ホームカスタマーサポートJUKIマガジン/jmニュース縫いのヒント > 送り歯による傷を防ぐには

送り歯による傷を防ぐには

近ごろ送り歯による傷がひどい生地が多く困っています。フッ素樹脂押えを使ってますが、さらに送り歯による傷の対策はありますか?

送り歯傷対策として、本縫いミシンとロックミシンのウレタン付き送り歯をご紹介します。金属タイプよりも送り力は落ちますが、アタリ対策には効果 的です。


1本針本縫いミシン用

 

ウレタン焼き付けタイプ送り歯
品番:B1613-490-E0A(4枚歯)a
対応する針板:B1109-490-E00(針穴φ1.9mm)/B1109-490-E0D(針穴φ1.3mm)


図表1

*上記送り歯は差動上下送りミシンと共通です。また、差動上下送りミシンの場合、上送り押えにもウレタン焼き付けタイプをご用意しております。
*質問の中にある「フッ素樹脂押え」とは、押えの船がフッ素樹脂になっており、滑りが良いタイプの押えです。
(品番:MAA-05000-CA0)


図表2
 

ロックミシン

ウレタン焼き付けタイプの主副送り歯
機種:MO-3904-0D4-300
主送り歯:11898905
副送り歯:11899002

*機種(針幅、かがり幅など)により送り歯形状が異なりますので、ご購入の際はお近くのJUKI代理店、支店・営業所にご相談ください。
*ウレタン焼き付けタイプの送り歯はこすり傷が生じやすい素材では逆効果となる場合があります。


図表3