JUKI Magazine PageNavigation

News Index

2007.12

2007.11

2007.10

2007.09

2007.08

2007.07

2007.06

2007.05

2007.04

2007.03

2007.02

2007.01


JUKIマガジン232号がアップされました
 JUKIマガジン232号がアップされました。

<特集:FBの活性化へ本格化する総合的な人材育成>
―出でよ日本発世界のファッションブランド

<特集:FBの活性化へ本格化する総合的な人材育成>
“日本のファッション産業をクローバルなビジネスに”
高度な知と技を備えた総合的専門家の育成を目指す
文化ファッション大学院大学学長 大沼 淳さん

<特集:FBの活性化へ本格化する総合的な人材育成>
ますます高まるIFIビジネス・スクールへの期待
国際的に活躍する人材育成を最重要テーマに
(財)ファッション産業人材育成機構 IFIビジネス・スクール 部門長 井上義次さん

<特集:FBの活性化へ本格化する総合的な人材育成>
モノづくりから事業戦略まで、生きたビジネスを体験
大学“経営学部”が始めた新たな実践的人材育成
大阪産業大学 理事・経営学部長 重里俊行

<知って得する縫いのヒント>
閂止めミシン

<JUKI PLAZA>
ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシンDDL-9000A
「設備が変われば、モチベーションが変わる」
最新の設備導入で工場の雰囲気が前向きに
中央繊維興業株式会社 経営企画室室長代理 真柄義信さん

<information/海外拠点便り>
Information:~自動糸通し~ いまどきの家庭用ミシンってこんなに便利!!
海外拠点便り:ロシア・チュバシ共和国「チェボクサルイ」編

<SQUARE>
高速シリンダーベッド飾り縫ミシン
MF-7800シリーズ エア駆動式ヘミングガイド付き
中国版JUKIマガジン「重機期刊在中国」第15号が発行されました
中国版JUKIマガジン「重機期刊在中国」第15号が発行されました
今回の中国版JUKIマガジン第15号は中国国際縫製機器展(CISMA)を特集しました。

<中国国際縫製設備展覧会(CISMA2007)特集>
JUKIはCISMA2007で総合力を訴求
CS目指しハード・ソフト両面からアプローチ

<中国国際縫製設備展覧会(CISMA2007)特集>
JUKIの主力商品

<中国国際縫製設備展覧会(CISMA2007)特集>
JUKIブースレビューとお客様の声

<中国国際縫製設備展覧会(CISMA2007)特集>
宮下総経理に聞く-CISMA2007を振り返って-
重機(中国)投資有限公司 総経理 宮下尚武

<Information/研修日程>
研修日程

中国版JUKIマガジンをご希望の方は、中国の重機(香港)有限公司/重機(中国)投資有限公司へお問い合わせください。
【中国の重機(香港)有限公司/重機(中国)投資有限公司の連絡先】http://www.juki.co.jp/industrial_c/network_c/china.html
パートタイム労働法の改正
 短時間労働者が通常の労働者と同じ仕事を行っているにもかかわらず、その働きに見合った待遇がなされていないなどの不満が高まっていることを背景に厚生労働省では「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律 通称:パートタイム労働法」の一部を改正することが11月27日に発表されました。この法律は平成20年4月1日に施行されます。

 主な内容は

1. 労働条件を明示した文書の交付などが義務付け
2. 均衡のとれた待遇の確保を推進
  全ての短時間労働者を対象に通常の労働者との均衡のとれた待遇
通常の労働者と同視すべき短時間労働者に対する差別的取扱いの禁止
3. 通常の労働者への転換を推進
4. 苦情処理・紛争解決援助
  苦情を自主的に解決するよう努力
行政型ADR(調停等)の整備
5. 短時間労働援助センターの事業の見直し

詳しくは
http://www.mhlw.go.jp/topics/2007/06/tp0605-1.html
文化ファッション大学院大学の入試説明会
 ファッションビジネスを研究できる日本で唯一の専門職大学院、文化ファッション大学院大学(BFGU)は、本年度2回目の入試説明会が12月に開催されます。

●日時: 2007年12月8日(土) 10:00~13:00 入場受付9:30。
12:00~13:00 は「グループ相談」となります。
文化ファッション大学院大学入試説明会
●内容: 入試説明、研究科・専攻別説明、施設見学、模擬講義(題目・ファッション業界の現在と未来)、文化学園服飾博物館見学、教員とのグループ相談
●お問い合わせ先: 文化ファッション大学院大学・教学事務室
〒151-8521 東京都渋谷区代々木3-22-1
TEL:03-3299-2701/FAX:03-3299-2714
E-mail:otoiawase@bfgu-bunka.ac.jp

詳しくは
http://www.bfgu-bunka.ac.jp/topics/setsumeikai_twice.html
2007年ユニバーサル技能五輪国際大会終了
 日本での開催は22年ぶりとなる今回のユニバーサル技能五輪国際大会(International Skills Festival for All, Japan 2007)は「第39回技能五輪国際大会」と「第7回国際アビリンピック」が同時開催となり、2007年11月14日(水曜日)~21日(水曜日)8日間の会期中に62カ国・地域から3,769人の参加者が集まりました。
 競技は技能五輪国際大会が静岡県沼津市門池地区で、国際アビリンピックはツインメッセ静岡で行われ、メカトロニクス、機械組立て、洋菓子製造、理容、家具作りなど、48の職種分野における世界トップクラスの技能者が技を競い合いました。
 洋裁競技には15カ国からの代表者が参加し、「ジャケット」と「ドレス」の製作を課題として、布地の裁断から縫製、ボタン付け、仕上げのアイロン掛けまで、全体の仕上がり・シルエットだけでなく各部の緻密な作り込みが採点の対象となりました。日本代表選手は、この競技唯一の男性である橋本 恭也さん((株)プラス・ワン)で、敢闘賞(4位)と大健闘しましたが、金メダルは韓国代表のSung Sun Lee(スン スン イ)さんとなりました。

 JUKIは工業用本縫いミシン及びロックミシンの合わせて50台の貸与と、競技期間中の技術サポートを行いました。

詳しくは
http://www.skillsfestival2007.or.jp/jp/index.html
2007年ユニバーサル技能五輪国際大会2007年ユニバーサル技能五輪国際大会 橋本 恭也さん2007年ユニバーサル技能五輪国際大会 Sung Sun Lee(スン スン イ)さん
2007年ユニバーサル技能五輪国際大会2007年ユニバーサル技能五輪国際大会2007年ユニバーサル技能五輪国際大会
中国の「就業促進法」が2008年1月1日から施行されます
 日本貿易振興機構(ジェトロ:JETRO)から中国の「就業促進法」が2008年1月1日から施行されると発表されました。就業促進法は2007年8月30日に採択されたもので、主な内容は下記の通りです。

(1) 現地人の雇用義務
 使用者が人員を募集採用する際には、労働者に平等な就業機会と公平な就業条件を与えなければならず、就業差別を行ってはならない。

(2) 採用の方法
 労働管理部門への登録が必要

(3) 書面契約
 書面で労働契約を締結しなければならない

(4) 労働組合の組織化
 企業と労働組合もしくは労働者代表との団体契約の締結と労働部門への登録が必要

などとなっています。

詳しくは
http://www3.jetro.go.jp/jetro-file/search-text.do?url=010011300305
メコン地域陸路実用化実証走行試験
 チャイナプラスワンでベトナムが注目されていますが、経済産業省と国土交通省はメコン地域の東西回廊と第二メコン国際橋を利用したトラック便が可能となるように走行試験を開始すると、10月18日(木)に発表しました。
 従来、タイとベトナム間の輸送は海上か空輸しか手段がなかったのですが、これによりタイ、ラオス、ベトナムをつなぐ陸上輸送が可能となり、南北回廊との相乗効果などにより、インドシナ半島全体の活性化につながるものと期待されています。

詳しくは
http://www.meti.go.jp/press/20071018006/20071018006.html
ユニバーサル技能五輪国際大会が行われます
 2007年ユニバーサル技能五輪国際大会(2007年第39回技能五輪国際大会と第7回国際アビリンピックの総称)が11月に静岡で開催されますが、技能五輪国際大会の洋裁の部は4日間、約22時間かけて「カッテイング」→「採寸」→「overall appearance(全体の外観)」→「ジャケット製作」→「ドレス製作」の順で技を競い合います。
 JUKIでは洋裁の部で利用するミシンとして最新の自動糸切り本縫いミシンDDL-9000Aを14台、オーバーロックミシンMO-6704Dを14台、その他アイロン台などを提供します。

第39回技能五輪国際大会
開催期間: 11月7日(水)~21日(水)(15日間)
開催場所: 静岡市
競技職種数(正式職種): 38職種
参加国:
・競技参加者
48カ国700人前後
(前年実績より推定)
 
第7回国際アビリンピック
開催期間: 11月13日(火)~18日(日)(6日間)
開催場所: 沼津市
競技職種数: 30職種
参加国:
・競技参加者
30カ国400人前後
(前年実績より推定)

2007年ユニバーサル技能五輪国際大会のURLは下記
http://www.skillsfestival2007.or.jp/jp/index.html
ユニバーサル技能五輪国際大会ユニバーサル技能五輪国際大会
ユニバーサル技能五輪国際大会ユニバーサル技能五輪国際大会
 
TES(繊維製品品質管理士)試験の結果が発表されました
 社団法人日本衣料管理協会は平成19年度のTES試験の結果を10月4日に発表しました。今年のTES試験は1,913名と過去最高の受験者を迎え、7月15日に全国6会場で実施されたものです。その結果、新たに348名のTESが誕生しました。認定率は18.5%と狭き門ですが、認定された方々には平成19年11月1日付けで『繊維製品品質管理士証』が交付されます。
 業種別ではアパレル関連が106名と30%を占め、繊維関連、検査団体等がこれに続きます。10名以上の合格者を輩出したのは東レ(株)、(株)オンワード樫山、(財)日本化学繊維検査協会、(株)ワコール、(財)日本繊維製品品質技術センターの5企業・団体。

TESに関する詳細は下記URL
http://www.tes-shikaku.jp/

 なお、日本衣料管理協会では「品質表示に対する消費者の意識と繊維製品品質表示規定改訂の動き」について調査報告講演会を下記の通り行います。

開催日: 平成19年11月13日(火)14:00~16:00
会 場: 東京都港区芝公園2-5-20 メルパルク東京 5階「瑞雲」

申し込み・問い合わせは社団法人 日本衣料管理協会
電話03-3437-6416 FAX:03-3437-4194 E-mail:jasta@mtb.biglobe.ne.jp
中国の法律情報
 JETROの2007年9月12日情報によれば中国は以下の2項目に関して新たな法律を公布した。

1.人民元の銀行間取引について
2007年7月3日、中国人民銀行は「銀行間取引管理規則」を公布

 銀行間取引市場の参加許可及び退出、取引及び決済、リスク管理、情報開示、監督管理等の規範について全面的に規定した。

http://www.jetro.go.jp/biz/world/asia/cn/invest_09/

2.現地人の雇用における書面契約について
2007年6月29日、全国人民代表大会常務委員会は「労働契約法」を公布

 労働契約の締結、履行及び変更、解除及び終了、集団契約、労務派遣、非全日制雇用、監督検査及び法律責任等の内容について詳細に規定した。

http://www.jetro.go.jp/biz/world/asia/cn/invest_05/
ベトナムの労働法と物品の売買に関する法律が改正された
 ベトナムの労働法が修正され7月1日から発効したとJETROから7月25日に発表された。また、ベトナム国内での物品活動も緩和された。
 改正労働法には「社会保険料の雇用主、従業員の負担比率」や労働争議の解決に関する事項が含まれている。

社会保険料の負担比率:
  2007~2009年 2010年 2011年 2012年
負担者 雇用主 15% 16% 17% 18%
従業員 5% 6% 7% 8%

詳しくは
http://www.jetro.go.jp/biz/world/asia/vn/invest_05/

また、一定の条件の下、外国投資企業の売買活動が認められるようになった。
http://www.jetro.go.jp/biz/world/asia/vn/invest_02/
IFIが創立15周年とIFIビジネススクールが開校10周年を迎えました
 IFI(財団法人ファッション産業人材育成機構 理事長:中瀬雅通)は1992年にファッション産業界の約400社の支援により設立され、「実学」を重視して教育を行ってきました。また、ファッション業界の学校としてIFIビジネススクール(学長:尾原蓉子)が1998年に開校され、10年を迎えました。
 記念プログラムの第1部では日本アイ・ビー・エム最高顧問の北城恪太郎さんから『世界が変わる-イノベーションを担うグローバル人材の育成』を、KEN OKUYAMA DESIGN代表の奥山清行さんから『世界で輝く-フェラーリから鉄瓶まで:日本の感性を生かす世界級デザイン・ディレクターの挑戦-』と題する記念講演が行われました。北城さんは「日本は物づくりの伝統、優れた美意識はあるが今後、グローバル化が必要である。また、人口が減少するなかで、女性の社会進出が出来る土壌を作るべきだ」と、また、奥山さんは「デザイナーが国際化するには英語で議論できるようにならなければ、またCADだけでなく、デザインも現物を目の前にして語ることが重要」など現在の日本にとって示唆に富む話が聞かれました。
 第2部の懇親会にはアパレル企業や流通販売関連のトップをはじめファッション産業や学会などから多くの著名人が集まり、華やかな宴の中でIFIのこれまでの実績を祝い、今後の発展を期待していました。
IFI記念プログラム
IFI記念プログラム IFIビジネススクール学長 尾原蓉子さんIFI記念プログラム 日本アイ・ビー・エム最高顧問 北城恪太郎さんIFI記念プログラム KEN OKUYAMA DESIGN代表奥山清行さん
ミッチェルアンドネスが原宿にショップを開設
 (株)フェイムスでは米国アパレルブランド「ミッチェルアンドネス」(MITCHELL & NESS)の世界初の路面店を6月22日(金)にオープンしました。ミッチェルアンドネスは米国フィラデルフィアで1904年に設立したスポーツブランドでプロスポーツチームのユニフォームを製造。現在では「ノスタルジア」をコンセプトに、実際に使われたビンテージ・ユニフォームの公式レプリカ版の製造販売を行っています。原宿のお店もレンガ造りの外観とシックなアーリーアメリカンスタイルの内装です。

ミッチェル&ネスについて詳しくは
http://www.mitchellandness.fames.jp/mitchellandness.html

フェイムスのWebサイトは下記
http://www.fames.jp/
ミッチェルアンドネスミッチェルアンドネス
ミッチェルアンドネスミッチェルアンドネスミッチェルアンドネス
JUKIマガジン231号がアップされました
 JUKIマガジン231号がアップされました。
 
231号内容
231号表紙 創業―アパレルを活性化する新しい風
特集:創業―アパレルを活性化する新しい風
特集:創業―アパレルを活性化する新しい風
“原宿ドリーム・ナビ”
ラフォーレ原宿への出店者を育成するアパレル創業支援事業
八千代銀行 太田 学さん
特集:創業―アパレルを活性化する新しい風
糸に魅せられて、オリジナル・デザインの世界へ
福島にこだわって地場産業の活性化をめざす
リュウ・コンセプション 代表取締役 人見美江さん
特集:創業―アパレルを活性化する新しい風
閉塞感のあるアパレル業界に新風を吹き込みたい
“Hamburger’s”で学生が事業化を目指す
【EDING:POST】デザイナー 加藤智啓さん,長谷川哲士さん
知って得する縫いのヒント
ロックミシンの基礎知識シリーズ
各種装置とアタッチメント
<JUKI PLAZA>
本縫自動玉縁縫機APW-895
パンツの平行玉縁縫(フラップ付け)に対応。
片玉/両玉の切替えもワンタッチで、多様化を支える
株式会社ルートファッション 取締役製造部長 穴水満也さん
<information/海外拠点便り>
家庭用小型ロックミシン アタッチメント
<海外拠点便り> ブエノス・アイレス
<SQUARE>
ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りミシン
DDL-9000A Series
文化ファッション大学院大学(BFGU)が入試説明会を開催します
 ファッションを研究する日本で唯一の専門職大学院である学校法人文化ファッション大学院大学(BFGU:東京代々木 大沼淳理事長)ではファッションビジネス研究科/ファッションクリエイション専攻50名、同研究科/ファッションマネジメント専攻30名の2008年度入学希望者対象について入試説明会が下記のとおり開催されます。

日時: 2007年7月21日(土)9:00~13:00
会場: 文化ファッション大学院大学内・I館
プログラム: ○ 研究科、専攻別説明 ○入試説明 ○施設見学
○ 個別相談 ○文化学園服飾博物館自由見学
○ 模擬講義「ファッション業界の現状と課題」/講師・長谷川功(同学教授)

 なお、選考はエントリー→事前面談・プレゼンテーション→出願→筆記試験・面接→合否発表、となります。

参加申込、お問い合わせは
「文化ファッション大学院大学 教学事務室」
TEL 03-3299-2701 FAX:03-3299-2714

文化ファッション大学院大学ホームページ:http://www.bfgu-bunka.ac.jp/
TES試験の出願が締め切られました
 財団法人日本衣料管理協会主催によるTES(Textile Evaluation Specialist:繊維製品品質管理士)の2007年試験は7月15日に行われますが、このほど出願を締め切りました。本年の出願者は1913名と昨年より18%、5年前よりは57%増と年々増加しています。受験者の業種はアパレル業界が最も多く、中には80名を越す大手のアパレル企業もあります。また、今年は商社、卸の増加が目立ちます。

詳しくは下記
http://www.tes-shikaku.jp/applicant.pdf(PDF:104KB)

TESの内容に関しては下記
http://www.tes-shikaku.jp/

日本衣料管理協会のHPは下記をご覧ください。
http://www.jasta1.or.jp/
2007年ユニバーサル技能五輪国際大会 日本代表の全選手決まる
 第39回技能五輪国際大会と第7回国際アビリンピック(総称してユニバーサル技能五輪大会)が11月に静岡で開催されますが、代表選手133名とデモンストレーション実演者13名が決定したと、2007年6月8日(金)に厚生労働省から発表されました。
 技能五輪の洋裁の部は(株)プラス・ワン(埼玉県)の橋本恭也さん。アビリンピック洋裁の部では婦人服(応用)がイトキン(株)(茨城県)の高瀬登志子さんと鹿児島県の畠中キミ子さん、婦人服(基礎)が(株)大京フーズ(千葉県)の古川郁絵さんと岡川縫製(株)(岐阜県)の松田健二さん、紳士服では難波洋服店(神奈川県)の難波和男さん、コトヨ洋服店(静岡県)の原脩二郎さん他、刺繍、和裁などの人も出場します。

詳しくは
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/06/h0608-2.html
日・カンボジア投資協定締結
 「投資の自由化、促進及び保護に関する日本国とカンボジア王国との間の協定」(日・カンボジア投資協定)が2007年6月14日、フンセン・カンボジア首相と安部総理大臣との間で締結署名された。
 6月14日に経済産業省より発表された、この協定は

(1) 日系企業の投資環境整備。投資拡大
(2) 東アジアにおける経済連携の強化
を目的とし、

(1) 二国間の投資拡大、円滑化、保護の基本ルールに合意
(2) 過去最高レベルの日ベトナム投資協定を超える内容
(3) 過去の協定の中でも最高の自由化水準を確保
といった内容になっている。

詳しくは
http://www.meti.go.jp/press/20070614004/20070614004.html
中国企業の税法が変更
 日本貿易振興機構(JETRO:ジェトロ)は中国の新しい税法が施行されることを2007年6月5日に公表した。
 これによれば、中国では1991年に採択された「外商投資企業及び外国企業所得税法」及び1993年公布の「企業所得税暫定条例」により中国国内企業と外資系企業で異なる税率が適用されてきたが、2008年1月1日より、外資独資企業及び国内企業の基本法人税率は25%に統一される。

詳しくは
http://www.jetro.go.jp/biz/world/asia/cn/invest_04/
ASEAN・インド日系製造業の経営実態アンケート結果
 JETROでは2006年11~12月ASEAN6ヵ国とインドの進出日系製造業企業1,865社を対象に、アンケート調査を実施し、2007年5月28日にその結果が発表された。

主な調査結果は下記の通り。
1.中国との製造コスト比較:ベトナムでは6割強が安価
2.製品販売の最大のライバル:中国企業(ASEAN)と地場企業(インド)
3.(ASEAN・インド)中国、インド、タイ、ベトナムを中長期的に市場として有望視

詳しくは
http://www.jetro.go.jp/biz/world/asia/in/reports/05001419
「感性価値創造イニシアティブ」報告
 経済産業省製造産業局 デザイン・人間生活システム政策室では国民の暮らしぶりの向上と経済の活性化のため、日本人の感性を活用したものづくり・サービス活動を推進し、取り組むべき事項として「感性価値創造イニシアティブ」を平成19年5月19日(火)に発表した。
 この中で「いい商品、いいサービス」とは機能、信頼性、コストといった基礎的要素の上にストーリーやメッセージでもって感性に働きかけ、作り手の手間やこだわりなどに感動・共感を持って受け止められる価値を重視している。
 こういった商品の例として、ナノ技術と日本の伝統色が感性に訴えるベビーウェア『クオーレ・アモーレ』や「絣藍染」をハイテクで再現し、世界を席巻した『カイハラ』のデニム素材をあげている。
 経済産業省では2010年までを「感性価値創造イヤー」とし、国民運動として積極的に取り組むとしている。

詳しくは下記URL
http://www.meti.go.jp/press/20070522001/20070522001.html
中国版JUKIマガジン「重機期刊在中国」第14号が発行されました
中国版JUKIマガジン「重機期刊在中国」第14号が発行されました
今回の中国版JUKIマガジン第14号は中西部への産地移動で注目される安徽・四川省のアパレル企業を特集しました。

<TOPインタビュー>
豊富な労働力を背景に年率50%の急成長
新しい設備が高品質・高生産性の源泉
銅陵東隆華東服装有限公司 総経理 厳亦尚さん, 副総経理 黄瑞銘さん
インタビュアー:重機(中国)投資有限公司 北京分公司 総経理 平松義輝

<特集:安徽・四川のアパレル企業1>
“会社のためではなく、あなた自身の為に働いてください”
設立3年、ジーンズで急成長する小さな巨人の“孝行息子”
四川明剣服装有限公司 董事長 秦玉明さん

<特集:安徽・四川のアパレル企業2>
ますます進む国内消費者の個性化に応えて、
独自のブランドQ'Sで毎月50点の新デザインを提案
四川徳者商貿有限公司 董事長 劉剛さん

<生産管理講座>
生産システム紹介(2)
多品種少量生産方式

<知って得する縫いのヒント>
入門:縫製機器の基礎知識(4)
VIII:縫い糸の太さ

<Information/研修日程>
JIAM2008シンガポールの出展募集を開始
新製品 高速4本針6本糸筒型両面飾り縫いミシン MF-7724U10D60
研修日程

<SQUARE>
単糸環縫いボタン付けミシン MB-1377

中国版JUKIマガジンをご希望の方は、中国の重機(香港)有限公司/重機(中国)投資有限公司へお問い合わせください。
【中国の重機(香港)有限公司/重機(中国)投資有限公司の連絡先】http://www.juki.co.jp/industrial_c/network_c/china.html
「研修・技能実習制度研究会中間報告」のとりまとめが発表されました
 これまで、研修生が実務研修中に、実質的に低賃金労働者として扱われている等の問題が生じていましたが、厚生労働省から研修・技能実習制度の見直しの方向性について中間報告のとりまとめが平成19年5月11日(金)に公表されました。

 報告によれば下記のような内容が含まれています。

1.研修生の法的保護 最初から雇用関係の下での3年間の実習とし、労働関係法令の適用を図る。
2.技能実習の実効性の確保 実習計画の作成の他、実習指導員の配置、技能実習終了時の評価等を義務づける。
3.受入れ団体の役割・責任 受入れ企業に対する指導、監査等の監理責任を負う
4.報酬 日本人と同等の報酬に比較して著しく低いならないようガイドラインを設定
5.再入国(再技能実習) 再実習の必要性が認められた場合に、2年間に限定し(合算して5年以内)これを認める。

内容に関しては下記を参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2007/05/h0511-3.html

 なお、詳細な報告書については、追って公表される予定です。
JUKIマガジン230号がアップされました
 JUKIマガジン230号がアップされました。
 
230号内容
230号表紙 アパレル工場の“マイスター”たち
特集:アパレル工場の“マイスター”たち
高度な技で自在に生み出す美しいシルエットは
ものづくり技能の結晶、アパレル工場の“顔”である
特集:アパレル工場の“マイスター”たち
街の伝統行事“夜高行灯”で学んだ立体裁断
スポーツウエア開発に新しいジャンルを切り開く
株式会社ゴールドウインテクニカルセンター商研開発統括 沼田喜四司さん
特集:アパレル工場の“マイスター”たち
指導した若手が技能五輪全国大会で金メダル獲得
服作りの高技能を目指して新卒の若手が続々入社
株式会社三和ドレス 水野礼子さん
特集:アパレル工場の“マイスター”たち
国内工場は売り場のフォロー生産に特化する
短納期・クイック生産にあわせて設備を導入
株式会社辻洋装店アトリエ主任 藤ノ木里美さん
特集:アパレル工場の“マイスター”たち
1シーズン100着のサンプルを作る東京マイスター
パターン・裁断・縫製作業を2時間でクイック生産
株式会社アットモアーズ会長 有賀義満さん
特集:アパレル工場の“マイスター”たち
競い合う仲間がいることで、技術が向上する
コンピュータ化進むなか、手作業の魅力を伝えたい
株式会社パワー 井橋由美子さん
特集:アパレル工場の“マイスター”たち
三ツ巻押え一筋に60年――“これは私の天命”
電話相談だけで最適な押えを作り出すスーパー技
有限会社大堀製作所代表 吉田大作さん
知って得する縫いのヒント
ロックミシン(縁かがりミシン)の基礎知識シリーズ
<report>胎動する中国アパレル
本格化してきた中国アパレルの内陸部への移動
注目集める安徽省・四川省のアパレル工場
<information/海外拠点便り>
新登場
●職業用本縫いミシンに新機能が加わりました
SL-280EX/SL-280
●オーバーロック・カバーステッチ複合機
Collection MO-345DC
<海外拠点便り>ガーナ
<SQUARE>
1本針本縫総合送り水平大釜自動糸切りミシン
LU-1510NA-7
アパレル工業新聞とのコラボレート新企画「生産現場に『JUKI』を探る」が始まりました
 日本のモノ作りを探るJUKIとアパレル工業新聞とのコラボレート企画として、2002年からは「メード・イン・ジャパン&メード・バイ・ジャパン」・服作りCOMMUNICATIONを、2005年からは「服作り新時代」として日本のアパレル製造業界で代表的な企業・組合・団体のトップの方々に2ヶ月に一度、紙面にご登場いただき、服作りに対するご意見をいただいてきました。

 このたび新たな企画として「生産現場に『JUKI』を探る」がスタートしました。
 定評ある日本の高品質アパレルを生み出すために、工業用ミシンも縫製現場やアパレル開発部門の意見や評価により開発、改良されてきました。JUKIはCSを柱に置いた活動を引き続き進めていますが、このシリーズは現場に密着した内容で皆様方にJUKIの製品開発や改良の情報をお伝えしていきます。

 シリーズ第1回はJUKIミシンのマザー工場である大田原カンパニーをご紹介します。
「生産現場に『JUKI』を探る」
ファスニングアワードの作品募集を行っています
 第7回となるYKKのファスニングアワードは2007年3月9日から作品を募集しています。説明会が2007年4月20日(金)18:30よりYKKファスニングプロダクツ販売株式会社台東本社2Fショールーム(東京都台東区台東1-28-2)にて行われます。
 応募資格は大学、短期大学、各種専門学校に就学する学生でグループでの応募も可。応募は5月14日に締め切られ、発表及び授賞式は東京「ラフォーレミュージアム六本木」にて2007年9月13日に行われます。

詳しくは下記URL
http://www.ykk.co.jp/fa/award/index.html
キッズデザインを募集しています
 経済産業省は子供の安全安心と健やかな成長発達につながる生活環境の創出を目指したデザインである「キッズデザイン表彰制度」を開始したことを2007年3月2日に発表しました。応募要領は下記の通りです。

募集期間: 5月7日(月)~5月21日(月)
受賞作品一般公開: 8月7日(火)~8月11日(土)
キッズデザイン賞の
発表及び表彰式:
9月から10月
募集対象: 商品デザイン部門: ファッション・アパレル・靴・インテリア・寝具・乗り物・その他あらゆる工業製品のデザイン
  その他、建築・空間デザイン部門、コミュニケーションデザイン部門、リサーチ部門なども募集しています。

詳しくは下記(PDFファイル 21ページ 8MB)
http://www.meti.go.jp/press/20070302004/kidsdesign-p.r.pdf
日経ビジネスにJUKIが取り上げられました
 3月12日(月)発行の日経ビジネス「企業:生産革新の研究」欄にJUKIグループが取り上げられました。
 JUKI本社や中央技術研究所、JUKI大田原をはじめ、JUKI電子工業(株)、JUKI吉野工業(株)、JUKI秋田精密(株)、JUKI会津(株)、JUKIベトナムなどのグループ企業を含む総合的な取材により、JUKIが進めている生産改革と国内外での人材育成の実態を明らかにしています。
 特に94年に日系企業としては早期にベトナムに進出したJUKIベトナムに関して操業開始から最近までの経緯が詳しく述べられています。
日経ビジネス「企業:生産革新の研究」
技能検定の受験案内
 厚生労働省は2007年3月8日(金)に平成19年度の技能検定案内を発表しました。
 職種は前期に婦人子供注文服、紳士服注文服などの1級および2級が実施され、後期には婦人子供服製造、紳士服製造の特級および1級、2級の検定が実施されます。
 前期受付は4月3日(火)から4月13日(金)まで、後期受付は10月1日(月)から10月12日(金)まで。実技試験は後期が平成19年12月3日(月)から平成20年2月24日(日)に行われます。

詳しくは下記
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/syokunou/ginou/annai/index.html
ホームソーイングコンクール入賞作品の表彰が行われました
 3月4日のミシンの日にちなんで、社団法人日本縫製機械工業会(安井義博会長)は2007年3月3日(土)東京国際フォーラムにてホームソーイング小・中・高校生作品コンクールの入選作の表彰式が行われました。
 このコンクールは経済産業省、文部科学省などの後援により毎年行われているもので、今年で27回目となります。

 今年度は469校から3115点の応募があり、その中から最優秀賞を得たのは小学生の部:菊地茜「本のタペストリー」(山形県・長井市立致芳小学校)、中学生の部:岡本尚子「着物ドレス」(奈良県・葛城市新庄中学校)、我喜屋早織「ベッドカバー」(沖縄県・沖縄カトリック中学校)、高校生の部:平野有紀「レザーウェディング」(愛知県・名古屋市立桜台高等学校)、二宮麻衣子「タペストリー、てまりとハッピー、Happy」(熊本県・尚絅高等学校)の各作品でした。

 3月4日(日)には刺繍ミシンなどの体験のできるイベントが開催されました。JUKIは最新鋭の刺しゅうミシン ジュレーブ(HZL-010N)を使って、ソフトレザーのポーチを作っていただきました。
ホームソーイング小・中・高校生作品コンクールホームソーイング小・中・高校生作品コンクール :菊地茜「本のタペストリー」ホームソーイング小・中・高校生作品コンクール 岡本尚子「着物ドレス」
ホームソーイング小・中・高校生作品コンクール 我喜屋早織「ベッドカバー」ホームソーイング小・中・高校生作品コンクール 平野有紀「レザーウェディング」ホームソーイング小・中・高校生作品コンクール 二宮麻衣子「タペストリー、てまりとハッピー、Happy」
ホームソーイング小・中・高校生作品コンクール 刺繍ミシン体験イベントホームソーイング小・中・高校生作品コンクール 刺繍ミシン体験イベントホームソーイング小・中・高校生作品コンクール 刺繍ミシン体験イベント
3月4日はミシンの日
 日本縫製機械工業会では3月4日のミシンの日にちなみ東京国際フォーラムガラス棟にてミシンを使ったものづくりなどのイベントが10:00~16:00に行われます。JUKIは刺しゅうミシン ジュレーブ(HZL-010N)を使ったものづくり体験に参加します。

http://www.juki.co.jp/household_ja/ivent/index.html

 また、これに先立って全国の小学生、中学生、高校生を対象に実施した第27回ホームソーイング小・中・高校生作品コンクール入選作品などの表彰式が3月3日(土)に同フォーラムで行われます。

日本縫製機械工業会のURLは下記
http://www.jasma.or.jp/
3月4日はミシンの日
ジェトロが「検索エンジンの活用と市場動向の調査結果」と
「ブラジル、ロシア、ベトナムのマクロ経済統計」を発表
  ジェトロ(日本貿易振興機構:JETRO)は、「検索エンジンの活用並びに市場動向についての調査(総論編)2006年12月」を発表しました。
  これは中小企業事業者の方の販路拡大、ブランド向上の一助となることを目的とし、海外向け検索エンジンマーケティングの基礎知識並びに海外と取引をする際の実務について紹介したものです。内容は 1.検索エンジンマーケティング(SEM)の概要 2.各国の検索エンジン事情 3.海外取引を行う際の実務と留意点となっています。

詳しくは
http://www3.jetro.go.jp/jetro-file/search-text.do?url=05001366
(PDF27ページ:960KB)

 また、ブラジル、ロシア、ベトナムのGDP成長率、失業率、消費者物価上昇率など
各国の最新マクロ経済統計などがジェトロWebサイトで紹介されております。

下記URLをご参照下さい
◇ブラジル
http://www3.jetro.go.jp/jetro-file/search-text.do?url=010043100401
◇ロシア
http://www3.jetro.go.jp/jetro-file/search-text.do?url=010024310401
◇ベトナム
http://www3.jetro.go.jp/jetro-file/search-text.do?url=010012100401

 

文化服装の学生5人がブランド デビュー
 文化服装学院アパレルデザイン科の学生5人が限定ショップを2月9日(金)から11日(日)に開店し、展示・受注・販売を行いました。ショップは代官山駅から恵比寿方向に徒歩5分のパンゲア・ソラリウム(pangea solarium)。
 この『5 BRAND 07/02/09 DEBUT!!』には企画コンペを勝ち抜いた個性的な5人の作品が揃いました。新井茂晃さん(dum fata sinunt)はモノトーンを中心にシンプルなワンピースやジャケットなどですが、素材やカットにこだわりが見られます。加藤智啓さん(EDING:POST)はハンバーガーショップのイメージを服にしたもの。ハンバーガー型に作りこんだTシャツにドリンク付き。着た後はゴミ箱に捨てないで洗濯機に入れてくださいとのことです。杉原淳史さん(ATSUSHI SUGIHARA)は貝殻、ミラーボタンなどの飾りのついたクラフト的なアンサンブルや前後反対に仕立てたジャケットなど。羽石裕さん(PAZU)はモンドリアンを彷彿とさせる幾何学模様と手作りのストリングが特徴のワンピースなど、おしゃれに冒険心のある10台後半から20代前半の方に着て欲しいとのことです。本当はカラフルな服が好きという目黒清次さん(SEIJI MEGURO)はニットにもチャレンジ。糸からこだわって作ったというアンゴラ100%のカーディガンはとてもソフトな手触りでした。広報はアパレルマーチャンダイジング科の関塚百恵さんが担当。その他、多くの友人達がイベントをサポートしました。

詳しくは下記URLをご参照ください
http://i-debut.org/journal/j_disp.asp?code=8808
5 BRAND 07/02/09 DEBUT!!5 BRAND 07/02/09 DEBUT!!
5 BRAND 07/02/09 DEBUT!!5 BRAND 07/02/09 DEBUT!!
5 BRAND 07/02/09 DEBUT!! 新井茂晃さん5 BRAND 07/02/09 DEBUT!! 加藤智啓さん5 BRAND 07/02/09 DEBUT!! 杉原淳史さん5 BRAND 07/02/09 DEBUT!! 羽石裕さん5 BRAND 07/02/09 DEBUT!! 目黒清次さん
中国版JUKIマガジン「重機期刊在中国」第13号が発行されました
 中国版JUKIマガジン「重機期刊在中国」は2003年に創刊され、このたび第13号の配布を開始しました。
 今回の中国版JUKIマガジン第13号は人材とエネルギーの豊富な大連地域のアパレル企業を特集しました。

<TOPインタビュー>
大連は、人材・エネルギーの両面で上海に勝る
若者が求める安価で多彩なファッションを提供したい
遼寧時代集団 栄口金海港制衣有限公司 董事長 劉国慶さん
インタビュアー:重機(中国)投資有限公司 北京分公司 総経理 高木康志

<特集:大連のアパレル企業>
アパレル工場として、これ以上規模は追求しない
社内に訓練校。目指すは高品質化と高付加価値化
大連嘉明服飾有限公司 董事長 王兆勝さん 副総経理 衣振寛さん

<生産管理講座>
生産システムの紹介(1)
丸縫い生産方式と分業によるライン生産方式

<知って得する縫いのヒント>
入門:ミシンの基礎知識
縫い糸について(その3)

<Grobal JUKI>
顧客満足を求めて
重機(中国)投資有限公司 零件(パーツ)営業部の紹介

中国版JUKIマガジンをご希望の方は、中国の重機(香港)有限公司/重機(中国)投資有限公司へお問い合わせください。
【中国の重機(香港)有限公司/重機(中国)投資有限公司の連絡先】http://www.juki.co.jp/industrial_c/network_c/china.html
2006年 中国の繊維・アパレル輸出は1470億ドル
 中国海関統計によれば、2006年1-12月の中国貿易総額は1兆7607.9億ドルと前年対比23.8%の増加であった。そのうち、輸出は9690.90億ドルで27%増、輸入は7916.1億ドルで20%の増加となり、貿易黒字は1775.7億ドルにのぼる。
 繊維・アパレル貿易は総額1651.36億ドルで前年対比22.66%増加した。総輸出額のシェアは9.38%。輸出は1470.85億ドルで前年比25.14%の増加、全輸出額の15.18%を占めた。特にアパレル輸出は948.3億ドルで28.9%の伸びとなった。繊維・アパレルの貿易黒字は1290.34億ドルであり、全貿易黒字の72%を稼ぎ出していることとなる。

 アパレルの主要輸出先は米国がTOPとなり、日本、香港は2位、3位となった。対米輸出は231.26億ドルで昨年対比18.14%の増加、日本向けも195.24億ドルと7.85%の増加、香港向けは179.89億ドル、21.19%増であった。米、日、香港の3地域でアパレル輸出額は合計606.39億ドルとなる。
 繊維・アパレル輸出全体での米国向けは1010.06億ドルで27.7%増加し、輸出総額の68.8%となった。

 なお、繊維・アパレルの主要輸入国は日本、台湾、韓国であり、それぞれ33.02億ドル、32.36億ドル、25.75億ドルであり、日本からの輸入は1.77%減少している。(出所:中国紡織経済情報網 2007.02.02)
衣料の使用実態調査報告書が発行されました
 社団法人日本衣料管理協会では昭和53年から毎年「衣料の使用実態調査」を行っていますが、平成17年12月~18年1月に調査した内容が報告書として発行されました。
 内容は衣料管理士課程の学生とその父、母の年齢、地域、よく読む雑誌、職業などの基礎内容と共に中衣、外衣の所持枚数、購入動機、着用状況、廃棄方法などが集計、解析されています。
 体裁:A4 72ページ

お問い合わせ・報告書の申し込み先は下記
社団法人日本衣料管理協会
〒105-0011 東京都港区芝公園2-11-13-205
電話:03-3437-6416 FAX:03-3437-3194
e-mail:jasta@mtb.biglobe.ne.jp

平成16年調査の結果は下記
http://www.jasta1.or.jp/jasta03/jittai.htm

日本衣料管理協会のURLは下記
http://www.jasta1.or.jp/index.html
Open-Clothes にJUKIのページを掲載しました!
 ひらけ 服!わたしサイズの服作りOpen-Clothesは、ハンドメイドが好きな仲間たちが集い、情報交換を行うコミュニティサイトです。洋服の作品発表や、生地などの素材、ミシンの商品情報が満載です。
 JUKIは、洋服作りにお勧めのミシンやお役立ち情報をご紹介していきます。

詳しくは
●Open-Clothes トップページ http://oc-i.jp/
●JUKIページ http://www.open-clothes.com/juki/index.jsp

なお、オープンクローズは
2月より代々木から新宿に事務所を移転しています。
新しい事務所は下記のとおりです。

〒160-0022 東京都新宿区新宿6-7-1 エルプリメント新宿 410
TEL:03-5369-2351 FAX:03-5369-2394
Open-Clothes トップページ
JUKIページ
2月8日は針供養
 関東地方では2月8日が針供養の日ですが、この行事も縫製工場などで行われることが少なくなりました。2月8日に浅草寺境内にある淡島堂に行ってきました。ここでは大東京和服裁縫教師会の方々の協力で毎年針供養奉納が行われています。当日は天気もよく、淡島堂のまえに置かれた大きな豆腐に多くの人が訪れ、折れ針など刺して供養していました。また裁縫教師会によるご詠歌金龍講の奉詠や浅草寺の僧侶による奉納が行われました。この会は年々人出も多くなっているようで、狭い境内は多くの人で込み合っていました。1本の針も大切に扱い、裁縫の上達を願う針供養の心は大切にしたいものです。

 東京では新宿の正受院の針供養も有名ですが、長野県上田市にある前山寺では地元のオルガン針が針供養奉納をしています。
針供養 浅草寺針供養 浅草寺
針供養 浅草寺針供養 浅草寺
直営ショップ「そーいんぐ・ぎゃらりー・JUKI」が OPEN!
 JUKIではじめての直営ショップ「そーいんぐ・ぎゃらりー・JUKI」2店舗が1月30日OPENしました。刺しゅうミシン「ジュレーブ」を使って、どなたでも手軽に小物作りが体験できます。「ジュレーブ」は、JUKI独自の完全自動上糸掛けなど、あっと驚くような機能を備えた家庭用刺しゅうミシンです。楽しいミシン刺しゅうの体験にどうぞお越しください。

●そーいんぐ・ぎゃらりー・JUKI 八王子店
場所:イトーヨーカドー八王子店 3階 綿ぼうし売場内
営業時間:10:00~19:00

●そーいんぐ・ぎゃらりー・JUKI 南大沢店
場所:イトーヨーカドー南大沢店 4階 綿ぼうし売場内
営業時間:10:00~19:00

詳しくは
http://www.juki.co.jp/ir/news/n_070131.html
直営ショップ「そーいんぐ・ぎゃらりー・JUKI」
jm英文版が発行されました
 JUKIの発行するアパレル生産業界の専門雑誌ジューキマガジン日本版は1970年に、中国版を2003年に発行していますが、このたび英文版JUKI Magazine Internationalを新たに発行しました。
 来年度に関してはまだ具体的な計画となっていませんが、日本版、中国版に続き英文版ができることでグローバルな展開が図れるため、定期的な発行を目指したいと思います。

jm英文版
テレビ東京「株式ワイド オープニングベル」でJUKIが紹介されました
 株式・経済ニュース番組として毎週月曜~金曜日の朝8時45分から9時26分に放送されている、テレビ東京「株式ワイド オープニングベル」の2007年1月26日(金)「ザ・トップライン」コーナーにJUKIが紹介され、中村社長が出演(生放送)。
 JUKIの工業用ミシンは世界シェアの30%を確保、JUKIミシンが中国の縫製企業カイムーシで利用されている様子も放映されました。
 JUKIの概要説明の後、最初のトーク1「トップシークレット」では中村社長の自宅と愛犬(ダルメシアン)や読書、油絵の趣味などが紹介され、九州出身の経歴とともに1996年に現山岡会長に請われ、JUKIに入り、当時の厳しい状況の中で有利子負債の削減や事業の再構築を図った経緯を説明されました。
 トーク2「事業展望」では中期経営計画の目標である売上1450億円と利益100億円が2年目で達成できそうなこと、JUKIの強みとしては(1)工業用ミシンの品揃えが多い(2)縫製研究所でのコンサルタント活動の2点をあげていました。また、チップマウンターを第2の柱として育てるため、工業用ミシンのブランドイメージとの相乗効果を狙った欧米、東南アジア、インドなどへの拡販戦略を行っている。厳しい状況の家庭用製品の事業部に関しても新たな戦略を進めていることも披露されました。
 最後の「株式ファイル」コーナーでは株価は800円の可能性もあり、現在8円の配当を、自己資本比率を高めることで更に上げる予定があることが紹介されました。
株式ワイド オープニングベル
繊維製品品質管理士(TES)の試験が行われます
 社団法人日本衣料管理協会は2007年のTES試験の実施要項を発表しました。
 TES試験は繊維製品の品質・性能に関する消費者からの苦情の発生を未然に防止するための製品企画、品質管理に関する能力の試験で繊維に関する一般知識、家庭用繊維製品の製造と品質に関する知識、論文など5科目に合格することが必要です。

 今年のTES試験は下記の要領で行われます。

試験日: 2007年7月15日(日)
日程: 4月1日 要項発表
  5月10日~5月21日 出願受付
  7月15日(日) 試験日
  11月1日 登録日
試験会場: 札幌(浅井学園大学)
東京(文化女子大学)
名古屋(椙山女学園大学)
関西(武庫川女子大学)
福井(福井市文化会館)
倉敷(倉敷ファッションセンター)
 
詳しくは下記
http://www.tes-shikaku.jp/tes01/tes01.html

2007年TES試験
図書の紹介「衣料用繊維素材の基礎知識」
 繊維商品めんてなんす研究会(会長:安久正夫)は平成18年11月に「衣料用繊維素材の基礎知識」著者:塩飽洋を発行しました。
 著者の塩飽洋さんは通産検査所神戸支所在任中からクリーニング品質に注目され、繊維めんてなんす研究会で多くの講義などを行ってきましたが、このたびクリーニング業者向けの繊維知識としてまとめられたものです。内容は繊維の種類、繊維の特性、糸、生地、染色加工、仕上げ加工、付属品、品質・機能性・特性の表示の基準と確認方法が各章になっています。
 図や写真なども豊富で分かりやすくなっているため、クリーニング業者だけでなく、広く繊維製品品質管理士(TES)を目指す人などにも参考になると思います。
 157ページ 定価:3000円(税込み)

繊維商品めんてなんす研究会のURLは
http://www.tema.jp/
衣料用繊維素材の基礎知識
繊維自立事業説明会開催
 中小企業基盤整備機構(理事長 鈴木孝男)は2006年12月27日に平成19年度の中小繊維製造事業者自立事業の公募に先立つ説明会の実施日程を発表しました。
日程は2007年2月1日の東京を皮切りに京都(2月5日)、浜松(2月5日)、大阪(2月6日)、名古屋(2月6日)など全国14の会場で行われます。
 この事業は平成15年度より開始され今回が最終年度となります。なお、平成18年度は181件の申請があり83件が採択されています。

詳しくは
http://www.smrj.go.jp/keiei/seni/jiritsu/018184.html

JUKI Magazine PageNavigation