ホームカスタマーサポートJUKIマガジン/jmニュース縫いのヒント > ベルベット縫製でコンシールファスナーをきれいに縫うには

ベルベット縫製でコンシールファスナーをきれいに縫うには


ベルベッドの縫製を手がけていますが、コンシールファスナーの縫いがうまくいかず、苦労しています。楽に縫える方法はないでしょうか?


問題

 
 

ベルベッド素材は起毛しているので、縫いズレやパッカリングが発生しやすく、また、布地をきれいにそろえて真っ直ぐに縫製することも難しい素材です。特に、コンシールファスナーの縫いは、特殊形状の異素材を縫い付ける作業になり、きれいに行うのが非常に難しくなっています。

 

対策

 
 

ベルベッド地とコンシールファスナー地を個別にうまく送る仕掛けが必要です。

1.ミシンによる対策

上下の布地を個別に送る一本針縫差動上下送りミシン(DLU-5490N)を使います。押え金:B1524-491-J-BG(図表1)
図表1
上送り押え:B3026-490-J0G いずれもコンシールファスナー専用)
上送り押さえは写真1のように下側に押し付け、左右の歯が均等になるように取り付けてください。(もし、歯の出る量 が少ない場合には、上下送り押え止め穴の上側を削ってください。

写真1
・上送り調整ネジ高さの調整
押え調整ネジ(図表2)を締め込んで、強く調整してください
(上送り押え圧はもっと強く調整)。

図表2
・押え調整ネジ高さ調整
続いて押え調整ネジ(図表3)を軽く調整します。51mm以上高くすると、押え調整ネジが外れてしまいますので、注意してください(押え金圧はもっとも軽く調整する)。
針板:B1109-450-D0B
送り歯:B1613-450-E00

図表3

2.微量押え上げ装置および分離版
ベルベッド地とファスナー地を真っ直ぐにそろえて送るため、押え金を浮かし、布地間に分離版を入れることで上下の布地をコントロールしやすくします。

1.微量押え上げ装置(図表4・5)


組品番:112-43763
布地(ベルベッド地+コンシールファスナー地)分、浮かします。

針棒下死点付近で浮かし量を図表5のストッパーネジで調整します。布地を軽く押えている感じに調整してください。浮かし量 が小さいとベルベッド地が縮み、多いとファスナー地が波打ちます。


図表5

図表4
*押えを浮かせると ・糸調子皿が浮いて、糸締りが悪くなることが有ります。その時は、糸調子皿セットの再調整が必要です。
・押え棒抱き糸案内が高くなり、糸取りバネストロークが小さくなるので縫調子が悪くなることがあります(写 真2)。ストロークを、押えを上げる前の状態に合わせて大きくしてください。

写真2
2.分離版
身頃がアーム側にくる左ファスナー部を付ける際には、滑り板に装着した分離版(アタッチメントS148、品番MAS148000A0)を使用してください(写 真3)。

写真3