JUKI Magazine PageNavigation

News Index

2009.12

2009.11

2009.10

2009.09

2009.08

2009.07

2009.06

2009.05

2009.04

2009.03

2009.02

2009.01


第48回FISMA東京2009が開催されました
第48回FISMA東京2009 JUKIブース
第48回FISMA東京2009 JUKIブースAE-200A 第48回FISMA東京2009 JUKIブース DDL-9000B
第48回FISMA東京2009 セミナー
 東京ファッション産業機器展(48th FISMA TOKYO)が12月2日(水)、3日(木)東京ビッグサイト西3ホールにて開催されました。「信頼の証明=NIPPON・スペック~安心、安全、そして信頼へ~」のテーマのもと工業用ミシン、家庭用ミシン、縫製関連機器、部品、アタッチメントなどアパレル生産関連を幅広く出展。2日間の来場者数は2日7,216人/3日5,556人、合計12,772名と昨年を上回る大盛況となりました。

 JUKIでは工業用ミシンを中心に、家庭用ミシンなどを展示。新商品のダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン「DDL-9000B」や特殊ミシン、エッジコントロールシーマ「AE-200A」や電子サイクルマシン「AMS-210EN」などの最新自動機を多数展示し、多くのお客さまで賑わっていました。
 特に経験が浅いオペレーターでも熟練オペレーター同様に"異種曲線生地の合わせ縫"が実現できる、エッジコントロールシーマー「AE-200A」や縫製工場で最も一般的に使われる1本針本縫いミシンの最高峰モデル「DDL-9000B」などが注目を集めました。

 また毎回開催されるテーマゾーンでは、株式会社三景の岡安茂男氏による「裏で活躍する副資材の取り扱いと効果」や、有限会社アンティフリーズ代表取締役岩井正博氏による「縫製作業でできる歪みをパターンで解消!」、有限会社サン・モードスタジオ代表取締役柴山登光氏による「縫製工場の生産技術(パンツのクセ取り)」の特別セミナーなどが開催され、聴講者は非常に熱心に縫製技術の講義に傾聴していました。また東京都ミシン商工業協同組合によるものづくりコーナーでは家庭用の刺繍ミシンなど使って実演が行われました。
IFFT/インテリアライフスタイルリビング展が開催されました
IFFT/インテリアライフスタイルリビング展
IFFT/インテリアライフスタイルリビング展
IFFT/インテリアライフスタイルリビング展 BRUNEI PREMIUMIFFT/インテリアライフスタイルリビング展 CHINA PAVILION
IFFT/インテリアライフスタイルリビング展 WA+ IFFT/インテリアライフスタイルリビング展 にっぽんらいふ
 ライフスタイルをトータルに提案するインテリアの総合見本市、IFFT/インテリアライフスタイルリビングが2009年12月2日(水)~4日(金)の3日間、東京ビッグサイト、東2・3ホールにて開催されました。
 前回2008年11月の開催では、国内最大の家具見本市「IFFT (東京国際家具見本市)」と、毎年6月に開催されている国内外から最新のデザイン・インテリア製品を一堂に集めた「インテリア ライフスタイル」の秋版にあたる「インテリア ライフスタイル リビング」の2つの見本市が融合し、14ヶ国・地域から367の出展者と、26,912名(34カ国・地域)の来場者を迎えました。今回も2万人を越える来場者を集め、連日開催されたライフスタイル・サロン2009では、来場者へ様々な切り口でビジネスのアイデアやこれからのトレンドを、業界を牽引するプロダクトデザイナーや空間プロデューサーが語り合い、立ち見での聴講者が出るなど大盛況となりました。
 インテリアは、「モノからコト」へ、"コト"="ライフスタイルや価値観"が見える"モノ"の提案が求められています。家具を中心に、ホームテキスタイル、テーブルウェア、インテリア雑貨などインテリアに関連した幅広い製品の出展や、最旬のトレンドを発信する特別企画や会場構成、住空間をトータルに提案する商業見本市としてインテリア業界のみならず、他業界からも注目されています。
 日本貿易振興機構(JETRO)は、イスラムのモスクを模った"BRUNEI PREMIUM"のブースでブルネイの伝統工芸品を多数展示しました。また"CHINA PAVILION"では海外出展者の中で最大の27社/ブランドが出展。その他、クオリティーの高いスタイリッシュな日本発デザインを紹介した「WA+」や、日本各地の家具産地が一堂に会する「にっぽんらいふ」では2010年の最新インテリアトレンドのコーディネートが展示されました。

 次回の開催は2010年11月24日(水)から3日間、同会場にて開催されます。また、デザイン雑貨メインの「インテリアライフスタイル」は2010年6月2日(水)から3日間となります。
第48回東京ファッション産業機器展(2009 FISMA TOKYO)のご案内
 東京ファッション産業機器展(2009 FISMA TOKYO)が12月2日(水)、3日(木)に東京ビッグサイト(西3ホール)で開催されます。「信頼の証明=NIPPON・スペック ~安心、安全、そして信頼へ~」(Proof of Trust = NIPPON・Spec ~Aiming at Attaining Security,Safety and Confidence)をテーマに縫製関連機器・生産管理機器/システム・繊維素材/縫製副素材・情報/技術関連サービスなどが出展されます。

■開催概要
日時:
2009年12月2日(水)、3日(木) 10:00~17:00(3日は16:00まで)
会場:
東京ビッグサイト(東京国際展示場)西3ホール
(会場までのアクセスはこちら→http://www.bigsight.jp/general/access/)
主催:
東京都・東京都ミシン商工業協同組合
入場料:
1,000円 (2日間通用・消費税込・公式ガイドブック付き)
URL:
http://www.sewing-machine.or.jp/fisma/fisma.html
■JUKIブース
 
JUKIは、小間No.C-17にて自動機コーナーなど6つのコーナーに、12機種の工業用ミシン(新商品7機種、近日発売1機種)、6台の家庭用ミシン(新商品2機種)を出展いたします。是非、ご来場ください。
詳細出展機は以下URLをご覧ください。
http://www.jukihanbai.co.jp/news/tokyofisma.htm
文化学園の文化祭
2009文化学園文化祭
2009文化学園文化祭 BFGUファッションデザインコース作品
2009文化学園文化祭 生産管理実習室
 文化服装学院、文化女子大学、文化ファッション大学院大学などを含む文化学園で共同開催となる文化祭が渋谷区代々木のキャンパスなどで11月2日から4日まで行われました。
 ファッションショーは毎年2万人もの来場者を誇る文化祭最大のイベントで、文化服装学院、文化女子大学(企画集団FUSE、国際ファッション文化学科)がそれぞれのテーマで行なっています。JMニュースでは、遠藤記念大ホールで行われた文化服装学院I部のファッションショー(テーマ:律動 -Prato-)とII部服装科(テーマ:実験アパートメント)をフォトコレクションでお届けします。

 その他の催しものとして、屋外模擬店や、ミスBUNKAを決めるコンテスト、学生・教職員が製作した衣服、小物などを販売するバザーなどが行われ多くの方が訪れ賑わっていました。
 展示は、各学校各課が様々な作品やカリキュラムなどを紹介しており、B館1階にある生産管理実習室では、「学生による縫製ライン実演」が行われ、160工程ある婦人ジャケットを6人の学生がラインとして並べられた各種のミシンを使い50分で1着というペース(目標は35分/着)で縫い上げており、縫製工場と同等の生産設備での生産過程を間近で見ることができました。また、文化ファッション大学院大学(BFGU)のファッションデザインコースでは装苑賞を受賞した作品などが展示されていました。

I部ファッションショー(テーマ:律動 -Prato-)
I部ファッションショー(テーマ:律動 -Prato-)
II部ファッションショー(テーマ:実験アパートメント)
II部ファッションショー(テーマ:実験アパートメント)

JFW「2009 新人デザイナーファッション大賞」最終審査会結果発表
JFW「2009 新人デザイナーファッション大賞」最終審査会結果発表JFW「2009 新人デザイナーファッション大賞」最終審査会結果発表 森英恵さんJFW「2009 新人デザイナーファッション大賞」最終審査会結果発表 大賞 糀泰佑さん
JFW「2009 新人デザイナーファッション大賞」最終審査会結果発表 受賞デザイナー
 JFW(Japan Fashion Week in TOKYO)の最後を飾る「2009 新人デザイナーファッション大賞」が10月24日東京ミッドタウン・ホールで行われました。世界51の国と地域から12,275点の応募があり、一次審査を通過した29点がショー形式で最終審査にのぞみ、大賞1名、部門優秀賞2名、秀作賞5名、佳作21名が決まりました。新人デザイナーファッション大賞は、1984年にオンワード樫山が次代を担う新人クリエーターの成果を発表する場として開始され、2004年からは経済産業省の支援を、2008年からは東京都の共催になりJFWの一環として行われ今回で26回目となります。
 大賞は、糀泰佑さん(杉野服飾大学)。テーマは「海の底」。海底に住む未知の生物をイメージ。黒のニットにスパンコールなどのアクセサリーを幾何学模様に飾りつけ、シルエットからディテールまで美しく見せることにこだわった。メンズウェア部門優秀賞は船戸 大揮さん(エスモード・ジャポン東京校)、ウィメンズウェア部門優秀賞は大貫洋平(フリーランス)が受賞されました。審査員からは、「受賞作品は黒を使いバランスやコントラストをうまく表現したものが多いが今後は多彩な色を使ってほしい。そうするとデザインした服から顔の見えるデザイナーになれる。これからもがんばってほしい」とコメントされていました。
 最終審査会審査員〔敬称略〕は森英恵、岩谷俊和、小篠ゆま、小笠原拓郎、麥田俊一の5氏。

 各部門と、受賞者は以下の通り(名前はショーの順番。無印は佳作)

JFW「2009 新人デザイナーファッション大賞」-メンズウェア部門-
-メンズウェア部門-
 
竹村 正則東京モード学園
住谷 一彦東京モード学園
福田 匡佑ドレスメーカー学院
大場 有希子杉野服飾大学
尾形 ゆかり名古屋モード学園
石黒 耕平中部ファッション専門学校
秀作賞
北条 達也宮島学園ファッションドレスメーカー専門学校
秀作賞
渡部 紘之広島ファッション専門学校
優秀賞
船戸 大揮エスモード・ジャポン東京校
JFW「2009 新人デザイナーファッション大賞」-ウィメンズウェア部門-
-ウィメンズウェア部門-
 
Jessie Atkinson / Leonhard Daizo BachmannAkademie Mode und Design, Hamburg(オーストラリア・日本)
粕谷 顕二エスモード・ジャポン大阪校
李 香珠エスモード・ジャポン大阪校
He Jin Yu四川師範大学服装学院(中国)
浅井 佳織エスモード・ジャポン 東京校
大林 俊介上田安子服飾専門学校
大賞
糀 泰佑杉野服飾大学
 
寺嶋 明日香名古屋ファッション専門学校
林 美里国際ビューティ・ファッション専門学校
Hye Young SungLondon College of Fashion(韓国)
中島 亜衣里エスモード・ジャポン東京校
秀作賞
森島 里帆文化服装学院
阿高 里砂 文化ファッション大学院大学
丸山 聡エスモード・ジャポン東京校
Neliana FuenmayorLondon College of Fashion(ベネズエラ)
五十嵐 一貴会社員(MOMA Design Store)
優秀賞
大貫 洋平フリーランス
秀作賞
Lea PeckreLa Camber(フランス)
 
柳崎 巧、島田 彩子フリーランス
秀作賞
前原 加奈Instituto Marangoni Annuale Fashion Design
2009九州アパレルマシンショーJUKI出展のお知らせ
 2009年11月3日・4日に、久留米地域地場産業振興センターにて開催されます「2009九州アパレルマシンショー」に出展いたします。
 最新悦の縫製機器を多数出品致しますのでご来場ください。

開催日:
2009年11月3日(火) AM9:30~PM5:30
4日(水) AM9:30~PM5:00
会場:
久留米地域地場産業復興センター(地場産くるめ)

出展機種などの詳細はこちらをご覧下さい。
http://www.jukihanbai.co.jp/news/kyusyu.htm
ジャパンクリエーション2010A/Wが開催されました
JFW JAPAN CREATION 2010Autumn/Winter
JFW JAPAN CREATION 2010Autumn/Winter Form PresentationJFW JAPAN CREATION 2010Autumn/Winter Form Presentation
JFW JAPAN CREATION 2010Autumn/Winter JEANISM JAPAN QUALITYJFW JAPAN CREATION 2010Autumn/Winter 佐藤繊維株式会社
JFW JAPAN CREATION 2010Autumn/Winter デザイナーコラボレーション JFW JAPAN CREATION 2010Autumn/Winter AKIRA NAKAJFW JAPAN CREATION 2010Autumn/Winter AKIRA NAKAJFW JAPAN CREATION 2010Autumn/Winter AKIRA NAKAJFW JAPAN CREATION 2010Autumn/Winter MIKIO SAKABEJFW JAPAN CREATION 2010Autumn/Winter MIKIO SAKABEJFW JAPAN CREATION 2010Autumn/Winter MIKIO SAKABE
 日本品質と個性豊かな素材の数々をグローバルに発信するジャパンクリエーション2010A/Wが2009年10月7日~10日、東京ビッグサイトの西ホールにて開催されました。世界的な不況の中、JFWとの連携を強化しテキスタイルを中心とした日本のモノ作りに注目が集まり、3日間の開催で27,429名が来場しました。
 今回の見どころは、3日間に渡り各界の著名人が講演する「JFW-JC FORUM」、東京産のピッグスキンをファッション素材としてアピールするためのピッグスキンブースおよびピッグスキンファッションショー、完成度の高い産学コラボレーションを展示した「Form Presentation」、また日本ジーンズ協議会が出展する「JEANISM JAPAN QUALITY」。
 ピッグスキンファッションショー「PIGGY'S SPECIAL」では東京を代表する若手デザイナーとして、世界を舞台に活躍している新進気鋭の「AKIRA NAKA」「MIKIO SAKABE」が起用され、それぞれ「CROSSGENDER」:マスキュリンさがフェミニンさをどのように引き上げていくか、「TWILIGHT」:情報を早く得るよりもどうやって遮断し選んでいくか、という作品テーマでコレクションを発表しました。「JEANISM JAPAN QUALITY」では、モノづくりの背景にある伝統やこだわり、エコやCSRも含めた広い意味での安心・安全が"真のクオリティ"として、400㎡の広いブースに素材や服資材、製品が展示され、藍染体験コーナーも登場しました。
 またテキスタイルメーカーとデザイナーやアパレルのコラボレーション作品を展示したデザイナーコラボレーションでは、「染色・後加工表現」をテーマに、JFW東京コレクション・ウィークや合同展示会の参加デザイナーや新人デザイナーファッション大賞の支援デザイナーらのコラボレーション作品が発表されました。
 メディアでも注目度の高い佐藤繊維株式会社は、オリジナルブランドの「M.& KYOKO」など独自の素材・デザインを前面に出して出展。世界中から輸入した上質な原料を山形県寒河江市の自社工場で紡毛・紡績し、プリント・絣などの特殊加工は他県の地場産業を活用しながら、ニット素材や独特なデザインのニット製品を世界中に提供しています。

次回は、2011年4月21日(水)~23日(金) 同会場にて開催されます。
http://www.japancreation.com/2011ss/boshu.html
インテリアトレンドショー第28回JAPAN TEX 2009が開催されます
インテリアファブリックスやインテリア新製品の発表の場として、ライフスタイル・インテリアスタイルの提案や、最新のトレンドを発信するJAPAN TEXが開催されます。
 
会期:
2009年11月11日(水)~13日(金) 10:00~18:00 (最終日は17:00終了)
会場:
東京ビッグサイト(東京国際展示場)西展示ホール1・2・3・4
主催:
社団法人日本インテリアファブリックス協会
テーマ:
Good day, Good style
後援:
経済産業省、日本貿易振興機構(ジェトロ)、他
出展・来場者数:
(2008年実績)209社・31,396名
同時開催:
IPEC-2009(有限責任中間法人日本インテリアプランナー協会) 於:西ホール
インテリアフェスティバル2009(社団法人インテリア産業協会) 於:西ホール
ジャパンホームショー2009(日本能率協会)於:東ホール
主催・お問い合わせ:
社団法人日本インテリアファブリックス協会
URL:
JAPAN TEXホームページ
http://www.japantex.jp/
上海で国際縫製設備展覧会(CISMA2009)開催
CISMA2009CISMA2009 JUKIブース
CISMA2009 DDL-9000BCISMA2009 AE-200A
CISMA2009 ASN-690CISMA2009 ドライヘッドミシン
 2009年9月22日(火)~24日(木)にCISMA2009中国国際縫製設備博覧会が中国縫製機会協会の主催により上海新国際博覧中心で開催されました。"創新・升級"(Innovation・Upgrading)のテーマのもと、8万平米の会場に17カ国・地域から縫製機械関連の1023社が参加。開催3日間で32.000名を超える来場客が訪れました。
 今年のCISMA2009は中国のみならず、世界の市況が影響してCISMA2007に対して、規模、出展社数、来場客数全てに下回る数字でしたが、展示会に訪れる来場客の見学する視線は大変鋭く、会場内は大変な熱気に包まれていました。

 JUKIは新商品のダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン・DDL-9000Bをはじめ、新商品25台を含む58台の最新鋭工業ミシンを展示。DDL-9000Bやエッジコントロールマシン・AE-200A、自動サージングマシン・ASN-690などが注目されていました。また特設コーナーとして、本縫ミシン、オーバーロックミシン、偏平縫ミシンの全てをドライヘッドミシンで構成したTシャツラインを設置。このラインではドライヘッド、IEサポート、生産管理、アタッチメント等のJUKIの提案を縫製ラインとして具現化しアピールし、好評を得ました。家庭用ミシンもコンピューターミシンHZL-F600(Exceed)、各種の縫いに対応するカバーステッチ付きロックミシンMO-735など13機種を展示、こちらも好評で多くのお客様が集まっていました。
rooms19が開催されました
rooms19 9月16日(水)~18日(金)まで東京・国立代々木競技場第一体育館で合同展示会「rooms 19」が開催されました。今回で19回目を向かえ国内外から400以上のブランドが集まる世界をリードする国際合同展です。

 次回、第20回開催は会場を新たに以下の概要となります。

会期:
2010年2月8日(月)~2月10日(水)
時間:
AM10:00~PM6:00
会場:
六本木アカデミーヒルズ40、49
詳細:
http://www.roomsroom.com/


rooms19 Kamihanrooms19 Kamihan
Kamihan
 株式会社スマイル.は、ダンボールで作られたハンガーの"Kamihan"を出品。ダンボール単一素材で作られており、組み立てて立体ハンガーとなる。組立て前はフラットで保管のストックスペースの削減ができ、廃棄時は古紙として回収できる。3D以外に平(ヒラ)のタイプもあり用途により選べる。店舗備品や流通ハンガーに利用できる他、表面に様々な印刷が可能な為、プロモーションやお土産用などにも活用できる。本格的販売はこれからとのこと。
http://www.smilecorp.co.jp/pack/kamihan.html

rooms19 DENICOrooms19 DENICO
DENICO
 こどもが描いた絵などを独自の技術でデニムに表現しオーダーメイドでオリジナルトートバッグやクッションなどを作るのは"DENICO"。 SUZUKI designの鈴木章子さんが手掛ける。鈴木さんは元々グラフィックデザイナーで縫製には素人だが、その分縫製にはこだわりを持ち東京下町の職人の手によりMade in JAPANを守り行われている。トートバックでは裏地の柄も選べ、こどもの描いた絵を世界でたった一つの作品にできる。今年度のキッズデザイン賞も受賞している。
http://www.denico.jp/

rooms19 No,No,Yes!rooms19 No,No,Yes!
No,No,Yes!
 JAPAN LEATHER AWARD 2009のグランプリを受賞し招待での出展。グランプリ受賞作品はスエードをデニム風に染めた革のジーンズ。2007年に創業とまだ若い企業だが、2008年にはJAPAN LEATHER AWARDのレザーウエア部門賞、2009年はグランプリ受賞とデザイン、技術も持ち合わせている。東京、千駄ヶ谷の地下工房で作られており、千駄ヶ谷のショップ、またはオンラインストアでオーダーできる。袱紗をモチーフとした1枚革のサイフ(所作:shosa)も人気である。
http://www.nonoyes.com/

rooms19 umu-wakarooms19 umu-waka
umu-waka
 株式会社WACCAは、社長の若山真由美さんが人と人をつなげる、夢や未来などをつなげる、世界をつなげる「わっか」をコンセプトに今年の春に生まれた日本の伝統染色のアパレル雑貨商品のデザイン、企画販売を手掛ける会社。今回の出品は"umu-waka"。日本伝統工芸士、大島紬染色家の生多良三代目が染めあげたストール。納得の色を出すまでに2年半の歳月が掛かったとのこと。素材は竹を原料としたレーヨンで横糸に麻を15%混ぜることで色に奥行きをもたせている。小娘、うるとら小娘、DANNAなどのシリーズがある。
http://www.career-color.com/

rooms19 coconeorooms19 coconeo
coconeo
 半世紀以上の歴史を持つ株式会社 高屋は新ブランドのcoconeo(ココネオ)を出品。和装や洋装でも合わせられる様にデザインされたバックや小物で、「古今」と新しいを意味する「neo」を組合せた言葉から名付けられている。カゴ(アバカ製:マニラ麻)、牛革、綿麻などいろいろな材料、形別にタイプがあり、ふくふく(絞り染め柄)は、絞り染めした柄を綿麻生地に価格を抑え量産化するため、あえてプリントしている。カゴちりめんは、京都の丹後ちりめんをカゴにぐるりと巻いてリボン状にし、口元は巾着仕様になっており浴衣にもジーンズなどのカジュアルなスタイルにもOK。千葉の市川で作られている日本製。
http://www.coconeo.jp/

rooms19 TRIYArooms19 TRIYA
TRIYA
 ブラジルからの出展。明るく独特な色使いのビーチウエア。独自のプリントでカット、縫製すべてをブラジルの自社で行っている。デザイナーはIsabela Frugiuele(イザベラ・フルゲーレ)2004年FAAP大学芸術学科を卒業し自らプリントデザインも手掛ける。Roomsには過去にも出品しており既に昨年よりUNITED ARROWS、TOMORROWLAND等でも扱われている。
http://www.triya.com.br/
「イタリアからの新しい6人のデザイナー達」2010 SPRING/SUMMER COLLECTIONSが開催されました
イタリアからの新しい6人のデザイナー達 イタリア貿易振興会 東京事務所所長フェデリコ・バルマスイタリアからの新しい6人のデザイナー達 デザイナー
 イタリア貿易振興会は、「イタリアからの新しい6人のデザイナー達」と題し、9月3日(木)表参道のスパイラル・ホールにて、イタリア各地より選ばれた新進デザイナー6組の2010年春夏、新作コレクションのファッションショーを開催した。同イベントは、今回で4回目となり、繊維アパレル製品輸出世界第二位であり、世界のファッションリーダーであるイタリアの若きデザイナー達が、世界に先駆けての披露の場となっている。
 今回の6つのコレクションは、巧みな素材使いの中に、イタリア独自の創造性と豊かな空想力を融合し、きわめてハイレベルな内容に仕上がっている。

 世界に先駆けて2010年春夏コレクションをフォトコレクションでご覧ください。

イタリアからの新しい6人のデザイナー達 ILARIA NISTRI(イラリア ニストリ) ILARIA NISTRI(イラリア ニストリ)
Designer:
ILARIA NISTRI(イラリア・ニストリ)
 ロックのテーストも漂うゴシック&シックなコレクション。ストーンカラー、パウダーカラー、ブラックなどを表面素材に使い、白黒、善悪などの対比をジャージーとシルクなどの組み合わせで表現している。

イタリアからの新しい6人のデザイナー達 CARTA E COSTURA(カルタ エ コストゥーラ) CARTA E COSTURA(カルタ エ コストゥーラ)
Designer:
ALESSANDRA CARTA(アレッサンドラ・カルタ)
STEFANO FORNARI(ステファノ・フォルナーリ)
 「毎日が新婚」というタイトルで、さまざまな素材で提案する白のコレクション。ウエディングドレスの様なクチュール感のある装いの純粋無垢なカトリックルック。伝統を大切にし未来を見つめる。

イタリアからの新しい6人のデザイナー達 CRISTIANO(クリスティアーノ) CRISTIANO(クリスティアーノ)
Designer:
CRISTIANO BURANI(クリスティアーノ・ブラーニ)
 医学部を卒業しデザイナーとなる。解剖学的見地で身体のシルエットをドレープ、タック、プリーツで表現しボリューム感を作り上げている。ジャージー素材をエレガントに表現。

イタリアからの新しい6人のデザイナー達 cristina miraldi(クリスティーナ ミラルディ) cristina miraldi(クリスティーナ ミラルディ)
Designer:
CRISTINA MIRALDI(クリスティーナ・ミラルディ)
 日本の"WABI・SABI(侘・寂)"からインスピレーションを得て、矛盾、未完成、不完全を追究。白系の素材をレイヤードと、刺繍を使い美しさを表している。

イタリアからの新しい6人のデザイナー達 MAURO GASPERI(マウロ ガスペリ) MAURO GASPERI(マウロ ガスペリ)
Designer:
MAURO GASPERI(マウロ・ガスペリ)
 水に映る姿をイメージするシンメトリーやぼかした色使いのロマンティックで哀感ただようコレクション。ヒダ、プリーツを多用し波を表現。体の動きやプロポーションに自然に添う繊細なデザインで強くお洒落な女性を現している。

イタリアからの新しい6人のデザイナー達 MORFOSIS(モルフォジス) MORFOSIS(モルフォジス)
Designer:
ALESSANDRA CAPPIELLO(アレッサンドラ・カッピエッロ)
RITA MAZZEO リタ・マッツェーオ
 ヴァイオリニストのムローヴァや歌手のマドンナなどを既に顧客に持つ。やわらかな、流れるようなフォルムで、ドレープ、プリーツを使い躍動感を出している。ボルトやワッシャーを刺繍の形で使いハイパーファッションを作り上げた。


6組のデザイナーによる新作コレクションは、9月に行われるミラノ・ファッションウィークにてプレゼンテーションを予定している。

イタリア貿易振興会東京ホームページURL
http://www.ice-tokyo.or.jp/
チャイナファッションフェア2009A/Wが開催されました
チャイナファッションフェア2009A/W  9月2日(水)~4日(金)の3日間、東京池袋のサンシャインシティ文化会館にて恒例のチャイナファッションフェアが開催されました。東京開催では過去最大の3000m2、187社、224ブースの出展となり、中でも5年以上の対日貿易経験を持つ企業が80%を超え、中国の繊維・アパレル産業の日本向け輸出が安定的に発展している事をアピールしました。

寧波紫苑綉衣有限公司
チャイナファッションフェア2009A/W 寧波紫苑綉衣有限公司チャイナファッションフェア2009A/W 寧波紫苑綉衣有限公司
 繊細な刺繍が印象的な寧波紫苑綉衣有限公司は今回が初出展。刺繍が流行った10年程前にはワールドから一型2万枚、計10万枚のオーダーを受けた実績も。8年前から日本を行き来している孫さんは日本語をとても流暢に話す。一番の強みは昔から得意とする手刺繍やハンドメイドの鍵編み。近年では昇華転写プリント、ミルク繊維や竹繊維を使った生地も扱いエコ志向のお客様からの人気もあると言う。機械の刺繍と、スパンコールやビーズを重ねた手刺繍など、寧波の150人程の自社工場で生産している。

南通開発区煒賦対外貿易有限公司
チャイナファッションフェア2009A/W 南通開発区煒賦対外貿易有限公司チャイナファッションフェア2009A/W 南通開発区煒賦対外貿易有限公司
 南通最大のアパレルメーカーの南通開発区煒賦対外貿易有限公司の第17部2課は100%日本向けの浴衣・甚平などを扱う。浴衣に合わせる籠や甚平の繋ぎ目の凧紐などの手作業も売りの一つ。縫製工場と織物工場を持ち生地から後加工まで自社で行う。最近ではラメの入ったプリントや和柄の生地を使った長袖シャツの上下セットに人気があると言う。浴衣は帯と下駄を付けた3点セットで商社や量販店にリーズナブルに卸している。

威海立派国際貿易有限公司
チャイナファッションフェア2009A/W 威海立派国際貿易有限公司
 流行の婦人ニット製品、カットソーを扱うLEADSPEC社(威海立派国際貿易有限公司)は全て日本向けに製品を輸出する。日本で企画・デザインされ威海の5つの協力工場で生産される製品は品質の高さを伺わせる。今回で3回目の出展となり、BEAMSなどの大手アパレルで扱われた経験を持つ。

煙台新豊実業有限公司
チャイナファッションフェア2009A/W 煙台新豊実業有限公司チャイナファッションフェア2009A/W 煙台新豊実業有限公司
 2009年3月のCFF大阪開催で初めて出展し、東京での出展は初めて。90%近くを日本向けに、10%を韓国に輸出。縫製と水洗いの自社工場を有し、100人の体制で50枚からの小ロット、提携工場と協力して大ロットも対応可能。マタニティのジーンズやカラーデニム、ウォッシュ加工やダメージ加工、上着・シャツも扱う。大阪で受注したキッズデニムは、ウエストのサイズ調整が可能なゴムやウエスト裏に別布のチェック柄を入れるなど手が混んでいて4000枚の出荷を終えたばかり。

濰坊仟匯紡織服装有限公司
チャイナファッションフェア2009A/W 濰坊仟匯紡織服装有限公司チャイナファッションフェア2009A/W 濰坊仟匯紡織服装有限公司
 メンズ・レディース・キッズのインナーに機能性素材を用いて生産している濰坊仟匯紡織服装有限公司は山東省濰坊市に本社があり近隣に自社工場を持つ。紡織工場もあり、速乾や冷感のTシャツなど生地から生産する。最近ではウォーキングなどのスポーツウェアの需要が高く有名スポーツブランドの刺繍入りシャツなどが目を引いていた。JUKIのミシンを使っている縫製現場の写真がブースのパネルに使用され、ブース内はお客様も多く、非常に賑わっていた。
日本発上陸!PLAYTIME Tokyo2009が開催されました
PLAYTIME Tokyo2009 フランスのパリで2007年からスタートした「PLAYTIME Paris」はキッズ・ジュニア・マタニティファッションのための新しい国際トレードショーで、近年世界的に評価され注目を集めています。そんな中、世界への足掛かりとして、クリエーティブな日本のブランドを紹介するため、第一回目の「PLAYTIME Tokyo」が東京の恵比寿のEBIS303で9月1日から3日まで開催されました。出展はデザイン性・品質の高いベビー・キッズ・マタニティのウエアや雑貨・おもちゃ・インテリアグッズなど、大人が子供の為に選びたくなるような国内外の68ブランドが集まりました。

G.P.J株式会社
PLAYTIME Tokyo2009 G.P.J株式会社PLAYTIME Tokyo2009 G.P.J株式会社
 フランスの"EVA&Oli"、アメリカの"ロッキンベイビー""Reese Li"を展示するのは横浜市中区のG.P.J株式会社。伊勢丹の"Re-style Baby"で扱われる"EVA&Oli"は2007年の秋冬から始めたボーダーやラメプリントのトドラー(幼児)向けのおしゃれなファッション。フランスのハイセンスなデザインをもとに、フィリピンやポルトガルで生産されている。定番のスタープリントなどは毎シーズン色を換え、フリルやリボンをアクセントにしている。また2002年からebayなどのオークションサイトから始まったアメリカの"Reese Li"は、2004年からブティックなどでも扱われ、セレブにも愛用されるブランドに成長した機能的なマザーズバッグ。アメリカで生産されている。

La Robe Bleue(ラ・ローブ・ブルー)
PLAYTIME Tokyo2009 La Robe Bleue(ラ・ローブ・ブルー)PLAYTIME Tokyo2009 La Robe Bleue(ラ・ローブ・ブルー)
 イスラエルで活躍するデザイナー、オルリーが立ち上げた大きなお腹を美しく見せる人気のマタニティブランド「La Robe Bleue」。オルリーさんは有名なバネッサ・ブリューノやマルティーヌ・シットボン等で経験を積んだ後、フランスでラローブブルーを設立。現在は、イスラエルへ拠点を移し、レディースとマタニティの2ラインを20カ国で展開する。2010年の春夏は"シック"かつ"洗練された"イメージのデザイン。伊勢丹や阪急、BEAMS、ユナイテッド・アローズで数年前から取り扱われている。

株式会社ジーシーエム
PLAYTIME Tokyo2009 株式会社ジーシーエムPLAYTIME Tokyo2009 株式会社ジーシーエム
 おしゃれなお母さんが持つ機能性マザーズバッグのpetunia pickle bottomはアメリカ発のブランドで、アメリカで企画、中国で生産されている。金華山織(ベロア)やオリジナルのシルク刺繍の豪華な生地を使い、内側には耐水性のある防水生地を使用する。取り外し可能なオムツ換えシートがサッと出てきたり、ベビーカーの取っ手に取り付けられるストラップとショルダー用の長短2種類のストラップ、オムツ入れプラスチックケースなどが付属し、贅沢なつくりと仕様だが見た目以上に軽く、大きいマチで荷物もたっぷり入る。バックパックやクラッチのデザインもあり、ハリウッド女優にも愛用されるなど注目度が非常に高く、ネット販売しているブリーズマタニティでは品薄状態。近く「妊すぐ」「赤すぐ」にも掲載される。マタニティバッグの他にベビー服のギフトボックスやお腹の赤ちゃんに聞こえるような鈴を使ったマタニティアクセサリーも扱っている。
ブリーズマタニティURL
http://www.rakuten.ne.jp/gold/maternity/

&Rose par t.yamai paris
PLAYTIME Tokyo2009 &Rose par t.yamai parisPLAYTIME Tokyo2009 &Rose par t.yamai paris
 フランス、パリで活躍するデザイナー山井孝さんが手掛けるレディースブランドの子供服バージョン。フランスらしいシックで落ち着いたデザインはニュアンスカラーを多用し、優しい素朴な雰囲気。パリのショップでお客様から勧められてキッズを始めたそう。日本では代官山のヒルサイドテラスにショップを構え、企画やデザインはパリ、製造と販売を日本で展開する。2歳から8歳向けだがサイズ展開はフランスの2,4,6,8の4サイズ展開。麻100%のワンピースやシンプルなトレンチコートなど親子でおしゃれを楽しめる。

 次回は2010年2月23日から25日、同会場で開催予定。
第68回ギフト・ショー秋2009とフロンティア74が開催されました
FRONTIER X GiftShow 日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市、第68回ギフト・ショー秋2009が9月8日~11日の会期で東京ビッグサイト全館にて開催されました。今回は「エコライフで消費ビジネスの新市場を創出」をテーマに約20万人の来場者を集め、アジアで最も重要な展示会に位置づけられています。今開催からの新たな取り組みとして、ファッションを通じて市場拡大狙う、新展示会「MIX WAVE」が西展示棟アトリウムにて登場しました。「MIX WAVE」はNatural Style(ナチュラルスタイル)、manicolle tokyo(マニコレトウキョウ)、FRONTIER(フロンティア)の3つの合同展示会となり、トレンドに敏感な来場者を多く集めました。
 中でもフロンティアは今年10年目を迎え、新たなスタートとして計61社が出展し、09秋冬の期中商品と10春夏の最新アイテムを提案、新生フロンティア誕生の開催となりました。


<フロンティア74>

瀬尾株式会社
FRONTIER X GiftShow 瀬尾株式会社FRONTIER X GiftShow 瀬尾株式会社
 ばら香る街、広島県福山市の備後地方で地の利を生かしてオリジナルのデニムや藍染製品を生産・販売している瀬尾株式会社は今回がフロンティア出展の2回目。メンズ・レディースの宴(UTAGE JAPAN)とキッズのPARTY TICKETのブランドを全国のセレクトショップや自由が丘の直営店(キッズのみ)で展開している。糸を編込んでグレンチェックの模様とストレッチ性を出し、染めとブリーチ加工で仕上げた生地や、ギンガムチェックとグレンチェックの2重織りの柔らかい素材はストレッチ性が高く、逆使いで2パターンあり、折り返すと裏の模様が出てきたり、スレーキに赤やボーダーを使うなど細部までこだわった仕様。企画やデザインも含め14名で、自社工場での製造から販売まで行い、国内生産にこだわっている。

株式会社キュービックカンパニー
FRONTIER X GiftShow 株式会社キュービックカンパニーFRONTIER X GiftShow 株式会社キュービックカンパニー
 ヤング向けのパジャマやランファン等のホームウェアを扱う㈱キュービックカンパニーは、ギフトショーの既存出展社で春の開催まで西ホールに出していたが、今回初めてフロンティアに出展。中国の上海・南通近郊で100% を生産することで1,000~1,900円の価格に抑え、競合の価格層の一番下を狙う。人気のシープスキンのルームウェアは昨年から始めたが、今年はピンクやパープルなどの6色展開で更に数を増やしている。販路も様々、量販店・百貨店・セレクトなどで扱われ、商談も活発に行われていた。

株式会社大黒屋
FRONTIER X GiftShow 株式会社大黒屋FRONTIER X GiftShow 株式会社大黒屋FRONTIER X GiftShow 株式会社大黒屋
 ニットやセーターで40年の歴史を持つ静岡県浜松市の株式会社大黒屋は、2007年秋に"どこにもない生地"の企画を手に中国へ。綿100%の単糸をフライス編みで極薄に仕上げた生地で、肌に優しくストレッチの効いたミセスのインナー「天使の綿シフォン」を開発。難素材を中国の指定工場で年間約1万枚生産する。前後の身頃はダブル、袖はシングルで涼しく、ハイネックとクルーネックを基本に16色のM/Lで展開。東京では京王百貨店などで扱われ、デリケートな素材だけにあえて通販などはせずに、着心地の良さで口コミやリピートを誘い数色をまとめ買いするなど、季節を問わず幅広い層に人気がある。シルクやウールのシフォンや、素材の良さを知ってもらう為の3枚重ねのストールも登場し、ポロシャツ等との重ね着を提案するなど、毎日着られる手頃な価格のインナーが拡がりを見せている。

株式会社ジェムストーン
FRONTIER X GiftShow 株式会社ジェムストーンFRONTIER X GiftShow 株式会社ジェムストーンFRONTIER X GiftShow 株式会社ジェムストーン
 東京都杉並区に拠点のあるジェムストーンは都内を中心に7店舗のネットワークのあるアパレルメーカー。北欧インディアンの民族テイストを盛込んだアメカジ系のアイテムを展開する。15年ほど前から現社長が一人で始めた手作りのアクセサリーメーカーが今では和柄で人気のある"泥棒日記"などいくつかのブランドを手掛けている。強みはUnionSpecialのチェーンステッチを施したデニムに自社製作する「コンチョ」という真鍮やシルバーのコインサイズのアクセサリーを取り付ける事でオンリーワンデニムにすること。また自社工房にインクジェットプリンタを持ちTシャツなどのプリント商品は全て自社製造できること。不思議なフェイクのプリントデニムが目を惹いていた。


<第68回ギフト・ショー秋2009>

株式会社 バーディ
FRONTIER X GiftShow 株式会社 バーディFRONTIER X GiftShow 株式会社 バーディ
 NHKや日テレで商品が紹介されブースはたくさんの人で賑わっていたのは、主にペット用皮革製品(首輪・リード他)を手掛けるバーディ。今回注目を集めていたのは、エコでオシャレな着替えるバックの「Frame Bag(フレームバック)。アウターフレームとインナーフレームからなり、その間に手持ちのスカーフや風呂敷などを挟み、好きな柄でオリジナルのバックが楽しめる。インナーフレームには、小物を入れるポケットなどが多数あり機能的にも工夫されている。SとLの2サイズがありLサイズにはA4の書類紙挟みも付く。
 現在は日本の工房で手作りされている。10月20日より販売予定。Sサイズには70×70cm、Lサイズには90×90cmのスカーフ、風呂敷が必要。バーディでは風呂敷も扱っている。
http://www.birdie-net.com/

株式会社 遠東商会
FRONTIER X GiftShow 株式会社 遠東商会FRONTIER X GiftShow 株式会社 遠東商会
 エコバック専門会社。エコバックを手掛けて14年となる。本当のエコバックとは、コットン100%で無漂白のものをいう。遠東商会では、環境に配慮したCO2排出権取得対象商品(売上げの一部が国連認証排出権購入に活かされる)や環境NGOサポートアイテム(環境NGOのロゴがプリントされ収益の一部が活動に活かされる)などを多数扱っている。もちろんこれらに自社のロゴなどをプリントしノベルティとして活用できる。最近は、定番のシンプルなものから、実際に長く使用できる丈夫な作りで厚地のものの注文も増えてきているとのこと。南京に自社工場を持ち縫製している。
http://www.entoh.com/

株式会社 CALGIC
FRONTIER X GiftShow 株式会社 CALGICFRONTIER X GiftShow 株式会社 CALGIC
 CALGICはThe Slanket(スランケット)を展示。ブランケットにスリーブ(袖)がついた部屋着で名前の由来もそこから来ている。このスランケットはGary Clegg(ギャリー・クレッグ:アメリカ人)が、冬の寒い日にブランケットに包まったまま、本を読んだり、テレビのリモコンを使いたいと考え母親に作ってもらったのが原型となっている。現在は手が自由に使えるように大きくルーズな袖にし、心地よく、家庭でも簡単に洗えるフリース素材となっている。レッド、モスグリーンなど全5色。アメリカでは既にブレークしているとのこと。
http://www.theslanket.jp/

有限会社吉本
FRONTIER X GiftShow 有限会社吉本FRONTIER X GiftShow 有限会社吉本FRONTIER X GiftShow 有限会社吉本
 岡山県津山市で刺し子など手縫いの仕事で服を作る有限会社吉本は「ミセス・モトコ」のブランドで親しまれている。刺し子は一着分を縫うのに1ヶ月掛かるという。機械では出せない、手縫いの柔らかく個性的な風合いが服の存在を際立たせる。表はダーク色のシルク、裏は赤や紫など伝統の絞りの生地に綿を挟んで刺し子で閉じ、表裏の表情が楽しめる。刺し子の他にシルクの裂き織りの生地をふんだんに使った色鮮やかなジャケット、手作りの木型でモチーフを抜染したデニム生地など。デザイナーはブランドの名前になっているモトコさん、また東京でデザイナーをしていた娘さん、お婿さんと家族で服を作る。商売が目的ではなく、優しい服を作る為に、ものづくりの技術を守り継承しようと続けている。
http://kimono-fashion.jp/index.html
YKKファスニングアワード受賞式
YKKファスニングアワード受賞式YKKファスニングアワード受賞式
YKKファスニングアワード受賞式 俵山純さんYKKファスニングアワード受賞式 藤井準子さんYKKファスニングアワード受賞式 本田剛さんYKKファスニングアワード受賞式 平野有紀さん
YKKファスニングアワード受賞式 金相美さんYKKファスニングアワード受賞式 王嘉嘉さん
YKKファスニングアワード受賞式 吉川愛美さんYKKファスニングアワード受賞式 比留間玲奈さん
 第9回YKKファスニングアワード受賞式が9月10日(木)、11日(金)にラフォーレミュージアム六本木で行われました。YKKファスニングアワードは、ファスナー・バックル・スナップ&ボタンなどのファスニング商品に焦点を当てた学生対象のファッションコンテストで、「人が身につけることができる作品」を基本にアパレル部門とファッショングッズ部門に別れます。今回はアパレル部門5,867点、ファッショングッズ部門1,131点のなかから第一次審査、第二次審査を通過した作品20点(アパレル部門)と11点(ファッショングッズ部門)がファッションショー形式で発表され受賞が決まりました。

 アパレル部門のグランプリは、バンタンデザイン研究所 俵山純さん「グレーディングスーツ」が受賞しました。グレーディング技術を応用しS、M、Lサイズに対応できるスーツです。優秀賞にエスモードジャポン大阪校 藤井準子さん「ファスナーとそれ以外の空間デフォルメ」、審査員特別賞に東京モード学園 本田剛さん「錯視」、名古屋学芸大学 平野有紀さん「peacock」が選ばれました。
 ファッショングッズ部門では、グランプリに文化服装学院 金相美さん「花火」が選ばれました。"女性の脚の上に美しく打上げる花火"をコンセプトにした靴で、黒の革で夜空を、エクセラのエレメントの輝きで花火を表現した作品です。優秀賞は、文化服装学院 王嘉嘉さん「バックチェーン」、審査員特別賞で、杉野服飾大学 吉川愛美さん「宝石箱」、東京モード学園 比留間玲奈さん「Butterfly」がそれぞれ受賞しました。

YKKファスニングアワードURL
http://www.ykk.co.jp/fa/index.html
ジャパンジュエリーフェア2009が開催されました
ジャパンジュエリーフェア2009
ジャパンジュエリーフェア2009
ジャパンジュエリーフェア2009 文化服装学院ジャパンジュエリーフェア2009 杉野ドレスメーカー学院
 ジャパン ジュエリー ファア 2009(主催:UBMジャパン株式会社、(社)日本ジュエリー協会(JJA))が9月2日(水)~4日(金)に東京ビッグサイトで開催されました。ジャパンジュエリーファアは18カ国、360社が出展する国際ジュエリー展で、JJAジュエリーデザインアワードの作品展示やファッションショーなどのイベント、ジュエリー業界のセミナーも行われました。また、ジュエリーコースを持つ文化服装学院、杉野ドレスメーカー学院などもブースを出展していました。

ジャパン ジュエリー ファア 2009 URL
http://www.japanjewelleryfair.com/ja/index.html

ジャパンジュエリーフェア2009
日本ジュエリー大賞・経済産業大臣賞  K18WG/D/(カシュー)ブローチ・タイドメ、カフスセット  デザイナー:中山恵美  制作:株式会社ナガホリ
日本ジュエリー大賞・経済産業大臣賞
K18WG/D/(カシュー)ブローチ・タイドメ、カフスセット
デザイナー:中山恵美
制作:株式会社ナガホリ
ジャパンジュエリーフェア2009 文化服装学院、帽子・ジュエリーデザイン科によるファッションショー
文化服装学院、帽子・ジュエリーデザイン科によるファッションショー

展示会のご案内
<第39回 ISF & 第8回 SHOEX>
 靴とファッション雑貨の国際見本市INTERNATIONAL SHOE & LEATHERGOODS FAIRのISF と全国の有力革靴メーカーが集結するJAPAN SHOE EXPOが開催されます。
日時:
2009年10月6日(火)~8日(木)10:00~18:00(最終日のみ17:00まで)
会場:
東京サンシャインシティ文化会館2,3F
URL:
http://www.f-works.com/isf/
<第24回ベビー&シルバーショーTOKYO>
 ベビー用品やシルバー用品の新商品や売れ筋商品などを展示する第24回ベビー&シルバーショーTOKYOが開催されます。
会期:
2009年 10月 14日(水)、15日(木)10:00~18:00 (15日は17:00まで)
会場:
東京ビッグサイト西4ホール
主催:
東京育児乗物工業協同組合
URL:
http://www.ikuji-tokyo.or.jp/
<JFWジャパン・クリエーション2010A/W>
 高付加価値な日本製のテキスタイル及び関連製品の繊維総合見本市。
会期:
2009年 10月7日(水)~9日(金)10:00~18:00 (9日は17:00まで)
会場:
東京ビッグサイト西1,2ホール
主催:
一般社団法人日本ファッション・ウィーク推進機構
入場料:
2,000円(割引入場券1,000円あり)
URL:
http://www.japancreation.com/
<第9回「東京発 日本ファッション・ウィーク」(JFW in TOKYO)>
 東京コレクションなど日本のファッションを世界に向けて発信する日本ファッション・ウィークが開催されます。
 http://www.jfw.jp/
東京コレクション・ウィーク
会期:
2009年10月19日(月)~24日(土)
会場:
東京ミッドタウン・ホール Hall A/Hall B/他会場
内容:
コレクション・ショー
対象シーズン:
2010年春夏コレクション
参加ブランド:
45メゾン/56ブランド
JFWデザイナー合同展示会(展示会「Luxe by PLUG IN」にて開催)
会期:
2009年10月20日(火)~22日(木)
会場:
ベルサール六本木
内容:
デザイナーブランドによる合同展示受注会
対象シーズン:
2010年春夏コレクション
参加ブランド:
9メゾン/9ブランド
「CISMA2009」JUKI出展のご案内
CISMA2009 JUKIブース 2009年9月22日~24日に、中国上海市において開催されるCISMA2009(中国国際縫製設備展覧会)にJUKIは、出展コンセプト『Be the Best in CS ~New Edge Solution for Your Success~』、展示テーマを「同JUKI携手創造您的未来工廠(JUKIは貴方の未来の工場を共創していきます)」として最新鋭の工業用ミシン59台、家庭用ミシン13台を出展致します。
 全ての展示機種に省エネ性に優れたサーボモーターを搭載し、油汚れの問題を解消するドライヘッドミシンだけで構成された縫製ラインの展示や、縫いの高品質化と共に、脱技能、省力化を実現する自動機を展示し、総合的な「環境対応」を提案致します。

詳しくは、下記URLをごらんください。
http://www.juki.co.jp/ir/pdf/n090821_1.pdf
ミャンマーでコシノジュンコさんがファッションショーを開催されました
コシノジュンコ ファッションショー
コシノジュンコ ファッションショーコシノジュンコ ファッションショー
コシノジュンコ ファッションショーコシノジュンコ ファッションショー

 8月23日、ミャンマーの最も歴史あるSTRAND HOTELを会場にコシノジュンコさんがファッションショーを開きました。外務省がすすめる日本メコン交流の文化事業の一環としてコシノジュンコさんが開いたもので世界的なデザイナーがミャンマーでファッションショーを開くのは初めてのこと。
 ファッションショーに先立ち、招かれたミャンマー縫製工場の関係者を前に、JETRO派遣の専門家とコシノジュンコさんが1時間のレクチャーを行いました。レクチャーでコシノジュンコさんは20数年前にまだ国民服ばかりの中国でファッションショーを開いた時のこと、キューバやベトナムでのファッションショーの話など紹介し、中国では総書記夫人が「ファッションは国境を取る仕事ですね」と話されたエピソードなどを含め、「おしゃれをする心が大切」。ファッションショーでモデルが着ている服を見て「着たい」「作りたい」「モデルになって見せたい」などといろいろ感じて下さい。など、ファッションの持つエネルギーを強調して、ミャンマー縫製業者を元気づけていました。
 その後一般公募で抽選された観客も含め500名の観客を前にファッションショーが始まりました。ショーは2回開催され、23日だけで約1000名の観客が集まりました。
 ファッションショーでは、初めにミャンマー語で「コシノジュンコ」と刺繍されたシャツを着たモデルが登場、日本の着物をアレンジしたデザインなどコシノさんのコレクションが披露され、日本人とミャンマー人のモデルが次々と登場するたびに、大きな拍手を受けていました。

 ミャンマーの縫製協会MGMA(Myanmar Garment Manufacturers Association)は、09年3月に縫製工場の人材育成をはかるHRDセンター(Human Resource Development Center)を設立。JETROではこのHRDセンターに管理者養成などの支援活動事業を行っている。ショーの前に行われたレクチャーも、この事業の一環でJETROがアレンジした。レクチャーでは、派遣された専門家は戦後着物の生活から洋服を着る生活に変わり日本の縫製産業が発展した経過を説明、コシノジュンコさんからは前述の縫製工場関係者に対するエール(メッセージ)が送られた。
高校生ファッションデザインアワード2009最終審査が行われました
高校生ファッションデザインアワード2009
高校生ファッションデザインアワード2009 最優秀賞 室井寿魅さん高校生ファッションデザインアワード2009 優秀賞 二階堂梨花さん高校生ファッションデザインアワード2009 優秀賞 星野明音さん高校生ファッションデザインアワード2009 優秀賞 河内文奈さん
高校生ファッションデザインアワード2009 ファッションショー高校生ファッションデザインアワード2009 ファッションショー
 8月30日(日)、文化服装学院のファッションフェスティバル2において、高校生ファッションデザインアワード2009最終審査が行われました。高校生ファッションデザインアワードは、産経新聞社と文化服装学院が主催する高校生・専修学校高等課程に在籍する生徒を対象としたファッションデザインコンテストで、応募されたデザイン画から文化服装学院在校生のサポートを得て実際の服に仕上げ、ファッションショー形式の審査で賞を決定するものです。今回は、全国の高校生から寄せられたデザイン画2704点から選考された15点が最終審査に挑み、最優秀賞1点と優秀賞3点が決まりました。

 最優秀賞の文部科学大臣賞は、千葉県立鶴舞桜が丘高等学校の室井寿魅さんの「紫陽花」が受賞。また優秀賞(全国高等学校長協会賞)には石狩南高等学校 二階堂梨花さんの「Forestフォレスト」、同じく優秀賞(産経新聞賞)は群馬県立伊勢崎清明高等学校 星野明音さんの「ニヒリズムがテーマのオブジェを着る」、優秀賞(文化服装学院賞) 栃木県立宇都宮白陽高等学校 河内文奈さんの「ねこっかぶり」が受賞しました。最優秀賞の室井寿魅さんは感想を聞かれて「縫製はまったくの素人で、受賞できたのはサポートしてくれた方々のおかげです」と声を詰まらせていました。

 また、最終審査の合間を縫って、文化服装帽子・ジュエリーデザイン科、スタイリスト科の在学生のファッションショーも披露されました。衣装から企画演出、照明、映像、音響まですべてを学生たちだけで作り上げています。

高校生ファッションデザインアワード2009のURL
http://www.fd-award.com/
'09アパレルソリューションフェアが開催されました
'09アパレルソリューションフェア
'09アパレルソリューションフェア セミナー'09アパレルソリューションフェア OCアイランド(株)
'09アパレルソリューションフェア キヤノンITソリューションズ(株)'09アパレルソリューションフェア (株)アベイル
 8月25日(火)、26日(水)、TOC有明/コンベンションホールにて‘09アパレルソリューションフェア(主催:全日本婦人子供服工業組合連合会、他)が開催されました。CAD・生産・情報管理12社、Eコマース(電子商取引)11社、プロダクトサービス5社が出展するアパレル業界向けのIT・システムの情報展です。ホール内のセミナー会場では、中小企業基板整備機構の主催によるセミナーなど全16テーマが行われ、特に「Eコマース」をキーワードとしたセミナーが多く開講され人を集めていました。

 Eコマースブースに出展していたOCアイランド(株)は、「OC アイランド」:ファッション、手芸が好きな人が集まるコミュニティサイト、「OC BAZAAR」:ファッション、手芸作品が集まる個人売買市場などを運営する企業ですが、今回は「デコ・クロ部」を紹介。デコクロとはデコレーション、ユニクロの略でユニクロの服にアクセサリーなどをつけたり(つけ・クロ)、リメーク(リメ・クロ)して楽しむことで、コミュニティに登録して自分のデコクロ作品をお披露目できる。
OCアイランドURL:http://oc-i.jp/

 キヤノンITソリューションズ(株)は、アパレル業向け統合システム「SuperMateシリーズ」を展示。販売管理、受注(OCR)、生産管理、縫製仕様書などアパレルでの基幹業務をすべてカバーしている。アパレルならではの特性も捉えたシステムになっているとのこと。需要予測・需給調整業務を行う「FOREMAST(フォーマスト)」も展示し顧客の興味を引いていました。
「SuperMateシリーズ」URL:http://www.canon-its.co.jp/apparel/

 (株)アベイルは、アパレル生産販売管理システム「経営改革AP」、アパレルサンプル管理システム「経営改革SI」などを展示。同ブースでは、毎回恒例となっている小谷社長によるワークショップセミナーも行われ、導入成功事例などが紹介されていました。また、同社は今年創立20周年ということで11月に記念セミナーを予定している。
アベイルURL:http://www.avail-corp.com/index2.html
文化服装学院ファッションフェスティバル1が開催されました
文化服装学院ファッションフェスティバル1 メイクアップ実習室文化服装学院ファッションフェスティバル1 科別学生作品展示
文化服装学院ファッションフェスティバル1 科別相談文化服装学院ファッションフェスティバル1 品質実習室
文化服装学院ファッションフェスティバル1 1F生産管理実習室文化服装学院ファッションフェスティバル1 <SHOP501>
文化服装学院ファッションフェスティバル1 ファッションショー
文化服装学院ファッションフェスティバル1
ファッションショーフォトギャラリーは
こちらをクリック
 文化服装学院のファッションフェスティバル1が8月1日(土)に開催されました。入学希望の高校生などを対象としたイベントでファッションショーやキャンパスツアーなどの施設見学、入学相談、卒業生デザイナーブランド展示などが行われました。

 キャンパスツアーは、学院スタッフが約1時間かけて学院内を案内してくれるもので、学院が見渡せるC館20Fから始まり、19Fメイクアップ実習室、科別学生作品展示、相談を行っている12F、アパレルCADやコンピュータ実習室がある11F、アパレルの素材や染色、品質の実習室がある6F、各種ミシンなどのアパレル機器がある1F生産管理実習室、そして購買部や食堂を通り、服飾関係の図書では国内トップクラスの充実度を誇る図書館、販売実習やディスプレイを学ぶシミュレーションショップ<SHOP501>を見学、最後に素材や映像、コスチュームの資料を所蔵するファッションリソースセンターを訪問するコースです。各階の教室では専門のスタッフが待機し説明を行っており、広い学院を効率よく見学できます。もちろんツアー以外でも個別に見学、相談ができ、たいへん多くの入学希望者が熱心に校内見学や学科説明、入学相談を行っていました。また、ツアーの終了時間はファッションショーの開園時間に合わせて設定されており、ツアー終了後にショー会場である遠藤記念館に入れファッションショーが見学できます。

 ファッションフェスティバルの最大のイベントであるファッションショーは、企画から演出、衣装、モデル、照明、音響などショーに関わるすべてを学生の手で作りあげたもので、遠藤記念館大ホールを超満員にして行われました。ステージ毎にコンセプトに合わせた作品が次々に登場し、詰め掛けた高校生を中心とした観客を魅了しました。この各ステージをフォトコレクションで紹介いたします。フォトコレクションのボタンを押すと別ウィンドウが開きます。

 ファッションフェスティバル2が8月30日(日)に開催されます。キャンパスツアー、在校生によるファッションショーの他、高校生ファッションデザインアワード2009 公開最終審査も行われます。

ファッションフェスティバル2 URL
http://www.bfc-review.jp/feelbunka/090830.html
JUKI販売プライベートショー(大阪・岐阜)が開催されました
JUKI販売プライベートショー 近畿CCプライベートショーJUKI販売プライベートショー 近畿CCプライベートショー近畿CCプライベートショー
 7/24、25の2日間、大阪ミシン機友会館1Fにて近畿CCプライベートショーが開催されました。来場者は2日間で81社102名(技能士会:25社26名)のお客様にご来場いただきました。マイクロピンタック仕様のDDL9000ASS、逆差動メローロックミシンMO6704D0A4150などの基本機種の特別仕様ミシンから自動機などの専用ミシンに関心が集まっていました。近畿CCプライベートショーまた出展機種に関しましては近畿カスタマーズセンター(TEL:06-6339-7124)までお問合せください。
http://www.jukihanbai.co.jp/news/osakapv2009.htm

JUKI販売プライベートショー 中部CCプライベートショーJUKI販売プライベートショー 中部CCプライベートショー中部CCプライベートショー
 7/31、8/1の2日間、岐阜産業会館 小展示場にて中部CCプライベートショーが開催されました。2日間の来場者は、初日100社148名、二日目97社129名の合計277名と多数のお客様にご来場いただき盛況の内に無事に終えることができました。国内最大級の出展台数となった今回、特に注目を集めたのは新商品の一本針本縫太糸ステッチ糸切りミシン(DNU-1541/X55245)、自動サージングマシン(ASN-690L)、セッパボタン付けミシン(SB-LK-1900ASS:JUKI販売オリジナル商品)でした。中部CCプライベートショーまた出展機種に関しましては中部カスタマーズセンター(TEL:052-400-1234)までお問合せください。
http://www.jukihanbai.co.jp/news/cyubupvshow.htm
展示会のご案内
<アパレル・ソリューション・フェア2009>
 2009年 8月 25日(火)、26日 (水) の両日、好例のアパレル・ソリューション・フェアが開催されます。開催概要は以下の通りです。
会期:
2009年 8月 25日(火)、26日(水)10:00~18:00
会場:
TOC有明/コンベンションホール
展示内容:
CAD・生産・情報管理システム、アパレルEコマース、プロダクトサービス
(入場無料、ITに関する産地研修会など各種セミナーも開催されます)
URL:
http://www.jwca.or.jp/asf/index.htm
<第13回 チャイナファッションフェア>
 日本で開催される最大級の中国ファッション専門展示会。今回は中国沿海部を中心とした187社、224ブースが出展し、うち78社が初出展となります。開催概要は以下の通りです。
日時:
2009年9月2日(水)~4日(金)10:00~18:00(最終日のみ16:00まで)
会場:
東京サンシャインシティ文化会館
主催:
中国中紡集団公司 (協 力:日中経済貿易センター)
URL:
http://www.cff-jp.com/jp/index/index.aspx
<ジャパンジュエリーフェア2009>
 ジュエリーファッションショーなどのイベントやジュエリー業界のセミナーが多数催されるジャパンジュエリーフェア2009が開催されます。
日時:
2009年9月2日(水)~4日(金)10:00~18:00(最終日は17:00まで)
会場:
東京ビッグサイト 東4・5・6ホール
同時開催:
・JJAジュエリーデザインアワード2009
・2010年度ジュエリーデー・キャンペーン発表会
・国際業界セミナー、特別ステージイベント
出展予定、来場予定:
約400社、16000人
URL:
http://www.japanjewelleryfair.com/ja/
<rooms19 2010S/S>
 世界をリードする国際合同展のrooms19が以下の概要で開催されます。
日時:
2009年9月16日(水)~18日(金)10:00~18:00
会場:
国立代々木競技場 第一体育館
出展予定:
400ブランド以上
来場予定:
約15,000人
URL:
http://www.roomsroom.com/
JFW-IFF(インターナショナルファッションフェア)が開催されました
JFW-IFF(インターナショナルファッションフェア)JFW-IFF(インターナショナルファッションフェア) ファッション×ビューティー
JFW-IFF(インターナショナルファッションフェア) スクールコーナーインドファッションショー スライドショー
インドファッションショーフォトギャラリーは
こちらをクリック
 2009年7月22~24日の3日間の会期で東京ビッグサイト西展示棟にてJFW-IFF(インターナショナルファッションフェア)が開催されました。
 2000年1月にスタートし今回で通産20回目を迎えたJFW-IFFは、多くの出展者がクリエーションを提案しビジネスにつなげる場として歴史を積み重ねています。今回は14の国や地域からアパレル・ファッション雑貨などの800社の出展となりました。
 会期中は日本ファッション・ウィーク推進機構の「新人ファッション大賞ブース」や服飾系専門学校によるスクールコーナーが展示会場を彩りました。このほかスタイリストの岡正巳さんとヘアメイクアップアーティストの染谷太さんによる「ファッション×ビューティー」コラボレーショントークショーも行われ、岡正巳さんが展示会場内から探してコーディネートした服や小物を一点一点紹介するなど、ファッションとヘアメイクが一つの方向に向かい新たな可能性が生まれるといった話に来場者が耳を傾けていました。
 また近年減りつつあった海外団体出展ですが、チャイナプラス1として注目を集めるインドから44社の大規模出展となりました。初日にはインドの繊維相もインドブースを訪れ、連日のフロアショーなど各メディアにも大きく取り上げられました。インドは欧米輸出で培った高いファッション企画力を日本のアパレルにアピールしました。インドといえば色鮮やかなプリントや刺繍のワンピースなどのカジュアルタウンウェア。セレクトショップなどではこれまでも見かけましたが、ここにきて百貨店や有名アパレルも熱い視線を送っているそうです。


JFW-IFF(インターナショナルファッションフェア) 「Ambika Overseas」
「Ambika Overseas」
 東京の神宮前にショップ兼ショールームを構えるアンビカオーバーシーズは日本に来て27年。インドコットンにビーズの刺繍が施された真っ白なワンピースはとても手が混んでいるが$14.3と非常に安い。インドの現地工場でサンダルも生産し始めたが、一週間で売り切れてしまうほど。素材や縫製、デザインも全てインド製だが、来場客の目に止まるような新鮮な服・小物が数多く見られた。

JFW-IFF(インターナショナルファッションフェア) 「Satoru-Matsuda Relax」
「Satoru-Matsuda Relax」
 岐阜市でリサイクル素材やオーガニック素材を使用して"モード×オーガニック"を提案する。あえて肩のないストンとした袖のトップス、着てみると衿が自然と立ち上がり全く違った表情になる。リラックスウェアで注目のサルエルパンツは、中心にボックスプリーツを施しさらに心地よく着こなせる。色や素材はシンプルに、デザインで遊びのテイストを加えるという。Satoru-Matsuda Relaxで出展するのは初めてというが、モデルさんが製品を着てブランドをアピールしているので、非常に目立っていた。
http://satoru-matsuda.com/menu.html

JFW-IFF(インターナショナルファッションフェア) 「SENZO」
「SENZO」
 東京・台東区の株式会社センゾーはIFF3回目の出展。若い女の子に人気のスパンコールや大きめリボンのついたかわいいバッグで一際明るいブースを展開。ファッション雑誌"ViVi"やスポーツブランドの"ルコック"のライセンスを取得し、中国で生地調達、上海や広州近郊で生産まで行う。パーティーでも使えるキラキラのスパンコールのバッグも3900~4900円とお手頃な価格。

JFW-IFF(インターナショナルファッションフェア) 「YO-KO」
「YO-KO」
 機能的でスタイリッシュなナイロンポーチのtintamar(タンタマール)を扱うのは日本窯工貿易会社。IFFには初めての出展でフランスからtintamarデザイナーのEdith PETITさんを招いて、非常にすっきりとVIP (Very Intelligente Pocketの略)を前面に出したブース。特徴は小物がすっきり納まる9つのポケットに開口部が大きく開く巾着型、マチが大きくしっかり自立することで、毎日持って行く小物が出し入れしやすいシンプルな機能とデザインに特化した製品。最近は模倣品が多くなっているが、販売直後からパリジェンヌの間で話題になり、ニューヨークの近代美術館で扱われるなど、元祖バックインバッグとして名高い。大きさ別にBasic・Business・Menコレクションがある。Basicにカードフォルダー付きの別売りのポーチAccessをつけるとちょうど5千円となりブライダルなどのギフトにも用いられている。2005年から世界の各地域で販売がスタートし、今年に入ってカラーバリエーションを更に増やし、フランスで生産したラムやカウの本皮製も販売するなど、人気の高さが伺える。
http://www.yo-ko.co.jp/

JFW-IFF(インターナショナルファッションフェア) 「Human Approach」
「Human Approach」
 文化ファッション大学院大学3年生の細江明弘さんが周りに存在する疑問や問題をポップアートやブラックジョークで表現するブランド。今回のテーマである"MaMoRaNaKyaネ!!"では禁止マークを使ってモラルが低下する一方の現代に自分で自分の身を守る、現状を認識させることを目的として光反射テープや護身術をイラストで解説したパーカーなどを展示。杉野服飾大学在学中に新人デザイナーファッション大賞に入賞するなど、分かりやすいポップアートを発信する。
http://www.myspace.com/human_approach

JFW-IFF(インターナショナルファッションフェア) 「MITSURU HIYAMA」
「MITSURU HIYAMA」
 服を着た人が幸せな気分になれるような、着る人の立場からデザインできるような日本ブランドを目指すのは文化ファッション大学院大学2年生の檜山満さん。これまでに"彫刻"をテーマに、アフリカのクバ民族の民族衣装やナイジェリアのホルンからヒントを得てシルクを使って表現するなど日本に留まらず海外でも賞を取っている。今回は日常でふと感じる変化や美しさをテーマに微かな光や音の調和や波動などのニュアンスをテキスタイルに落とし込んだ作品。素材は高密度合繊で有名な福井県の第一織物株式会社の特殊生地を使用して、グレーのテープもデザインから創り上げ何度も縫直したとのこと。

JFW-IFF(インターナショナルファッションフェア) 「GOLD CORD」
「GOLD CORD」
 ヨーロピアンテイストの男性用スタッズアクセサリーを製作するのはCOLD CORD co.,ltd.。パールを使ったリング・ブレスレット、栓抜きになっている鍵型のアクセサリーなど大きめで存在感のあるアクセサリーやキーホルダーの数々を展示。「chain chain chain」は女性用、こちらは一変して細いチェーンを使った繊細な仕上がり。ROSA RUGAとブースをシェアしての出展。
http://goldcord.101-c.com/goldcord/

JFW-IFF(インターナショナルファッションフェア) 「NEICAMINO」
「NEICAMINO」
 羊毛・カシミア・ウールを手紡ぎするところから全て手作りで作り上げる唯一無二のニットコレクション。アイテムのほとんどが素材そのものの色だが緑などのアクセントカラーは草木染めしている。上着一着分の糸を紡ぐのに3日掛かり、織る・編むなど一着を製作するのに一週間掛かるという。シンプルなワンピースや上着の他、モチーフつきのベスト、帽子など年齢・性別を問わないデザイン。またこちらも手作りのカタログは、デザイナー松川寧さんのお嬢さんがモデルも撮影もデザインも手掛けている。松川さんの家族が三重県で手作りしているニットは非常に柔らかく温もりに溢れている。
http://www.neicamino.com/

 次回、2010年1月展は1月13日(水)~15日(金)同じく東京ビッグサイト 西展示棟で開催予定です。
「トラノイ・オム1月展」「アトモスフェール3月展」(フランス)出品者募集中!
 ジェトロ(日本貿易振興機構)では、海外市場における日本のアパレル製品の認知度向上およびビジネス・チャンスの拡大を目的に、日本のファッションデザイナーをとりまとめて「トラノイ・オム1月展」「アトモスフェール3月展」に参加します。この機会にぜひ出品をご検討ください。

■「トラノイ・オム1月展」■
会期:
2010年1月21日(木)~24日(日)
開催地、会場:
フランス・パリ、パレ・ドゥ・ラ・ブルス(PALAIS DE LA BOURSE)(予定)
主催:
TRANOI S.A.
出品物:
メンズアパレル全般
出品料:
未定
<参考>前回のトラノイ・オム6月展実績:466,000円 /1小間(10平米)(助成後の金額)
詳細・申込:
http://www.jetro.go.jp/events/tradefair/20090715313-event
※事前に主催者審査に通過いただく他、申込にはいくつか条件があります。
申込締切:
トラノイ・オム出品経験者 2009年10月16日(金) 書類必着
トラノイ・オム出品未経験者2009年11月13日(金) 書類必着
■「アトモスフェール3月展」■
会期:
2010年3月上旬(予定)
開催地、会場:
フランス・パリ、チュイルリー公園(Jardin des Tuileries)(予定)
主催:
SODES
出品物:
レディスプレタポルテ
出品料:
未定
<参考>前回のアトモスフェール3月展実績:418,000円 /1小間(9平米)(助成後の金額)
詳細・申込:
http://www.jetro.go.jp/events/tradefair/20090715447-event
※事前に主催者審査に通過いただく他、申込にはいくつか条件があります。
申込締切:
アトモスフェール出品経験者 2009年11月30日(月) 書類必着
アトモスフェール出品未経験者 2009年12月10日(木) 書類必着

 ジェトロで昨年度から開始された展示会・商談会への出展支援事業は、今年度もメンズはトラノイ・オム(6月、1月)、 レディスはアトモスフェール(10月、3月)の展示会に参加するブランドを支援しています。事業概要については以下をご覧ください。
今年度概要:http://www5.jetro.go.jp/newsletter/fab1/paris.pdf
2008年見本市レポート:http://www.jetro.go.jp/j-messe/w-info/re090102.html
ブライダル産業フェア2009が開催されました
ブライダル産業フェア2009
ブライダル産業フェア2009 ジャパン・ウエディングフォト・グランプリ ブライダル産業フェア2009 プリザーブドフラワーコンテストブライダル産業フェア2009 Palette
 2009年7月28日(火)、29日(水)東京ビッグサイトの西ホールにてブライダル業界の有力企業が出展するブライダル産業フェアが開催されました。
 毎年多彩なイベントで多くの来場者を集めるブライダル産業フェアですが、今年も業界のトップランナーが講師を務める「経営セミナー」を2日間で21回開催、また200点近い応募から業界No.1の写真を選ぶ「ジャパン・ウエディングフォト・グランプリ」、プリザーブドフラワーコンテスト、インポートドレスや和装の「ウエディングファッションショー」などが開催され、"婚活"ブームに乗って活発な商談が行われたいへん盛り上がりました。また会場の一角にはフラワー・ロボティクス株式会社のマネキン型ロボット「Palette」(全身タイプ)も登場し、センサーによって状況に応じ、ウエディングドレスを動きで魅せていました。


ブライダル産業フェア2009   「株式会社アミューズメントタイム(ハートブレス)」
「株式会社アミューズメントタイム(ハートブレス)」
 日本橋に本社のある(株)アミューズメントタイムは素材調達も縫製も国内で行うブラックスーツのユニフォームを10月から販売開始する。メゾン ド ファミーユ(MAISON DE FAMILLE)はフランスの高級雑貨店で青山に店舗を持つなど、日本でも有名なブランドのライセンスを取得している。もともとパーラーなどの制服を手掛けるが、そのノウハウを生かしよりベーシックなデザインの制服を婚礼式場だけでなくカーディーラーや百貨店などの宝飾販売カウンターなどにアピール。素材は黒より更に深みがあり高級な質感の「シルブラック」を使用。インナーのブラウスも吸湿速乾に優れ家庭洗濯可能な生地で、前後ろ両方着れて棒タイをリボンにするなど着こなしが楽しめるデザイン。スーツのデザインはフレンチスタイル独特の気品を持ち、ベーシックなスーツの他ワンピースや夏のシャツ風スーツ、メンズスーツも2万円~3万5千円で販売される予定。
http://www.amusementtime.co.jp/


ブライダル産業フェア2009 「アイハラ貿易株式会社」
「アイハラ貿易株式会社」
 イタリアやドイツで作られる一風変わった珍しいリボンや欧米の高級ペーパーアイテムの輸入代理店を務めるアイハラ貿易(株)は今回が初出展。ヨーロッパで古くからお祝いに用いられる、アーモンドを砂糖でコーティングした"ドラジェ"を包んで花びらのようにアレンジできる色鮮やかなドラジェリボンがブースいっぱいに飾られる。端に出ている糸を引っ張るとギャザーが寄って簡単にお花の形が出来上がる。見る角度により色が変わる玉虫リボンや結婚式で多く使われる高級リボンを手芸店や個人オーナーの花屋さんに卸している。ハンドメイドが注目される中、より多くの人に良い素材が提供できるように出展したとのこと。
http://www.aiharaboeki.co.jp/


ブライダル産業フェア2009 「有限会社Bemax」
「有限会社Bemax」
 バンケットで使う布製品全てをレンタルしている東京大田区の(有)Bemaxは、羽田に専用のクリーニング工場を持ち、きれいにメンテナンスしたクロスやナプキン、チェアカバーをホテルなどに貸し出す。お客様の要望に応じてコーディネートされる結婚式場ではクロス類をレンタルすることでコストが抑えられ負担が少なくなる。最近ではホテルだけでなくパーティーや宴会会場へも販路を開拓している。またカラークロスは白やピンクだけでなく近年ダークトーンのカラーが人気。
http://www.net-bmx.com/index.html


ブライダル産業フェア2009 「株式会社インタープレイス」
「株式会社インタープレイス」
 ビーズ刺繍がふんだんに施されたベトナムで生産されるウエディングドレスをセミオーダーで販売するのは(株)インタープレイス。エグゼクティブプロデューサーの福嶋さんはゴルフの福嶋晃子プロのお母さん。専属のデザイナーもいてデザイン画からオリジナルデザインのドレスに仕上げることも可能だが、基本のパターンを元に採寸すると一ヶ月で納品できる。デザインはベトナムと深いつながりのあるフランスの伝統を盛込み、ベトナムならではの繊細な手刺繍によるレースとビーズの豪華なドレスが20万円台で購入できる。主に貸衣装店に卸しエンドユーザーへの販売は行っていないが、江ノ島の鵠沼にフィッティングルームを兼ねたブライダルサロンもあるので個別に販売して頂けるとのこと。貴女だけの夢のドレスにご興味のある方はお電話を。(TEL:03-3293-1353)
http://www.inter-place.com/index.html


ブライダル産業フェア2009 「株式会社イクス」
「株式会社イクス」
 ドレスショップ・衣装店の要望から生まれたウエディングシューズ"アイリーン"を扱う(株)イクスはネットやFAXで1足からの注文も受ける。ヒール高さが5,7,11,15cmに対し20.0~25.5cmまでの0.5 cm刻み、15cmヒールの靴は注目度も高い。主にスタジオや貸し衣装店からのニーズが高いが、ウォーキングの練習に使われるなど、個人の購入も若干ある。汚れが落ちやすい素材で疲れにくく安定したかかとのデザイン。中国で生産して1足4480円(ヒール15cmは5780円)の低価格を実現している。
http://www.eireen.net/


ブライダル産業フェア2009 「manoah」
「manoah」
 韓国から出展のマノアーはミニチュアのウエディングドレスを手作りで製作している。元々ウエディングドレスの販売が専門だが、1年位前からこのサービスを始め、日本では今回が初出展となる。ウエディングドレスを着た全身の写真を送るとデザインに合わせてデザイナーがパターン作成から縫製まで手作りでミニチュアドレスを製作、バービー人形に着せて箱入りで納品される。ウエディングドレスだけでなくカラードレス、その他の記念の洋服や新郎のタキシードも可能。また髪型や小物もできるだけ写真に忠実に再現してくれるという。一着の製作費は箱と人形付きで3万円。花嫁が着た記念のドレスをバービー人形が着ているので、いつまでも幸せな思い出が蘇る贈り物としても最適。
http://www.imanoah.com
展示会のご案内
1. 第68回東京インターナショナル・ギフト・ショー秋2009
 日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市である毎年恒例のギフト・ショー秋2009が9月8日から4日間、東京ビッグサイトにて開催されます。開催概要は以下の通りです。
テーマ:
エコライフで消費ビジネスの新市場を創出
会期:
2009年9月8日(火)~11日(金) 10:00-18:00(最終日は16:00まで)
主催:
株式会社ビジネスガイド社 インターナショナル・ギフト・ショー事務局
会場:
東京ビッグサイト(全館)
入場対象者:
パーソナルギフトマーケットに携わる国内外の流通関係者
来場見込み:
200,000人(春2008実績:延196,894人)
入場:
無料(事前登録制)
注)ギフト・ショーは業界関係者のトレードショーのため一般の方は入場できません。
出展社数:
約2,200社
同時開催:
・アパレル合同展示商談会「カジュアルフロンティア」(会場は西展示棟アトリウム)
・第1回東京ジュエリー&ジュエムストーンショー秋2009
URL:
http://www.giftshow.co.jp
(無料招待券請求もこちら)
2. カジュアルフロンティア(FRONTIER)
会場:
東京ビッグサイト、西展示棟アトリウム
会期:
2009年9月8日(火) 11日(金)10:00-18:00(最終日は16:00まで)
出展予定社数:
80社限定
カテゴリー:
メンズ・レディース・ユニセックス・ウェア(国内・インポート)・靴・帽子・鞄・アクセサリー・雑貨
URL:
http://www.frontier-j.co.jp/
(来場のご希望はこちらから)
 
注)「ギフトショー」と同時開催となります。
第39回ISF出展社募集
 09年10月6日~8日、東京・池袋サンシャインシティで開催される靴とファッション雑貨の国際見本市ISF2009では、2つの価格帯でレディスとメンズの計15社を募集しております。お申し込み最終締切は8月25日(火)となっております。またISFの開催概要は以下の通りです。

会期:
10月6日(火)-8日(木)10:00 ~18:00(最終日は17:00終了)
会場:
東京・池袋 サンシャインシティ文化会館 2,3F
出展品目:
靴、ファッション雑貨、靴・バッグ資材
出展社数:
200社(見込み)
来場者数:
6,000人(業者対象・見込み)
URL:
http://www.f-works.com/isf/index.html
出展募集の詳細:
http://www.f-works.com/isf/39isf/md_guide.pdf
大阪・岐阜でプライベートショーを開催いたします
 JUKI販売株式会社は大阪と岐阜でプライベートショーを開催いたします。本縫い・ロックミシンをはじめボタン付けなどの特殊ミシン、皮革厚物ミシン、自動機など、新製品を含めた多機種を出展いたします。万障お繰り合わせの上ご来場賜りますようお願い申し上げます。

■近畿CCプライベートショー2009
開催日:
7月24(金)、25日(土) 2日間
開催時間:
10:00~17:00(25日は16:00まで)
会場:
大阪ミシン機友会館(1F)
詳細:
http://www.jukihanbai.co.jp/news/osakapv2009.htm
■中部CCプライベートショー2009
開催日:
7月31(金)、8月1日(土) 2日間
開催時間:
9:30~17:00(1日は16:30まで)
会場:
岐阜産業会館 小展示場
詳細:
http://www.jukihanbai.co.jp/news/cyubupvshow.htm
展示会に関するお問合せはJUKI販売株式会社まで
http://www.jukihanbai.co.jp/
グリーンエキスポが開催されました
グリーンエキスポグリーンエキスポ
グリーンエキスポ ココマコグリーンエキスポ 岡正子さん
グリーンエキスポ Nadellグリーンエキスポ 80人のデザイナーによるTシャツの展示
 地球温暖化対策に関連して温暖化ガス排出量の削減目標の設定やハイブリッドカーへの補助金、石油代替製品の普及促進などさまざまな活動が進んでいる中で、7月4日(土)、5日(日)パシフィコ横浜でGREEN EXPOが開催されました。
 ファッション、ビューティー、リビング、食など9つのゾーンに別れ最先端のエコが盛りだくさんに展示されていました。グリーンファッションゾーンはファッションジャーナリストの生駒芳子さんのプロデュースしたコーナーで、16ブランドが出展。この分野では大手のアバンティやパタゴニアに混じってjmでも取り上げたOKAデザインのJaponicaブランドが洗えるシルクやポリ乳酸繊維のアパレルとともにコサージュやマフラー、ショール、バッグなどの小物雑貨も展示。4日のトークショー「ファッションは日本を救えるか?」にはjm236号で取り上げた渡邊智恵子さんなどとともに岡正子さんも講師として出演しています。
 オーガニックコットンコーナーに出展していたNadellブランドのHummingは「売れ行きがよくて急遽、展示品を追加した」と話していました。
 そのほか水素・燃料電池使った自動車や80人のデザイナーによるTシャツの展示、フリーマーケット、GREENSTYLE BAND パパママ・プリーズのダンスなどさまざまなイベントが行われました。

GREEN EXPO 2009 URL
http://greenexpo.jp/
第1回ベビー&キッズワールド2009が開催されました
 文具・紙製品が集結するアジア最大の文具展「第20回ISOT」と同時開催で今回初めて併設された「第1回ベビー&キッズワールド2009」が7月8日(木)から10日(金)、東京ビッグサイト東ホールで開催されました。初回にもかかわらず約100社が出展、同時開催の効果もありバイヤーなどの多くのお客様が来場しました。

第1回ベビー&キッズワールド2009
第1回ベビー&キッズワールド2009 サンマルコ株式会社第1回ベビー&キッズワールド2009 サンマルコ株式会社
第1回ベビー&キッズワールド2009 Natures第1回ベビー&キッズワールド2009 Natures
第1回ベビー&キッズワールド2009 株式会社マリアス第1回ベビー&キッズワールド2009 株式会社マリアス
第1回ベビー&キッズワールド2009 MISATOMIKI第1回ベビー&キッズワールド2009 MISATOMIKI
第1回ベビー&キッズワールド2009 (有)Angel's Closet第1回ベビー&キッズワールド2009 (有)Angel's Closet
サンマルコ株式会社
 傘やレインコート、レインブーツなどのレイングッズを専門に販売している日本橋人形町のサンマルコ株式会社は人気の高いディズニーやミッフィーのイラストの他、スイスイフィジーなど多数展示。2010年度にはサッカーの欧州クラブチーム(マンチェスターユナイテッドとFCバルセロナ)のマークを使った傘を新たに販売する予定で現在企画中とのこと。人形町の本社には常時サンプルが用意され傘は年間15万本を大手量販店やベビー&キッズの専門店で売り上げる。ディズニーのライセンス契約をしているのは2社しかなく、ピンクと白のモチーフ柄やフリルのついたプリンセスシリーズなどデザインも凝っている。
http://www.san-marco.co.jp

Natures
 オーガニック&ナチュラルカラーのコットンを使ったベビーグッズはイギリスでデザインされた「natures」。全体が優しいオーガニックカラーに統一されたブースには主力商品のラトルなど、口が触れても安全なおもちゃの数々。現在は大手ショッピングサイトでしか扱われていないが、これから小売店にも広げようと企画中。総輸入元の株式会社ティーレックスはニットスリングの"Cuddle Me"やバンボのベビーソファなども取り扱う。
http://www.naturespurest.co.uk

株式会社マリアス
 手作り感いっぱいの布製おもちゃや布製絵本を展示するのは北青山の株式会社マリアス。社長は中国出身で現在は2児の母である女性社長。中国のネットワークを生かして正確な商品が非常に早く納品できる。プレゼントに最適な直筆の名入れができる布製刺繍絵本も注文から3週間で手元に届く仕組み。直筆の名入れは注文用紙に記入したメッセージなどがスキャナで読み込まれ、コンピュータ刺繍ミシンにより可能で特別な贈り物として人気が高い。生産は中国北部で、一針一針手縫いしている。細かいパーツを紛失しても1つ100円程で補充することが出来るのも魅力。
http://marias.co.jp

MISATOMIKI
 株式会社 和のMISATOMIKIは4月に開催されたISFでベビーサンダルや靴を出品しjmニュースでも掲載させていただいたブランド。今回は新商品の「MISATOMIKI J」をはじめとしたウエアや元気なママにお勧めな大きめトートバッグを展示。MISATOMIKI JはMade in JAPANにこだわり大阪近郊で生産され8月以降に店頭に出る最新シリーズ。また2009春のGIFT SHOWで頂いたという「ギフト・ショー認定エコ企業」の認定証が、ブランド収益の一部を「屋久島環境文化財団」に寄付しているこれまでの活動を表していました。
http://www.kodomofuku.org

Angel's Closet
 ベビーやキッズの輸入フォーマル衣装を展示するのは茨城県つくば市の(有)Angel's Closet。ロサンゼルスでデザインされ中国や韓国で生産されている男の子や女の子のフォーマルは全てインターネットで小売り販売されている。テレビや子供向け雑誌にも衣装協力しており、デザイン性がとても高いにもかかわらず非常にリーズナブル。女の子のロングドレスや男の子のタキシードはネクタイなども付属してどれも八千円前後。これから入荷されるという通路側に展示されている総シルクのドレスも約2万円という。また小物も充実しておりドレスに合わせたオリジナルデザインの革靴は愛子様の靴も手がける神戸のメーカーで作っている。デザインは400種くらい、アメリカでは月に一回ドレスアップパーティーを催すというので、デザインの豊富さもうなずける。
http://angels-closet.com/
東北ミシンショーが開催されました
第33回東北ミシンショー第33回東北ミシンショー 家庭用ミシン
第33回東北ミシンショー AMS-224E第33回東北ミシンショー MFセミドライ第33回東北ミシンショー APW-896
 「第33回東北ミシンショー」が6月27日(土)、28日(日)の2日間、岩手県産業文化センター「アピオ」で東北6県縫製団体連合会の主催で開催されました。
 東北ミシンショーが岩手県産業文化センターで開催されるのは7年ぶりで、当センターは東北自動車道、滝沢ICから3分という好立地と、土日の休日開催で高速道路の"休日特別割引"が適用されたこともあり、4172名(主催者発表)と大変多くの方が来場されました。
 JUKIは出展メーカー最大規模の約60㎡の展示スペースに工業用ミシンを13台と家庭用ミシンを展示し、来場者にアピールしました。
 出展機の中では新商品のAMS-224E(ワイドエリア電子サイクルマシン)とASN-690(自動サージング)、MFセミドライ(世界初セミドライヘッド両面飾り偏平縫ミシン)、近日発売のAE-200(エッジコントロールシーマ)と従来機種であるAPW-896(自動玉縁縫機)の人気が高く終日お客様が絶えませんでした。又、中国語の会社案内をプロジェクターにて放映、中国の研修生に喜ばれていました。
展示会のご案内
1. ベビー&キッズワールド2009
会期:
2009年7月8日(水)~7月10日(金) 10:00~18:00
会場:
東京ビッグサイト
同時開催:
第4回雑貨EXPO GIFTEX、第4回デザイン雑貨EXPO、第20回ISOT他
URL:
http://www.bk-w.jp/bkw/jp/visit/merit.phtml
2. JFWインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)
 モードとビジネスの出会いの場として、多くの出展者がクリエーションを提案しビジネスを広げるJFW-IFFが2009年7月に開催されます。
会期:
2009年7月22日(水)~7月24日(金) 10:00~18:00(最終日は17:00)
会場:
東京ビッグサイト 西展示棟
URL:
http://senken-ex.com/iff/index.html
JISSO PROTEC 2009 -第11回 実装プロセステクノロジー展- にJUKIが出展しました
JISSO PROTEC 2009-第11回 実装プロセステクノロジー展-
JISSO PROTEC 2009-第11回 実装プロセステクノロジー展-JISSO PROTEC 2009-第11回 実装プロセステクノロジー展-
JISSO PROTEC 2009-第11回 実装プロセステクノロジー展- 高速モジュラーマウンタFX-3
 JISSO PROTEC 2009-第11回 実装プロセステクノロジー展-(JPCA Show 2009、2009 マイクロエレクトロニクスショー同時開催)が6月3日(水)~5日(金)に東京ビッグサイトで開催されました。JISSO PROTEC 2009は電子部品実装機及び関連機器・システムなどの最新成果を一堂に集め、最新情報や研究成果が発表される実装技術専門展示会で、3展示会合同で94,323名の来場者があるビッグイベントです。JUKI(産業装置事業部)は、「形に見える安心を。使ってくださいJUKIの技術」をテーマに、実装フロア全体の見える化と生産性向上を促進する新システム商品と、「高速モジュラーマウンタFX-3」をはじめとする最新の実装装置フルラインアップし、多くのお客様を集めました。

JUKI株式会社産業装置事業部
http://www.juki.co.jp/smt/index.html

JISSO PROTEC 2009-第11回 実装プロセステクノロジー展
(INNOVATION for the next dream ~最先端機器を支える電子回路と実装技術展~)
http://www.jpcashow.com/show2009/index.html
「アトモスフェール10月展」(フランス)出品者募集中!
 ジェトロ(日本貿易振興機構)では、海外市場における日本のアパレル製品の認知度向上およびビジネス・チャンスの拡大を目的に、日本のファッションデザイナーをとりまとめて「アトモスフェール10月展」に参加します。この機会にぜひ出品をご検討ください。(注:申込締切が間近となっております)

会期: 2009年10月2日(金)~5日(月)
開催地、会場場所: フランス・パリ、チュイルリー公園(Jardin des Tuileries)
主催: SODES
出品物: レディスプレタポルテ
出品料: 未定
<参考>前回のアトモスフェール3月展実績:418,000円 /1小間(9平米)(助成後の金額)
申込締切: 2009年6月23日(火) 書類必着(※アトモスフェール出品未経験者)

↓詳細はこちら
http://www.jetro.go.jp/events/tradefair/20090514196-event

※ 事前に主催者審査に通過いただく他、申込にはいくつか条件があります。

 ジェトロで昨年度から開始された展示会・商談会への出展支援事業は、今年度もメンズはトラノイ・オム(6月、1月)、 レディスはアトモスフェール(10月、3月)の展示会に参加するブランドを支援しています。事業概要については以下をご覧ください。
今年度概要:http://www5.jetro.go.jp/newsletter/fab1/paris.pdf
2008年度概要:http://www.jetro.go.jp/j-messe/w-info/re090102.html
はぎれアートコンテスト作品募集中
はぎれアートコンテスト  製品の影で産業廃棄物として処分されている「はぎれ」にもう一度生命を吹き込む「Fujiはぎれアートコンテスト」では「はぎれの再生」をテーマにはぎれを生まれ変わらせた個性的な作品を募集しています。作品の素材は6月28日までの間、主催の山梨県郡内地域産業振興センターから提供されます。第一次写真審査の応募受付は9月1日から9月15日まで。審査は9月下旬と10月下旬に行われ、11月中旬に大賞ほか入選作品が表彰され、約3ヶ月間展示される予定となっています。大賞の賞金は30万円です。

お問い合わせは
〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田2277-3
山梨県郡内地域産業振興センター
電話:0555-24-4406 FAX:0555-24-5319

一次審査応募用紙など詳細は山梨県郡内地域産業振興センターURLをご覧ください
http://www.fsp.or.jp
東北アパレル産業機器展2009が開催されます
 2009年6月27日(土)、28日(日)に開催される第33回東北ミシンショー「東北アパレル産業機器展」の開催概要をご案内いたします。

■開催概要
日時: 2009年6月27日(土)9:00~17:00
28日(日)9:00~16:00
場所: 岩手県産業文化センター 「アピオ」
岩手県岩手郡滝沢村滝沢字砂込389-20
TEL:019-688-2000
出展内容: 工業用ミシンは新商品のASN-690L自動サージングマシンやAMS-224EHS4530SZ入力機能付き電子サイクルミシンなど14機種を出展致します。
家庭用ミシンは新商品のコンピュータミシン、エクシードなど5機種を出展致します。
主催: JUKI販売(株)東北アパレル産業機器展ホームページ(出展機種一覧)
http://www.jukihanbai.co.jp/news/tohoku2009.htm

【展示会・出展機種に関するお問い合わせ】
JUKI販売株式会社
東北カスタマーズセンター TEL:0197-25-2725(工業用ミシンについて)
東北営業所 TEL:024-576-6772(家庭用ミシンについて)
第3回ダイレクトマーケティングEXPOが開催されました
第3回ダイレクトマーケティングEXPO第3回ダイレクトマーケティングEXPO
第3回ダイレクトマーケティングEXPO第3回ダイレクトマーケティングEXPO 専門セミナー
 2009年5月13日(水)~15日(金)、東京ビッグサイトにて第3回ダイレクトマーケティングEXPOを含むIT関連の9つの専門展が東京ビッグサイト全館で開催されました。10万人以上の来場を見込む日本最大のIT専門展として定着しています。来場者はマーケティング部門、営業企画・推進部門、Webマスター・担当部門、広報・宣伝部門、カスタマーサービス部門、経営者など、ITに関連するすべての部門に及び、各ブースでは新技術の積極的なアピールが展開され、具体的な技術相談や商談が活発に行われました。
 また業界の第一線で活躍する講師による専門セミナーや各展示会の基調講演・特別講演はビッグサイトの会議棟で連日開催され会場はほぼ満席状態。基調講演では1000人近くの聴講者を集め、「クレディセゾンのダイレクトマーケティングへの試み~日本の消費動向の変化を踏まえて」や「ユニクロのクロスメディアマーケティング戦略」など、最新技術や先進事例が詳しく解説されました。

 次回の開催は2010年5月12日~14日となっています。

詳しくは下記URLへ
http://www.dme-expo.jp/dme/jp/exhibit/outline.phtml
ドイツのケルンメッセでIMB2009が開催されました
 2009年4月21日から24日までの4日間、ドイツのケルンメッセにてIMB2009が開催されました。この展示会は、JIAM(日本)、CISMA(中国)と共に世界3大展示会のひとつとされる大きな展示会です。
 今回は34カ国から509社が出展し、100カ国から約2万人の来場者がありました。
 JUKIはブース面積612m2、工業用ミシンは6つのコーナー(IE サポート、アパレル、ニット、AMS、厚物、カスタマーサポート)に新商品24機種を含む、46機種を展示し、近日発売のDDL-9000B、MFセミドライや、AEC、ACF、AMSなどの自動機が注目を集めていました。家庭用ミシンは新商品エクシード3機種を含む10台を展示し多くのお客様を集めました。
IMB2009
IMB2009
IMB2009IMB2009IMB2009
第33回2009日本ホビーショーが開催されました
 2009年5月7日から9日の3日間『第33回2009日本ホビーショー』が東京国際展示場で開催されました。「Hobby+ みんなでHappy手づくりライフ」をテーマに家族で楽しめるファミリーDIYやワークショップなどの体験型コーナーを充実させた今回は、現在ブームとなっているスイーツデコをテーマにした特設会場も登場し、根強いホビーファンから若いファンまで女性を中心に大盛況となりました。
 1990年より設けられたホビー大賞と、2000年より設けられたホビー産業大賞の表彰式も行われ、各賞の受賞作品も展示されました。文部科学大臣賞は、子供たちが製作した羊毛フェルトの動物たちを集合させた「フェルト・アニマル・キュービック」を製作した東京町田市の鶴川第二小学校のハンドメイドクラブの皆さんが受賞しました。(株)ニットソーイングクラブでは20周年を記念して作品展示や体験教室の他、展示スペース内のメインステージでファッションショーも開催しました。また(社)日本縫製機械工業会ではJUKIを含めた各社の家庭用ミシンを使った物づくり体験を実施しました。
 初日、2日目と悪天候にもかかわらず、今回も合計10万人を超える来場者数となりました。

5月7日(木) 33,553 人
5月8日(金) 31,231 人
5月9日(土) 39,228 人
合計 104,012 人

(社)日本ホビー協会はこちら
http://www.hobby.or.jp/
第33回2009日本ホビーショー
第33回2009日本ホビーショー ファッションショー第33回2009日本ホビーショー 作品展示
第33回2009日本ホビーショー ホビー産業大賞 文部科学大臣賞第33回2009日本ホビーショー ホビー産業大賞 デザイン賞
第33回2009日本ホビーショー 物づくり体験
FRONTIER vol.74開催概要と出展社募集のお知らせ
 合同展示会のフロンティアでは今年の9月より、新たな展開として「東京インターナショナルギフトショー」内で、「フロンティア74」を開催いたします。フロンティアでは、カジュアルファッションをベースにレディーストレンド、メンズ、アパレル雑貨のアイテムを豊富に揃えています。現在出展社を募集しています。出展申込みは6月3日(水)までとなっています。

会期: 9月8日(火)~11日(金)10:00~18:00(最終日は16:00迄)
会場: 東京ビッグサイト、西展示棟アトリウム
URL: 詳細はフロンティア事務局へ
http://www.frontier-j.co.jp
展示会のご案内
インテリアライフスタイル
 国内外最新のインテリア関連製品が一堂に会して東京から世界へ向けて「ライフスタイルを提案する」国際見本市の第19回インテリアライフスタイルが今年も開催されます。

会期: 2009年6月3日(水)~5日(金) 10:00~18:00(最終日は16:30まで)
会場: 東京国際展示場 西1~4ホール・アトリウム
主催: メサゴ・メッセフランクフルト(株)
入場: 2000円(Web事前登録者および招待状持参者は無料)
URL: http://www.interior-lifestyle.com/
第38回ISF(2009A/W)とジャパンシューエキスポが同時開催されました
 靴とファッション雑貨の国際見本市の第38回ISFとビジネスモデルを提案する情報発信型フェアの第7回ジャパンシューエキスポが4月21日(火)~23日(木)の3日間、東京池袋のサンシャインシティ文化会館にて開催されました。
 ジャパンシューエキスポでは音楽を交えた靴のとっておき情報を「こちら、ジャパンシューエキスポ情報局」として放送しました。ISFでは企画スペースにて参加無料のセミナーやプレゼンテーション・トークショーを開催し、商品の展示から秋冬の狙い目、商品企画のポイントなど盛りだくさんの内容で来場者に情報提供を行いました。

東邦レマック株式会社
 この2,3年毎回出展する東邦レマック㈱は最大の広さのブースで自社ブランドやライセンス取得のブランドの最新秋冬商品を一同に展示。生産は主に上海、販売は日本の全国ネットで展開する。注目は2年目を迎える「Choo」と今年デビューの「SUGAR&BABE」。「Choo」はギャルよりワンランク上の"超いい女"を目指すちょっと大人な女の子向けブランド。ターゲットは20代のおしゃれな女の子から30代の女らしさを保ちたい女性。取り外せるレガースなど2WAYでノーマルとデコラティブなブーツに変更ができる。2匹のセクシーキャットがキャラクターとなっている「SUGAR&BABE」はローティーン向けのブランド。元気な女の子がキャッキャッ走り回っているところをイメージして靴をデザイン。定番のスニーカーやブーツは低価格帯で、取り外せるハートのモチーフなど色やディテールの凝ったかわいいデザインになっている。
http://www.toho-lamac.co.jp/

株式会社 和
 初出展となる子供靴ブランド「MISATOMIKI」は㈱和取締役の渡邉一文さんがプロデュースする子供服ブランドの一つ。スニーカーやブーツなど素材とデザイン・色にこだわった子供らしい商品が1900円~3900円の価格帯で豊富に揃う。株式会社 和は「MISATOMIKI」のほか「MIMISATOKIKI」など数ブランドがあり、卸し・小売の他OEMも手がける。皮ひものメッシュサンダルなどシューズはベビーザラスやベビーグッズの雑誌"赤すぐ(キッズ)"にも取り上げられ、洋服はベネッセでも扱われる。直営店も本社の大阪ほか奈良、三重に展開され、お客様の声を聞きながら商品に反映している。女の子のあじさいサンダルなど定番商品は白やピンクの定番色の他にシーズンに合った色も用意するという。「MISATOMIKI」の由来は渡邉さんの生まれ故郷である屋久島と二人の愛娘の名前で、未来の子供たちに美しい地球を託したい、というブランドコンセプトから収益の一部を屋久島環境文化財団に寄付している。
http://www.kodomofuku.org/

株式会社ハイコム
消費者が抱える靴が合わないなどの問題と小売販売の在庫リスクの両方を解決できるオーダーメイド婦人靴を販売するのは株式会社ハイコムが提案するブランドHumex(ヒューメック)。19.5cm~27.0cmのサイズ展開の他、8種類のウィズ、甲高・甲薄、外反母趾対応など、650種以上の靴型を用意し、パンプス・サンダル・ブーツなど100種以上のデザインから自分の服に合った好みの靴をセレクトオーダーすることができる。履き心地とデザイン性を兼ね備えたセレクトオーダーシューズをアピールポイントにしており、革の素材・色の選択、ヒールや金具などのパーツ選択、左右のサイズ違い、脚長差、足があまり上がらない方のためにウェッジソールにも対応できる。受注から納品までは秋田の生産工場で約4週間。本社にはお客様全員の靴のカルテがありリピートも多いと言う。また初期投資のないレンタル方式の販売店も募集しており、靴30足とデザイン帳、デザインサンプルなどの販売キットを安価でレンタルできる。現在50店の販売店があり、主に調整靴を扱う個人商店にHumexの靴が置かれている。紳士のセレクトオーダーシューズは同じくISF出展の宮城興業(株)で扱われる。
http://www.humex.jp
第38回ISF(2009A/W), ジャパンシューエキスポ第38回ISF(2009A/W), ジャパンシューエキスポ こちら、ジャパンシューエキスポ情報局
第38回ISF(2009A/W), ジャパンシューエキスポ セミナー
第38回ISF(2009A/W), ジャパンシューエキスポ 東邦レマック株式会社第38回ISF(2009A/W), ジャパンシューエキスポ 東邦レマック株式会社
第38回ISF(2009A/W), ジャパンシューエキスポ 株式会社 和第38回ISF(2009A/W), ジャパンシューエキスポ 株式会社 和
第38回ISF(2009A/W), ジャパンシューエキスポ 株式会社ハイコム
岡 正子さん「自然を身にまとう」展が開催されました
 長野にあるOKA学園トータルデザインアカデミーの校長であり、エコファッションのパイオニアとして国内外でエコロジーファッションブランドを展開する岡 正子さんの展示会「自然を身にまとう」が2009年4月14日(火)から16日(木)まで北青山のイベントスペースRin(3階)で開催されました。出展ブランドはハンドメイド主体に異素材をミックスしてワインの絞りかすなどの自然の原料で染め上げた"Oui Re Co"、長野商工会議所のプロジェクトから生まれたカジュアルシルクの"Japonica"、また岡 正子さんを代表する"ECOMACO"の3ブランド。
 特にECOMACOでは、とうもろこしなどを原料とした自然分解素材のポリ乳酸繊維を群馬県桐生市で生産し、長野で縫製、京都の染色伝統工芸士による鹿の子などの絞りの手染めを施すこだわりのものづくり。家庭洗濯ができアイロン掛け不要や、非常に軽く体型をカバーしてくれるデザインもうれしい。安心とやすらぎの素材や色でエコロジーファッションを先導している。

岡 正子さんのホームページはこちら
http://www.oka-masako.com/
岡 正子さん「自然を身にまとう」展岡 正子さん「自然を身にまとう」展 Oui Re Co
岡 正子さん「自然を身にまとう」展 Japonica岡 正子さん「自然を身にまとう」展 ECOMACO
展示会のご案内
1. 第33回2009日本ホビーショー

テーマ: Hobby+ みんなでHappy手づくりライフ
会期: 2009年5月7日(木)~5月9日(土) 10:00~17:00
会場: 東京国際展示場(東京ビッグサイトhttp://www.bigsight.jp/)東展示棟
入場料: 当日1000円(消費税込:会期中3日間有効)※高校生以下無料
同時開催: ホビークッキングフェア2009
主催: 社団法人 日本ホビー協会
URL: http://www.hobby.or.jp/hobbyshow/09/


2. マタニティ&ベビーフェスタ2009

会期: 2009年5月9日(土)~5月10日(日) 10:00~17:30
会場: 東京国際展示場(東京ビッグサイトhttp://www.bigsight.jp/)東4ホール
主催: 日本マタニティビクス協会
URL: http://www.mb-kyokai.com/mbf2009/
参加申込みで合計26,000名様先着無料ご招待


3. 第3回 ダイレクト マーケティングEXPO

会期: 2009年 5月13日(水)~5月15日(金) 10:00~18:00 (15日(金)のみ17:00終了)
会場: 東京国際展示場(東京ビッグサイトhttp://www.bigsight.jp/)
主催: リード エグジビション ジャパン株式会社
来場対象者: マーケティング部門、販売促進部門、営業企画・営業推進部門、Webマスター・Web担当部門、広報・宣伝部門、総務部門、カスタマーサービス部門、経営者・経営企画部門
URL: http://www.dme-expo.jp/
招待券(無料)の申込みはホームページをご覧ください
産産学学の新たなコラボレーション「FORM PRESENTATION」締切り間近
 日本ファッションウィーク推進機構とJFWジャパン・クリエーション運営委員会が主催する第3回「FORM PRESENTATION by JAPAN Tex-Promotion」の応募締切りが5月20日(水)となっています。2009年度のテーマは昨年に引き続き-加工表現の拡がりを求めて-、さらに進化した染色&加工仕上げの自由なアイディアをファッション系専門学校・美術大学などでテキスタイルや服飾について学んでいる学生を対象に募集しています。詳しい応募方法などはJFWジャパン・クリエーションのホームページをご覧ください。
http://www.japancreation.com/texpro/index.html
FORM PRESENTATION by JAPAN Tex-Promotion
第3回合同展示会「ホワイト」(white)が開催されました
 4月1日(水)~4日(土)にラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)で合同展示会「white vol.3 ~2009 autumn/winter~」が開催されました。White展は、若手クリエーター達へビジネスマッチングの場を設けるだけでなく、ブランドをメディアへの露出まで導き、若い才能の飛躍をサポートする。第3回目となる今回は、35ブランドが出展し、ファッション雑誌「装苑」5月28日発売号でも紹介されます。

Dionis
 昨年はIFFでも出展したDionisのデザイナー川口飛鳥さんは、千葉県船橋市で企画から製作までを3人で行う。これまではサテンなどの合成繊維にプリーツ加工していたが、今回初めて天然繊維にプリーツを応用。合成繊維に比べて値段は高いが、革の調達からプリーツ加工、生産まで全て日本製をアピール。上から見るとスクエアになっているバッグや、手提げ、ワンショルダー、長いストラップで肩掛けの3wayタイプのバッグも生地がプリーツになっているからできるデザイン。百貨店の催事、銀座松坂屋、小田急百貨店で扱われている。

Agharta/FFYR
 オーガニックコットンを使った独特な色合いの服が"Agharta"、目を惹くつなぎの服は手や足・頭までファスナーにすっぽりと入るデザイン。インクジェットのプリントにもエコスタンダード100の認証のあるシルク染料を使うなど欧州への輸出にも対応できるエコ製品を作る。Fight For Your Rightを略した"FFYR"、コントラストを強調したインパクトのあるデザインだが、素材やその作り方は繊細な日本製。ジャンパーの背から脱着できる鞄は岐阜の鞄屋とのコラボレーション。アウトドア用のジャケットとポンチョの生地は東レのダーミザックス、ファスナーも止水用の本格仕様。スポーツバッグも素材にこだわり非常に軽く人気がある。中目黒でショップ兼事務所を営む春山さんは2つのブランドを二人で手がける。
http://www.agharta.jp http://www.ffyr.net

t.i
 今回が出展2回目となる「t.i」は、ポリエステルに施す昇華転写プリントで色鮮やかな元気が出る服を展示。色と柄を前面に出したデザインはカラーチャートで試験して色合わせしたり、パーツの柄をあわせる為すべて一枚裁ちするというこだわりの一着。パターンから縫製まで自社で作る。モノクロのワンピースはシルクスクリーンでプリント。09年冬公開の"曲がれ!スプーン"のヒロイン、長澤まさみさんが劇中で着ている青と黄色のジャケットも実はt.i。映画に使われるとなると通常は提供するのだが、t.iは一点物なのでサイズに合わせて作り込み買い取ってもらったのだそう。
http://www.takeshi-inoue.co.jp

helter skelter
 4人でデザインからパターン作りまで手掛けるのは「helter skelter」。『普通に着れる、変化のある服。』をテーマにデザイナーの遊び心や好きな物を形にしている。生産は主に日本の工場に委託しているが、自社生産もあり、Tシャツなど一部ニット製品は中国で作る。上下を逆さにして着れる服やサーキュラー(広げると円になる)のトップスやボリュームパンツ、また今回のWhite展ではリメイク風のアイテムも多数展示。自由が丘のセレクトショップなどで扱われている他、今回の会場であるラフォーレ原宿3.5階でも買うことができる。
http://helter.jp/

mista mista
 White展のデザインテーマは「線」。展示しているほとんどが今回のWhite展の為にデザイン、製作された服。ファスナーで編まれたアクセサリーや平らな紐を輪にして繋ぎアームを通したり首に掛けるなど自由な見せ方ができる。ピンク色のワンピースは大きな布を線で繰り抜いて布端を共布で処理した手の混んだ作品。極太の毛糸を紐で繋いだり、編んでニットにするなど存在感がある。取扱店はまだ無く、手の形をしたアクセサリーのみ装苑のWeb shopで扱われる。デザインからパターンまで一人で行う筧さんは、昨シーズンからスタイリストさんが注目してくれて、メディアなどに出始めたところ、少しずつブランドイメージを高めていきたいと話す。
http://www.mistamista.jp/

KAZUYOSHI OTA
 JFWのLuxe by PLUG INでもお会いした太田さんの最新作は小花のレースを思わせるジャガード織りの白生地を細身のパンツスタイルに仕上げた作品。ポケットの部分に個性がある。ベルト部分のシフォンは丁寧に手縫いで星止めしてあり、作品へのこだわりが感じられる。
http://fashionjp.net/creatorsblog/oota/
第3回合同展示会「ホワイト」(white) Dionis第3回合同展示会「ホワイト」(white) Dionis第3回合同展示会「ホワイト」(white) Dionis
第3回合同展示会「ホワイト」(white) Agharta/FFYR第3回合同展示会「ホワイト」(white) Agharta/FFYR第3回合同展示会「ホワイト」(white) Agharta/FFYR第3回合同展示会「ホワイト」(white) Agharta/FFYR
第3回合同展示会「ホワイト」(white) t.i第3回合同展示会「ホワイト」(white) t.i第3回合同展示会「ホワイト」(white) t.i
第3回合同展示会「ホワイト」(white) helter skelter第3回合同展示会「ホワイト」(white) helter skelter
第3回合同展示会「ホワイト」(white) mista mista第3回合同展示会「ホワイト」(white) mista mista第3回合同展示会「ホワイト」(white) mista mista第3回合同展示会「ホワイト」(white) mista mista
第3回合同展示会「ホワイト」(white) KAZUYOSHI OTA第3回合同展示会「ホワイト」(white) KAZUYOSHI OTA第3回合同展示会「ホワイト」(white) KAZUYOSHI OTA
JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summerが開催されました
 "ジャパン・クオリティ"のテキスタイルを世界に向けて発信する「JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer」が、2009年4月8日から10日までの3日間、東京・有明の東京ビッグサイトで開催されました。世界的不況の中でもジャパン・クリエーションでは昨年を上回る197社140件の出展数となり、JFW東京コレクション・ウィーク2009A/Wの参加デザイナーとコラボレーションした「エコ・テキスタイル&デザイナーコラボレーション」や連日行われるフォーラム、「染色クリエーション・ヴィレッジ」での交流会などの新メニューも登場し、2万1千人を超える来場者が集まりました。また大正紡績の「夢工房」では、過去最大の256m2となるブースを"和の文化"でまとめ、会期の3日間に渡り女優の山口智子さんが同社のオーガニック・コットンを使う出展企業の方とトークショーを行うなど、熱の入ったブースが見受けられました。

天池合繊株式会社
 「天女の羽衣-Super Organza」と呼ばれる天池合繊の世界一軽く薄い織物は、髪の毛1本の約5分の1、7デニールという細さの糸を使用し、10g/m2と通常の衣料用織物と桁違いの軽さで、その透明度、柔らかさは極上。今回の出展では2月に発表された更に薄手の織物も展示され、触れると空気や水を思わせるようなやわらかな癒しを与える織物です。国内外の某有名メゾンやブランドに採用される「天女の羽衣」。しかしその開発では、工場で縫製できない為、JUKIのミシンを購入いただいた経緯や染色機を導入したことも、同社代表取締役社長の天池源受さんからお伺いしました。
http://www.amaike.jp

東京吉岡株式会社
 織ネームメーカの東京吉岡は消臭・吸水速乾効果や抗菌効果の高い「DEW」にスポットを当てて、クリーンでエコな雰囲気のブースを展開。「DEW」は特許製法により開発した消臭糸を使用したメッシュ生地やマーベルト、温度調節テープなど。その効果は洗濯することによって半永久的に持続します。メッシュは旅行鞄の内袋や帽子など、幅の広いテープ生地を利用して最近注目されている汗取りパッドなどに応用するなど用途は様々。東京吉岡の応用力は服飾資材の他、カタログやパッケージ、服飾雑貨やノベルティーなど非常に幅広い。「DEW」はデオドラントネームやテープなど少量をつかうだけでも、アンモニアなどの臭いに高い効果を発揮する実演も行っていました。
http://www.tokyo-yoshioka.co.jp

手刺繍工房ラジュー株式会社(Rajyu Lab)
 インドの繊細な手刺繍を展示しているラジューは日本で会社を始めて4年。インドの伝統的な刺繍であるモール刺繍を得意とし、エスニック調の雑貨とは一線を画す。刺繍はニューデリーの工房で伝統を継承する男性クラフトマン25名が心を込めて製作している。この4年で企画・デザインされたオリジナルの刺繍サンプルの数は430点以上に増え、皮革やチュール等にも刺繍加工するOEMがほとんどだが、ストールやパーティーバッグなどの服飾雑貨の卸売も行う。日本のミドルアッパークラスの女性をターゲットにした二つ折りのバッグは、ワンポイントで豪華な手刺繍をいれ素材や縫製は日本製にこだわり、とても洗練されている。

(株)松井ニット技研
 ニッティングブランドの松井ニット技研は、近現代アートの最高峰と言われるニューヨーク近代美術館の「MoMAストア」で販売数量1位を5年続けるKNITTING INNマフラーで有名。繊維のまち群馬県桐生市で明治時代の機織りから培った技術を生かし、見事に世界ブランドを立ち上げた。KNITTING INNの次は紳士をターゲットにした落ち着いた色合いの「EL MONTERO」。色・デザインから全てやる、と言う取締役の松井敏夫さんは、MoMAにしても椿山荘などの高級ホテルで扱われる本絹のストールなども、売り先を限定しているためブランドの価値を維持できると言う。さらに毎月癌患者の方に同社のニット帽子を寄付している。オールドスタイルのラッセル編機を使用し、ロースピード、ローテンションで作っているから品質が守れる、海外では真似できない、と語る。
http://www.matsui-knit.co.jp


 次回のJFW ジャパン・クリエーション2010 Autumn/Winterは、2009年10月7日(水)~9日(金)東京ビッグサイト 西1・2ホールで開催されます。
http://www.japancreation.com/
JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer
JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer 大正紡績JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer 山口智子さん
JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer 天池合繊株式会社JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer 天池合繊株式会社JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer 天池合繊株式会社
JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer 東京吉岡株式会社JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer 東京吉岡株式会社JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer 東京吉岡株式会社
JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer 手刺繍工房ラジュー株式会社JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer 手刺繍工房ラジュー株式会社
JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer (株)松井ニット技研JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer (株)松井ニット技研JFWジャパン・クリエーション2010Spring/Summer (株)松井ニット技研
第8回「JAPAN FASHION WEEK in TOKYO」フォトコレクション(第2報)
 第8回JFW in TOKYO「東京コレクション・ウィーク」の各コレクションをフォトコレクションでご紹介します。(各ブランドの写真をクリックするとフォトコレクションが別ウィンドウで開きます) KAMISHIMA CHINAMI
3.23原宿クエストホール
Designer: KAMISHIMA CHINAMI
URL : http://www.kamishimachinami.com
第8回「JAPAN FASHION WEEK in TOKYO」フォトコレクション KAMISHIMA CHINAMI
everlasting sprout
3.25文化服装学院
Designer:村松 啓市
URL : http://www.everlasting-sprout.com
JOTARO SAITO
3.25東京ミッドタウン・ホール
Designer:斉藤 上太郎
URL : http://www.jotaro.net
garconshinois
3.25ベルエポック美容専門学校
Designer:shin
URL : http://www.garconshinois.com
第8回「JAPAN FASHION WEEK in TOKYO」フォトコレクション everlasting sprout 第8回「JAPAN FASHION WEEK in TOKYO」フォトコレクション JOTARO SAITO 第8回「JAPAN FASHION WEEK in TOKYO」フォトコレクション garconshinois
LESSTHAN*
3.26原宿クエストホール
Designer:安藤 大春
URL : http://lessthan.jp
LEP LUSS
3.26ZEL CAFE
Designer:井下田 成司、加藤 良子
URL : http://www.lessplusdesign.com
JUNYA TASHIRO
3.26ベルエポック美容専門学校
Designer:田代 淳也
URL : http://www.junyatashiro.com
第8回「JAPAN FASHION WEEK in TOKYO」フォトコレクション LESSTHAN* 第8回「JAPAN FASHION WEEK in TOKYO」フォトコレクション LEP LUSS 第8回「JAPAN FASHION WEEK in TOKYO」フォトコレクション JUNYA TASHIRO
IMB2009(国際縫製機器見本市)JUKI出展機種のご案内
 2009年4月21日(火)~24日(金)に、ドイツ、ケルン市において開催されるIMB2009でのJUKI出展機種をご案内いたします。工業用ミシンを6つのコーナーに分け最新鋭の46機種を、また家庭用ミシン9機種を展示いたします。(出展機種は都合により変更させていただく場合もございます)

■ JUKI出展機種のご案内
 
コンセプトコーナー:
(IE Support)
1. 参,DD Intelligent Sewing Machine
DDL-9000A-SS/PBN/IP-110B
インテリジェント ソーイング マシン(ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン鳥の巣防止仕様)
  2. 参,SDry,TBD Intelligent Sewing Machine
MO-6716D-DE6-307/T041/MC9/IP-110E
インテリジェント ソーイング マシン(セミドライヘッド高速インターロック)
アパレル用ミシンコーナー: 3. 新,SDry,DD APW-895L32SN0W 本縫い自動玉縁縫機(平行フラップ・長尺広幅仕様)
  4. SDry,DD APW896S10QQ5K 本縫い自動玉縁縫い機(斜めフラップ仕様)
  5. AEC-200 エッジコントロールシーマー
  6. AEC-200/S200 エッジコントロールシーマー(ピンタック仕様)
  7. 近,SDry,DD LH-3528A/CP-170A ダイレクトドライブセミドライヘッド2本針本縫ミシン
  8. SDry LH-3528SS/CP-170A セミドライヘッド2本針本縫ミシン(広幅47mmゲージ)
  9. SDry LH-3588SGF/CP-170A セミドライヘッド2本針本縫角縫付きミシン(大釜太糸仕様)
  10. 新,TBD ASN-690L 超高速自動サージングマシン(ロングテーブル仕様)
  11. 近,SDry,DD DDL-9000B-MS-WB/CP-X ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン
  12. SDry,DD LK-1900AHS/IP-410 入力機能付き高速電子閂止めミシン(簡易型交換式押さえ)
  13. 参,SDry,DD ACF-165 本縫ボタン付けインデキサー
  14. 参,SDry,DD ACF-166 ボタン穴かがりインデキサー
  15. 新,DD MS-3580S-F1SN/MT-03 ダイレクトドライブ送り出し腕型3本針二重環縫いミシン
  16. Dry,DD DP-2100SZ/IP-310D ドライヘッド電子本縫袖付けミシン
  17. 参,SDry,DD AB-1351 1本針ベルトループ付けミシン(スラックス/ワーキング仕様)
  18. Dry,DD AMB-289A/IP-310C 高速電子単糸環縫根巻きボタン付けミシン
  19. DD LZ-2290A-SR7WB/IP-110D ダイレクトドライブ高速電子千鳥縫自動糸切りミシン(クイックリバース仕様)
ニット用ミシンコーナー: 20. 近,SDry,DD MF-7723DU10B56/UT31 ダイレクトドライブセミドライヘッドフラットベッド両面飾り偏平縫ミシン(エアー式糸上下切り付)
  21. 近,SDry,DD MF-7823DU10B56/UT25 ダイレクトドライブセミドライヘッドシリンダーベッド両面飾り偏平縫ミシン(エアー式上下糸切り付)
  22. 参,SDry,DD MF-7223DU10D56/UT45 ダイレクトドライブセミドライヘッド細筒型両面飾り偏平縫ミシン
  23. DD MF-7722E10B40/MD10/TC15 ダイレクトドライブフラットベッド2本針飾り偏平縫ミシン(レースゴム付け仕様)
  24. DD MF-7823H21B56/UT25/AH8/SS10 ダイレクトドライブシリンダーベッド両面飾り偏平縫ミシン(ヘム縫仕様) (太鼓防止、パッカリング防止)
  25. SDry,DD LH-4128S-FFA-0B4/CP-170A ダイレクトドライブセミドライヘッド高速2本針本縫ミシン
  26. 近,DD MF-3620L100B52A ダイレクトドライブ送り出し腕型4本針両面飾り偏平縫いミシン(片切り仕様)
  27. 近,DD MF-3620L200B52A ダイレクトドライブ送り出し腕型4本針両面飾り偏平縫いミシン(両切り仕様)
  28. Dry,TBD MO-6114D-BE6-30P/T042S/MC9 ドライヘッド高速2本針オーバーロックミシン(パッカリング防止)
  29. Dry,TBD MO-6714D-BD6-30P/T042/MC9 セミドライヘッド高速2本針オーバーロックミシン(パッカリング防止)
  30. TBD MO-6914C-BE6-307/T043/MC39 シリンダーベッド超高速 2本針オーバーロックミシン
  31. SDry,DD LBH-1792K/IP310 高速電子眠り穴かがりミシン(ニット120mmゲージ仕様)
AMSコーナー: 32. 近,SDry,DD AMS-210ENSS1306/IP-420 入力機能付き電子サイクルマシン(130mm×60mm)(刺繍仕様)
  33. PM-1 ver.3 縫製データ作成編集ソフト WindowsVista対応
  34. 近,SDry,DD AMS-210ENHS1510/IP-420 入力機能付き電子サイクルマシン(150mm×100mm)(ネームタグ)
  35. 近,SDry,DD AMS-210ENHL1306X7350/IP-420 入力機能付き電子サイクルマシン(130mm×60mm)(スライド天秤仕様)
  36. 近,SDry,DD AMS-221ENHS3020/IP-420 入力機能付き電子サイクルマシン(300mm×200mm)(バーコード対応)
  37. 新,SDry,DD AMS-224EHS6030/IP-410 入力機能付き電子サイクルマシン(600mm×300mm)
厚物用ミシンコーナー: 38.   LU-2220NAKSB-70BZ/CP-170B 高速総合送り水平大釜自動糸切りミシン(2ピッチダイヤル・残短糸切り仕様)
  39. LU-1511NA-70BBAZ/CP-170B 1本針本縫総合送り水平大釜自動糸切りミシン(カーシート仕様)
  40.   DNU-1541/X55242/CP170B 1本針本縫総合送り倍釜ミシン(太糸仕様)
  41.   LU-1561NE/X55216/CP-170B 2本針本縫総合送り水平大釜ミシン(太糸ロングピッチ:12mm仕様)
  42.   PLC-1710S/X55230/BT/DL/CP-170B ポストベッド1本針本縫総合送り水平大釜ミシン(太糸ロングピッチ仕様)
  43.   PLC-1760LDA/BT/DL/CP-170B ポストベッド2本針本縫総合送り水平大釜ミシン(太糸ロングピッチ仕様)
  44.   LS-1342-70BB/CP-170B 筒型1本針本縫総合送り水平大釜自動糸切りミシン(パイピング仕様)
Customer Supportコーナー: 45. SDry,DD DDL-9000A-MSWB/CP-170A ダイレクトドライブセミドライヘッド高速本縫自動糸切りミシン
  46.   MO-6914S-BD4-307 超高速2本針オーバーロックミシン
家庭用ミシンコーナー: 1. HZL-27Z MECHANICAL COMPACT HOUSEHOLD SEWING MACHINE(COMING SOON)
  2.   HZL-35Z MECHANICAL COMPACT SEWING MACHINE
  3.   HZL-E80 COMPUTERIZED HOUSEHOLD SEWING MACHINE
  4. HZL-F300 EXCEED
(HOME DECO)
COMPUTERIZED HOUSEHOLD SEWING MACHINE
  5. HZL-F400 EXCEED
(QUILT & PRO)
COMPUTERIZED HOUSEHOLD SEWING MACHINE
  6. HZL-F600 EXCEED
(QUILT & PRO SPECIAL)
COMPUTERIZED HOUSEHOLD SEWING MACHINE
  7.   TL-98P ONE NEEDLE, LOCKSTITCH PROFESSIONAL PORTABLE SEWING MACHINE
  8.   MO-654DE 2-NEEDLE,2/3/4 THREAD OVERLOCK MACHINE
  9.   MO-735 2-NEEDLE,2/3/4/5 THREAD OVERLOCK WITH CHAINSTITCH & COVERSTITCH MACHINE

*新:新商品、近:近日発売、参:参考出品
*Dry:ドライミシン, SDry:セミドライミシン
*DD:ダイレクトドライブミシン, TBD:タイミングベルトドライブ 
*出展機種は都合により変更させて頂く場合もございます

JUKIブース:ホールNo.6.1 ブースNo.B050,C059
第8回「JAPAN FASHION WEEK in TOKYO」が開催されました
 第8回JFW in TOKYO「東京発 日本ファッション・ウィーク」'09-'10Autumn/Winter collectionが3月23日(月)~29日(日)に東京・六本木の東京ミッドタウンや原宿クエストホールを主な会場として開催されました。2009-10年秋冬シーズンの最新コレクションを発表する「東京コレクション・ウィーク」には39メゾン/39ブランドが参加。コレクション初日には、「SHINMAI Creator's Project」として世界の新進(新米)デザイナーのファッションショーが行われた。JMニュースでは、この「SHINMAI Creator's Project」とLuxe by PLUG IN(デザイナー合同展示会)の様子を紹介いたします。(各コレクションは次回ニュースで紹介いたします)

「SHINMAI Creator's Project」
 "SHINMAI"(新米)と名づけられたこのプロジェクトは、有能な若手デザイナーに日本のファッション市場に参入する足掛かりを与えることを目的として、第1回の今回は、17カ国52組(60名)の応募の中から選ばれた5ブランドがファッションショーを行いました。(展示商談会も実施)
 選考委員長はシャネル(株)代表取締役社長のリシャール・コラス氏が務め「当初は3組の予定であったがレベルが高く5組となった。選考基準はオリジナリティがありビジネスとして成り立つ服のバランスを念頭に置いた」と現在の経済状況を反映したコメントであった。
 ショーは、人間型の女性ロボット「HRP-4C」が"キャットウオーク"に登場し開幕を告げるという世界でも珍しい形で始まり、NIMA、donna sgro、aethere(e)、SHIDA TASTUYA、SACHIO KAWASAKIの順で行われた。
SHINMAI Creator's ProjectSHINMAI Creator's Project HRP-4CSHINMAI Creator's Project シャネル(株)代表取締役社長 リシャール・コラス氏
 

NIMA
Nima TAHERZADEH(ニマ タヘルザデフ)
1982年/イラン出身
パーソンズ ザ ニュー スクール フォー デザイン卒業
 日本の素材展で見つけた高品質で現代的な生地からインスピレーションを受けたというコレクション。襟元や袖口のリボン使いや襟のエッジにファスナーで張りを与えるなど、シルクコットンなど素材の動きを強調し、モダンな女性の強さを表現。

donna sgro
Donna SGRO(ドナ スグロ)
1975年/オーストラリア出身
シドニー工科大学卒業
 フードパーカやフリル使いのワンピース、ボーダーや細かい水玉のレッグウェアなど、身近なデザインの中にも独特な光沢のある素材や半透明のメッシュ素材が登場するなど、深海に生息する不思議な生物がテーマのユニークな女の子の服。

aethere(e)
Ly-Ling VILAYSANE & Adrien ESCARAVAGE
リリン ヴィライザンヌ 1980年/スイス出身
アドリアン エスカラヴァージュ 1981年/フランス出身
エスモード パリ校出身
 変容する服として、ジャケットがバックに、シャツがワンピースになるアイテムを提案。日本の上質な素材と細部にこだわりのある個性を強調する服は日常生活や本、アートなどからアイデアを得る。

SHIDA TATSUYA
信太 達哉(シダ タツヤ)
1978年/静岡県出身
名古屋モード学園卒業
 デザイン画やテーマが無く素材を見て作りながらカタチを考え、試行錯誤しながら創り上げられるボリュームのあるスタイルは素材や色、小物、生地の繋がり方に至るまで様々な要素をミックスした自由な発想のデザイン。

SACHIO KAWASAKI テーマ:"Wave of Light(光の波)"
川崎 祥央(カワサキ サチオ)
1982年/福岡県出身
セントラル セント マーチン カレッジ オブ アート アンド デザイン卒業
 立体をイメージして描くと言う"光の波"の流線柄はモチーフの位置や繋がりが上質なシルクサテンの生地に美しく流れるようにデザイン。パターンで作り込んだ繊細なフォルムも「エレカワ」をデザインコンセプトにした完成度の高い印象的なコレクション。
SHINMAI Creator's Project NIMASHINMAI Creator's Project NIMASHINMAI Creator's Project NIMASHINMAI Creator's Project NIMASHINMAI Creator's Project NIMA
SHINMAI Creator's Project donna sgroSHINMAI Creator's Project donna sgroSHINMAI Creator's Project donna sgroSHINMAI Creator's Project donna sgroSHINMAI Creator's Project donna sgro
SHINMAI Creator's Project aethere(e)SHINMAI Creator's Project aethere(e)SHINMAI Creator's Project aethere(e)SHINMAI Creator's Project aethere(e)
SHINMAI Creator's Project SHIDA TATSUYASHINMAI Creator's Project SHIDA TATSUYASHINMAI Creator's Project SHIDA TATSUYASHINMAI Creator's Project SHIDA TATSUYASHINMAI Creator's Project SHIDA TATSUYA
SHINMAI Creator's Project SACHIO KAWASAKISHINMAI Creator's Project SACHIO KAWASAKISHINMAI Creator's Project SACHIO KAWASAKISHINMAI Creator's Project SACHIO KAWASAKISHINMAI Creator's Project SACHIO KAWASAKI

Luxe by PLUG IN
 繊研新聞が主催するウエアの展示会「PLUG IN」からさらに厳選されたブランドのみが出展を許されるという新しい展示会「Luxe by PLUG IN」が 3月24日(火)~26日(木)、東京ミッドタウン・ホールBで開催されました。
 今回はJFWデザイナー(7メゾン/7ブランド)とSHINMAI Creator's Projectのデザイナーも出展して合同展示商談会として行われました。

NIMA:SHINMAI Creator's Projectのデザイナー
 コレクションではよく見えなかったがショート丈の黒レザージャケットなどには開いたファスナーが襟縁に使われ、大きなリボン使いや襟の形がとても凝っている。実際にジャケットやスカートなどをコーディネートして着ているブースの女性もいて、かわいらしい日本人女性にもとても似合う服になっている。
URL:http://www.nima.net/

SACHIO KAWASAKI:SHINMAI Creator's Projectのデザイナー
 デザイナーの川崎祥央さんとお会いしてお話を聞くことができました。流線柄が描かれた白い素材はシルクサテン、コートなどに使われていたキラキラ光る表面は黒や白のラメ素材をニードルパンチで加工したとのこと。商品化にも意欲的で、オリジナルのグローブやショーでも使われていたタイツも展示されていました。
URL:http://www.sachiokawasaki.com/

HIROMI YOSHIDA:JFWデザイナー
 デザイナーは吉田ヒロミ。日本人として初めてジバンシィ社に勤め帰国後ブランドを立ち上げる。今回のテーマは「メイド イン ジャパン」。日本の繊維、加工にこだわり賛同してくれた産地の方々と商品作りをした。
URL:http://www.hiromiyoshida.co.jp/

SISE(シセ):JFWデザイナー
 デザイナーは松井征心。文化服装学院アパレルデザイン科卒業。コンセプトは「卒業」。ユニセックスのスタイルに長めの袖を折り返しオリジナルの影柄をのぞかせる着こなし。
URL:http://sise.jp/

KAZUYOSHI OTA
 デザイナーは大田和義。今回、友禅染の加藤洋平と組み、ロイヤルサテンのブラウスに風彩染め(友禅染の技法のカチン描きと濡れ描きぼかし)によりサクラをイメージした柄を描いた。柄を描くだけで5日をかけている。また、コートは繊細で美しい女性をイメージし桜色のやさしい色になっている。すべて1点もののオートクチュール。
URL:http://fashionjp.net/creatorsblog/oota/
Luxe by PLUG IN NIMALuxe by PLUG IN NIMALuxe by PLUG IN NIMA
Luxe by PLUG IN SACHIO KAWASAKILuxe by PLUG IN SACHIO KAWASAKILuxe by PLUG IN SACHIO KAWASAKI
Luxe by PLUG IN HIROMI YOSHIDA
Luxe by PLUG IN SISE(シセ)Luxe by PLUG IN SISE(シセ)Luxe by PLUG IN SISE(シセ)
Luxe by PLUG IN KAZUYOSHI OTALuxe by PLUG IN KAZUYOSHI OTALuxe by PLUG IN KAZUYOSHI OTA
ジャパン・ベストニット・セレクション2009が開催されました
 ジャパン・ベストニット・セレクション(JBKS)2009(通称:ベストニット・セレクション)が3月12日、13日の両日、東京国際フォーラムで開催されました。世界に発信する日本初のニット製品総合展であり、全国各ニット産地の優秀なニットメーカーの中からさらに、傑出した製品と日本独自の「モノづくり」技術を持った50社が出展しました。
 主催は、日本ニット工業組合連合会と日本靴下工業組合連合会が協力して立ち上げたジャパン・ベストニット・セレクション実行委員会。2日間の来場者数は、アパレルメーカー/卸業者を中心に3,274名でした。

株式会社カワノ(新潟県)
 古代麻のからむし(和苧)とシルクのコラボニットを展示。「からむし」とは越後上布や小千谷縮の原料として使われるイラクサ科の多年草で別名「苧麻(ちょま)」。植物繊維で虫がつきにくく、静電気がおきにくい、通気性が良く軽いなどの特徴があり、動物繊維のシルク(吸湿、放湿性、保温性に富み、柔らかく腰がある)と組合せることで肌と地球に優しい繊維となり、セーター、カーディガン、パジャマ、タオル等身近に着れるカジュアルなニット製品を創り出せるとの事。

株式会社鈴木靴下(奈良県)
 履くだけで足のスキンケアになるという「歩くぬか袋」を展示。米ぬかの美肌効果を利用した靴下で、この靴下の発案者であり代表取締役である鈴木和夫さんは、「代々鈴木家は米作り農家であり、米を精米する過程で大量のぬかが出る。ぬかの大部分を捨てていたがもったいないと常々思っていた。小学校の廊下を乾拭きするとツルツルになったのを思い出し靴下に利用できないかと考えた」と言う。今後は靴下だけでなく、米ぬか繊維として肌着などの展開を考えている。

コーマ株式会社(大阪府)
 創業87年の歴史で開発された立体設計の高機能靴下を染色・リンキング・刺しゅう・加工・包装まで自社一環工程で製造。自社開発商品の「3D SOX」の他、スポーツウェアブランド「CW-X」((株)ワコールとのライセンス契約)、スポーツカテゴリーごとにアスリートの意見を取り入れ開発された「FOOT MAX」を展開。5本指のビジネス用靴下は土踏まずの部分にアーチ保持機能を持たせ、長時間履いても疲れにくい設計。

(株)フロンティア・ヒグチ(福島県)
 1908年創業で100年の歴史と伝統を持つフロンティア・ヒグチは、「刺繍をまとう」と題して、セレブ系の女性をターゲットとした色鮮やかなワンピース、ストールやニット素材のアクセサリーを展示。数種類のリボンの素材を織ったような一点物のニットや、花などのモチーフをあしらったワンピースなど一見モチーフ編みように見えるニットも全て刺繍。オリジナルブランド「S.Y.U.E」は福島の自社工場で一貫した生産を行っている。

(株)丸幸ニット
 福島県伊達市でオリジナルの素材やデザインのニットを生産している(株)丸幸ニットは、豊富な素材に合わせ凝ったデザインのニットを数多く展示。年に2回福島の本社ショールームで素材展を開催するなど、お客様の要望を取り入れ企画・デザイン・生産・出荷まで多品種・小ロット生産で対応している。
ジャパン・ベストニット・セレクション2009 株式会社カワノジャパン・ベストニット・セレクション2009 株式会社鈴木靴下ジャパン・ベストニット・セレクション2009 株式会社鈴木靴下
ジャパン・ベストニット・セレクション2009 コーマ株式会社ジャパン・ベストニット・セレクション2009 コーマ株式会社ジャパン・ベストニット・セレクション2009 コーマ株式会社
ジャパン・ベストニット・セレクション2009 (株)フロンティア・ヒグチジャパン・ベストニット・セレクション2009 (株)フロンティア・ヒグチジャパン・ベストニット・セレクション2009 (株)フロンティア・ヒグチ
ジャパン・ベストニット・セレクション2009 (株)丸幸ニットジャパン・ベストニット・セレクション2009 (株)丸幸ニットジャパン・ベストニット・セレクション2009 (株)丸幸ニット
第1回アルカワールドが開催されました
 「日本の足の未来を考える」と題したアルカの初めての展示会"アルカワールド"が2009年3月23日~25日、東京大塚のホテルベルクラッシック東京にて開催されました。3日間で650名を超える来場となりました。

 アルカは、一人ひとりの足の細かいサイズや健康状態をチェックし、靴や中敷を調整することによって美しく歩ける最高の靴を提供している靴屋さんです。その理想とするところは履いていることを忘れてしまう靴…

 アルカグループは足と靴の専門家を育てる学校"フロイデ"と、「ALKA」ブランドの靴を販売する"アルカ"、靴や副資材の卸販売する"シュリット"、靴の調整と修理を行う"アルカ テクニカルサービスステーション"で構成されています。
 フロイデは、靴のマイスターを育成するドイツの公立靴専門学校の姉妹校として、ドイツのオートペディシューマイスター(整形外科の知識を持った靴職人)をはじめ最高の講師と最高の材料を使って本物の技術を習得できるカリキュラムを用意。一年間の研修の最後にはドイツで卒業制作、また卒業後の就職や独立開業などの支援もしています。フロイデで学んだスタッフが運営するアルカのショップでは、日本人の足のデータから作られたオリジナルの木型を元に靴の本場のドイツやスイスなどで作られた靴や履き心地を左右するアインラーゲン(中敷)の製作、ドイツのマイスターが常駐するテクニカル・ルームで、最高の靴を提供しています。
アルカワールドはアルカグループの総合展示会。第1回目となる今回は、登山家やマーケットの専門家による開催記念講演会を全5回行う。 アルカワールドではお店で行うフットプリントを記念に実施。細かな足のサイズを計測し足にあったの最高の靴を選べます。
アルカワールドはアルカグループの総合展示会。第1回目となる今回は、登山家やマーケットの専門家による開催記念講演会を全5回行う。 アルカワールドではお店で行うフットプリントを記念に実施。細かな足のサイズを計測し足にあったの最高の靴を選べます。
革編みも全てが手作り。企画から完成まで200工程以上全てが手作業のこだわりの靴の数々。ドイツで生産されるComfortやスイスのVabeene が主なブランド。 ドイツのマイスターが常駐し調整・修理の他、デザインの変更や紐靴をマジックテープに変更するなど、長く付き合える靴を支えるテクニカル・ルーム。
革編みも全てが手作り。企画から完成まで200工程以上全てが手作業のこだわりの靴の数々。ドイツで生産されるComfortやスイスのVabeene が主なブランド。 ドイツのマイスターが常駐し調整・修理の他、デザインの変更や紐靴をマジックテープに変更するなど、長く付き合える靴を支えるテクニカル・ルーム。
アルカのショップは全国で21店舗。大塚のアルカ本店は、店内も広く品揃え豊富。最近はウォーキングシューズや室内履きサンダルのニーズが高い。近くに子供靴専門の「アンファン・ドゥ・アルカ」もある。 アルカのショップは全国で21店舗。大塚のアルカ本店は、店内も広く品揃え豊富。最近はウォーキングシューズや室内履きサンダルのニーズが高い。近くに子供靴専門の「アンファン・ドゥ・アルカ」もある。 一人で歩けなかった人もアルカで調整した靴を履いたら歩けるようになるなど、靴の可能性は計り知れない。子供の足の矯正も靴が可能にする。 シュリットでは登山をはじめとするスポーツや、より職業に特化した靴を提供する為、整形外科の知識に基づいて作られた中敷「アインラーゲン」などのマテリアルを全国のショップや義肢装具仕様に提供。
アルカのショップは全国で21店舗。大塚のアルカ本店は、店内も広く品揃え豊富。最近はウォーキングシューズや室内履きサンダルのニーズが高い。近くに子供靴専門の「アンファン・ドゥ・アルカ」もある。 一人で歩けなかった人もアルカで調整した靴を履いたら歩けるようになるなど、靴の可能性は計り知れない。子供の足の矯正も靴が可能にする。 シュリットでは登山をはじめとするスポーツや、より職業に特化した靴を提供する為、整形外科の知識に基づいて作られた中敷「アインラーゲン」などのマテリアルを全国のショップや義肢装具仕様に提供。
ミシンと触れ合う「ミシンの日」イベント開催されました
 3月4日は「ミシンの日」、日本縫製機械工業会が主催するミシンの日イベント「~ミシンからひろがる 子の夢 親の夢~」が、2009年3月1日横浜、ランドマークプラザ・ガーデンスクエア-を会場に開催されました。
 大好評の体験コーナーでは、多くの皆さんにミシンを体験してもらおうと、ミシン各社が提供したミシンで「オリジナルブックカバーを作ろう」のイベントが行われました。お母さんとお子さんが並んでミシンを体験、おっかなびっくりミシンを動かす姿も見られました。
 また会場には、第29回目になる「ホームソーイング小・中・高校生作品コンクール」の優秀作品が展示されていました。全国各地からの応募作品は4500点を越え、昨年の30%以上、過去最高の応募となりました。入選者は3月7日に名古屋にて表彰式が行われました。

最優秀賞5点は以下
1. 小学生の部 最優秀賞
  作品「ショッピングバッグ」
山﨑 理子 さん 川口市立仲町小学校
2. 中学生の部 最優秀賞
衣服部門 作品「ブラウススーツ・ミニハット」
浅見 絵梨乃 さん 秩父市立秩父第一中学校
小物・インテリア部門 作品「タペストリー」
備瀬 百合音 さん 沖縄カトリック中学校
3. 高校生の部 最優秀賞
衣服部門 作品「ocean robber(オーシャンロバー)」
小畑 紗代 さん 名古屋市立桜台高等学校
小物・インテリア部門 作品「アンとダイアナのきせかえセット」
東 リナ/石川 果奈/我喜屋 早織/津波 未南海の皆さん(共同作品)沖縄カトリック高等学校
「ミシンの日」イベント「ミシンの日」イベント 体験コーナー
「ミシンの日」イベント 体験コーナー「ミシンの日」イベント 小学生の部最優秀賞 山﨑理子さん「ミシンの日」イベント 中学生の部最優秀賞 衣服部門 浅見絵梨乃さん
「ミシンの日」イベント  中学生の部最優秀賞 小物・インテリア部門 備瀬百合音さん「ミシンの日」イベント 高校生の部最優秀賞 衣服部門 小畑紗代さん「ミシンの日」イベント 高校生の部最優秀賞 小物・インテリア部門 東リナ/石川果奈/我喜屋早織/津波未南海の皆さん
文化服装学院 卒業ファッションショー
 文化服装学院(東京・代々木)のクリエイション系の最高学年になるファッション高度専門士科4年生による卒業ファッションショーが、3月6日(金)に学院内の遠藤記念館大ホールにて行われました。服飾専門課程・ファッション工科専門課程の3年を修了し、更なるクリエイションを追及した12名によるコレクション形式の卒業ファッションショーでテーマ/ショーコンセプトは「Advanced Diploma 12」です。文化服装学院のショーでは、いつものことですが、今回も開演前から長蛇の列ができ、会場内は沢山の立ち見客がでるなど大盛況でした。

12名の卒業生の名前とテーマは以下の通り。
1. 鈴木克 Hi-bird Design
2. 嶋林花恵 35mm
3. 早坂篤 生物的
4. 松浦雄大 DENIM
5. 斉藤愛 Fossilized…化石
6. 大地弥生 色の音、音の色
7. 木坂絢 Ultimate weapon
8. 市川理恵 BLINK
9. 荒木裕一 I HAVE FASHION BUT I NEED FASION
10. 鈴木藍子 TOKYO ‘warming’ MOOODE
11. 小島甚一 PRISMA
12. 渥美志緒理  nude deco

 卒業ショーで着用された作品展示が新宿文化クイントビル2F(文化服装学院隣)で行われました。

卒業展示 会場風景URL↓
http://www.bfc-review.jp/sotsuten2009/2009/03/post_9.html
文化服装学院 卒業ファッションショー
文化服装学院 卒業ファッションショー 鈴木克 Hi-bird Design文化服装学院 卒業ファッションショー 鈴木克 Hi-bird Design文化服装学院 卒業ファッションショー 嶋林花恵 35mm文化服装学院 卒業ファッションショー 嶋林花恵 35mm文化服装学院 卒業ファッションショー 早坂篤 生物的文化服装学院 卒業ファッションショー 早坂篤 生物的
文化服装学院 卒業ファッションショー 松浦雄大 DENIM文化服装学院 卒業ファッションショー 松浦雄大 DENIM文化服装学院 卒業ファッションショー 斉藤愛 Fossilized…化石文化服装学院 卒業ファッションショー 斉藤愛 Fossilized…化石文化服装学院 卒業ファッションショー 大地弥生 色の音、音の色文化服装学院 卒業ファッションショー 大地弥生 色の音、音の色
文化服装学院 卒業ファッションショー 木坂絢 Ultimate weapon文化服装学院 卒業ファッションショー 木坂絢 Ultimate weapon文化服装学院 卒業ファッションショー 市川理恵 BLINK文化服装学院 卒業ファッションショー 市川理恵 BLINK文化服装学院 卒業ファッションショー 荒木裕一 I HAVE FASHION BUT I NEED FASION文化服装学院 卒業ファッションショー 荒木裕一 I HAVE FASHION BUT I NEED FASION
文化服装学院 卒業ファッションショー 鈴木藍子 TOKYO ‘warming’ MOOODE文化服装学院 卒業ファッションショー 鈴木藍子 TOKYO ‘warming’ MOOODE文化服装学院 卒業ファッションショー 小島甚一 PRISMA文化服装学院 卒業ファッションショー 小島甚一 PRISMA文化服装学院 卒業ファッションショー 渥美志緒理 nude deco文化服装学院 卒業ファッションショー 渥美志緒理 nude deco
播州織総合素材展2009が開催されました
 2009年3月4日、5日、EBIS303にて第14回播州織総合素材展が開催されました。播州織は日本最大の先染綿織物の産地である兵庫県の北播磨地域で培われてきた素材で、近年ではデザイン学校との連携によりファッション性や機能性を高めた「提案型産地」として"播州織"ブランドを発信しています。
 会場に入ると"遊綿心"(ゆめごころ)と題した、職人の匠の技で創られた新しい織物が5つのシーンで展示され、地球環境に配慮した原料選びや綿織物のデザイン力の高さをアピールしていました。

 オザワ繊維株式会社、内外織物株式会社では産学協同知的創造プロジェクトとして、ESMOD TOKYO、東京造形大学とのテキスタイル・コラボレーションで素材を開発。テキスタイル・コラボレーションでは200点あまりのテキスタイルデザインから10点に選考され、企画・産地見学・完成を経て、学生の卒業コレクションに無償で提供される代わりに知的財産権をメーカーが得る物。パーリーコットンなどラメを混合した異色の素材やウェーブ状の市松模様や苔をイメージした柄など学生ならではの発想がおもしろい。

ESMOD JAPON校 産学協同プロジェクト
http://www.esmodjapon.co.jp/event03-2008t.php

 特別出展でオリジナルの創作織物を展示する兵庫県立工業技術センター・繊維工業技術支援センターでは、"ものづくり日本大賞"の第一回内閣総理大臣賞、第2回の優秀賞を連続受賞された同センターの副所長の古谷さんとお会いし、お話を伺うことが出来ました。薄いガーゼ織物に後加工で糸ムラを作った織物(クラッシュ)は、インクジェットプリントで染色、切りっ放しを活かした柔らかなデザインのワンピースを作っている。生地を織る時には2枚重ねや4枚重ねで出来上がるため、チェックの柄などは糸ムラの部分から別の色が見え、個性的な表情をしている。
播州織総合素材展2009播州織総合素材展2009
播州織総合素材展2009 産学協同知的創造プロジェクト播州織総合素材展2009 産学協同知的創造プロジェクト
播州織総合素材展2009 クラッシュ播州織総合素材展2009 クラッシュ
「ドレメセレクション」-杉野ドレメ卒業制作発表「創」-
 杉野学園ドレスメーカー学院の卒業制作発表週間「創」を締めくくる「ドレメセレクション」が2月27日(金)に杉野学園(東京・目黒)体育館で行われました。ドレメセレクションはアパレルデザイン科、アパレル技術科、ファッションデザイン科、デザインアート科の学生が学生生活の集大成である卒業制作を発表するファッションショーです。当日は雪が降る中、アパレル関係者、学生の家族など多くの来場があり、たいへんに盛況でした。また、ケーブルテレビ品川でファッションショーの様子が生中継で放送されました。
 ショーではアパレル業界のスペシャリストを審査員に迎え、コンテスト形式で賞が競い合われました。4年生の最優秀賞には、名倉久美さんの「Tシャツ・Gパン」が3年生の最優秀賞は、落合航太さんの「chair」が選ばれました。その他にも優秀賞や各審査員賞などが発表され、その度に学生から歓喜の声が上がっていました。

 審査委員長の黒部和夫さん(オンワード樫山)は、「力作揃いで悩んだが、入選作はどれもレベルが高い。今までと違うところはリアルクローズで本当に着れるものだ。細かい部分まで気をつかっており、労力がかかっている。今日の気持ちを忘れずにこれからもがんばってほしい」とコメントされていました。
 最後に、審査委員賞も受賞した「創」実行委員長の古谷誠志さんは、「家族、友人、先生に感謝の気持ちで一杯である、学校生活を通じて自分が変わっていくのがわかった。感情豊かに生きることができ、服が好きで良かった」と話されていました。

審査員: (有)モスライト 代表取締役 冨田 靖隆, (株)三宅デザイン事務所 企画開発長 山本 幸子, (株)ユナイテッドアローズ 総合企画情報部部長 山田 晶子, (株)ベイクルーズ 取締役CMO 和田 健, (株)ジム 専務取締役 早川 千秋, ファッションデザイナー 田山 淳朗, (株)オンワード樫山 メンズ商品開発室室長 黒部 和夫

ドレメセレクション入賞者:
4年生の部 最優秀賞 名倉 久美(デザインアート科)
優秀賞 寒河江 研次(デザインアート科)
村松 祐輔(デザインアート科)
3年生の部 最優秀賞 落合 航太(アパレルデザイン科)
優秀賞 本橋 志比古(アパレルデザイン科)
福井 葉子(アパレルデザイン科)
優賞 藤田 広年(アパレルデザイン科)
野原 学(アパレル技術科)
3, 4年共通
各審査員賞
黒部和夫賞 甲斐 瞳(アパレル技術科)
田山淳郎賞 古谷 誠志(デザインアート科)
冨田靖隆賞 岩永 聡美(アパレルデザイン科)
ジム賞 鎌倉 季美恵(アパレルデザイン科)
ユナイテッドアローズ賞 原 あかね(アパレルデザイン科)
山本幸子賞 深野 晋(アパレル技術科)
ベイクルーズ賞 新井田 愛(アパレル技術科)
杉野ドレメ卒業制作発表「創」 審査委員長 黒部和夫さん杉野ドレメ卒業制作発表「創」 実行委員長 古谷誠志さん
杉野ドレメ卒業制作発表「創」 4年生 最優秀賞 名倉 久美(デザインアート科)杉野ドレメ卒業制作発表「創」 4年生 優秀賞 寒河江 研次(デザインアート科)杉野ドレメ卒業制作発表「創」 4年生 優秀賞 村松 祐輔(デザインアート科)
杉野ドレメ卒業制作発表「創」 3年生最 優秀賞 落合 航太(アパレルデザイン科)杉野ドレメ卒業制作発表「創」 3年生 優秀賞 本橋 志比古(アパレルデザイン科)杉野ドレメ卒業制作発表「創」 3年生 優秀賞 福井 葉子(アパレルデザイン科)杉野ドレメ卒業制作発表「創」 3年生 優賞 藤田 広年(アパレルデザイン科)杉野ドレメ卒業制作発表「創」 3年生 優賞 野原 学(アパレル技術科)
杉野ドレメ卒業制作発表「創」 黒部和夫賞 甲斐 瞳(アパレル技術科)杉野ドレメ卒業制作発表「創」 田山淳郎賞 古谷 誠志(デザインアート科)杉野ドレメ卒業制作発表「創」 冨田靖隆賞 岩永 聡美(アパレルデザイン科)杉野ドレメ卒業制作発表「創」 ジム賞 鎌倉 季美恵(アパレルデザイン科)
杉野ドレメ卒業制作発表「創」 ユナイテッドアローズ賞 原 あかね(アパレルデザイン科)杉野ドレメ卒業制作発表「創」 山本幸子賞 深野 晋(アパレル技術科)杉野ドレメ卒業制作発表「創」 ベイクルーズ賞 新井田 愛(アパレル技術科)
セミナー・展示会情報
1. 第7回「CSR&コンプライアンス国際フォーラム2009」

開催日時: 2009年4月14日(火)13:30~17:15(13:15より受付開始)
会場: 江戸東京博物館 1F 会議室
(東京都墨田区横網1-4-1 TEL 03-3626-9974)
詳細・申込み: エコテックジャパンホームページ
http://www.eco-texj.co.jp/news.html#comp2009


2. 第8回東京発日本ファッションウィーク(JFW09-10秋冬)

日本最大のファッションイベント「東京発日本ファッションウィーク」では、東京コレクション・ウィーク、JFWデザイナー合同展示会、SHINMAI Creator's Projectなど多数のイベントが開催されます。
期間: 2009年3月23日~3月29日
会場: 東京ミッドタウン、原宿クエストホール 他
URL: http://www.jfw.jp/

関連イベント

<クリエーターズ/ネクストブランド 合同展示会『ホワイト』>
開催日: 2009年4月1日(水)~4日(土) ※但し、最終日は一般向け販売会
開催時間: 11:00~19:00 (最終日は18:00まで)
会場: ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)
主催/後援: ホワイト実行委員会/装苑、ラフォーレ原宿
URL: http://www.exhibition-white.com
備考: ※ご招待状が必要です。
※最終日は入場制限無し(入場無料)。

<JFW JAPAN CREATION 2010S/S>
開催日: 2009年4月8日(水)・9日(木)・10日(金)
開催時間: 10:00~18:00 (最終日のみ17:00まで)
会場: 東京ビッグサイト 西1・2ホール
入場料金: 当日入場券 2,000円割引入場券 1,000円)
主催: 日本ファッション・ウィーク推進機構
URL:
 
http://www.japancreation.com/index2.html
備考: ※一般・学生のビジネステキスタイルゾーンへの入場制限を、最終日のみ入場可に緩和
IMB2009(国際縫製機器見本市)JUKI出展のご案内
 2009年4月21日(火)~24日(金)の4日間、ドイツ、ケルン市において開催されるIMB2009に、JUKIは出展コンセプト『Be the Best in CS ~New Edge Solution for Your Success~』のもと、46機種の最新鋭工業用ミシンを出品展示いたします。
 今回、JUKIは高品質・高効率に加え、環境負荷の低減、省資源・省エネルギーに留意した最新技術のJUKI製品群:ドライ・セミドライ(油汚れの削減、廃油削減)、ダイレクトドライブ(省電力、低振動、低騒音)、自動機(脱技能、省人化)などを多数出品いたします。

詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.juki.co.jp/industrial_j/whatsnew_j/event/imb2009_j.pdf
rooms No18が開催されました
 国際ファッション展示会rooms No18(H.P. FRANCE S.A. 主催)が2月17日(火)~19日(木)、国立代々木競技場第一体育館で行われました。Rooms は日本で最も早い時期に行われるファッション系の合同展示会になり、今回で18回目を数えます。出展ブランドは400社以上、来客数は15,000人の大展示会です。

(有)KURKKU
 Kurkkuはインド綿のプレオーガニックコットンのTシャツを展示。オーガニックコットンは3年間無農薬、無科学肥料で育てられた綿花のことだが、農家はオーガニックへの移行の3年間収入が減り有機農法へ踏み切れない。この移行時の3年間の綿花をプレオーガニックコットンと呼ぶ。生産者に負担がかかるオーガニックへの移行期間をサポートする。
http://www.kurkku.jp/

(株)パンゲア
 1990年創立の企画デザイン会社、ウサギの毛皮で編み上げられたマフラーやショールを展示。同社が手がける「panthalassa」は、同社が自主研究開発しているブランド。
http://www.pangea.co.jp/pantha/top.html#

Put on
 男女を問わず普段使いできる、かぶりやすさを重視した帽子がたくさん並ぶ"Put on"。帽子デザイナーの大山さんは全ての帽子にJUKIのミシンが使われていることや大阪のショップ兼アトリエで3人だけでデザインから縫製まで全て手作りしていると話す。形にこだわったハンチングやモチーフの付いたキャスケットの他、毛皮にプリントするなど素材やディテールにもこだわりが伺える。
http://www.puton-hat.com

UENO-SHOKAICO.,LTD.
 1947年創立の上野商会、アメリカンカジュアルを輸入・企画・販売。全国のカジュアルショップに卸販売もしている。皮ジャンで名前が通っている。今回展示の「RETRO GRADE」では、懐かしい製品をもう一度、昔のままに作っている。リバーシブルのジャケット、皮ジャンなど展示されていた。
http://www.ueno-shokai.co.jp/company/syacyo.html

(有)ジェイクラフトマン
 J.craftsmanは柿渋手塗りのトートバック。オーガニックコットンの生地に天然の柿渋で染付けている。柿渋染めは時間の経過と共に微妙な色あいの変化があるが、自然素材の特徴を楽しんでほしい。
http://www.jcraftsman.co.jp/

Ginch Gonch
 Ginch Gonch はカナダのモントリオールから色彩鮮やかなブリーフ。白や黒だけのつまらない下着に対抗した楽しいアンダーウエア。Ginch Gonchは楽しみ、安らぎ、鋭い表現、自由を持つことを意味する。
http://www.ginchgonch.com/#/home

BUILT
 ニューヨークのデザイングループ「BUILT NY」が創ったペットボトルバックやランチバック。カラフルなデザインが目にとまった。ウエットスーツと同じ素材を使ったバックで、軽くて保温性にも優れている。

(有)ハーレムドライブ
 Key wordは「シンプル&ナチュラル」。素材の質感を大切にする方にリラックスして履いていただきたい「Blute」ブランドの靴。素朴な味のサンダルやブーツ、肉厚なバッファローレザーを使用。

ban
 吉本バナナの詩と共に展示するのはBFGUをこの春卒業する伴さん。好きな小説など、言葉からヒントを得て洋服を作るそう。服が笑っているようにデザインされたジャケットは物がすぐ手元に収められる利点もある。製品タグに見えるのは、日記帳の中のメモをモチーフとしてつけたもの。また日々の生活で溜まったレシートをプリントしたシャツや、ファスナーを開けると文字が覗く造りのスカートなど、服作りのアイディアが満載。

次回のrooms は2009年9月16日~18日、国立代々木競技場第一体育館で開催です。
rooms URL http://www.roomsroom.com/
rooms No18rooms No18 (有)KURKKU
rooms No18 (株)パンゲアrooms No18 Put on
rooms No18 UENO-SHOKAICO.,LTD.rooms No18 UENO-SHOKAICO.,LTD.rooms No18 Ginch Gonch
rooms No18 (有)ジェイクラフトマンrooms No18 (有)ジェイクラフトマン
rooms No18 BUILTrooms No18 BUILT
rooms No18 (有)ハーレムドライブrooms No18 banrooms No18 ban
フロンティア73(FRONTIER Vol.73)が開催されました
 フロンティア73が2月17日(火)、18日(水)国立代々木競技場第二体育館で行われました。
 フロンティアは今回で73回を数え、35社54ブランド(内:新規15社21ブランド)が出展しました。代々木第二体育館での開催は今回で最後ということで、会場内にリングを設置しいろいろなイベントも行われました。

山下利右衛門商店
 手描きTシャツ「がしゃ」は、参代目山下利右衛門による1点手描き物。髑髏、龍、刺青などをモチーフにした和柄を展開。頭を手ぬぐいで覆い、刀を手にした髑髏面の武士が描かれる"武士髑髏"の連作が一番人気。屋号の由来は日本古来の妖怪「がしゃどくろ」から。
http://www.yamashita-riemon.com/

(株)古荘本店
 1877年創業のファッション商社、伝統を重んじながら地域商社としてのファションを提供している。カジュアル・フロンティアには初出品との事。綿や麻の素材を中心にナチュラル・クローズを展示。
http://www.furushohonten.co.jp/

B・R・B
 黒とピンクで構成された少し高くなっているブースは会場でも一際目立っている。チェックのミニハットやアクセサリーの他、犬の洋服もかわいらしく並べて、さながら街のショップのよう。スカルとウサギをMIXさせたイラストの洋服や小物は若い女の子の目を惹いていた。
http://toxicstar-brb.com/

東京ローカルバザール
 東京ローカルバザールは、浅草を地場に、織、染、縫…等々の職人さんとのつながりを大切に「ものづくり」し、絵師が素材から最終製品まですべてをオリジナルで作り上げている。Tシャツ、スウェットという身近な衣服にやさしさ、美しさ、親しみ、懐かしさ、そんな素敵な気持ちを表現している。
http://www.tlb-asakusa.jp/

(株)カットボス
 おなじみ靴下メーカーのカットボスはレッグウェアの人気を受けてベルトやストールなど豊富な品揃えで出展。後加工の絞り染めを施したニーハイソックスやレギンス、透明と黒のボーダー靴下を重ね履きするなど他では見られないようなデザイン。つま先をカットしたオーバーニーソックスや足袋型の靴下、アームカバーなど。かわいいベビーサイズの靴下はディスプレイとしても人気がある。
FRONTIER Vol.73
FRONTIER Vol.73 山下利右衛門商店FRONTIER Vol.73 山下利右衛門商店
FRONTIER Vol.73(株)古荘本店
FRONTIER Vol.73 B・R・B FRONTIER Vol.73 東京ローカルバザール
FRONTIER Vol.73 (株)カットボスFRONTIER Vol.73 (株)カットボス

 会場内リングでのメインイベントとして、出展社17ブランドのファッションショーが行われました。出展企業、ブランドは以下の通りです。

1. MARSE
「A.C.C.C. by MARSE」
2. K・A・R-the kids are alright-
「K・A・R-the kids are alright-」
3. (株)ランティエ
「LOWER THIRD」
4. サカイヤ(株)堺屋商店
「BOODER ROOF」
5. グリスト(株)
「Ra lride・sweet cube・IJD by Ra iride」
6. フィリップス
「PHILLIPS NO SCHOOL SUICIDE」
7. (株)リンク
「HIDEROCK Design」
8. (株)古荘本店
「mur-murntr(natural clothes)」
9. Cumicumi Bakar
「Cumicumi Backer」
10. リンクアンドマネージメント(株)
「Authentic Revolution」
11. 山下利右衛門商店
「がしゃ」
12. (株)カットボス
「CUTBOSS. FACTORY・Thank Heaven!・Plys-ka」
13. B・R・B
「TOXIC STAR」
14. (株)美蘭
「Past Core」
15. ヴァンクール
「Vanquer・Raund Trip」
16. (有)FCRD
「bijou」
17. (株)イサミ
「reversal.dogi.desigh.wocks」
 

次回のフロンティアは、9月8日(火)~11日(金)、東京インターナショナルギフトショー内、東京ビッグサイト西展示棟アトリウムにて開催されます。
http://www.frontier-j.co.jp/index.html
FRONTIER Vol.73 MARSE/K・A・R-the kids are alright-FRONTIER Vol.73 (株)ランティエFRONTIER Vol.73 サカイヤ(株)堺屋商店
FRONTIER Vol.73 グリスト(株)FRONTIER Vol.73 フィリップスFRONTIER Vol.73 (株)リンクFRONTIER Vol.73 (株)古荘本店
FRONTIER Vol.73 Cumicumi BakarFRONTIER Vol.73 リンクアンドマネージメント(株)FRONTIER Vol.73 山下利右衛門商店FRONTIER Vol.73 (株)カットボス
FRONTIER Vol.73 B・R・BFRONTIER Vol.73 (株)美蘭FRONTIER Vol.73 ヴァンクールFRONTIER Vol.73 (有)FCRDFRONTIER Vol.73 (株)イサミ
文化ファッション大学院大学ファッションウィークが開催されました
 ファッション分野唯一の専門職大学院、文化ファッション大学院大学(学長:大沼 淳)は2006年に開学した高度のファッション教育を受けたプロフェッショナルを養成する新しい大学院です。同大学ファッションウィークは、学生によるファッションショーや研究発表会、展示を一週間に渡って実施し、ファッション界からパネリストを招いてのシンポジウムを開催するなど、ファッションに関わる人々が対話・議論し、問題提起をすることで次代のファッションビジネスの創造を狙った初めての試みとなっています。


<シンポジウム>
 開催二日目に行われたシンポジウムは、「ORIGINS IN JAPAN」をテーマにしたファッション界有識者による討論会。パネリストは5名、司会進行役として、株式会社イッセイ・ミヤケ代表取締役社長の太田伸之氏、バスストップ株式会社の奥田 彰氏、アッシュ・ペー・フランス株式会社で間もなく開催されるroomsエグゼクティブプロデューサーの佐藤美加氏、文化服装学院の卒業生でミナ・ペルホネンのデザイナー兼株式会社ミナ代表取締役の皆川 明氏、第一織物株式会社代表取締役社長の吉岡隆治氏の各分野を代表する錚々たるメンバー。
 はじめに、司会の太田さんからパネリストの皆さんの紹介と、なぜ海外に進出したか、の質問からはじまり、なぜ"Made in Japan"は国際化しないのか、国際化には何が必要なのかの話題に移りました。

 第一織物株式会社の吉岡さんは、合成繊維の織物製造をしていた福島の家業の社長になってから今年で27年目、10年位前に時代の変化を感じて"行ってみないと始まらない"と海外の見本市に行き始めた。「高密度な合成繊維しかやらない」が会社のポリシーで、深く広く、生地の作り込みに力を入れて、高密度の合繊でもすけ感を出すなど色々出来ることを学んだ10年。欧米の展示会では直接デザイナーと話ができるので様々な要求に応える中で織物の技術が向上したが、日本の場合は器用なのですぐに生産品目を変えてしまう、右に倣えで同じものを作って欲しいと要求されるなど、日本の市場が一番難しいと感じている。

 バスストップ株式会社の奥田さんは、オンワードの海外事業部に勤めていた1973年ごろ為替などの状況から会社の「そろそろ海外へ出る」で、海外の有名ブランドの買収などをしてきた。「オンワードは手がいっぱいあるのに活かせていないのでは」の太田さんの質問に、日本はまじめで国際化が難しい、企業とデザイナーが距離を置いているのでブランドが長続きしない、言葉の壁を乗り越えて止まらずに努力し続けることが国際化には大事とのこと。

 ミナ・ペルホネンの皆川さんは、広い世界で自分が作る"もの"でどこまでうっていけるか、という挑戦が海外に出たきっかけ。また海外と日本の違いは、海外の場合得意とするものを長年かけてブラッシュアップしているが、日本の場合は情報から作りはじめ応用がきくので客の声を聞いて変えてしまうところがある。一番大事なのは「Made in Japanで何をしようか」ということに価値があるのでは。クリエーションをリレーしていくように、ゆっくりでも続けていくことが必要。

 アッシュ・ペー・フランスの佐藤さんは、7割が海外輸入の会社で売る・広める・買い付けする仕事をしてきた。パリの見本市で日本人デザイナーが活躍しているのが気になり、「日本のクリエイター」を探すうちに、日本で「展示会やってみようかな?」の思い付きからroomsが始まった。roomsは海外で広報しないがroomserviceで海外に知ってもらっている。日本のクリエイターは、国内で何とかなる、と思っていて、広げて見せていくなどのプレゼンテーションが下手。Roomsではインキュベートなど新しいブランドの助走期間を手助けする影の活動も行っていて、そのような連携や調整役が必要なのでは。

 太田さんは、日本の場合、工場・デザイナー・生地・企業などの壁を取り払えれば連携できるのでは。その意味では、中小企業自立支援事業のようなクリエーションビジネスをコーディネイトする場が必要。世界中が景気の後退で自信を無くして同質化している中でも、日本のデザイナーが世界で活躍しているなど切磋琢磨して成長しているような成功の事例が生まれることを望んでいる。第一織物の吉岡さんは、3年前から理解されにくいがとても良い生地を自社ブランドとして立ち上げ、自らサクセスストーリーを作ろうという気になっている、との話もあり、日本発ワールドカップクラスのブランド登場への期待も高まった。

 最後に文化の学生から、日本が誇れるものと足りないものは、という質問に、佐藤さんや奥田さんは技術やデザイン、素材は良いが、それを話して外へアピールする営業力が足りない。その他に、太田さんはひとつのネタを発展させる応用力、との回答。
 また終了間際には、人種や国籍の関係ない多国籍のブランドが強い。この際"日本"という壁を取り払い、グローバリゼーションのマインドで広いマーケットに進出すべきだという意見も聞くことが出来ました。
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク シンポジウム
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク シンポジウム 株式会社イッセイ・ミヤケ 代表取締役社長 太田伸之氏
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク シンポジウム 第一織物株式会社 代表取締役社長 吉岡隆治氏
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク シンポジウム バスストップ株式会社 奥田彰氏
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク シンポジウム ミナ・ペルホネン デザイナー 兼 株式会社ミナ代表取締役 皆川明氏
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク シンポジウム アッシュ・ペー・フランス株式会社 佐藤美加氏
 

<ファッションデザインコース修了ショー>
 シンポジウムに引き続き、ファッションデザインコースの8人の修了生による修了ショーが行われました。

松本志行 continuous
 つぼみの花、咲いた花、枯れた花。美しさの状態は様々であり、それは影響しあう。
 2008 JFAファーデザインコンテストに入選。モノトーンのサテン生地を使ったパンツラインが中心。

朴相蓮 Windmill
 風によりくるくるまわされ空に向かい、自由に飛び出すイメージを表現。
 風を表現するため、風になびき、薄く軽い素材を使用。自然環境、特に風からインスピレーションを得ており、昨年のコレクションは'Pop-Up'、今年は'Windmill'というテーマでデザイン。

清家温子 Watercolor
 The clothes sorked with watercolor.
 淡い色調の小花柄やチェック柄のスカートやワンピース。フリルやレース、アシンメトリーをふんだんに使い、カラータイツも色を合わせるなどやさしくかわいらしいデザイン。

唐依均 線向主義
 線を結ぶと面になる。面を結ぶと立体になる。立体になると美意識を伝える。
 自分の作り出す造形物が、周りに与える影響の可能性を追求し続ける。台湾実践大学、台湾国立台南芸術大学を経てBFGUへ。実践大学デザイン学部ファッションデザイン学科はトップの成績で卒業。

村上典子 collage
 子供の頃の記憶を組み合わせた服。暗い気持ちを少しでも優しく変えられたらと思う。
 淡いマットな質感のグレーとモノトーンの2構成。"collage"と書かれた比翼やベルト・ファスナーが目立つ。ノースリーブと切りっぱなしの短い裾のスカートなど、素足が強調されている。第14回浜松シティファッションコンぺティション入選。

植木沙織 終極にある異体の散在
 オリジナルプリントとニットから人間の暖かさを表現。
 人間の身体を考え、生きる強さ、精神力を服に落とし込む。ひねりが入ったバルーンスカートやニットの背中部分が開いているなど、個性の中に力強さを感じる。

呉雅玲 打開
 目を開く、心を開く、世界を開く、現代と過去を飛び越える。
 現代的衣料の象徴であるデニムと台湾の伝統的衣料の象徴である台湾紅花布の融合により、高い芸術性と実用性を兼ね備えた服作りを得意とする。テキスタイルの提供はカイハラ株式会社。倉敷ファッションフロンティア入選。

和田行生 MALNUTRITION
 プロトタイプは同じだが、スタイリングで変化させている。白・赤・黒のシンプルかつ象徴的なデザイン。黒や赤のフエルトのアクセサリーも目立つ。2008年「建国・東華杯 国際ファッションデザインコンテスト及びワークショップ」にて3位入賞。
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 松本志行さん continuous文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 松本志行さん continuous文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 朴相蓮さん Windmill文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 朴相蓮さん Windmill
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 清家温子さん Watercolor文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 清家温子さん Watercolor文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 唐依均さん 線向主義文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 唐依均さん 線向主義
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 村上典子さん collage文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 村上典子さん collage文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 植木沙織さん 終極にある異体の散在文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 植木沙織さん 終極にある異体の散在
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 呉雅玲さん 打開文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 呉雅玲さん 打開文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 和田行生さん MALNUTRITION文化ファッション大学院大学ファッションウィーク ファッションデザインコース修了ショー 和田行生さん MALNUTRITION
 
ENEX2009 第33回地球環境とエネルギーの調和展が開催されました
 ENEX2009 第33回地球環境とエネルギーの調和展が東京ビッグサイトを会場に2009年2月10日から12日まで開催されました。今回のテーマは「省エネ、新エネ、環境技術が未来を変える~低炭素社会実現にむけて活かすビジネス、変わるくらし~」主催は財団法人 省エネルギーセンター。
 東京会場入場者数は2月10日から12日の3日間の合計で47,992名が来場、また大阪会場(2月19日から21日にインテックス大阪を会場に開催)には3日間合計で23,673名が来場されました。

 京都議定書では2008年から12年まで日本は1990年に対し6%のCO2削減が目標値になっているが、現状はプラス6%と大きく乖離している。すでに待ったなしの削減を迫られる中でのENEX2009開催でした。
 ENEX2009では省エネ大賞受賞された各メーカーの製品が展示されていました。またそのなかで、平成20年省エネルギーポスターコンクール(主催経済産業省資源エネルギー庁)の展示もあり、最優秀賞は 小学生部門 波村 奈々さん(福岡市立西小学校3年)中学生部門 大橋 美紗子さん(大垣市立南中学)。
 また衣料関連では、(株)セシールが環境にやさしい製品のオーガニックコットンのTシャツ、また携帯電話のソーラー充電器を展示、また井前工業(株)・グンゼエンジニアリング(株)・伊藤忠商事(株)が出品していた超高性能断熱材「エアロジェル」、従来の断熱材に比べ薄く軽い。この機能を利用し極寒の環境にも対応できる登山ウェアーや靴をPRしていました。またグリーンエネルギーの展示ブースでは、工場の電力を全て風力発電を利用した池内タオル(株)が紹介され製品の風で織るタオルが展示されていました。
ENEX2009 第33回地球環境とエネルギーの調和展ENEX2009 第33回地球環境とエネルギーの調和展 池内タオル(株)
ENEX2009 第33回地球環境とエネルギーの調和展 最優秀賞 小学生部門 波村奈々さんENEX2009 第33回地球環境とエネルギーの調和展 中学生部門 大橋美紗子さん
ENEX2009 第33回地球環境とエネルギーの調和展 (株)セシールENEX2009 第33回地球環境とエネルギーの調和展 (株)セシールENEX2009 第33回地球環境とエネルギーの調和展 超高性能断熱材「エアロジェル」
アーカイブとデザイン展が開催されました
 「アーカイブとデザイン」展が2009年2月11日から12日までスパイラルホールにて開催されました。着物文化で培われた日本のテキスタイル、これを支えた産地とファッションデザインとの関係から次のクリエーションを求めて。今回の展示会は昨年、世界で評価を得ているデザイナーの方々を講師に迎え、開催されたセミナー「ファッションデザインとテキスタイルの関係性」及び桐生産地でおこなわれたワークショップを総括した展示会。セミナーのダイジェスト版ビデオやワークショップの体験を収録したビデオと作品なども展示されていました。主催は中主企業基盤整備機構。

出展者

梶原 加奈子 KAJIHARA DESIGN STUDIO テキスタイルデザイナー
 アーカイブからのインスピレーション

須藤 玲子 NUNO テキスタイルデザイナー
 布つくり、その発想と製作

皆川 明 ミナ ペルホネン デザイナー
 今と未来のアーカイブ

皆川 魔鬼子 株式会社イッセイミヤケ 取締役 企画技術ディレクター
 テキスタイルアーカイブの必要性とクリエーション

宮本 英治 みやしん株式会社 代表取締役 文化ファッション大学 教授
 産地を活かす
アーカイブとデザイン展 ワークショップアーカイブとデザイン展 梶原加奈子氏アーカイブとデザイン展 須藤 玲子
アーカイブとデザイン展 皆川明氏アーカイブとデザイン展 宮本英治氏アーカイブとデザイン展 ワークショップ
アーカイブとデザイン展 ワークショップアーカイブとデザイン展 ワークショップアーカイブとデザイン展 ワークショップ
展示会のご案内
1. 第1回ベストニットセレクションが3/12-13に開催されます

 全国の秀逸なニット製品を一堂に介する、国内初のニット製品総合展「第1回ジャパン・ベストニット・セレクション2009」が、2009年3月12日(木)・13日(金)の2日間、東京国際フォーラムで開催されます。開催概要は以下の通り。

名称: ジャパン・ベストニット・セレクション(JBKS)2009
会期: 2009年3月12日(木)~13日(金)10:00 ~18:00 ※最終日は17:00まで
場所: 東京国際フォーラム 展示ホール2
展示会規模: 50社/ 50小間(予定)
入場料: 1,000円 ※業界関係者のみ、招待者は無料
公式ホームページ: http://www.JBKS.jp/


2. 第12回チャイナファッションフェアーが3/24-26に大阪で開催されます

 日本で開催される中国の繊維・ファッション企業の展示会としては最大のものになるチャイナファッションフェアー(主催:中国中紡集団公司)が3月24日(火)~26日(木)の3日間、大阪OMMで開催されます。開催概要は以下の通り。

名称: 第12回チャイナファッションフェアー
会期: 2009年3月24日(火)~26日(木)10:00 ~18:00 ※最終日は16:00まで
場所: 大阪マーチャンダイズ・マート
展示会規模: 203社/236小間
公式ホームページ: http://www.china-fashion.jp


3. 文化服装学院卒業展示開催日程一覧

 文化服装学院の卒業展示が行われます。専攻により日程、開催場所が異なります。
詳しくは以下URLをご覧下さい。
http://www.bfc-review.jp/sotsuten2009/
'09大阪ミシンショーが開催されました
 '09大阪ミシンショー&ハンズフェスティバルが2009年1月30日(金)・31日(土)の2日間、大阪府ミシン商業協同組合の主催により、インテックス大阪で開催されました。
 来場者数は
1/30(金) 2068人    
1/31(土) 2720人 合計 4788人
(上記来場者数は例年と集計方法を変更し、正面入口から開催時間内に入られた一般のお客様のみの数字です)

 JUKIは工業用ミシン22機種(参考出品:1機種)と7機種の家庭用ミシンを展示し、JUKIブースには開催期間中、大変多くの人に御来場頂きました。また今回ミシンオペレーターとして大阪産業大学の学生の皆さんにご協力頂きました。
 今回特に注目を集めた機種は、昨年12月に発売されたAMS-224EHS入力機能付き電子サイクルマシンを始め、新製品のDDL-9000ADSWB/PBN(鳥の巣防止仕様)や、APW-896、近日発売の自動サージングマシンASN-690など。JUKIの環境への取り組みのパネル展示や油汚れ防止DDL-9000ADS、MO-6700Dのスケルトン展示にも多くの方が興味を示していました。

JUKI出展機に関するお問い合わせはJUKI販売(株)へ
http://www.jukihanbai.co.jp/

展示会に関するお問い合わせは大阪府ミシン商業協同組合へ
http://www.omsk.gr.jp/
'09大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル DDL-9000ADS'09大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル
'09大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル AMS-224EHS'09大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル APW-896
'09大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル ASN-690'09大阪ミシンショー&ハンズフェスティバル MS-3580
第67回ギフト・ショー2009春が開催されました
 日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市第67回ギフト・ショー2009春が2009年2月3日(火)から6日(金)まで東京ビッグサイト全館を会場に開催されました。今回は、「ヘルシー&エコロジカルライフスタイルの実現」がテーマ。約2,200社が出展するビックイベントで、生活者のライフスタイルに対応する新製品を主体に、その豊富さ、多彩さ、ユニークさで市場と流通をリードするトレードショー(業者専門見本市)。
 今回の総来場者数は200,125人(海外1,354人含む・昨年の19,6894人)と不況の中で昨年より来場者を増やしている。主催はビジネスガイド社。
 JMニュースではその中からごく一部をご紹介します。

エルブ株式会社
 ナノプラチナが緑茶染を変える。エルブ社は天然繊維と天然染料をドッキングお肌に優しい繊維づくりをしている。昨年、県の支援を受けて開発したナノプラチナを触媒に利用する茶染め技術で抗菌性能などの強化に昨年成功した。素材つくりが本格化したところで製品化はこれからとのこと。
http://www.erubu.jp/

川島(株)
 創業が江戸時代、1673年の老舗、襖紙、壁紙の業界ではもっとも古い経歴を持つ。アートワークスは今までにない和紙の楽しみ方を提案。南米の植物「モンステア」の葉をモチーフに職人が一点一点作り上げる。葉姿はエンボス加工のえぼし風和紙を利用、抗菌作用もある沖縄の月桃紙を原料にした背景で作り上げたアートワークス(写真)。和洋のインテリアに溶け込む額装。
http://www.3k-kawashima.co.jp/artworks.html

池内タオル
 100%風力発電のグリーンエネルギーで工場の電力をまかなう。風で織るタオルがキャッチフレーズ。2008年、第12回新エネ大賞審査委員長特別賞を受賞。赤ちゃんに安全なタオルをとどけたい~池内タオルのオーガニック商品はエコテックスの中でも最も基準の厳しいclass1をクリア、幼児が口に含んでも安全というレベル。写真はタオルオリガミのくまさんです。
http://www.ikeuchitowel.com/

Amina Collection co.ltd
 チャイハネとはトルコ語で寄合茶屋の意味とか、民芸ファッション、アクセサリー、小物雑貨を販売している。1977年にインド民芸衣料のデザイン、生地の輸入から始まり、自然と共に歩んだ民芸品のこころを大切に、インドネシアやアフリカまで世界中の民芸ファッションの輸入ならびに企画販売をしている。エスニックな雰囲気がいっぱいの展示。写真はタイ・モン族のヘンプ古布を使ったトップス。
http://www.cayhane.net/

丸亀絣織物工業
 伝統の久留米絣を守る5代目丸山重俊さん、昔は主に男物に利用された白地の絣の技術を使い、音符や花柄で織り上げた素材を婦人ブラウスに仕立て上げるなど新たな取り組みを展示。福岡県のキャッチフレーズ「ふるさとは頑張屋です」通り、久留米絣に打ち込んでいる。
http://re-marugame.com/

楠橋紋織株式会社
 「かわいいおーがにっく」バイオ精錬技術技術を使ったKUSUのオーガニックコットンのベビー用品。昭和7年(1932年)創業以来、最上級のタオル、頬を寄せたくなるタオルづくりを目指している。酵素を使ったバイオ精錬で農薬を使わず、綿花から最終製品まで「地球」・「ひと」・「肌」にやさしい製品が生まれている。
http://www.kusubashi.jp/index.html

浅野撚糸
 浅野撚糸(株)とおぼろタオルの「魔法の撚糸」で生まれた「エアーかおる」。この世界初の撚糸工法を利用したタオルやバスマット・バスローブなどの綿製品など展示。柔らかく、吸水性・保水性に優れ、耐久性の向上もはかっている優れもの、メイド・イン・ジャパン。
http://www.asanen.co.jp/index.html

弘前商工会議所
 江戸時代に始まる異色の刺繍(刺し子)KOGINは弘前付近の農村で生まれた。藍染の麻布に白い綿糸で刺繍をする。もっぱら衣服として着用されていたが、民芸品として応用作品が愛用されている。バックや小物そして雛人形にも。

(株)いのうえやす
 携帯電話に接続すると通話相手の代わりにモアイと話すことができる。4月発売予定の「トーキング・モアイ」は何ともかわいいぬいぐるみ。スピーカーとマイクが内蔵されている。
http://www.inoueyasu.com/

ルシエール・ジャパン
 職人が手書き染めで作るタペストリー、麻の素材を使い新しい感覚のタペストリー、間仕切りやのれんのような使い方もできる。

Sakura Factory Vietnam
 ベトナムのハンドクラフトを紹介している。(有)Duc & Reiでは、ベトナムのバックを展示。紹介してくれたのはアオザイ姿の日本の方でした。
第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009
第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 エルブ株式会社第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 川島(株)
第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 池内タオル第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 Amina Collection co.ltd
第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 Amina Collection co.ltd第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 丸亀絣織物工業
第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 楠橋紋織株式会社第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 浅野撚糸
第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 弘前商工会議所第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 弘前商工会議所
第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 (株)いのうえやす第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 ルシエール・ジャパン
第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009 Sakura Factory Vietnam
東京レザーフェアが開催されました
 2009年1月22日、23日に都立産業貿易センター台東館で協同組合資材連主催による第79回東京レザーフェアが開催されました。52社7団体の皮革販売、副資材、皮革試験などの出展の他に特別企画として「トレンド・ラボラトリー」「極めのいち素材」などの情報発信コーナー、伊リネアペッレによるトレンドセミナー、第3回目となるスペシャルイベントのレザーファッションショーは合計4回開催されました。

 22日午前11時から開かれたアントネッラ・ベルタニン氏(リネアペッレトレンド・セレクション総責任者)によるトレンドセミナーでは、ファッションと人間らしさ・エロティシズム・音楽・アートなどに関する最近の傾向や、カラー・質感などの2009-10秋冬の傾向を画像で詳しく解説。特に大事なファクターとなるのは、「官能的」な感触のシルキーやベルベット、軽量のヌバックなど、動きがあり滑らかでセクシーなタッチの素材とのこと。またマット感を出すブラッシュオフ加工、ネクタイ生地のメタリック加工、エナメルやベルベットのフィニッシュ加工、不完全性を表現する不規則なシワ加工、加工の上に再加工するなど次々に新しい素材が生み出されている事などが紹介されました。

 スペシャルイベントのレザーファッションショーは、12校29チームのファッション専門学校から厳選された5校6チームの学生による創作コレクションと高品質な皮革素材を生かしたトレンドステージ「RETRO FUTURE」の2部構成となっており、参加校の学生のほか立ち見が出るほど大勢が見に来ていました。レザーショーの会場全体は、雨にもかかわらず大盛況で、16校が参加した学生創作も展示された為、業界のみならず学生や一般の来場者も多く見られました。

 (財)日本皮革研究所分析センター(http://www.jilr.or.jp/)は皮革製品のJIS規格を認定する公的機関で国内唯一の法人組織。皮革の引張強度・染色摩擦堅ろう度試験機器の展示、日本エコレザーの基準と認定の紹介を行っていました。

 兵庫県皮革産業協同組合連合会は革なめしの本場として最大スペースの出展。JFW-IFFにも出展していた、日本の天然皮革と博多織を融合させた鞄(和装工房「匠」)や白なめしの靴や鞄(白なめし工房姫革)、皮革縫製技術者の養成や開業を支援するチャレンジ工房で作られた作品(革工房「BAIMO」)を展示。

 東京製革業産地振興協議会では、昨年のJAPAN CREATIONで行われたピッグスキン(豚革)を用いたファッションショー「ピギーズスペシャル」で起用された「writtenafterwards」の作品を通路側に多数展示。極薄のレザーにパンチングを加え更に軽さを表現したジャケットや地球をモチーフにしたバッグが目を惹いていました。
第79回東京レザーフェア第79回東京レザーフェア
第79回東京レザーフェア レザーファッションショー 上田安子服飾専門学校第79回東京レザーフェア レザーファッションショー 神戸ファッション専門学校第79回東京レザーフェア レザーファッションショー 中国デザイン専門学校第79回東京レザーフェア レザーファッションショー 文化服装アパレルデザイン科第79回東京レザーフェア レザーファッションショー 文化服装ファッション工芸専門課程第79回東京レザーフェア レザーファッションショー 目白デザイン専門学校
第79回東京レザーフェア レザーファッションショー第79回東京レザーフェア レザーファッションショー第79回東京レザーフェア レザーファッションショー第79回東京レザーフェア レザーファッションショー
第79回東京レザーフェア 学生創作第79回東京レザーフェア (財)日本皮革研究所分析センター第79回東京レザーフェア 白なめし工房姫革
第79回東京レザーフェア 和装工房「匠」第79回東京レザーフェア 革工房「BAIMO」第79回東京レザーフェア 東京製革業産地振興協議会
モーダ イン 2010春夏トレンド・プレゼンテーションが開催されました
 2009年1月15日、九段下のイタリア文化会館アニェッリ・ホールにてイタリア貿易振興会主催のモーダ・イン2010年春夏トレンド・プレゼンテーションが開催されました。
 はじめにイタリア貿易振興会東京事務所長のフェデリコ・バルマス氏から日本はイタリア製品の最も重要なお客様である、イタリアで開かれる素材展「ミラノ・ウニカ」の紹介などの開催の挨拶があり、引き続きヘンク・フォクマ氏による2010年春夏トレンド製品情報の説明となりました。
 2010年春夏シーズンは、全てが極端な両極化に向かう中で、以下をポイントとした4つのテーマが発表されました。

ポイント
  • ハイテク加工をほどこしたシルクなどの天然繊維が生み出す新鮮さと軽量感。
  • 贅沢で精巧な素材に加工を施して軽やかで洗練されたニュー・ヴィンテージ。
  • 明確な形やボリューム感を重視する素材に適した糊をきかせてパリッとした風合い。
  • これまでにない融合や重ね合わせ効果が生み出す異なるモチーフのミックス&マッチ。
  • コントラストを強調した複雑で手の込んだ服飾付属品。
提案されるテーマ
  • テクノエッセンス:エネルギッシュな刺激に溢れたこれまでにないシンプルさ
  • ライトリッチ:複雑で精緻な加工を生かすための軽量化の試み
  • シックダイナミズム:アクティブな現代性を際立たせるオーガニック素材
  • デコールショー:スペクタクルな効果を高める伝統とファンタジー
 来場者からは4つのテーマの中でもどれが一番重要か、という質問が出され、レディースが中心となるのでミニマリズムなテーマである“テクノエッセンス”が一番重要。色では通常秋冬に流行るグリーン系は自然・エコを連想させる為ニュートラルカラーとミックスさせて使うことによりオールシーズンで不可欠な色になる、とのこと。

イタリア貿易振興会URL:
http://www.ice-tokyo.or.jp/
テクノエッセンス:エネルギッシュな刺激に溢れたこれまでにないシンプルさ ライトリッチ:複雑で精緻な加工を生かすための軽量化の試み
テクノエッセンス:エネルギッシュな刺激に溢れたこれまでにないシンプルさ ライトリッチ:複雑で精緻な加工を生かすための軽量化の試み
ライトリッチ:複雑で精緻な加工を生かすための軽量化の試み デコールショー:スペクタクルな効果を高める伝統とファンタジー
シックダイナミズム:アクティブな現代性を際立たせるオーガニック素材 デコールショー:スペクタクルな効果を高める伝統とファンタジー
JFWインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)が開催されました
 1月14日(水)~16日(金)、東京ビッグサイト西展示棟にてインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR)が開催されました。(主催:繊研新聞社)
 IFFはウエアから雑貨までファッションに関するすべての商品やサービスを紹介するだけでなく、今回から、日本、アジア発のブランドやデザイナーをグローバルマーケットへ発信する取り組みを開始し、3日間で約2万8千人の来場者を集めました。

 jmニュースでは、IFFの出展の一部と「2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京」をご紹介します。


■インターナショナル・ファッション・フェア

 「AKIHIKO IZUKURA」(http://www.akihikoizukura.com/)((株)コスモス東京サンムーン)はシルクなどの自然素材を草木虫などの自然染料で染め上げ日本の伝統的な織技術によりハギレを出さない独自の立体フォルムの服作り。絹糸はくず糸も織り込み、自然から頂いた素材や染料を有効にいかすことにより、肌への当たりがとてもやさしく思いやりのある服になっている。

 (株)アトリエ・ヨシダは石川県金沢市の金沢ブランドとして、一点でも輝く「Body Wrap Innovation」(http://www.bwi-co.com/)のレディースウエアを展示。ジョーゼットと和紙の透かし模様の生地でつくったジャケットやワンピースの他、箔加工を施したブラウス、美しいドレープのチュニックは目を引いていました。金沢ファッションウィーク実行委員会では2009年秋に金沢城でファッションショーを開催されるそうです。

 財団法人西播地域地場産業振興センター(http://www.jibasan.or.jp/)は皮のクリエーターの方が一点一点こだわって作る皮革製品を多数展示。「和らぐ"女"」では酒袋を再利用した深く味わいのある色の手提げ鞄。デザインから製作まで一人で行うというクリエーターの女性は、展示会で出会ったお客さんの「和装にも洋装にも合う鞄がほしい」という要望に応えて作ったとか。「鞄工房レリップ」は光源の違いにより色が違って見える麹塵調を皮革に応用して作り上げた綺麗な色の鞄を展示。お客様との出会いを大切にしたとても和やかな展示ブースでした。

 (株)くちろく(http://www.kurochiku.co.jp/)は、古布染(こふぞめ)の「百々ん(ももん)」(http://www.kyo-momon.jp/)を展示。江戸時代の人形の着物や長襦袢(着物の下に着る)などの古い布のコレクションから、染めや柄を含めて再現したもの。京都の着物文化の継承を基に生まれている。

 (株)ハスキー(http://www.husky.co.jp/)は、レインシューズ。「5-6-Yaブランド」は、上質なラバーを使い、デザイン・品質にこだわり、ファッションでも履ける。ムーミン柄のシューズもかわいい。

 (株)ベティスミス(http://www.betty.co.jp/)は、日本のジーンズ発祥の地「倉敷児島」からオーダージーンズ。ステッチのカラーやボタン、リベット、ポケット形状、加工方法などを選び、自分だけの1本ができる。職人が丁寧に縫い上げるので品質は間違いなしとのこと。実際に使われていた古いユニオン社製ミシンも展示されていました。
インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR)
インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR) 「AKIHIKO IZUKURA」((株)コスモス東京サンムーン)インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR) 「AKIHIKO IZUKURA」((株)コスモス東京サンムーン)
インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR) (株)アトリエ・ヨシダインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR) (株)アトリエ・ヨシダ
インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR) 財団法人西播地域地場産業振興センター「和らぐ"女"」インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR) 財団法人西播地域地場産業振興センター「鞄工房レリップ」
インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR) (株)くちろく「百々ん(ももん)」インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR) (株)くちろく「百々ん(ももん)」
インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR) (株)ハスキー「5-6-Yaブランド」インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR) (株)ハスキー「5-6-Yaブランド」
インターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR) (株)ベティスミスインターナショナル・ファッション・フェア(JFW-IFF)/テロワール(TERROIR) (株)ベティスミス

■2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京

 アジア9都市から有能な若手デザイナーを招いた合同ファッションショー「2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京」が14日会場内のアトリウムで行われた。(以下説明は デザイナー(国籍):テーマ の順)

Lenny AGUSTIN (インドネシア):Popi-Popi(ポピ・ポピ/09年夏)
 「Popi-Popi」とは美しい人形のこと。ふんわりとしたシルエットと鮮やかな色彩のマカッサル(インドネシア・スラウェン島)の伝統衣装を基にデザイン。

Truong Anh VU(ベトナム):H’mong(モン族/09年春夏)
 ベトナム北西部の高地サパに住むモン族の民族衣装からインスピレーションを受け作られたコレクション。

Winson TAN(マレーシア):Distortion(ゆがみ/09年春夏)
 ファッションに対して「ねじれや歪み」というアプローチをした。形が崩れているようで崩れていない新しいシルエットを見出している。

Pablo MENDEZ(フィリピン):Variation and Innovation(変化と革新/09年秋冬)
 「ジャケット・イノベーション」を提案する。素材について十分リサーチし、加工を施すことで作品の機能やシルエットがとても洗練される。

Pappim MULPRUEK(タイ):enrich comfy(快適さの向上/09年秋冬)
 タイ北部に住む部族の民族衣装の装飾からインスピレーションを受けた。素材に加えられた装飾が魅力。素材は快適さと上品さが合せっている。

An Sun YOUNG(大韓民国):Korean Prism(コリアン・プリズム/09年春夏)
 韓国の伝統衣装チマ・チョゴリの概念を現代風に順応させ、韓国伝統のシルエットや色を使った新しいファッションスタイルを提案する。

Nitin Bal CHAUHAN(インド):CONDITIONS APPLY PART1(環境適応 第1部/09年春夏)
 このコレクションは9つのストーリーから構成され、第1部では、私達が創造し形成している世界に疑問を投げかけている。素材は100%オーガニックが中心。

K. Mi HUANG(シンガポール):Envelope(封筒/09年秋冬)
 折ったり、形を変えたりして、封筒の形の無限の可能性を探し求めた。

Jasper HUANG(台湾):conviction(信念/08年秋冬、09年春)
 台湾のなかに実存するモダンなフォルムと、それに対比する台湾人の神秘主義と信仰心の両方を強く反映する。コンセプトを「骨と皮膚」から構成し「構造とディテール」で実現する。


次回のJFW-IFFは2009年7月22(水)~24日(金)、東京ビッグサイト西展示場での開催です。詳しくは以下のURLへ
http://www.senken-ex.com/iff/index.html
2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 Lenny AGUSTIN2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 Lenny AGUSTIN2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 Truong Anh VU2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 Truong Anh VU
2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 Winson TAN2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 Winson TAN2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 Pablo MENDEZ2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 Pablo MENDEZ
2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 Pappim MULPRUEK2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 Pappim MULPRUEK2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 An Sun YOUNG2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 An Sun YOUNG
2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 Nitin Bal CHAUHAN2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 Nitin Bal CHAUHAN2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 K. Mi HUANG2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 K. Mi HUANG
2009 アジアン デザイナーズ コレクション in東京 Jasper HUANG
展示会のご案内
1. TEXTILE SPIRIT「アーカイブとデザイン」展

 昨年11月に開催された「ファッションデザインとテキスタイルの関係性」のセミナーと桐生産地で行われたワークショップの総括を受けて、セミナー講師によるアーカイブ資料や作品の展示、ワークショップのプロセスと完成した衣服の成果発表が行われます。

TEXTILE SPIRIT「アーカイブとデザイン」展
会場: スパイラルホール(東京・青山)
会期: 2009年2月11日(祝・水)~12日(木) 11:00~20:00
主催: 中小企業基盤整備機構 (後援:経済産業省)
URL: http://haft.smrj.go.jp/ (入場無料)


2. rooms No18

 個性溢れるクリエーターの「部屋」を訪れ、交流や創造を促進するグローバルな合同展示会、rooms No18が今年も開催されます。国内有力専門店や百貨店のリーディングバイヤーや、アジア、ヨーロッパ各国のバイヤー等、約8200人のバイヤー、1200人のプレス関係者が来場。近年では日本ファッションの世界への発信も担い、Roomsから世界へ羽ばたいた国内クリエーターも増え、国際的な文化交流の場として進化しています。

rooms No18
会場: 国立代々木競技場 第一体育館 (東京都渋谷区神南2-1-1)
会期: 2009年2月17日(火)~19日(木) 10:00~18:00
出展/来場予定: 400ブランド以上/約15000人
シーズン: 2009-10 Autumn/Winter
対象: プロのバイヤー、プレス関係者限定。
一般の方や学生の方の入場は出来ません。
カテゴリー: メンズ/レディースウェア、デニム系アイテム、ユニセックス、靴、帽子、鞄、アクセサリー、周辺雑貨、アート関連
URL: http://www.roomsroom.com (出展オーディション、来場登録はこちらから)

3. FRONTIER VOL.73

FRONTIER VOL.73
会場: 会場:国立代々木競技場 第二体育館
会期: 2009年2月17日(火) 9:30~20:00, 2月18日(水) 9:30~18:00 (2日間開催)
シーズン: 2009年『春夏』
出展予定社数: 100社 150ブランド
カテゴリー: メンズ・レディース・ユニセックス・ウェア(国内・インポート)・靴・帽子・鞄・アクセサリー・雑貨
URL: http://www.frontier-j.co.jp/ (出展・来場のご希望はこちらから)
注) 国立代々木競技場第一体育館にて、「rooms」が同日程で開催しています。
2009年から合同展示会は年2回開催となり、次回日程は2009年9月8日(火)~11日(金)となります。
第43回 '09大阪ミシンショーJUKI出展機種のご案内
 先日お伝えした1月30日(金)、31日(土)にインテックス大阪(3号館)で開催される第43回'09大阪ミシンショー&ハンズフェスティバルでのJUKI出展機種をご案内いたします。

■ JUKI出展機種のご案内
最新技術を取り入れた大型電子サイクルマシンを始めとし、省エネ・生産性向上商品を中心に展示いたします。(小間番号:63)
 
本縫い・ロックミシンコーナー:   DDL-9000ASS/CP-170A ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン
(微量給油タイプ)
  DDL-9000ADSWB PBN ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン
(鳥の巣防止、残短糸切り仕様)
    MO-6714D 高速セミドライヘッドオーバーロックミシン
  MO-6703S-0N6-3D1/X81017 高速オーバーロックミシン
(反継ぎ仕様)
特殊ミシンコーナー:   LBH-1790S 高速電子眠り穴かがりミシン
    LK-1900A 高速電子閂止めミシン
(標準パネル付き)
  DNU-1541-7(試作品) 1本針本縫針送り倍釜自動糸切りミシン
(太糸ステッチ工程/特別改造品)
    MEB-3200SSJD/X70354 電子鳩目穴かがりミシン
(紳士・婦人服仕様、マルチカット装置付き・針糸切り仕様)
    AMB-289Z(J-SC1) 高速電子単環根巻きボタン付けミシン
(ほつれ防止用液体供給装置)
    LZ-2290ASR-7-WB ダイレクトドライブ高速電子本縫千鳥縫自動糸切りミシン
(クイックリバース仕様)
ニットコーナー:   MF-7823-U10-B56/UT25 高速シリンダーベッド飾り縫ミシン
(ユニバーサルタイプ・エアー式上下糸切り装置)
    MF-7723-U10-B56/UT33 高速フラットベッド飾り縫ミシン
(ユニバーサルタイプ・エアー式上下糸切り装置)
  MS-3580 送り出し腕型3本針二重環縫ミシン
自動機コーナー: APW-896 本縫自動玉縁縫機
(斜めフラップ仕様)
  AMS-224EHS-6030 入力機能付き電子サイクルマシン
(可縫サイズ 横600mm×縦300mm)
  AMS-224EHS-4530 入力機能付き電子サイクルマシン
(可縫サイズ 横450mm×縦300mm)
  ASN-690AL 超高速自動サージングマシン
(ロングテーブル仕様)
厚物コーナー:
カーシート用ミシン
  LU-1510NA-7 一本針本縫総合送り水平大釜自動糸切りミシン
(カーシート仕様)
    PLC-1760SCA・BT/DL/AK136 ポストベット2本針本縫総合送り水平大釜ミシン
(BT装置付き)
刺繍機コーナー:   AMS-210E/X7450 電子サイクルマシン
(高速ネーム刺繍仕様)
  HZL-010S/E エコノミー ネーム専用刺繍ミシン
(家庭用ミシン)
家庭用ミシンコーナー:   HZL-010S 本格刺繍・完全自動上糸かけ・下糸自動供給・自動糸切り・コンピューターミシン
    HZL-7900 垂直全回転釜採用・自動糸切り・フットコントローラー・コンピューターミシン
    HZL-T470 自動糸切り・自動糸調子・自動止め縫い・コンピューターミシン
    MO-345DC 2・3・4・5本糸+カバーステッチ付きロックミシン
    MO-114D 2本糸4本糸差動送りオーバーロックミシン
    TL-25DX 糸切りフットスチッチ・自動糸通し・針上下スイッチ・職業用本縫いミシン

*新:新商品、近:近日発売、参:参考出品、出展機種は都合により変更させて頂く場合もございます

大阪ミシンショーURL
http://www.omsk.gr.jp/img/syo.html
JUKI生産性向上展が開催されました(中国上海)
 JUKI生産性向上展が、2008年12月10日(水)から12月26日(金)まで、日曜日を除く15日間、重机(中国)投資有限公司嘉定事務所の展示室にて開催されました。
 中国のアパレル生産業界において、人件費上昇や労働力不足により一層高まっている生産性向上や省力化のニーズに答えるため、「お客様の未来の工場を共に創造していく」をテーマとして、ハード・ソフト両面からの提案がされました。
 ハード面では、高い生産性を誇る自動機・省力機を中心に、「Yシャツ」「紳士服」「婦人服」「ジーンズ」「ニット/ファンデーション」「厚物」の業種別6コーナーにて51機種を展示、ソフト面では、「生産管理」「縫製アタッチメント」の2コーナーにて実演や映像を交えてプレゼンテーションが行われました。
 期間中は、ウルムチ、香港、マカオなどの遠方の方を含め中国全土から、数多くのお客様が来場され、お客様からは、「今後の取り組みについて漠然としていたものが具体的にはっきりと見えてきた」「今抱えている課題に対しての解決方法を発見できた」「アパレル生産業界の未来が明るくなった」などのご意見をいただき、大変好評でした。

 展示会は12月で終了していますが、出展機は嘉定事務所の展示室にて引き続き展示されています。
JUKI生産性向上展(中国上海)JUKI生産性向上展(中国上海)
JUKI生産性向上展(中国上海)JUKI生産性向上展(中国上海)
JUKI生産性向上展(中国上海)JUKI生産性向上展(中国上海)
第34回 MODA ITALIA 09'-10'秋冬コレクションが開催されます
 イタリア貿易振興会主催、日本繊維輸入組合が後援する第34回MODA ITALIAが1月19日(月)から東京、大阪と5日間に渡って開催されます。開催概要は以下の通りです。

  <東京会場> <大阪会場>
第34回 MODA ITALIA 09'-10'秋冬コレクション
TOTAL LOOKファッション・フロム・トスカーニ
期日: 2009年1月19日(月)~21日(水)
10:00~18:00
(21日のみ17:00まで)
  2009年1月22日(木)~23日(金)
10:00~18:00
会場: ウェスティンホテル東京   ヒルトン大阪
出展社数: 84社(予定)   64社(予定)
同時開催: 「TOTAL LOOKファッション・フロム・トスカーニ」も同時開催されます。
  2009年1月20日(火)・21日(水)
ウェスティンホテル東京
B1F「楓」
  2009年1月22日(木)・23日(金)
ヒルトン大阪
2F「シーズン」
       
※展示商談会のため、デザイン情報収集を目的とした来場はできません。
       
主催・お問い合せ先: イタリア貿易振興会
http://www.ice-tokyo.or.jp
第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009が開催されます
 日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市である毎年恒例のギフト・ショー春2009が2月3日から4日間、東京ビッグサイトにて開催されます。開催概要は以下の通りです。

第67回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2009
テーマ: ヘルシー&エコロジカルライフスタイルの実現
会期: 2009年2月3日(火)~6日(金)
10:00~18:00(最終日は16:00まで)
主催: 株式会社ビジネスガイド社 インターナショナル・ギフト・ショー事務局
会場: 東京ビッグサイト(全館)
会場案内図はこちら http://www.giftshow.co.jp/tigs/67tigsinvitation/bigsite_map.pdf
入場対象者: パーソナルギフトマーケットに携わる国内外の流通関係者
来場見込み: 200,000人(春2008実績:延196,894人)
入場: 無料(事前登録制)
出展社数: 約2,200社
同時開催: ・第52回アクティブデザイン&クラフトフェア (会場は西3ホール)
・第5回グルメ&ダイニングスタイルショー 春2009
・ニッポンいいもの再発見 春2009
URL: Gift Show URL(無料招待券請求もこちら)
http://www.giftshow.co.jp
文化ファッション大学院大学ファッションウィーク開催のご案内
 ファッション教育およびファッション産業にかかわる皆が一堂に会し、次代のファッションビジネスが進むべき方向について対話し議論する「文化ファッション大学院大学ファッションウィーク(BFGU FW)」が2月9日(月)から開催されます。約1週間の開催期間中、ファッション産業界からパネリストを招くシンポジウム、本学院生によるファッションショーや展示、研究発表などを実施します。開催概要は以下の通りです。

文化服装学院ファッションウィーク
開催期間: 2009年2月9日(月)~13日(金)
※11日(水)は閉場
会場: 学校法人文化学園内 遠藤記念館大ホール(F館) ほか
プログラム:
1. ファッションテクノロジーコース1年次終了展示
2月9日(月)~13日(金)C館エントランス
2. ファッションテクノロジーコース修了展示
2月9日(月)~13日(金)遠藤記念館ギャラリー(F館)
3. ファッションデザインコース1年次終了展示
2月12日(木)、13日(金)遠藤記念館大ホール(F館)
4. ファッション経営管理コース1年次基礎研究発表
2月12日(木)視聴覚講義室(F館)
5. ファッション経営管理コース修了研究発表/ファッション技術経営コース修了研究発表
2月10日(火)視聴覚講義室(F館)
6. シンポジウム テーマ「ORIGINS IN JAPAN」
2月10日(火)遠藤記念館大ホール(F館)
7. ファッションデザインコース修了ショー
2月10日(火)遠藤記念館大ホール(F館)
(プログラムによって開催日時・会場が異なります)
注)5.6.7.のプログラムは招待状(抽選)が必要となります。

招待状の申込み及び開催時間など詳細につきましてはBFGU FW Informationをご確認ください
http://bfgu-bunka.ac.jp/fashion_week/info.html

JUKI Magazine PageNavigation