ホームカスタマーサポートJUKIマガジン/jmニュース縫いのヒント > オーバークロックミシンで目とびした時の直し方の手順は?

オーバークロックミシンで目とびした時の直し方の手順は?

何とか調整して直していますが、直すのに時間がかかって困ることがあります。直すための手順を教えて下さい。

縫いの問題が起きたとき大事なことは、その現象を確認することです。(問題によっては拡大鏡による確認が必要)次に原因を見つけ、対策を講じます。

オーバーロックミシンの目とびには、
1.下ルーパーが針糸をすくわない(図1)、2.針が上ルーパー糸をすくわない(図2)、3.上ルーパーが下ルーパー糸をすくわない(図3)、の3通りがあります。


図1

図2


図3

1.下ルーパーが針糸をすくわない時の現象は?(図4)

 
 
※印部が目とびすると、針糸と下ルーパー糸とのからみつきがなくなり、
(1)→(2)→(3)→(4)の順でホツレ針糸の※印部が目とびして、下ルーパー糸が斜めになっています。さらにホツレることもありますが、普通はこの状態で残っています。この場合下ルーパーが針糸をすくわないのが原因です。

図4
 

2.針が上ルーパー糸をすくわない時の現象は?(図5)

 
 
※印部が目とびすると、上ルーパー糸と針糸とのからみつきがなくなり、(1)→(2)→(3)→(4)→(5)の順でホツレ、上ルーパー糸の※印部が目とびしますが、下ルーパー糸が針糸をすくっていますので、下ルーパー糸、上ルーパー糸ともに真すぐつながっています。さらにホツレることもありますが、普通はこの状態で残っています。この場合、針が上ルーパー糸をすくわないのが原因です。
図5
 

3.上ルーパーが下ルーパー糸をすくわない時の現象は?(図6)

 
 
※印部が目とびすると、下ルーパー糸と上ルーパー糸とのからみつきがなくなり、(1)→(2)→(3)の順でホツレ、下ルーパー糸の※印部が目とびして、上ルーパー糸が斜めになっています。さらにホツレることもありますが、普通はこの状態で残っています。この場合、上ルーパーが下ルーパー糸をすくわないのが原因です。
図6
 

対 策 チェックリスト

 
 

(1)下ルーパーが針糸をすくわない時

  1. 針の種類は間違ってないか
  2. 針が奥まで入っているか
  3. 針の取付方向が間違ってないか
  4. 針が曲がってないか
  5. 針先がつぶれてないか
  6. 糸通しは間違ってないか
  7. 糸が調子皿の中心まで入っているか
  8. 針が高すぎないか(・針糸ループが小さい・針受けが針を受けない)
  9. 針が低すぎないか(・針糸ループが大きすぎてくずれる・針受けでループを押しつぶす)
  10. 下ルーパーの剣先がつぶれてないか
  11. 下ルーパーの返り量が少なくないか(・針糸ループが小さい・ルーパーがループの上を通る)
  12. 下ルーパーの返り量が大きすぎないか(・針糸ループが大きすぎてくずれる・ルーパーが針穴の下を通る)
  13. 針とルーパーのスキマが大きすぎないか(スキマ0~0.1mm)
  14. 針受けが針を受けているか(前及び後)
  15. 針受けが針を押しすぎてないか(前及び後)
  16. 針糸張力が強すぎないか
  17. 針糸天秤で糸を取りすぎてないか
  18. 針糸押えバネはきいているか
  19. 針熱は高くないか

(2)針が上ルーパー糸をすくわない

  1. 針の種類は間違ってないか
  2. 針が奥まで入っているか
  3. 針の取付方向が間違ってないか
  4. 針が曲がってないか
  5. 針先がつぶれてないか
  6. 糸通しは間違ってないか
  7. 針が高すぎないか(上ルーパー糸の三角形に針が入らない)
  8. 針が低すぎないか(上ルーパー糸を針が超えない)
  9. 上ルーパーの突出量が小さすぎないか(上ルーパー糸の三角形に針が入らない)
  10. 上ルーパーの突出量が大きすぎないか(上ルーパー糸を針が超えない)
  11. 針と上ルーパー背面のスキマが大きくないか
  12. 針がすくうとき上ルーパー糸にたるみはないか(天秤の糸繰り出し量が多い)
  13. ルーパー糸張力が弱すぎないか
  14. 針糸張力が強すぎないか 15針板爪に傷はないか(上ルーパー糸の送り込みが悪い)

(3)上ルーパーが下ルーパー糸をすくわない

  1. 糸通しは間違ってないか
  2. 上ルーパーと下ルーパーの左右交叉スキマが大きくないか
  3. 上ルーパーと下ルーパーの前後スキマが大きくないか
  4. 上ルーパーの剣先がつぶれてないか
  5. 上ルーパーがすくうとき下ルーパー糸にたるみはないか(天秤の糸繰り出し量が多い)
  6. ルーパー糸張力が弱すぎないか