JUKI

個人情報保護についてEnglish中文サイトマップ
 
弊社が1996年以前に製造販売した職業用ミシンに関する使用上の
お知らせとお願い

初のJUKI総合展「JUKI EXPO 2006」をインドにて開催
  JUKI株式会社
2007年10月16日
 

日頃は、弊社製品をご愛用いただき誠にありがとうございます。

今般、弊社が1982年から1996年まで製造販売いたしました、職業用ミシンTL−82(クラッチモーター付)において、スイッチが入った状態のモーターより発煙発火するという事故が発生いたしました。
当該事故は本年8月10日に発生しましたが、幸いに類焼することなく消火しております。その後、9月25日にお客様から弊社にご連絡があったため、モーターメーカーに事故原因の解析を依頼いたしました。モーターメーカーの解析によりますと、「何らかの要因でクラッチが接続された状態で、電源スイッチがONされた。単相モーターの起動トルクは小さいため起動できず、モーターロック状態となった。モーター巻線に過電流が流れ、かつその状態を長時間維持されたため巻線が焼損した。今般の事故は複数の要因が重なったために発生したと推定され、こうした複数の要因が同時に発生することは極めて稀なため、多発性はないものと判断する。」との報告を受けております。

当該ミシンのクラッチモーターに関する取扱説明書には以下の注意点が記載されております。

ご注意

スイッチを入れる時には、ミシン踏み板から足を離して、又は踏み返して、ベルト車に ブレーキがかかった状態にしておいてください。
ミシン踏み板に、足や物を置いたりして、踏み板が踏み込まれた状態でスイッチを入れますと、 モーターの焼損につながります。

使用しないときは、必ず電源コンセントを抜いてください。

発煙発火事故が発生した機種を含め、弊社が1954年から1996年まで製造販売しておりました職業用ミシン(型式TR-7、TL-72、TL-82)のうち、クラッチモーターを動力としているミシンに関しましては、ミシン踏み板に、足や物を置いたりして、踏み板が踏み込まれた状態でスイッチを入れますと、モーターの焼損につながることがありますので、ご注意ください。

下記の該当機種をお使いのお客様は、ご使用上の注意点を十分ご確認の上、ミシンをご使用いただきますよう、お願いいたします。
※なお、各機種の製造販売時期は、以下の通りです:

該当機種(型式)
製造販売時期
TR-7
1954年〜1973年
TL-72
1972年〜1983年
TL-82
1982年〜1996年

※足踏み式及び小型電動モーター(フットコントローラー付)は該当しません。
※該当モデルの外観につきましては、下記の「ミシンの概観」をご参照下さい。
※ご不明の点などがございましたら、弊社窓口までお問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

 

本件に関するお問い合せ先
JUKI(株)
家庭用ミシン事業部 お客様相談室 0120-677-601 (フリーダイヤル)
受付時間 月曜日〜金曜日  9:00〜17:45

ミシンの外観
下の写真はTR-7を示しますがTL-72、TL-82に関しても同様なクラッチモーターが使用されております。

   
IRライブラリ 株式情報に関して
Copyright JUKI CORPORATION. All Rights Reserved