特定機種紹介 EX7

仕上げのボタンホールで失敗してしまう!

中央画像

 

  • 調整箇所が多くて、操作を忘れてしまったり、間違えて失敗しがち

  • 特にシャツの台襟部分では布を送らない! 

  • 隙間が開いてしまったり、ボタンホール型がキレイに縫えない

  • 縫い密度が均一にならない

  • 縫い終わりのタイミングがわからない

左画像


JUKI EX7なら、
こんなお悩みを解決できる機能が備わっています!

EX7なら、ボタンホールも簡単操作でラクラク縫える!

ボタンのサイズに合わせて、ボタンホールの大きさを決めたり、印を入れてから縫うのは面倒ですよね。
EX7なら、ボタンをセットするだけで、ピッタリサイズのボタンホールが自動で縫えます♪

 

 

EX7なら、ボタンホールも既製品のようにキレイな仕上り!

台襟のところなど、段差部分や送りにくい生地にボタンホールをつける時に失敗しないか不安ですよね。
EX7はセンサーで補正しながら縫うので、段部があってもキレイに縫えるので安心です♪
また、ボタンホールの種類は16種類、メス幅も大中小の3段階から選べます。縫い順にもこだわり、キーホール型もキレイに仕上がります。