JUKI新製品 双方向データ通信機能を搭載した次世代ミシン3機種を発売
双方向データ通信機能を搭載した
高速電子閂止めソーイングシステム「LK-1900BNシリーズ」
高速電子本縫いボタン付けソーイングシステム「LK-1903BNシリーズ」
高速電子眠り穴かがりソーイングシステム「LBH-1790ANシリーズ」

LK-1900BNB
LK-1900BNB

LK-1903BNB
LK-1903BNB

LBH-1790ANB
LBH-1790ANB
 JUKIは、ICTを活用して、縫いパターンデータの転送を容易にした、高速電子閂止めソーイングシステム「LK-1900BNシリーズ」、高速電子本縫いボタン付けソーイングシステム「LK-1903BNシリーズ」、高速電子眠り穴かがりソーイングシステム「LBH-1790ANシリーズ」を、国内は10月1から、海外は10月20日から、3製品同時に発売します。

 高速電子閂止めソーイングシステム「LK-1900BNシリーズ」は、閂止めの形状・サイズ・密度などの違いによる51パターンを、高速電子本縫いボタン付けソーイングシステム「LK-1903BNシリーズ」は、ボタンの穴数・サイズ・縫い形状の違いによる50パターンを、高速電子眠り穴かがりソーイングシステム「LBH-1790ANシリーズ」は、穴かがりの形状・サイズ・密度などの違いによる99パターンを操作パネルに保存することができます。

 当機は、操作パネルに保存させた縫いパターンデータなどをタブレットにも転送・記憶することができ、そのタブレットを別のミシンの操作パネルに近づけるだけでデータの転送が完了するため、工場内の同機種のミシンの設定が容易にでき、準備時間を大幅に削減できます。
 また、ミシンデータをタブレット上でグラフィカルに表示でき、各ミシンの稼動情報などのデータがリアルタイムで"見える化"され、そのデータを分析することで改善活動に繋げることができます。(JUKI Smart APP使用)

 JUKIは、2016年8月にIoTを活用した本縫いミシンのデジタルソーイングシステムを発売しましたが、当機は同じシステムを搭載した製品になります。グローバル展開するお客様にとっては、データの送信・共有化・管理が容易になり、グローバルでの品質の安定化が図れます。当社は今後も、IoTを活用したソリューションの可能性をさらに探求し、お客様の工場を生産性の高い、スマートな工場に進化させるお手伝を行ってまいります。

◆特徴
  • ICTを活用した縫製・ミシン管理
    • NFC (Near Field Communication) 対応によるミシンデータ双方向通信機能を搭載しました。
    • 縫製品に合わせたミシン調整データは、市販されているAndroidタブレットにより、非接触で双方向データ通信ができます。これにより縫製ラインのミシンは一律の設定や状態の確認が簡単にすばやくできるようになり、段取り替えが容易になります。
    • 操作パネルにはUSBポートも標準装備していますので、データ管理やソフトのバージョンアップも容易にできます。
      *JUKI Smart APPは、AndroidOSバージョン6.0を推奨。
  • オペレータに優しい環境
    • LED手元ライトは光量を5段階に調整でき、OFF設定も可能です。オペレータが作業し易い明るさに設定いただけますので作業効率を援助します。
  • 鳥の巣防止、残短仕様
    • 鳥の巣防止(LK-1900BNBシリーズ、LK-1903BNBシリーズ)
      • 縫い始めの糸を保持し、余分な糸を縫製中に切断します。これにより、縫い込まれる糸が短くなるため、生地裏に鳥の巣が残らない高品質な縫いを実現します。
    • 残短仕様(LK-1900BNBシリーズ、LK-1903BNBシリーズ、LBH-1790ANBシリーズ)
      • 縫い終りの「残短仕様」により、糸残りの長さは2mm以下になります。
        縫い終りの「残短仕様」により、通常の糸切り動作の後に、もう一度糸を短く切断するため、糸摘み作業が不要になります。また、切られた糸屑も吸引しゴミ箱に送りますので、糸屑が縫製品に付着することもなく、きれいな状態を維持します。
        *ポリエステルスパン糸の#60~80(TEX22~30)をご使用ください。
      • 閂止め、眠り穴かがりにおいて、糸摘みをされていたお客様は、「残短仕様」によりハサミで誤って縫製品を傷つけることがなくなります。また、生地裏の縫い目は、やわらかく仕上がり、肌触りも一段とよくなります。
◆発売日
国内2017年10月1日、海外2017年10月20日

◆製品カタログはこちら

■当リリースに関する問合せ先
JUKI株式会社
縫製機器&システムユニット 事業企画部
石橋 信一TEL:042-357-2375
総務部 総務・広報・環境グループ
林 桐子TEL:042-357-2398

JUKI新製品 職業用直線本縫いミシン「HY-SPEC(ハイスペック)」SL-700EXを発売
厚地の縫製力を高めた
職業用本縫いミシン
「HY-SPEC(ハイスペック)」SL-700EXを新発売


「HY-SPEC」SL-700EX
「HY-SPEC」SL-700EX

◆仕様
ミシンの大きさ 幅452×高さ350×奥行219(mm)
質量 11.9kg
縫い速度 55~1,500針/分
縫い目長さ 0~6mm
工業用針DB×1#9~#18

 JUKIは、厚地の縫製力と操作性を向上させた職業用本縫いミシン「HY-SPEC(ハイスペック)」(ペットネーム)SL-700EXを10月11日より日本国内で発売しました。

 職業用ミシンは、仕立て・お直し屋さん、ソーイング作家さん、洋服作りなど、主にパーソナルユースのソーイングレベルの高い方に愛用されているミシンです。

 近年はハンドメイド市場の活況(手作り通販サイトの充実など)から、手作りのバッグや小物作品などを、個人の趣味から"販売品"へとシフトさせる方が増え、薄地から厚地まで、様々な生地での"縫い"が安定している職業用ミシンのニーズが高まっています。
 「HY-SPEC」は、薄地、普通地の縫い品質を維持しつつ、バッグや財布などの小物作りの材料となる革・合皮・帆布など、厚地の縫製力を向上させたミシンです。

 厚地の縫製に使われる太糸(8番~30番)使用時には、新規開発の針板、押えへの交換や専用の上糸掛けを行うことで、糸締りが向上し、美しい縫い目を実現します。
 また、押え圧を高くしたまま、布厚分だけ押えを上げて縫える新機能により、縫いズレを防ぐことができます。
 さらに、足で操作するフットコントローラーの操作性を向上させました。新開発の"糸切りフットスイッチ付コントローラー"は、かかとを床につけたまま、足先の向きを変えるだけで、速度調節や糸切り操作ができます。足元操作が快適な上、手元は縫いに集中できるため、作品の完成度をより向上させることができます。

 当社は、職業用本縫いミシンのトップブランドとして、薄地から厚地まで安定した縫いができる当機で、職業用本縫いミシンの魅力をさらに高め、快適なソーイングライフをご提供させていただきます。

*ペットネーム「HY-SPEC」…hybrid性(高性能)と、high-spec(高機能)を掛け合わせたものです。

◆特徴
  • 厚地の縫製力の向上
    厚地の縫製時に、新開発の太糸専用針板・太糸専用スムース押え・マジック糸掛けを使用することにより、目飛びがなく、糸締りの良い縫い目を実現します。
  • フロート機能(微量押え上げ)
    縫いズレ・縫い伸びを防止する機構です。押えを0~2.0mm浮かせて縫えるため、厚地以外にもキルト地・ベルベットの縫いズレやニット地の縫い伸びを抑えます。厚地が重なった段部もスムーズになります。
  • LEDランプ光量調節スイッチ
    針元のスイッチで光量を大→中→小→OFFに切り替えられます。光量がOFFの際もパイロットランプは緑色に光っているため、通電状態を確認することができます。
  • 糸切りフットスイッチ付コントローラー
    足元のコントロールペダルと糸切りスイッチを一体化しました。縫いに続けて自然な動作で糸切りができます。
    ペダルと糸切りスイッチの左右を入れ替えて使うこともできます。
    *20番以上の太い糸や特殊な糸は面部糸切りを利用
  • アタッチメント取り付け板
    アタッチメント取り付け穴が、独立部品になりました。ネジ穴が傷んだときは部品交換ができるため、ミシンを長くお使いいただけます。
◆発売日
2017年10月11日

◆製品カタログはこちら
PDF Downloadhttp://www.juki.co.jp/household_ja/vcms_lf/pdf/SL-700EX.pdf

■当リリースに関する問合せ先
JUKI株式会社
縫製機器&システムユニット
家庭用ミシンカンパニーマーケティング部
松山 繁博TEL:042-357-2341
総務部 総務・広報・環境グループ
林 桐子TEL:042-357-2398

アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」がアップされました
アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」
 アパレル工業新聞とのコラボ企画「次世代のモノ作りに挑戦」を掲載しました。

 サンシャインチトセ(福岡県鞍手郡鞍手町木月3147番地の2)は航空会社、銀行、化粧品メーカー、通信会社などのレディスユニフォームを手掛けている工場です。ベトナムの提携工場を主力とした海外生産が軸ですが、国内の自社工場で多品種小ロット、別寸商品などをこなしているのが特色です。

次世代のモノ作りに挑戦 第5回:株式会社サンシャインチトセ
http://www.juki.co.jp/jm/jmn/fuku/jmnnextchalgv05.html
第35回アパレル工業技術セミナー(アパレル工業技術・人材育成セミナー)のご案内
 日本アパレル工業技術研究会(JATRA)では、アパレル関連の基礎知識と応用技術、最新情報を中心とした第35回アパレル工業技術セミナーを2017年10月26日(木)に東京体育館 サブアリーナ第2会議室で開催します。
 今回は日本提案の「アパレルECにおけるフィッテイング性能評価に関する国際標準化」について、株式会社 島精機製作所 大谷英也氏の講演があります。本年度より3か年、経産省よりの補助事業として進められます。
 また同じく株式会社 島精機製作所から山本雅昭氏、築野彰氏、山本展宏氏より、一切縫製することなく一気に三次元の二ットを編み上げる横編機『ホールガーメント』をはじめ、自動裁断機『P-CAM』,無製版プリンティングマシン『SIP160』3Dデザインシステム『NEW APEX3』など、アパレル産業の物づくりにとっての基盤となるシステムや機器を供給する取組について講演があります。

 参加のお申し込みは10月19日(木)まで、概要は下記の通りです。

日時:
2017年10月26日(木)13:15~16:30 (13:00から受付)
会場:
東京体育館 サブアリーナ第2会議室
(東京都渋谷区千駄ヶ谷1丁目17-1)
テーマ及び講師:
  • <講演1>13:15~14:30
    日本提案「アパレルECにおけるフィッテイング性能評価に関する国際標準化」
    株式会社 島精機製作所
    グラフィックシステム開発部 部長代理 大谷 英也氏
  • <講演2>14:45~16:30
    「SHIMASEIKI 最新鋭機器によるトータルファッションシステム(最適ソリューション提案)」
    株式会社 島精機製作所
    営業統括部 課長 山本 雅昭氏
    係長 築野 彰氏
    係長 山本 展宏氏
定員:
60名
参加費:
法人会員・個人会員無料、非会員・一般受講2,000円
お申し込み・お問い合わせ先:
日本アパレル工業技術研究会
http://www.jat-ra.com/seminar.html
<TEL>03-3591-8350 <E-MAIL> apakoken@jat-ra.com
「ミニ情報」がアップされました
 社団法人日本衣料管理協会の繊維・アパレル業界情報(抜粋)「ミニ情報最新号(7〜8月号)を掲載しました。

  • 最新号(7〜8月号)
    「経産省製造産業局生活製品課取り組み方針」「デジタル試着の国際標準化」「いかにしてアパレルデザイナーは素材を選択するのか」 など13項目
を掲載しております。

「ミニ情報」はこちら
http://www.juki.co.jp/jm/jmn/mini/index.html
世界規模のサスティナブルなファッションデザイン大会 「エコシックデザインアワード」が開催されました
世界規模のサスティナブルなファッションデザイン大会 「エコシックデザインアワード」が開催されました世界規模のサスティナブルなファッションデザイン大会 「エコシックデザインアワード」が開催されました
 ファッション業界での廃棄物削減に取り組む環境NGO "Redress"が主催する、サスティナブルなファッションデザインの大会「エコシックデザインアワード」が2017年9月に香港で盛大に開催されました。
 46ヶ国から応募があり、予選を勝ち抜いた9ヶ国10名のファイナリストが課題審査を経て、香港のファッション合同展「センターステージ」で行われたファッションショーでデザインを競い合い、勝者が決定しました。
 JUKIは大会で使用するミシンの提供や技術サポートなどを通じて、大会を支援しました。

世界規模のサスティナブルなファッションデザイン大会 「エコシックデザインアワード」が開催されました 1位:Kate Morrisさん
1位:Kate Morrisさん

世界規模のサスティナブルなファッションデザイン大会 「エコシックデザインアワード」が開催されました 2位:Lia Kassifさん世界規模のサスティナブルなファッションデザイン大会 「エコシックデザインアワード」が開催されました3位:Candle Ray Torreverdeさん
2位:Lia Kassifさん / 3位:Candle Ray Torreverdeさん
◆最終結果
  • 1位:Kate Morrisさん(イギリス)賞品:TL-2010QMO-114D
  • 2位:Lia Kassifさん(イスラエル)賞品:TL-2010Q
  • 3位:Candle Ray Torreverdeさん(フィリピン)賞品:MO-114D
※TL-2010Qは海外専用機種です。

◆詳細はこちら
EcoChic Design Award 2017 Magazine
https://issuu.com/
redressasia0/docs/ecochicdesignaward2017magazine

中国国際縫製設備展覧会(CISMA2017)が開催されました
中国国際縫製設備展覧会(CISMA2017)が開催されました
中国国際縫製設備展覧会(CISMA2017)が開催されました
 縫製機械業界最大規模の展示会の一つ、CISMA2017(2017中国国際縫製設備展覧会)が、9月26日(火)~29日(金)の4日間、中国・上海市の上海新国際博覧中心で開催されました。前回より1,559人多い64,425人が全世界から来場され、大盛況のうちに閉幕となりました。

 JUKIブースは「JUKI Smart Solutions ~Innovation with our Best Global Support~(JUKIはあなたの工場のスマート化をグローバルにサポートします。)」のコンセプトのもと、工業用ミシン67台、 家庭用ミシン17台を展示しました。生産性・品質を向上させる自動機や人の作業を補完する高度な自動化技術を盛り込んだ最新鋭の工業用ミシンの他、縫製以外の周辺機器も含めたトータルラインソリューションをご紹介し、連日多くのお客様で賑わいました。特にプレゼンテーションとデモンストレーションを交えてご紹介した、ネットワークシステム(JaNets)とデジタルソーイングシステム(DDL-9000C等)が、最大の注目を集めました。
中国国際縫製設備展覧会(CISMA2017)が開催されました中国国際縫製設備展覧会(CISMA2017)が開催されました中国国際縫製設備展覧会(CISMA2017)が開催されました中国国際縫製設備展覧会(CISMA2017)が開催されました

54th FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)が開催されました
54th FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)が開催されました
54th FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)が開催されました54th FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)が開催されました
 2017年9月20日(水)~21日(木)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)にて第54回FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)が開催されました。107社の企業が出展し、来場者は1万人を超える盛況な展示会となりました。
 JUKIはデジタルソーイングシステムコーナーを設置し、DDL-9000CMF-7900DRH24・LBH-1790AN(NFC)・LK-1903BN(NFC)・MF-7900DRH24の新商品を紹介、ノンアパレルコーナーではAMS-251AMS-224EN4530R/AW3・LU-2828V-7の新商品がお客様の注目を集めました、
 その他、ボンディングマシン・ガーメントプリンタ・分光色測計・家庭用ミシンも多くの方が熱心に見学されていました。

【展示会・出展機種に関するお問い合わせ】
JUKI販売株式会社TEL:042-357-2530
  • 工業用ミシンに関するお問い合わせ
    関東カスタマーズセンターTEL:042-357-2536
  • 家庭用ミシンに関するお問い合わせ
    東京営業所TEL:042-357-2339


2017九州アパレルマシンショーが開催されました
2017九州アパレルマシンショーが開催されました
2017九州アパレルマシンショーが開催されました
2017九州アパレルマシンショーが開催されました
 2017年9月29日(金)~30日(土)の2日間、福岡県久留米市「久留米地域地場産業振興センター(地場産くるめ)」にて、九州工業ミシン会主催「2017九州アパレルマシンショー」が開催されました。277社541名のお客様にご来場いただき、盛況のうちに終了しました。

 JUKIブースは開場と同時に多くのお客様で賑わい、「DDL-9000Cシリーズ」、「AMS-224EN4530R/AW3」、「LU-2828VA-7」の新商品に注目が集まっていました。また、展示会場横の会議室において実施されたラインソリューションのプレゼンテーションでは、出席された14社のお客様が熱心に説明を聞いていらっしゃいました。

【展示会・出展機種に関するお問い合わせ】
JUKI販売株式会社TEL:042-357-2530
  • 工業用ミシンに関するお問い合わせ
    九州カスタマーズセンターTEL:0942-44-1835
  • 家庭用ミシンに関するお問い合わせ
    九州営業所TEL:0942-23-7155

世界規模のサスティナブルなファッションデザイン大会 「エコシックデザインアワード」をJUKIがサポート
世界規模のサスティナブルなファッションデザイン大会 「エコシックデザインアワード」をJUKIがサポート 2016年のグランドフィナーレの様子
2016年のグランドフィナーレの様子
世界規模のサスティナブルなファッションデザイン大会 「エコシックデザインアワード」をJUKIがサポート 2017年の米国代表ファイナリスト Claire Dartiguesさん
2017年の米国代表ファイナリスト
Claire Dartiguesさん


 JUKIは、ファッション業界での廃棄物削減に取り組む環境NGO "Redress"(香港)が主催する、サスティナブルなファッションデザインの大会「エコシックデザインアワード」を、ミシンの提供や技術サポートを通じて支援します。エコシックデザインアワードは、新進気鋭のデザイナーや学生を対象にしたファッションデザインのコンテストで、2011年の香港での開催を皮切りに、今年で7回目を迎えます。

 素材の廃棄を最小化しながらファッションの主流を創出することを目指す本大会では、"廃棄物の最小化"をテーマに出題される課題に対し、各地域の予選を勝ち抜いた最終選考者がテーマに沿ったデザインを完成させます。大会を通じ、参加者にはファッション産業における環境への影響や、サスティナブルなファッションデザインのテクニックを学ぶ機会やツールが与えられるとともに、デザイナーとして世界に羽ばたく様々なプログラムが用意されています。

 当社は、エコシックデザインアワードの環境保護を推進する姿勢や、クリエイティブの世界で活躍する人材を輩出していくことを目的とした活動に共鳴し、大会で使用するミシンの提供や技術サポートなどを通じて、大会を支援します。

◆JUKIのサポート内容
  • 課題審査の際のミシン提供と技術サポート
  • 入賞者(1位~3位)へ職業用ミシン、家庭用ロックミシンの賞品提供 など
◆エコシックデザインアワードとは
 素材の廃棄を最小化しながらファッションの主流を創造することをテーマに2011年にスタートしたファッションデザインのコテススト。
予選を勝ち抜いた2017年のファイナリストは、日本、中国、フィリピン、インドネシア、イスラエル、スウェーデン、オランダ、イギリス、米国の9カ国10人で、3つの課題審査を経て、香港のファッション合同展「センターステージ」で行われる最終選考会でデザインを発表し勝者を決定する。

Redress
https://www.redress.com.hk/
エコシックデザインアワード2017
http://www.ecochicdesignaward.com/home
大会Facebook
https://www.facebook.com/EcoChicDesignAward/
【最終選考会スケジュール】
○課題審査
  • 9月2日古い制服をリメイクしたデザインの審査(CATHAY PACIFICチャレンジ)
  • 9月4日香港内の回収済み古着をリメイクしたデザインの審査(Mieleチャレンジ)
  • 9月5日シャツの生地使用量を最小化したデザインの審査
    (TALチャレンジ:シャツメーカーTALとデザイナーとの戦略的なパートナーシップ)
○最終審査
  • 9月7日グランドフィナーレ(ファッションショー&表彰式)
■当リリースに関する問合せ先
JUKI株式会社
縫製機器&システムユニット
家庭用ミシンカンパニーマーケティング部
松山 繁博TEL:042-357-2341
総務部 総務・広報・環境グループ
林 桐子TEL:042-357-2398
2017中国国際縫製設備展覧会(CISMA2017) JUKI出展のご案内
 JUKIは2017年9月26日~29日の4日間、中国・上海市において開催されます「2017 中国国際縫製設備展覧会(CISMA2017)」に、出展コンセプト「JUKI Smart Solutions~Innovation with our Best Global Support~(JUKIはあなたの工場のスマート化をグローバルにサポートします)」のもと、生産性・品質を向上させる自動機や、人の作業を補完する高度な自動化技術を盛り込んだ最新鋭の工業用ミシンほか、縫製以外の周辺機器も含めたトータルラインソリューションをご紹介します。また、自在な縫いの創造と再現を可能にするデジタルソーイングシステムの最新ラインナップと縫製現場のシステム化をご提案します。
 家庭用ミシンは、新商品を中心に、JUKIの強みを生かした商品をご紹介します。

CISMA2017 JUKI出展のご案内 JUKIブースイメージ
JUKIブースイメージ

<JUKIブース概要>
出展場所
上海新国際博覧中心 W3号館 ブースNo.D02
出展スペース
775m2
出展機種数
工業用ミシン:67台、 家庭用ミシン:17台 合計:84台
*展示台数・モデルを変更する場合もございますので、あらかじめご了承をお願いします。
<各ゾーンの概要と主な出展機>
  • JaNets/デジタルソーイングシステム
     最新のデジタルソーイングシステムとネットワークシステムを接続したスマートラインをデモンストレーションします。
  • ノンアパレルゾーン
     カーシートの縫製をイメージした縫製ラインや、スポーツシューズ・家具など、各用途に最適な厚物用ミシンを紹介します。
  • ニットゾーン
     ポロシャツ・Tシャツ縫製をイメージした縫製ラインと、ファンデーションやスポーツウェアの縫製をイメージした、最新機の数々を紹介します。
  • ジーンズゾーン
     ジーンズ縫製において、素材対応力にも優れ、生産性や品質向上、脱技能を実現する自動機を紹介します。
  • シャツ・アパレルゾーン
     Yシャツ縫製に必要な自動機を含めた、生産性・品質向上に貢献する商品や、素材対応力、フレキシブル性に優れたアウターウェアの縫製に欠かせない最新機の数々を紹介します。
  • 家庭用ミシンゾーン
     新商品のコンピュータミシンをはじめ、キルト専用ロングアームミシンの5フィートフレームタイプやカバーステッチ専用ミシンなどを展示します。タッチ&トライコーナーでは気になるミシンに実際に触れていただけます。

<新商品>
  • AMS-251<1本針CNCミシン(頭部回動仕様)>
    • 商品概要
      頭部回動機構により、全方向均一な高い縫い品質を実現した自動機です。カーシート、高級バッグ、ランドセルの加飾縫いや、エアバッグなどの大型で縫いムラが許されない縫製など、様々な業種の要求に対応できます。皮革縫製などに使用されるメス針が可能で要求品質にお応えできます。
  • DDL-9000CFMS<ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(フルデジタル仕様)>
    • 商品概要
      "縫い目"の品質を左右する機能をデジタル化し、IoTを活用して、データ転送を容易にした本縫い糸切りミシンです。上下、水平駆動の送り機構をデジタル化し、素材に合わせた最適な縫い調整をパネルで設定できます。アパレル縫製工場で使用される多品種の素材毎に最適な縫い目を記憶させることができる上、同一条件での再現が容易になります。
  • MF-7913DRH24E56/UT56/MC37
    <セミドライヘッド・シリンダーベッド型片面飾り偏平縫いミシン(デジタル式送り/ヘム縫い仕様)>
    • 商品概要
      Tシャツ・ポロシャツの丸物ヘム縫い工程に最適なモデルです。伸びやすい新素材で起こりやすい生地のねじれ、イサリ、地の目の斜行や段部の縫いづまりを防ぎ、縫い品質が安定します。デジタル式上送り機構により生地がスムーズに送られ、直進性が良く生地のふらつきがありません。差動上下送り機構に比べ薄い素材でもキズやアタリを付けることがありません。
  • PS-700/BK-7<パターンシーマ(横1,200mm×縦700mm)>
    • 商品概要
      上糸調子にアクティブテンションを採用し、業界最速の空送り速度800mm/sを実現したJUKI初の大型パターンシーマです。フレキシブルな大物パターン縫製が可能で、ダウンジャケット、ウィンタースポーツウェアなどのキルティングや地縫い工程が1回の段取りで可能になります。可縫範囲が広いため、下糸交換を自動で行うボビンチェンジャー(BK-7)機能付きのため、生産性がさらに向上します。
  • TL-2200QVP 5feet stand up<自動糸切付キルト専用ロングアームミシン>
    • 商品概要
      パッチワークされた生地と綿を縫い合わせるキルティング工程を行うための大型のキルト専用ミシンです。通常の家用ミシンに比べ、アームの長さが2倍以上あるため、大きな作品でも生地を折りたたまずに、美しい飾り縫いを簡単に入れることができます。
■当リリースに関する問合せ先
JUKI株式会社
縫製機器&システムユニット 事業企画部
石橋 信一TEL:042-357-2375
家庭用ミシンカンパニー
松山 繁博TEL:042-357-2341
総務部 総務・広報・環境グループ
林 桐子TEL:042-357-2398

54th FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展) JUKI出展のご案内
 2017年9月20日(水)~21日(木)、東京国際展示場にて開催されますFISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)に、JUKIは最新技術を取り入れた特殊ミシンやノンアパレルミシン、最新の家庭用ミシンを数多く展示致します。
 開催概要およびJUKI出展内容は以下の通りです。是非、ご来場ください。

■開催概要
日時:
2017年9月20日(水)AM10:00~PM5:00
2017年9月21日(木)AM10:00~PM5:00
会場:
東京ビッグサイト(東京国際展示場)
西3ホール小間番号:M-16
〒135-0063東京都江東区有明 3-21-1
会場までのアクセス:
  • 東京臨海新交通"ゆりかもめ"
    新橋駅→国際展示場正門駅下車すぐ
  • 東京臨海高速鉄道 りんかい線
    大崎駅→国際展示場駅←新木場駅下車徒歩10分
  • 水上バス
    日の出桟橋→有明南客船ターミナル下船すぐ
お問い合わせ:
※詳細につきましては、下記の弊社拠点までお気軽にお問い合せください。

JUKI販売株式会社本社TEL:042-357-2530
  • 工業用ミシンに関するお問い合わせ
    関東カスタマーズセンターTEL:042-357-2536
  • 家庭用ミシンに関するお問い合わせ
    東京営業所TEL:042-357-2339

出展内容:
JUKI出展機種
:新商品、:参考出品、:特注商品、:近日発売
出展機種は都合により変更させて頂く場合もございます
アパレル用ミシン
  • DDL-9000CFMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(フルデジタル仕様)膝上げ/超残短装着
  • DDL-9000CFMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(フルデジタル仕様)ターレット押え装着
  • DDL-9000CSMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(デジタル仕様)
  • LBH-1790AN
    高速電子眠り穴かがりミシン(デジタル仕様)
  • LK-1903BN
    高速電子本縫いボタン付けミシン(デジタル仕様)
  • DLU-5492N-7
    1本針本縫差動上下送り糸切りミシン(シャツ衿トップステッチ仕様)
  • APW-896N
    本縫自動玉縁縫機(斜め・フラップ縫い仕様)
  • AC-164-1903B
    高速電子本縫ボタン付けインデキサー
ニット用ミシン
  • MF-7923DR/X83067
    セミドライヘッド・シリンダーベッド型片面飾り扁平縫いミシン(デジタル式上送り/ヘム縫い仕様)
  • MO-6814D
    セミドライヘッド高速2本針オーバーロックミシン
  • LBH-1796AS/X73223
    高速電子眠り穴かがりミシン(ポロシャツ前立て仕様)
ノンアパレル用ミシン
  • LU-2828A-70BB
    セミドライヘッド・1本針本縫総合送り水平大釜ミシン(残短糸切仕様/2.7倍釜)
  • PLC-2760S-70B/スマートデバイス/昇降脚
    ポストベット2本針本縫総合送り水平大釜ミシン
  • LU-2810A-7/SADE装置
    総合送りミシン/SADE:エアーバック縫製管理システム
  • LU-1520NCS-70BB/昇降脚
    1本針総合送水平大釜自動糸切りミシン(残短糸切仕様)/電動昇降装置脚付(JUKI販売オリジナル)
  • LU-2828VA-70BBSF
    セミドライヘッド・1本針高速水平大釜総合送り自動糸切ソーイングシステム(フルデジタル仕様)
  • AMS-224EN4530R/AW-3
    入力機能付き電子サイクルマシン(全回転釜仕様下糸自動供給装置)縫製エリア(横450mm×縦300mm)
  • AMS-251
    1本針CNCミシン(頭部回動仕様)縫製エリア(横1,000mm×縦600mm)
ノンソーイング
  • SC-F9200
    昇華転写プリンター(EPSON)
  • HSP-5400
    平型昇華転写プレス(HASHIMA)
  • LHP-PP1
    ポストベット連続式ホット&クール機(クインライト電子精工)
  • LWU-3015
    L型アーム&シリンダーアーム切替式超音波ウエルダー(クインライト電子精工)
  • AY555
    分光測色計
家庭用ミシン
  • SL-300EX
    職業用本縫自動糸切ミシン
  • HZL-EX7
    高性能コンピューターミシン(287縫い模様)
  • HZL-DX5
    高性能コンピューターミシン(85縫い模様)
  • HZL-CX3
    高性能コンピューターミシン(40縫い模様)
  • HZL-FQ65
    高性能コンピューターミシン(225縫い模様)
  • HZL-FQ45
    高性能コンピューターミシン(80縫い模様)
  • HZL-F3000
    高性能コンピューターミシン(40縫い模様)
  • HZL-V2000
    普及型コンピューターミシン(20縫い模様)
  • HZL-310
    普及型コンピューターミシン(20縫い模様)
  • MO-1000ML(シュルル)
    2本針・2/3/4本糸差動機能付きオーバーロックミシン
    イージースレッダー(自動ルーパー糸通し)採用

2017九州アパレルマシンショー JUKI出展のご案内
 2017年9月29日(金)~30日(土)、久留米地域地場産業振興センター(地場産くるめ)にて開催されます九州アパレルマシンショーに、JUKIは最新技術を取り入れた工業用ミシンと家庭用ミシンを展示致します。
 開催概要およびJUKI出展内容は以下の通りです。是非、ご来場ください。

■開催概要
日時:
2017年9月29日(金)AM9:30~PM5:00
2017年9月30日(土)AM9:30~PM3:00
会場:
久留米地域地場産業振興センター(地場産くるめ)
久留米市東合川 5-8-5 0942-44-3700
交通案内:
  • JR久留米下車車で15分
  • 西鉄久留米下車車で7分
  • 西鉄バス21番22番 地場産センター入り口』下車徒歩1分
お問い合わせ:
JUKI販売株式会社本社TEL:042-357-2530(代表)
  • 工業用ミシンに関するお問い合わせ
    九州カスタマーズセンターTEL:0942-44-1835
  • 家庭用ミシンに関するお問い合わせ
    九州営業所TEL:0942-23-7155
出展内容:
JUKI出展機種
:新商品、:参考出品、:特注商品、:近日発売
出展機種は都合により変更させて頂く場合もございます
アパレル用ミシン
  • DDL-9000CFMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(フルデジタル仕様)
  • DDL-9000CSMS
    ダイレクトドライブ高速本縫自動糸切りソーイングシステム(デジタル仕様)
  • DLU-5492N-7
    1本針本縫差動上下送り糸切りミシン(シャツ衿トップステッチ仕様)
  • LK-1900BN
    高速電子閂止めミシン(デジタル仕様)
  • LBH-1790AN
    高速電子眠り穴かがりミシン(デジタル仕様)
  • AC-164-1903B
    高速電子本縫ボタン付けインデキサー
  • APW-896N
    本縫自動玉縁縫機(斜め・フラップ縫い仕様)
  • MEB-3200SSJB/X70354
    電子鳩目穴かがりミシン(紳士/婦人仕様/マルチカット装置/針糸クランプ装置/針糸切り仕様)
ニット用ミシン
  • MO-6814D
    セミドライヘッド高速2本針オーバーロックミシン
  • MF-7923DR/X83067
    セミドライヘッド・シリンダーベッド型片面飾り扁平縫いミシン(デジタル送り/ヘム縫い仕様)
ノンアパレル用ミシン
  • AMS-224EN4530R/AW-3
    入力機能付き電子サイクルマシン(全回転釜仕様下糸自動供給装置)
  • LU-1520NCS-7
    1本針本縫総合送り水平大釜自動糸切りミシン(残短糸切り・カーシート仕様)
  • LU-2828VA-70BBSF
    セミドライヘッド・1本針高速水平大釜総合送り自動糸切ソーイングシステム(フルデジタル仕様)
  • PLC-1760SCA/X55325
    ポストベッド本縫総合送り水平大釜ミシン
家庭用ミシン
  • HZL-EX7
    高性能コンピューターミシン(287縫い模様)
  • HZL-DX5
    高性能コンピューターミシン(85縫い模様)
  • HZL-CX3
    高性能コンピューターミシン(40縫い模様)
  • SL-300EX
    職業用本縫自動糸切ミシン
  • MO-1000ML(シュルル)
    2本針2/3/4本糸自動ルーパー糸通し機構差動送り付きオーバーロックミシン

第34回アパレル工業技術セミナーが開催されました
第34回アパレル工業技術セミナーが開催されました第34回アパレル工業技術セミナーが開催されました
 日本アパレル工業技術研究会(JATRA)による第34回アパレル工業技術セミナーが6月23日(金)東京・両国の江戸東京博物館で開催されました。
 今回は、ISO、日本提案の3次元デジタルフィッティングについてと、衣料品には欠くことができないファスナーについての2講演が行われました。


日時:
2017年 6月23日(金)
会場:
江戸東京博物館会議室(東京都墨田区両国横網1-4-1)
テーマ及び講師:
  • 第34回アパレル工業技術セミナーが開催されました <講演1>「日本提案"ISO 規格20947 デジタルフィッティングシステムの性能評価プロトコルPart2 - 仮想人体形状表現の精度"の進捗状況」
    第34回アパレル工業技術セミナーが開催されました デジタルファッション株式会社 代表取締役社長 森田修史氏
    第34回アパレル工業技術セミナーが開催されました デジタルファッション株式会社 取締役技術開発部長 今尾公二氏
    <講演1>「日本提案"ISO 規格20947 デジタルフィッティングシステムの性能評価プロトコルPart2 - 仮想人体形状表現の精度"の進捗状況」
    サブテーマ「3Dの可能性と将来像及び仮想人体形状表現の重要性」

    デジタルファッション株式会社
    代表取締役社長 森田修史氏
    取締役技術開発部長 今尾公二氏

    今尾氏からはISO、日本提案に関しての詳細、森田氏からは開発の背景に関連して、3Dの可能性・現状が紹介されました。
  • 第34回アパレル工業技術セミナーが開催されました <講演2>「ファスナーとより良くお付き合いいただくために」
    第34回アパレル工業技術セミナーが開催されました YKKファスニングプロダクツ販売株式会社 ファスニング事業推進センター品質管理室 室長 石田智久氏
    第34回アパレル工業技術セミナーが開催されました YKKファスニングプロダクツ販売株式会社 ファスニング事業推進センター品質管理室 東日本グループ長 今成慎一氏
    <講演2>「ファスナーとより良くお付き合いいただくために」
    サブテーマ「ファスナーの基礎知識とトラブル事例」

    YKKファスニングプロダクツ販売株式会社
    ファスニング事業推進センター品質管理室 室長
    石田智久氏
    ファスニング事業推進センター品質管理室 東日本グループ長
    今成慎一氏

    石田氏よりファスナーの基礎知識を、今成氏からは使用上の注意点とファスナーの上手な使い方について講演がありました。
レジュメ:
講演の詳しい内容はこちら(JATRAのサイトへ接続します)
View PDFView PDFresume20170623.pdf
「ミニ情報」がアップされました
 社団法人日本衣料管理協会の繊維・アパレル業界情報(抜粋)「ミニ情報最新号(5〜6月号)を掲載しました。

  • 最新号(5〜6月号)
    「50年後の日本人口」「新産業ビジョン、2030年に照準成長の壁」「AI・IoTの技術革新」 など14項目
を掲載しております。

「ミニ情報」はこちら
http://www.juki.co.jp/jm/jmn/mini/index.html

JUKI Magazine PageNavigation