手作りワールド

中央画像

ハンドメイドマーケットminneで手作り作品を販売しながら
スピードと効率性の違いを実感しています!

右画像

お名前:  KokottoMomoさん
お住まい: 宮崎県
ミシン歴: 4年
minne:  http://minne.com/kokottomomo
facebook: KokottoMomo
instagram: kumi2007

お客様の声
ハンドメイドマーケットminneで手作り作品を販売しながら
スピードと効率性の違いを実感しています!

ソーイングを始めたきっかけは?

 私にはいま小学生と年少組の女の子2人がいます。子供が生まれたのをきっかけに、赤ちゃん用のおもちゃや布絵本を手縫いで作り始めました。幼稚園に入るときに幼稚園グッズを作るのをきっかけに1万5千円くらいのミシンを購入し、子供にだけでなく友達にも作品を作ってあげるようになりました。
 3年ほど前から、手作りの作品をインターネットで販売することができる「minne」というサイトで「KokottoMomo」というブランドで作品の販売を始めました。

右画像

みしん市場さんでミシンを買われた時の感想を教えてください

 手作りをしていると人からも小物作りを頼まれることが多くなってきて、安いミシンでは物足りなさを感じるようになりました。もともとパワーが弱くて小さいミシンだったので、大きい作品作りにはちょっと使いにくかったんです。ただ、良いミシンは高いのでなかなか買い換えることができませんでした。
 ちょうどこの頃、minneのピックアップ作品のコーナーでKokottoMomoのクラッチバッグを取り上げてもらえました。このことがきっかけになって好調な販売につながり始めたのですが、いざこれから!という時に、とうとうミシンのモーターが動かなくなってしまいました。そこで、新しいミシンに買い換えることにしたんです。
 どのミシンにするか、「みしん市場」さんに何度か通って検討しました。地元で有名なミシン屋さんなので、アフターサービスもしっかりしていそうだと思ったんです。以前のミシンではパワー不足を感じていたので、新しいミシンはモーターが強くて長く使えそうなもの、たくさんの作品制作が見込まれていたので、スピードと効率の高いものを探していたところEX7を薦められました。店頭で実際に使ってみたら、操作性の良さにビックリ。これなら手作りをもっと頑張れる!って思いました。お店からもこまめに連絡をいただくことができて、使っていて安心できますね。

右画像

どのようにソーイングを楽しんでいますか?

 私の作品を購入してくれる方は私と同じような小さいお子さんのママが多いので、お子さんが欲しいもの、ママ自身が使ってもいいものをメインに作っています。子育てをする中であったらいいなと思えるものをデザインしているので、男の子用のサッカーボール柄のバッグとかは人気ですね。
 minneで販売する作品はネット上でのやり取りになるのですが、縫い糸の処理に気を遣ったり、画面上での色の見間違いがないよう写真を撮ることなどを心がけています。売り切れになると申し訳ないので、量産できるように材料を仕入れたり、新しい生地がでると必ずチェックしたり・・・。大量に生地を仕入れても思うように作品が売れないこともありますが、最近はその予想がつかないところも楽しいなと思っています。
 手作りマーケットのようなイベントに出展することもあります。接客は好きですし、何より子供さんが作品を気に入って喜んでくれる顔を見られるのが楽しみです。毎日黙々とミシンと向かい合っているので、イベントやウェブは「私の作品、見て見てー!」と発表できるハレの機会です。minneでカワイイと言っていただけるのも嬉しいですが、やっぱりイベントで直接お客様の声が聞けるのは嬉しいです。特に子供が作品を気に入ってくれるのは、その子の本当に素直な思いだと思うので嬉しいです。

右画像

EX7のどんな機能を使っていますか?

【スピード】

 EX7でオススメなのは、まず縫いのスピードがあるところですね。自動糸切り機能もあるし、フットコントローラーのかかと側で返し縫いもできるので、効率よく短い時間でたくさん縫うことができます。更に、返し縫いのスピードも素早く設定できます。1日でバッグを30個も縫うこともあるので、このスピードと効率の良さは他のミシンとの違いを実感するポイントです。それでいて、丈夫で音が静かなのもいいですね。

右画像

【ピボット機能】

 作品にはブランドオリジナルタグを付けていますが、角で方向を変えるときのピボット機能も役に立っています。
※ピボット機能:
ミシンを止めたとき、針が下停止のまま押えを少し上げる設定ができます。
生地の角やカーブ部分の縫いに便利です。
再スタートしたときは押えが自動で下がりスムースに続けて縫えます。

右画像

【文字ぬい】

 自分の子供用には文字縫い機能で名前を縫ってあげることもあります。

右画像

【自動糸切り、裁ち目かがり】

 最近は自宅に友人を招いて作品の販売会をしたり、幼稚園サークルのママ友たちと一緒にハンドメイドを楽しんだりしています。この前EX7を教えてあげたらすごく反応が良くて!自分のミシンと比べてどこが良いか情報交換したり、さっそくインターネットでEX7のことを調べてくれたみたいです。
「家に帰って私のミシンを見たら、糸切りボタンがないんだけどどうするの?」と聞かれたりもしました。実はその人のミシンは自動糸切り機能が付いていないタイプだったんですが、それくらいEX7の糸切り機能を気に入ってくれたみたいです。裁ち目かがり縫いもきれいに縫えるので、そこだけ代理で縫って欲しい!って他のママから頼まれたりもしました。

右画像

ソーイングを始めようとしている方へメッセージをお願いします

 子供たちのために作品を作ってあげて、それを見て感動してくれることに私も感動してしまいます。たとえ1つだけであっても、お母さんが大事に作った作品に子供は大喜びしてくれると伝えていきたいです。
 私の子はずっと私が作った作品と生活してきたので、お母さんが作ってくれるのが当たり前だと思っていたようなんです。でも、最近回りの子を見てそれは違うと気づいたようですね。小学生になって手作りにも興味が出てきたようで、年少組の妹と一緒に針と糸で手縫いをはじめています。まだまだ簡単なものしかできなくて、生地端も切りっぱなしですが自分用の手提げバッグなどを作って楽しんでいます。生地の真ん中を縫って糸を引いたらリボンの形になるとか、私の作っている姿を見て自然に覚えてしまったようです。こういう風に作る楽しさを伝えていけたらいいですね。あと、子供は縫い物中は静かにしていてくれるので、その間は私もミシンに集中できます。

上画像

 

上画像

 

販売店からひとこと

 バッグや子供服などをたくさん作られていてびっくりしました。丁寧にミシンを使ってきちんと縫いたいという気持ちが感じられます。当社はミシン修理など、技術に自信を持っていますので、今後も手作りをバックアップさせていただきます。(みしん市場:田島様)

取材:2017年2月