
プログラム :
(プログラムによって開催日時・会場が異なります)
  1. ファッションテクノロジーコース1年次終了展示
    2月1日(月) ~6日(金)C館エントランス
  2. ファッションテクノロジーコース修了展示
    2月1日(月) ~6日(金)遠藤記念館ギャラリー(F館)
  3. ファッションデザインコース1年次終了展示
    2月4日(木) ~6日(金)遠藤記念館大ホール(F館)
  4. ファッション経営管理コース1年次基礎研究発表
    2月4日(木)視聴覚講義室(F館)
  5. ファッション経営管理コース修了研究発表
    2月2日(火)視聴覚講義室(F館)
  6. シンポジウム テーマ「Asian Network」
    2月2日(火)遠藤記念館大ホール(F館)
  7. ファッションデザインコース2年次修了ショー
    2月2日(火)遠藤記念館大ホール(F館)
注)5.6.7.のプログラムは招待状(抽選)が必要となります。

招待状の申込み、および開催時間など詳細につきましては
BFGUホームページをご確認ください
http://bfgu-bunka.ac.jp/
展示会のご案内
1. JFWインターナショナル・ファッション・フェア
2010年の最新トレンドや若手デザイナーやクリエーターのインキュベーション事業、日本伝統のものづくりをアピールするファッション総合展示会JFW-IFFが2010年1月13日(水)~15日(金)東京ビッグサイトで開催されます。
会期:
2010年1月13日(水)~15日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:
東京ビッグサイト 西展示棟
出展:
750社(日本他13カ国)
公式サイト:
http://www.senken-ex.com/iff
2. 東京国際キルトフェスティバル-布と針と糸の祭典2010-
多彩なゲストがとっておきトークを繰りひろげるトークイベントやキルトワークショップ、キルト作家が演出する空間"ようこそ!マイルーム"などで多くの来場者を集める東京国際キルトフェスティバルが2010年1月15日から9日間の日程で開催されます。毎年、国内外から傑作・力作が集まる「日本キルト大賞」は入賞・入選作品およそ330点を展示し、16日午後に表彰式が開催されます。
会期:
2010年1月15日(金)~23日(土)10:00~18:30(初日11:00開場/最終日18:00閉場)※入場は閉場の1時間前まで
会場:
東京ドーム(東京都文京区後楽)
入場券:
前売券1,800円(税込)/当日券2,000円(税込)
(小学生以下は無料。ただし、大人の付き添いが必要です)
 
詳細は東京ドームシティ、キルトフェスティバル2010ホームページへ
http://www.tokyo-dome.co.jp/quilt/
3. 第81回東京レザーフェア
皮革産業の2010-11年秋冬トレンドを発信する東京レザーフェアは、今回も伊リネアペッレのトレンドセミナーや選抜されたファッション専門学校5チームとオーディションにより選出された6社/個人の新鮮で個性的なレザーファッションショー(1日2回)を開催します。
会期:
2010年1月21日(木) 9:00~17:00、22日(金) 9:00~16:30(受付は終了時刻の30分前まで)
会場:
都立産業貿易センター台東館4~7階
出展:
52社・7団体
 
詳細はホームページをご確認ください
http://www.tokyo-leather-fair.ecnet.jp/
4. 第69回ギフトショー
毎回東京ビッグサイト全館を使い開催される東京インターナショナル・ギフト・ショーが2010年2月2日(火)から5日(金)に開催されます。今回のテーマは「~Let's Meet at NIPPON~日本で出会おう、景気浮上のスグレモノ」です。前回からスタートした「MIX WAVE」では、manicolle tokyo(マニコレトウキョウ)とFRONTIER(フロンティア)の2つの合同展示会を融合した"ビジネスの場"を提供します。
会期:
2010年2月2日(火)~5日(金)10:00~18:00(最終日は16:00まで)
会場:
東京ビッグサイト全館
出展:
約2,200社
公式サイト:
http://www.giftshow.co.jp/tigs/69tigs/

JUKI Magazine PageNavigation